AX 日想~持論を展開する~

自分の感動スイッチを把握する幸福論

祝日を挟んで久々の連休ということで時間はたっぷりあると時間の使い方を油断していたら日曜日は予定の半分しか消化できず、特別お金を費やしていないのだけど時間配分を考えないと休みが勿体無いですね。
そんな中でいつも通り、漫画喫茶で一時間ほど過ごすのが週末の行動パターンになってまして今は「グラゼニ」を読み始めました。
もう野球漫画もお腹いっぱいで所属チームの優勝を目指すような定番どころではあまり興味を抱かなくなりましたが、この作品は選手の年俸というシビアな部分にスポットを当てて良い意味で内情を綺麗事なしで描いているのが読んでいて心地良かったです。
プロ野球選手が言う「ファンの応援のおかげです」というのは概ねリップサービスだろうし、そんな有象無象のファンの声援より家族や友人の声の方が遥かに影響力が大きいのは間違いありません。
お立ち台で選手が涙を流すとしたら大体、家族のことです。プロ野球選手はさほどファンのためにプレイしていないのかもしれない
改めて口に出すことでもありませんが、それを肌で感じ取ってしまったらファンの応援に意味はないとまでは言いませんが自分自身どこか虚しく感じるようにはなりました。
この漫画でも優勝が掛かった大一番で選手が考えていたことはチームやファンではなく家族のことでした。
それは人間として自然なことで決して間違ったことではないのかもしれませんが、その舞台に自分が感動を重ねることができるかどうか次第

カイジのスピンオフで人気のトネガワ5巻では萌えアニメを鑑賞するシーンがあり、そこで利根川が放った一言が「何だこの毒にも薬にもならない話は」というコマが逸材で心にグサリ
あえて反論するなら萌えアニメは可愛いキャラクターを愛でるためにストーリーがあるので主役はヒロイン、これ重要
32才にもなるとアニメ内の学生キャラのノリ自体がキツかったりもするので萌えアニメにも高尚な作品を増やして欲しい、例えば小難しい哲学書でも萌えテイストに仕上げてくれたら熟読するのですが、ともかく可愛いから萌えを吸収するために見ており、それは薬になり得ると思っています。
ただ、毒にせよ薬にせよ摂り続けていると耐性ができるもので、そうなると過剰摂取になりがちでオタクをこじらせて何かしらの変態になる(苦笑)

今年も夏コミの季節が近付いて新しいグッズに目移りするのですが以前から申し上げているように飾るスペースがなくてシビア
具体的にどういう状況か例えると、二次元は歳を取らないことを野球に置き換えて歴代最強オーダーを組むとなった時にレジェンドが埋まっていて新戦力を組み込めない感じ
自分のオタク歴が16年なので2001年からとしましょうか
それぞれの年代のキャリアハイからオーダーを組むとなったら枠が足りないと思いますが、つまりそんな状況
今のところ10年後くらいには古くなった家を建て替えるつもりではいるんですけどね。
…南海地震が来る前に頑丈な新築に建て直した方がいいのか、後だと資材が高騰するだろうからタイミングも肝心

あれから今週もPS4やってなかった。。。

好きなものに溺れていいんだ

まずはツイッターのアンケートに関しましてご賛同いただけた方にお礼申し上げます。
結果は2位に終わりましてサークル主の発言からもグッズ化は叶いそうにありませんが、あのメンバーでアメリが2位に入ったことを示せたことは今後なにかしらの形で繋がっていくことを信じたいと思います。
こんな独男でも二次元の嫁に没頭できる日々はかけがえのないものであり、だからこそ生きることを止められない

さて、二週間ぶりの休日ということでのんびり過ごしていたら時間を圧迫してしまいゲームをする暇がないなんてことにもなりがちです。
発売日にオメガラビリンスZを購入したものの、まだ一時間も遊んでいないような状況で平日に疲れながら遊べるのはエロゲくらいなものです。
オメガラビリンズはやたら胸を強調したテーマでここまで来ると胸が好きなことを小馬鹿にされているようで心象は良くないのですが美少女×不思議のダンジョンものとして一目置いています。
それでも、やっぱり自分の中ではトルネコシリーズが一番であり続けるだろうし今後どんな名作と出会っても当時ほどゲームを楽しむ気持ちを持ち合わせてはいないでしょう。
それでありながら32才にもなって、まだ娯楽がゲーム一辺倒なのはやはりおかしいことなのかもしれません。
ただゲームより面白いことって何なのだろう?
結局、物事に意味を求め始めた時から感性というのは退化していくように思えるで切り離して考えるべきなのだろうけど理屈で抑えようとすることが逆説的に詰んでしまっているとも言えそう
そうなると、もう何度となく言ってきていますが理屈が感知しない快楽が至高
一方で五感による刺激やら三大欲求と呼ばれるものに熱中することはどこまでも野性的でどうなのかという疑念
人間なんて成長するにつれて個体差がありすぎて果たして何を糧にすればいいのか多様性が葛藤を生む
それこそ好きなものは好きという自分の正直な気持ちと向き合うことが最もシンプルな選択で恥じることがあるとすれば自分の好きを卑下してしまうことではないだろうか。。。

最後に阪神ですが、ここのところダメ虎を思い出したかのような戦いぶりはまるでダメ
このままズルズルといくようならAクラスどころか5位転落
伸びしろがありそうなのは新外国人くらいですが大体、片岡コーチになって打撃が上向いたことがなく選手が不振に陥った時の修正能力のなさよ
そして高山という素材をどういう指導をすれば、こんな有り様になるのか
あと糸井と福留の並びはキツいのでどちらか片方だけ併用にすればいいのでは
良くも悪くも今の阪神は特に6回までで勝ち負けがはっきり分かるようになっています。
勝利パターンを出せば磐石だけど、逆に相手の勝利パターンを打ち崩せるような打力と反発力を持ち合わせていない
そんな野球の繰り返しばかりでは心が踊らない
ずっと阪神を応援していると選手の良いところ以上に悪いところを知り尽くしてしまっているので基本ネガティブな応援になりがちです。

絶対に譲れないアンケートが再び到来しました

突然ですが、ツイッターのアンケートより
賛同いただける方はアメリにどうか一票をお願いします。



さすがに今回は劣勢で厳しいでしょうか。。。
そしてブログの更新日である日曜日には投票期限切れしている罠
もし逆転1位or別枠でグッズ化が決まれば夏コミ緊急参戦からのサークル主にして原画家の萌木原ふみたけ氏には肉好きが泣いて喜ぶ渾身の「お肉のギフト券」を当日ブースで差し入れしたい!!!

「キャラ人気は票ではなく金額」

…うん、どうも河合アメリに関してだけはAKBオタの気持ちがよく分かってしまいます。

日曜日の仕事を終えて

月一度の日曜出勤日ということでブログを短くお届けします。
ソシャゲがサービス休止しましたが今月はオメガラビリンスとドラクエで家ゲーが充実しそう
阪神は大山の活躍で連敗を止めてドロ沼から脱した感じで、あのドラフト1位指名が今こうして起爆剤になったことが面白くもあり注目していきたい

そして月曜日、仕事をしていて今日が今年一番暑かった。
ただ「外を歩いているだけ」の人がインタビューで答える暑いとは別格であり、それこそ夏コミにおいても炎天下が暑いと言っても所詮は「列に並んでいるだけ」なので全然平気だったりするけど仕事の暑いは次元が違う。
自分の意思で自由に休めない暑いが本当の暑さ
逆にそれを身に染みているからか自由が利く状況での暑さは大体平気だったりします。

ゲームから何を得るか

1年半ほど続けてきたソシャゲのサービス休止が決まりまして少なからず衝撃を受けつつ、代わりに始めるゲームを探してはみたものの面白そうなタイトルは見つかりません。
そもそも「ゲームはしたいけどプレイがめんどう」と感じるようになって久しく、最近のゲームはシステムが充実しているが故に仕様や仕組みを理解する段階で既にしんどかったりもします。
サクセススペシャルも結局、大して遊ばなくなりましてヴァンプ高校も配信されて良い選手を作る機会なのですが、もうゲームに対して「ゲーム内で良い結果を残したから何なのか」と根底を揺るがしかねない感情を抱いてしまうようになりました。
そういう意味ではゲームで結果を残すことに囚われるのではなくゲーム内でいかに楽しむかを追求したプレイこそが真髄であり原点に立ち返るべきなのかもしれません。
というか、ゲームをやるからにはそのゲーム内で結果を出さないといけないという強迫観念のようなものはオンライン化の弊害だと思うわけでプレイヤー同士で競うような環境がゲームの敷居を高くしてしまっている側面もあるのでしょう。
そういう時は一人で遊べるオフラインゲームを遊べはいいのですが一度オンラインゲームの刺激を味わってしまうと忘れないというか、つまるところ自分が主役の優越感を覚えたいがために人はゲームに興じるのかもしれません。
そんなことを考えながら昔ほどゲームを楽しめなくなった自分がただ嘆かわしい
それでもゲームを止めるつもりはなく、それは単純に何か楽しいことを探す時の選択肢が未だにゲームしかないからでもあります。
ひとまず、めんどくさがらずに新しく始められるゲームを探していこうと思います。
ここまでゲームとの付き合い方の話をしてきましたが、もう一つ自覚しないといけないことがあります。
童心はとうに失い、年齢を重ねるごとに感受性が鈍くなっていく一方であってもエロへの関心だけは変わらない
現状、お気に入りの美少女キャラを眺めている時間が一番の至福であり二次元の嫁は三日どころか10年経っても飽きがこないほど
恐らく自分の中でも逆転現象が起こっており現状、ゲームよりプロ野球よりエッチなこと(ただし二次元に限る)が一番楽しいことになってしまっている可能性
実際、ゲームといえばエロゲばかりになっていますが最近のエロゲはシナリオが稚拙なものが多くて読むに耐えないのが問題点
純粋に読み物として質の高い書物を選ぶという選択肢もあるのだろうけど、女の子が中心の話にいないと興味がそそらない
エロ方面で考えるならば、日常会話、信頼関係の構築、それらすべてが濡れ場での性的興奮を高める要素に転じる
それでも面白くないものは面白くないので適当に見切りを付けた時点で流し読みすることも本数を消化するためには必要
話の大筋さえ分かれば良く、プレイ後にも記憶に残るような名言はなかなか出てこない。
最近、我慢できない恋愛は恋愛じゃないと言っていた人がいましたけど、それただ若いだけの勘違い

最後に案の定、広島に軽くひねり潰された阪神に改めて今年優勝の可能性を感じない
少なくともシーズン途中で打者の当たり外国人でも持ってこない限りは無理
それよりも2位を維持できれば大したもので決して広島を意識してはいけないと思ふ








プロフィール

ナックル最強説

Author:ナックル最強説
サイト管理人・パワ・思・考
阪神ファンで萌え豚でゲーマー
パワプロ、BBHを経て現在は未曾有の野球ゲーム難民
「・・・監督プレイがしたいです」
幸福は自己満足の追求×それを享受するための感性を磨くことに至る
これまでがどうであっても「今日という日は残りの人生の最初の一日」である

週末更新を予定していますが体調によっては不定期です。
なお、連絡はこちらのメールフォームからお願いします.


【殿堂入り】
河合アメリの存在が自身の次元を凌駕する

世界と世界の真ん中で 2014年1月31日発売予定!







【注目タイトル】
景の海のアペイリア

景の海のアペイリア

Princess Evangile W Happiness応援中!

夏空のペルセウス

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

powered by プロ野球Freak

powered by プロ野球Freak



最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード