AX 日想~持論を展開する~

リフレッシュ期間

改めて今日から有給消化で元々は3/20付けで退職をお願いしていましたが事務手続きの関係で3/31までは今の会社の在籍扱いとなり、それまでは就業しないように釘を刺されたことで新しい会社には入社日を4/1に変更してもらうようお願いしました。
そんなわけで二週間ほどはお休みで清々しいくらい自由の身です。

そういうわけで普段なら絶対に見られなかったであろうWBCの朝から試合をリアルタイムで満喫させてもらいました。
プエルトリコvsオランダの一戦
見せ場は早速、1回表に訪れてオランダの二度続けてのボーンヘッドに捕手モリーナの好判断
送りバント空振りからの走者飛び出しはありがちだとしてもヒットを打ってベンチに向かって喜びを表現している隙にタッチアウトなんていうのは初めて見たかもしれません。
最後は定位置のセンターフライでサヨナラ犠牲フライを献上するわで散々でしたね。
ただ、オランダもこれだけ雑な試合運びをしたにも関わらずプエルトリコ相手に激戦を繰り広げたポテンシャルは凄い
オランダは9回裏に圧巻の投球をみせたジャンセンをわずか9球で早々に交代させたのも勿体無い
あのカットボールは藤川の火の玉ストレートと肩を並べるぐらいの衝撃でした。
藤浪にはジャンセンを手本にしてもらいたいと言うかシュート回転のストレートを減らしてカット中心の投球に切り替えれば活路が見い出せそうな気がしました。
そして、明日はいよいよ日本戦ですね。
思えばWBCとは妙に縁があるみたいで第一回大会のアメリカ戦(タッチアップ誤審)の時は社員旅行のためにパスポートを取得する日と重なって朝から観戦できたりと大事な局面をリアルタイムで見届けさせてもらっています。
そして今回は退職から入社までの空白期間と重なり、これも巡り合わせでしょうか

今日は朝から雨でしたが昨日まで花粉症と風邪の合併で苦しんでいた身としては症状を一日でも抑えられて正直助かりました。
なるべく外出は避けて、このニート期間に積みゲーを消化しようと意気込んでいますが同時に身体が訛って仕方ないです。
それでは明日は試合終了後に更新します。

我慢の積み重ねでは幸せには至れない

色々ありましたが今週末で最後の出勤になりました。
残りは有給消化で3月中は在籍扱いとなりますが実質的には今の仕事から開放されました。
仕事を辞めたいと言ってからの一年半あまりは人生の在り方について考えさせられたと思いますし、この経験を糧にすることができた自分はまた少し成長できたと実感もしますが、ただそれ自体は幸せとは程遠い代物で経験しないことに越したことはないでしょう。
最終的には円満退職となり、前職が喧嘩別れのような形になった自分としては最後にお見送りしてもらえたことは感慨深いものがありました。
もっと休憩時間に落ち着いて会話できる環境なら良かったんですけどねぇ
人付き合いが苦手な人間であっても人付き合いの大切さは身に染みているつもりです。
在籍期間・6年9ヵ月
長いようで終わってみれば短かったような感覚もありますが、あの生き苦しさは今でも残ってます。
ひとまず以前のようにプロ野球は楽しめるくらいには自分を落ち着かせてあげたいです。
思えばブログの更新が毎日から週1になった段階でとうに限界は越えていたのかもしれません。

WBCは二次ラウンドも全勝で決勝ラウンドに進んでキューバ戦で山田が蘇ったりと視界は良好
ここがピークでなければいいですけど、準決勝まで進んだことでひとまず面子は保ったくらいの気持ちもあるでしょう。
懸念は投手陣、打線もアメリカの球場と気候の中ではこれまでのような攻撃はできないでしょう。
自国開催の一次ラウンド、二次ラウンドに加えて相手チームのレベルといい、ここまで日本が恵まれていたことは明白
そういう意味では準決勝であっさり負けてしまうことも想定できて、アメリカとまともに戦って勝てる確率は50%より低いでしょうけど一発勝負だからこそ付け入る隙もあり日本の技術とデータを駆使して打ち破ってもらいたいと思います。
それはそうと大差のイスラエル戦の9回でも投げることのなかった藤浪はいよいよ本大会での登板機会ゼロで終わることが濃厚になってきました。
立ち上がりが悪くて使いづらいことは明白だっただけに「そもそも何故、呼んだのか」という疑問もありますが本大会で投げさせないという判断は実に正しいのでこのまま何事もなくアメリカ旅行から帰ってきてくれることを願います。

最後に時間ができたので部屋の模様替えをしてみました。
これまで窓を塞ぐ形になっていたのですが、鬱になったこともあり部屋に光を取り入れないといけないと思いまして工夫した結果がこちら

DSC_0251.jpg

店舗特典に付いてくる布モノ素材の薄さを逆手に取って光で透けるようにした結果、窓からの太陽光によって自然のLEDライトパネルのように照らされる光景が神々しくすらあります。
注意点は外からもイラストが見えてしまうことで一応、窓には断熱用のプチプチを貼っていてモザイク替わりになってはいますが完全に隠しきれるわけではないのでアダルト絵は避けました。
あと意識しないと人目に付くような立地ではないので大丈夫だと思いますが、いざとなったら外から中が見えないガラスに変えれば問題解決か
まあ、痛車が平然と公道を走っているんですからそろそろ痛窓ぐらい出てきてもおかしくはないのかもしれません(笑)

日常的な我慢は幸福に転化しない

今週は報告が二つあります。
まずは昨年末から入った新人が試用期間中に再就職先を見つけて会社を去りました。
こちらの退職届が受理されてから二日後の出来事で何というか間一髪でした。
在職中なるべく悪い空気を出さないように努めてはいましたが今後ずっと働き続けたい仕事ではないだろうから個人的には彼の選択を支持したいと思いますし、実は事前に相談を受けてはいました。
会社の業績は好調そのもので賞与も多く頂いていましたが、とにかく「業績を上げて社員に利益を還元さえすれば良し」と考えているのか<上層部は労働環境が悪化して現場が疲弊していることなんて二の次なんですよね 。
某大手だって給料や待遇は手厚くても労働環境の悪さを改善しようともしないから不幸が起こりました。
過労状態にある人は口を揃えて言います。
「お金はもういらないから休みが欲しい」と
また働き方改革とは長時間労働の抑制と同時に労働環境の是正であり、そんな社会に近づいていくことを切に願います。
それに向かって一人一人が心がけたいのが過剰なサービスを求めない、些細なことでクレームを入れないことかなと
以前にも触れましたがブラック消費者がブラック企業を生み出す要因にもなっていて
昭和のアニメを見ていると登場人物がこんなフレーズを口酸っぱく言っているのが印象的で「人様に迷惑をかけてはいけない」ということ
そしてお店にとってお客様は神様なのかもしれないが他の神様の迷惑になることをやっているようでは神失格である。

もう一つは大手の契約社員の話をお断りして地元の会社に正社員として勤務することにしました。
当初は舞い上がっていたところがありましたが次第に冷静になるにつれて大手で正社員登用を目指すハードルと3年後に職を失うリスクの板挟みに安息はありませんでした。
契約社員から正社員が狭き門なのは分かりきっていることで自分がそんなスーパーマンだとも思っていません。
雇用の安定性という点においても、いくら大手が安定しているとは言え仕事が苦で辞めてしまうようでは結果意味がないわけで結局は身の丈に合ったところで無理なく働くことで幸せに近付けるのかもしれません。

WBCは2次ラウンドの初戦にも勝利して前評判に対してしっかり戦えてますね。
同時につくづく野球の練習試合はアテにならないとも感じるところでオープン戦もじっくり見る価値があるかはやや疑問
不安があった継投の頑張りは評価したいですし、打線も東京ドームとはいえ前回大会までと違ってホームランが目立つ攻撃
本戦に入って中田に当たりが出たのが頼もしく小林の攻守に渡る活躍には目を細めるものがあります。
一方でDHから山田を外して内川をスタメン起用することを考えないといけないかもしれません。
あとクリーンナップに青木を抜擢しているのがよく分からないんですよねぇ
ただ選手は本当によくやっていますし結果が出ない選手の表情からは悔しさがにじみ出ているのが伝わってきます。
次もいい試合を期待しています(ただ藤浪の立ち上がり自滅だけが怖い)

人生は常に上書きの繰り返し

まずは報告があります。
今週、面接を受けた二社から内定を頂くことができました。
一つは地元の老舗企業で正社員雇用
そして契約社員から三年後の正社員登用を目指す形になりますが東証一部上場の大手企業

最初は正社員雇用の前者が良いかなと思っていましたが実際に職場を訪れて気持ちが変わりました。
雇用の安定性を求めたい面もありましたが、自分がどちらで働きたいかと問われると後者でした。
実はこの会社、先週に派遣会社を通して職場見学したところでして人手不足と言っていたので直接求人を出さないかチェックしていたところで求人が出て応募しました。
二度目ということで先方にも覚えられており終始、和やかなムードでその場で入社日の話になりまして来週に健康診断を受けて問題なければ3/21より入社の見込みです。
上司には3/20に退職という形で話を進めてもらっており、仕事が合わなくなり苦しんで苦しみ抜きましたがそんな人生を変えるために頑張りたいと思います。

侍ジャパンと阪神
まずは3日の試合は楽しませてもらいました。
全体的に阪神の選手がバットを振れていて金本監督の効果でしょうか
今年は北條の活躍が楽しみでドラ1の大山の送球の良さには驚かされました。
結局、原口が捕手ではなく一塁手として起用されることになりファンとしては残念な方が大きいです。
捕手として原口が物足りないのも事実ではありますが、原口の打力以上に貢献できる捕手なんて他にいないような
それこそ抑え捕手を準備するのも策の一つだろうし、一方で原口と今成が一軍登録されるいる場合には捕手登録1人でもイケそうな気がします。
個人的に阪神が優勝するなら来年か再来年あたりで今年は難しい
金本阪神に恵まれていないものを挙げるなら助っ人外国人の顔ぶれ
日本人選手からは成長も感じ取れますがメッセンジャー以外の外国人選手が弱いなぁ
巨人が高橋監督の間はおそらく優勝はないので他5球団にとってはチャンスなのですが

侍ジャパンに関しては監督も含めてメンバーにも不安があります。
先発で日本のエースと呼べるのは菅野くらいで中継ぎが多くて継投が増えるのは必ずしも良い結果にはならない
藤浪が先発で立ち上がり乱調で失点しましたが、シーズンでもあんな調子なので代表で先発はやっぱり論外
捕手は代表レベルの選手が日本球界にいないまま第4回WBCを迎えてしまい控えに代走のスペシャリストがいないのも問題
そして何よりイチローのようにチームを鼓舞する存在が見当たらないようでは厳しい
日本はあくまでも挑戦者
チームが一丸にならずして栄冠は掴むこと叶わず、ここまでの強化試合は前回の二の舞に映ります。
それでも現在の調子を加味してオーダーを組むなら

1番・秋山 中
2番・菊池 三
3番・山田 ニ
4番・筒香 DH
5番・鈴木 右
6番・中田 一
7番・坂本 遊
8番・捕手枠
9番・青木 左

こんな感じでどうでしょう

「ゆとり」のさじ加減に社会が揺れている

面接の日程が重なった為に予定していた二社から一社のみ面接を受けてきました。
そこは給与こそ安いのですが仕事内容、労働時間が希望と一致していて、さらに大手企業ときました。
安定性さえあれば給与が安いのは気にしないのですが、ただ一つ雇用条件が問題で翌々話を聞いてみると派遣会社の社員として働くアウトソーシングでした。
つまりは派遣の域を出ません。
そこからは疑心暗鬼で色んなやり取りが推測で一本の線に繋がりました。

面接ということで勤務先に呼ばれるも近場で待ち合わせ派遣先なので直接出向かれては困る
面接で呼ばれるが実態は職場見学自分は面接を受けに来たつもりだが恐らく先方には派遣会社の社員が見学に訪れたと思われている(先方に渡された履歴書から在職中の旨が省かれていた)

結論から言うと当日中に採用通知を頂いたのですがお断りさせて頂きました。
今より精神的な安定を取り戻して生活が充実したとしても、それこそ40手前で派遣切りなんてことに遭ったら目も当てられません。
逆に自分が40代になったりセミリタイア後に仕事を探すようになった段階では選択肢に入れてもいいのかもしれませんが、今の年齢ではちょっと踏み込めないと判断しました。
自分の他に同時に受けに来ていたのが50代のおっさん2人ということもあって、さすがに同列で評価されるのも心外でしたね。
今現在、無職だったりブランクがある人にとっては良いかもしれませんが現職で働いてるという立場が冷静な判断をさせてくれたように思います。
ひとまず無駄足と言えばそうでしたが、他の会社を見る機会もそうそうないので職場見学は仕事を見つめる上でも良い経験になるかなと思います。

プレミアムフライデーの話
うちの会社は関係ないというのは当然として、ただ試みとしては応援したいです。
ただ実際は実施できる職場とそうでない職場で格差が広がるだけじゃないですかねぇ
結局、プレミアムフライデーと銘打って15時に退社できるところなんて普段から大して忙しくない職場でしょう。
それでも実施されている職場にとってはエロゲーマーを泣いて悦んでいることだろうと想像します。
何故なら月末の金曜日はエロゲーの発売日だからです。

あとドラゴンボール超について一言
割と原作崩壊レベルのことをやっていましたが今週話で発覚した「宇宙が多すぎるので平均レベルが低い宇宙は消される」という事実を踏まえて自分の中であのフリーザの行動が結果的正義に成り上がりました。
「下等生物を殺すことにより平均レベルが上がり、それが宇宙の存続に繋がる行為だったとは。。。」
多数を救うための引き換えに犠牲を出していいのかはまた別の議論として、ただ宇宙ごと消されてしまったのでは話にならないでしょう。
問題はフリーザ一味たちの平均レベルがどの程度の水準かですが

57be6a731293e.jpg

「戦闘力たったの5かゴミめ」は平均を著しく押し下げる意味ではたしかに害悪で、基準が戦闘力だけで図るものでないにせよフリーザ一味が宇宙を支配していた方が平均レベル自体は上がりそう
作中でも言っていたように界王神が自然に任せて全体の平均を底上げすることを怠ったことも問題なんだろうけど、まあいずれにせよ胸糞悪い展開なんですよね。
一方で昨今、サザエさんやちびまるこちゃんのようなアニメで展開されたエピソードをネットでクズ呼ばわりする風潮もどうなんでしょう。
まあ自分含めて余裕のない社会になってしまっている表れでしょうか
政府の働き方改革も見方によっては資本主義現場のゆとり化なんて卑下されるのかもしれませんけど

最後にパワプロ攻略交流サイトとしてパワ・思・考を立ち上げたと同時にネットデビューをして早16年を迎えました。
現在、32才ということでいつの間にか人生の半分を共に過ごしたことになります。
時代は移り変わり、個人サイト、ブログの更新を労いあたたかく読んで下さっていたのも過去の話で今では個人ブログで長文を書く事が気持ち悪がられて書く側も読む側も変わり者というレッテルが貼られるそうです。
そのこと自体にコメントすることはありませんが、自分は今後もこういうスタイルで発信することに変わりありません。
そして常連さんが一人でも来てくれる限りは店を畳むわけにはいかない、そんな心境です。

プロフィール

ナックル最強説

Author:ナックル最強説
サイト管理人・パワ・思・考
阪神ファンで萌え豚でゲーマー
パワプロ、BBHを経て現在は未曾有の野球ゲーム難民
週末更新を予定していますが体調によっては不定期です。
なお、連絡はこちらのメールフォームからお願いします.


【殿堂入り】
20090607_4503e3befbc2b2405fc211DGqImbuuq0U.jpg

世界と世界の真ん中で 2014年1月31日発売予定!









【注目タイトル】
D.S.i.F. -Dal Segno- in Future

banner250x250_sara.jpg

茜色の境界線

【はるるみなもに!】情報ページ公開中!

赤い糸物語

Princess Evangile W Happiness応援中!

夏空のペルセウス

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

powered by プロ野球Freak

powered by プロ野球Freak



最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード