AX 日想~持論を展開する~ 版画展に行ってきました

版画展に行ってきました

今週末は大阪日本橋に足を運んできました。
お目当ては萌木原ふみたけ先生の版画展を観賞するためです。
会場は入場無料となっているのですが、そこは主催者側も商売で高額の版画を買わせようと入場者に声を掛けてきました。
どうやら入場時に書かれるアンケートの答えによって格付けされるようなので静かに見たければ控え目な回答がいいようです。
最も自分はキャッシュで100万円の用意がありましたけどね。
版画というのが何かと言えば普通の印刷より綺麗な印刷で、ただし美術品としての価値は乏しく売ろうとしても買値の1/30にまで落ちるようです。
つまり飽きたから売るという気持ちで買ってはいけない賞品であり値段も30万円クラスがザラなのでそもそもよほどの思い入れがないと購入には至らないでしょう。
その点、自分のアメリへの愛は何の疑いようもなく、これという一枚には大金をはたく用意がありました。
そして、いざ会場へ

DSC_0304.jpg

結論から言うと今回の版画展でアメリのイラスト自体がありませんでした。残念
全体で見てもタユタマ2のイラストが5枚ほど
版画を直に拝見した感想としては、まず遠目では近くの壁に貼ってあった紙のポスターと大差ありませんでした。
本当に至近距離で見て印刷の違いがやっと分かる程度
衣服や背景に施された光沢が美しかったですが値段相応かは疑問で特筆すべき技法とも言えませんでした。
最大の売りである印刷の鮮明さに関しては正直期待はずれでしたね。
それでもアメリの版画なら無条件で買っていたかもしれません。
ともあれ、同じ値段を出すならお好みの既存絵が指定できて特大タペストリーを作ってくれた方がよほど実用的でグッズとしては通常より大きなサイズにより魅力を感じます。
版画は実際に色合い豊かなんだろうけど肉眼から脳への認識処理が恐らく追い付いていないような
人体が認識できないような色彩の鮮やかさなんて技術の無駄遣でしょう。い
あと個人的にある頃から直筆サインに価値を感じなくなりました。
そもそも容易に偽造できたり、偽物と見分けがつかない代物に有り難みはあるのだろうかと

最後に今週の一枚

DSC_0306.jpg

アメリのグッズに同サイズのアダルトイラストを重ねて荒削りな合成イラストの出来上がり
割と昔から使われてきた手法ですが合成は溜まりに溜まった業の行き着く先なのかもしれません。
そして継ぎ目がとにかく目立ちますが、視力が落ちて眼鏡をかけている人は必見
眼鏡を外して裸眼で見ると視界がぼやけてあまり気にならなくなります。
このように二次元イラストを嗜む上で手軽に視界をぼやかして見ることができると同じイラストでも二度おいしいです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ナックル最強説

Author:ナックル最強説
サイト管理人・パワ・思・考
阪神ファンで萌え豚でゲーマー
パワプロ、BBHを経て現在は未曾有の野球ゲーム難民
「ベースボールコレクションに賭ける」
幸福、それは今まで育んできた感性を持って下す自己採点
常に今日という日は「残りの人生の最初の一日」

週末更新を予定していますが体調によっては不定期です。
なお、連絡はこちらのメールフォームからお願いします

【殿堂入り】
河合アメリの存在が自身の次元を凌駕する

世界と世界の真ん中で 2014年1月31日発売予定!







【注目タイトル】
Summer Pockets

2018年5月25日発売のNavel新作『君と目覚める幾つかの方法』を応援しています!

約束の夏、まほろばの夢

Hearts『恋するココロと魔法のコトバ』応援中!

Princess Evangile W Happiness応援中!

夏空のペルセウス

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

powered by プロ野球Freak

powered by プロ野球Freak



最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード