AX 日想~持論を展開する~ 2017年09月

BBH新作のロケテに行ってきました

コナミからの告知なしで突如舞い降ったBBHの新作と思わしきベースボールコレクションというゲームがロケテを行っているという話
会場は現在確認されているところでラウンドワン梅田のみ
未だにBBHロスを引きずっている身として足を運ばずにはいられず早速、プレイしてきました。

DSC_0420.jpg

DSC_0418.jpg

DSC_0417.jpg
DSC_0416.jpg

DSC_0413.jpg

DSC_0421.jpg

DSC_0425.jpg

こうしてロケテのレポートを書く機会が再び訪れることに感慨深い面もございますが、いざ遊んだ感触としてはロケテとはいえ現状のままでは面白い要素が見つけられないくらいゲーム部分が空っぽでした。
試合は1~6回まで自動進行で7回から操作という時点で雲行きが怪しくてコンセプトとしては一試合10分で終わることを掲げているんですけれど

DSC_0434.jpg

いやいや、ゲームとしてはフルイニング指示できることの方がよほど重要でしょう。
これだと選手の成績が勝手に変動するし、7回から操作だとセットアッパーの出番で先発投手よりも操作機会が増えそう
また、試合時間10分を掲げる割に試合テンポはゆったりしていて投球動作は走者関係なく振りかぶるし溜めが長い
フォークボールなのに握りがストレートなんていう初歩的な欠陥を見つけてしまうと開発が野球を知っているのか一気に怪しくなりました。
選手の動きに関しては現行の1.5倍速ぐらいで進行してもらった方が繰り返して遊ぶものだけに、よほどプレイ時間短縮とテンポ向上に繋がりそうです。
とにかくプレイ料金を高くしてもいいのでフルイニング操作一本で考え直してもらいたいところ
ちなみにロケテのプレイ料金は1プレイ200円+カード排出一枚
(筐体の中に印刷機が内蔵されていてその場で印刷するオンデマンド印刷方式)
さらに100円追加ごとに排出カードが一枚追加されて最大5枚まで
カード一枚に100円取っているところを見ると、つまりゲーム自体は100円で遊べるようになっていてベースボールコレクションというタイトル通り、ゲーム内容よりカードを集めさせることを主目的に置いているのかもしれません。
だとすれば、期待に反してそもそもゲーム部分をまともに作ろうとしていない可能性さえ疑ってしまいます。

7回以降、手動の試合部分
まず、これはBBHでもロケテの段階で見られましたがサインがバント盗塁エンドランの三つくらいしかなくて駆け引きがままなりませんでした。
さらにこのゲームの致命的な部分としてBBHのように選手カードを置いて上下に動かすことができるのに従来のメモリ位置を示すような画面表示が見られませんでした。
采配ゲームにおいて単なる相性ジャンケンだけで終決しないメモリの存在がBBHを構築するシステムの最大の功績だと捉えておりましたので、このまま強振とミート打ちの切り替えぐらいにしか使われないようならば容赦なく論外
あと、選手カードの上下について分かったことは投手の場合は置く位置にとって球種を変えることができました。
ただ結局、それがどう結果に関わるのかは疑問というのも攻撃時に相手の球種を狙うような機能がない以上は単なる演出の一つに過ぎないのかもしれません。
何度目かのプレイ途中、これはゲームなのかと疑問を抱いてしまうほど手動操作でプレイヤー側がやれることがほとんどありません。

対戦は例によって最後の一球勝負なのですが毎回フルカウントなのはギャグなのだろうか。。。
盗塁のサインを出してもストライクゾーンに来れば打者はヒッティングするので単なるランエンドヒット
相手がバントだと最初からバントの構えをしてきて、バスターのサインがないものだから「バントの構えを見てからバントシフト余裕でした」なんですが全然シフト敷いてくれていませんでした。
ブーストは激励のようなものなんですが、アベレージヒッター等がブーストを使用しないと発動しないスキル扱いになっているのはちょっと違うんじゃないかなと
勝負モードはVSモードのようなものだと思いきや、相手が投げた球に対してタイミングを合わせて赤ボタンで打ち返すというものでアクション要素を入れるのには反対です。
何故なら駆け引きではなくアクション要素で勝敗が決してしまうようになると「采配関係ない」ってなりますよね。
とりあえずボール球も普通に投げてくるのでその場合は赤ボタンを押さずに見極めないとスイングのタイミング関係なく空振りますした
あと勝負モードは攻撃時のみ選択できました。

DSC_0424.jpg

そんな具合でプロスピ新作が未発売ながらグラフィックは悪くないレベルで、ただ動きが単調で打球パターンがまだまだ少ない
頻繁にエラーを起こしていてエラー画面でOSを見たところWindows7でした。
排出カードは33枚引いてUR0枚、R10枚、N23枚という内訳で相変わらずカードの引き運を持ってません。
カードのデザインはなかなか良いのですが、肝心のゲーム部分を何とかしてもらわないと単価の高いプロ野球チップスになりかねません。
これから本稼動まで相当に開発を頑張るか早急にBBHの要素を取り入れないと厳しいと言わざるを得ませんが最後にさらにヤバイ話があります。
どうやらオンライン対戦ではなくオフラインゲームとして開発している模様
(いずれオンライン対戦対応にする見通しもあるにはあるそうなのでユーザーからの反響次第!?)
あっ…これ、アカンやつなんじゃ。。。最初にオフラインで出してしまったら実装前に終焉を迎えそう
BBHの新作を匂わせておいてシステム改悪しただけの駄作なんて出されたら伝説級の爆死をやらかしたガンダム U.C.カードビルダー(稼働1ヵ月後でプレイ人口わずか300人)と同じコースなのが目に浮かぶようです。
本来ならBBHの新作として大いに期待を寄せたかったところですが、そもそものコンセプトから見直しが求められる時点で現時点からの軌道修正は期待薄か
まだ今後どう転ぶかは分かりませんがBBHの後釜としては最悪、このことは記憶から抹消したい勢いです。

どうか、自分のレポートに共感した部分が(フルイニング操作化、オンライン対戦導入、メモリ機能の導入、通常サインの充実、勝負モードからアクション要素をなくす)あったならアンケートに答えてBBH新作を正しく導いてあげて下さい。
アンケートも結局は数の力みたいなところがあって、たとえ素晴らしい指摘でも少数意見では通りにくいものです。
BBHで「サイン勝ちしても逆の結果になる」なんて意見があまりにも多かったのか、その結果としてスペシャルサインという歪みを生みました。
ベースボールコレクションの目に見えた欠陥ぶりを食い止められる可能があるなら今このタイミングしかありません。
自分はこのコンセプトの元にリリースされるのだけはどうしても阻止したい気持ちでいっぱいです。
これが転けたなら、ますますBBHの後釜が作られなくなっしまうことを恐れます。

スポンサーサイト
プロフィール

ナックル最強説

Author:ナックル最強説
サイト管理人・パワ・思・考
阪神ファンで萌え豚でゲーマー
パワプロ、BBHを経て現在は未曾有の野球ゲーム難民
「・・・監督プレイがしたいです」
幸福は自己満足の追求×それを享受するための感性を磨くことに至る
これまでがどうであっても「今日という日は残りの人生の最初の一日」である

週末更新を予定していますが体調によっては不定期です。
なお、連絡はこちらのメールフォームからお願いします.


【殿堂入り】
河合アメリの存在が自身の次元を凌駕する

世界と世界の真ん中で 2014年1月31日発売予定!







【注目タイトル】
景の海のアペイリア

景の海のアペイリア

Princess Evangile W Happiness応援中!

夏空のペルセウス

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

powered by プロ野球Freak

powered by プロ野球Freak



最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード