AX 日想~持論を展開する~ 2016年08月

社会から残業を駆逐したい

今週から一気に仕事が忙しくなり、平日のナイターが見れないような時間帯まで労働する生活
あまりに帰りが遅くて寝る時間しかないと逆に何かしようという気が起こらないのが良かったのか仕事には集中できました。
ただまあ、日本社会全体として定時あがりが都市伝説で残業ありきの業務体制は改めてどうにかならないものかなと
もっと残業に対して代価を課すべきで現行の1.25倍の時給では甘い
たとえば残業代が時給の2倍ということになれば企業も人を増やすことを考えるようになるだろうし時給の2倍なら残業も今ほど苦には感じないでしょう。
企業にとって残業が痛手になるくらいの代償が必要
そんな社会が来ないかなと渇望しながら人生の時間を必要以上に削って働く日々への嫌悪感
先日、日本が「給与が下がってもいいから労働時間を短くしたい」人の割合で世界一位というデータがありましたが自分も圧倒的にその一人
だからと言ってフリーターでその日暮らしの生活というのはまだ気が引けるのもあり、ただ定職ではちょうどいい労働条件がまずありません。
もしくは、そうしてまで働くだけの理由が必要ですがそのための目標が何もない状況
上司からは「お金を使え」と助言はされていますが、ケチにとってそれは無駄遣いと同義
先日、同窓会の二次会で少人数でスナックに初めて連れていってもらいましたが適正価格とやらが既にぼったくりレベル
お金を払って接待してもらうというのも苦手で相手の会話やら挙動が商売上のものだと思うと、それに気分を良くして喋るのが何だかバカらしく思えてしまいます。
ただ、こういうお店を後腐れなく楽しめる人の方が人生謳歌している感じはするので総じて物事を楽しむにもセンスが問われると痛感

結局、今も正社員にこだわって働いているのは親の存在が大きいと思います。
本当に身一つになって誰からも心配されない存在になれば、その時こそ自由気ままな生活を送ろうかと思います。
何故なら自分にとって贅沢とは自由に使える時間の確保に他なりません。
スポンサーサイト
プロフィール

ナックル最強説

Author:ナックル最強説
サイト管理人・パワ・思・考
阪神ファンで萌え豚でゲーマー
パワプロ、BBHを経て現在は未曾有の野球ゲーム難民
「・・・監督プレイがしたいです」
幸福は自己満足の追求×それを享受するための感性を磨くことに至る
これまでがどうであっても「今日という日は残りの人生の最初の一日」である

週末更新を予定していますが体調によっては不定期です。
なお、連絡はこちらのメールフォームからお願いします.


【殿堂入り】
河合アメリの存在が自身の次元を凌駕する

世界と世界の真ん中で 2014年1月31日発売予定!







【注目タイトル】
景の海のアペイリア

景の海のアペイリア

Princess Evangile W Happiness応援中!

夏空のペルセウス

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

powered by プロ野球Freak

powered by プロ野球Freak



最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード