AX 日想~持論を展開する~ 2012年04月

プロ野球としての迫力不足

今日は寝過ごしてしまったのでBBHは昨日友達と遊んだ時にプレイした2試合だけのレポートになります。
今月は途中でインフルエンザにかかったりして来店特典の受け取りが危ぶまれましたが月末ギリギリで特典の経験値10万を受け取りました。
これで2011ではほとんど使っていない柴田がレベル7になったりと将来に向けての下準備は順調です。
一方で控えの戦力値調整のレベルが上がってしまったことで一軍メンバーを入れ替えてレッドグループでのプレイとなりました。

【試合レポート】
○闘将七段、As(R-2)4-2
三回までに新井が三失策を記録するというプレーに頭を抱えつつ、そこに逆サインヒットが絡んで長野のタイムリーで先制される
それでも相手が激励対策をしていなかったので三回裏という早い段階から勝負を仕掛けると激励絡みで四点をあげて逆転に成功
4回裏に稲葉のタイムリーで一点を返されるも無死二、三塁のピンチを切り抜けて今のベンチムードの仕様だとビハインド側が絶対有利になることがなくそのまま逃げ切りました。

○闘将初段、As(R-3)4-5
1回裏に小坂に盗塁を決められるとサイン勝ちしながら右方向への進塁打を許してさらにサイン勝ちしながら森野にサイン犠牲フライを決められて先制を許す
4回表に2死走者なしから相手の外角低めを読んで金本のサイン勝ち流し打ちホームランで同点に追い付く
4回裏にブランコの激励内野ゴロの間に勝ち越されるも相手に激励を使わせつつTS反骨精神発動と引き換えならそう悪くはない
しかし、追い上げたいところで5回裏にさらに二失点を喫する
6回裏に金本の激励タイムリーで一点を返すも続くチャンスでサイン勝ちしながら連続凡退
それでも7回表にVSでタイミングを外されながらも連打が生まれるとタイムリーと激励押し出しで同点
9回表に浅尾が出てきたところで平野のVSホームランで勝ち越し
9回裏に入って先頭をVSで打ち取ったかと思いきや、よりによって振り逃げで出塁を許すとさらに2011になって自身初のVS四球が出て悪い結果の連続に負けを覚悟しましたがこの絶体絶命のピンチを無策でどうにか抑え切ったことが我ながら信じられないくらいで補正なんてなかったですw

昨夜は2戦2勝でした。
相手の逆サインヒットが失点に繋がったりとまだメモリを外しきれていないのか不可解に打たれているケースが目立ちます。
結果的にこちらの運が勝って試合には勝たせてもらいましたがみっともない試合運びをしてしまいました。
それにしても今回レッドグループのランク4ではなくランク3に配属されたのですが、こちらの方があまり初心者と当たらないのでちょうどいいかもしれません。

阪神は0-0で巨人と引き分け
試合開始から3時間30分フルで観戦しましたが疲れが残る試合になりました。
阪神のチャンスが一度のみでそれも本塁死で不意にしたのに対して巨人には何度チャンスがあったことか…
それでも9回裏の無死満塁を凌いだ榎田は立派に劇場王でしたねw
結果的に負けに繋がらなかったから良かったもののマートンには困ったもので一番打者として苦言を呈したいところで守備でもやらかして始球式でセフティーバントなんてサプライズしている場合かという
個人的には代打加持前の一球目ボールのあとの二球目は三塁走者が鈴木尚だったこともありスクイズ狙いでも良かったのかなと
そのあと9番が代打實松であるならそれだけの勝負に出ても良さそうなものでしたけど、たださすがにそこはサヨナラスクイズを狙わないプロの野球でしたかね。
まあ、締まった試合でナイスゲームと言えばいいんでしょうけど刺激よりも疲労感の方が大きかったですね。
テレビ観戦の自分ですらこれだけ疲労感があるんですから現地組はもっと肩透かしだろうなぁ
いっそう9回裏にサヨナラ負けしていた方が試合としては面白かったように思いますけど東京ドームでの三連戦で両チームともにホームランが出ないなんて物足りない以外の何ものでもありませんでした。

今週のガンダムAGEはキオ編のスタートでしたが今回はちょっと面白かったんですよねw
相変わらず突っ込みが追いつかないくらいなんですけどフリットが孫のキオにプレゼントしたゲーム機が実は戦闘シュミレーションで初実戦にも関わらずゲームの攻略法から敵MSの特徴を把握しているとかヤバイ
…とうとうゲーム脳が地球を救ってしまう時代になったかw
そして次回予告で敵MSが馬小屋の中に潜んでいるシーンがあったのですがMSを馬小屋に隠すのって敵がパクるくらい合理的だったとは知らなかったなぁ(棒)
それにしてもフリットが孫のキオと接する態度が息子のアセムとは全然違いましたね…これが俗に言う孫は目に入れても痛くというところでしょうか
血の気が薄くなったフリットは安心して見ていられてキオ編は結構正当派な感じがしました。
Fate/Zeroは新たな展開の予感であれだけ遠坂時臣に信頼されながら「私という人間を理解していなかった」と言い捨てて殺してしまうとはキャラクターといい脚本が逸材
何気に本家よりもエピソードに当たるZeroの方が面白いんじゃないですかねw
それにしても遠坂時臣が最終的に霊珠でギルガメッシュを自害させる腹だったにしてもギルガメッシュくらいになるとランサー(ゲイボルグの方)がすぐに死ななかった件があるだけにサーヴァントに自害を命令してもマスターを刺し違えるんじゃないかと思ったりもします。
シャイニング・ハーツは海賊とか急に穏やかじゃない話になって、そこに超兵器まで出てきていきなり作品の方向性が分からなくなってきました…
単なるほのぼのパンアニメではないということですかねぇ
そして氷菓の放送がスタートしましたけどメインヒロインは可愛い
たしかに可愛いいんですけど大きくヒットするような要素は感じられませんでしたね。
最も、けいおん人気が異常なだけでクオリティーに関しては何の不満もありませんでした。
スポンサーサイト
プロフィール

ナックル最強説

Author:ナックル最強説
サイト管理人・パワ・思・考
阪神ファンで萌え豚でゲーマー
パワプロ、BBHを経て現在は未曾有の野球ゲーム難民
「・・・監督プレイがしたいです」
幸福は自己満足の追求×それを享受するための感性を磨くことに至る
これまでがどうであっても「今日という日は残りの人生の最初の一日」である

週末更新を予定していますが体調によっては不定期です。
なお、連絡はこちらのメールフォームからお願いします.


【殿堂入り】
河合アメリの存在が自身の次元を凌駕する

世界と世界の真ん中で 2014年1月31日発売予定!







【注目タイトル】
景の海のアペイリア

景の海のアペイリア

Princess Evangile W Happiness応援中!

夏空のペルセウス

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

powered by プロ野球Freak

powered by プロ野球Freak



最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード