AX 日想~持論を展開する~ 2006年10月

2006/10 過去ログ

田チーム集結まであと少し 2006,10,31 この日記を編集 削除

会社宛に北海道の海産物産地直送のチラシが送られて来て、事務の人が「よかったらどうですか?」という事だったので周りに便乗しつつ僕は好物のいくら(400g、1890円)を注文することにしました。
 
普段、例えそれが自分の好物であってもスーパーで半額のシールが貼られてある時くらいにしか「好物のいくら」を買わない僕としては400g・1890円というのは高価な分類に属します。
ただ、そこは今年日本ハムが日本一に輝いた事ですし、僕も北海道の経済に一つ貢献しようと思い立った次第で自分の決断はどこまでも野球に左右されているような気がします。
 
 
 
今日は帰宅後、自宅にトレードが成立したカードが封筒にして7つも届いていました。
内訳はSP黒田、薮田、藤田宗、木田、武田久、福田、前田幸、種田の8枚
黒田はよく見てみると対ランナーが4になっている変わりに対左が2に下がっているんですね…
薮田は他の能力が上がったものの対ピンチが2にダウン
ノビやキレの数値は的にあまり影響を感じにくかったりするのですが対ピンチは顕著に結果に現れるだけにマズイですね。
その変わりと言うか、藤田宗の対ピンチが2→3に上がって、さらに他の能力も大幅にアップ
福田は「勝ち運」を持っているので、以前構想した通りビハインド時には積極的に登板させたいと思います。
前田幸は能力的にも2のカードを使うべきかかなり微妙な感じだったり…1のカードが活躍しているだけに余計に悩みどころです。
種田は守備力が適正ともに上昇
これは2のカードに変えない理由はないですね。

今日届いたカードはそんな感じで残すは中田と町田のみ
全ての選手を田に統一した暁には戦力値などを日想で掲載しますね。
目標は戦力値を1900未満に抑えることです。


さて、それでは昨日は時間の関係で書けなかった事を色々書かせてもらいますね。
テーマを挙げるならBBH1から2で変わったことですかね。
 
まず2になってノーサインから自殺行為に近かったセーフティーバントをしなくなったのが嬉しいですね。
1ではセフティーバント常習犯だった赤田も2では今のところセーフティーバントを封印してくれていますw
ただ、2では1に比べて内野安打が出やすくなった気がするのとむやみに内野後退をすると思わぬ打者を内野安打にしてしまったり、ゲッツーが取れる打球で取れなかったりと内野後退にこれまで以上にデメリットが出て来たのがいい感じ
あとVSモードでは得意、不得意コースが加わった一方で相手監督の傾向表示がなくなりましたね。
まあ、VSモードを行う上でこれは大した意味を持たなかったので無くなったところで差し支えないんですね
…ただ、あまりにもこの件について誰も触れていなかったのが不憫でした(苦笑)
 
それと一昨日、センターで選手の成績をメモっていた時に発生したのですが、どうやら満塁ホームランを打つとその事がセンターに大きく表示されるみたいです。
…まあ、この時は打ったのではなく「相手に打たれた」ようでしたけど(苦笑)
古田の五打席連続もセンターに表示されていたのか気になるところです。

あと2で登場が期待されたアリアスは結局カード化されず…
これには阪神ファンが一番ガッカリしました。
また巨人では脇谷もカード化されていないみたいで3までお預けはあまりにも長いですね。
最後にBBH2でもラミレスのホームラン後の「アイーン・ゲッツ」を確認しました
…たしか今年のラミレスのホームラン後のアクションは「チッチキチー」だったように思うのですが、これはコナミの確信犯でしょうか?
BBH2は2006年の少なくとも5月までは査定対象に入っていた筈ですからね。
それでラミレスのアクションがそのままという事は手抜き、もしくは安易な使いまわしと言わざる終えないですね。
最も、僕は「チッチキチー」よりも「アイーン・ゲッツ」の方が好きなんですけどねw



-△-

BBH2の日本シリーズ対策 2006,10,30 この日記を編集 削除

ちなみに5打席連続ホームランの実況はちゃんと用意されていました。
 
それにしても古田で5打席連続ホームランが打ててしまう現在の仕様は早く修正してもらいたいですね。
「盗塁警戒」で盗塁が刺せるようになったのも実はサインの効果が強くなったのが原因で、これだけサインの効果が強いようだとサインの回数はしっかり15回分欲しいですよね。
…何気にこれは「なるべく500円プレイで遊んでもらおう」というコナミの策略だったりして…なんていう考えが脳裏に浮かんだりしました(苦笑)
 
 
さて、稼働六日目の今日はゲーセンに寄らず真っすぐ自宅に帰りました。
帰宅するとトレードで獲得したSP村田、和田毅、田中幸雄のカードが届いていました。
新選手は次回のプレイから、その他は現在使用している選手のレベルが上がり次第使わせてもらおうと思います。
ところで今日届いた和田毅なんですがBBH1のカードでは裏面の出身が島根県になっていたのに対して2のカードでは出身が愛知県になっていました。
選手名鑑で確認していみたところ和田毅の出身地は島根県みたいで、もしかして2のカードの愛知県というのは表記の誤りなんですかね?
そもそも出身地が変わること自体、考えられない事ですし…
この件について、分かる方がおられれば教えて頂けると助かります。
(あと、何気に和田毅も一年で身長が縮んでいるみたいですねw)

それでBBH2なんですが土日の大型プレイでひとまず満足したのと、平日は残業でプレイ時間を確保するのが難しいことからトレードが成立したカードが届くまでの間は一旦、プレイを見合わせようと思います。
 
…まあ、もう一つの理由として今から下手にプレイすることによりペナントの順位が下がって現状でほぼ安泰な日本シリーズ出場権を失うのは避けたいという狙いもあったりします(苦笑)
 
こういう時にセカンドチームがあると融通が利いて便利だったりするのですが、生憎「野村の教え子たち」はまだチームを結成するだけのカードが揃っていない状態なのでまだその段階には達していません。
ていうか、今の仕様だと巧打者タイプが多い「野村の教え子たち」では見極め強振に対抗できません(苦笑) 

さて、それはそうとBBH2内の日本シリーズですが「対人戦でAs使いには適わない」という見方に変わりはありませんが、相手がCPUなら十分に勝てる見込みがあります。
ここ最近、CPU相手にほとんど点を与えていませんしCPUが出して来るサインはある程度の規則性が感じられるランダムなので現在の仕様なら見極め強振or引っ張りの餌食にできます。
その点でやっぱりCPUほど戦いやすくて勝ちやすい相手もいませんね。
ただ、CPUになら勝てるとして問題はいかにしてマッチングを避けるかという点
集計期間が終了した直後は日本シリーズをプレイする人が多いでしょうから理想は期間の真ん中から後半にかけて日本シリーズをプレイすること
ただ、なかなかそれまでの間プレイを自粛するのもキツイので今の時期なら日米野球が行われている最中にプレイしに行くのがマッチングを避けるまだ可能性の高い方法でしょうか?
あと、それでも相手とマッチングしてしまった場合はその時の対戦相手によってはすぐに次の試合を始めずに2、3分待ってからコインを投入するのがいいかもしれないですね。
日本シリーズだとマッチングされる対戦相手が限られて来ますので続けてプレイしたら「また、同じ相手と当たった」なんてケースも珍しくなさそうですからね。
幸いと言うべきか、平日のホームはいきなり過疎っていたりするのでコイン投入に2、3分の時間差を置いても迷惑はかからないでしょうから、安心してこの方法を試せそうです。
まあ、日本シリーズは当たって砕けて来ますよ(苦笑)

あと他にもBBH2について色々と書きたい事があったのですが今日は思ったより残業が延びてしまったのでまた明日、改めて書かせてもらいますね。



オンラインは昨日の大会結果を受けて今回もメンバーの方からレアアイテム入手報告を頂いております。
尚、誠に勝手ながら微妙なレアイテム報告につきましては割愛とさせて頂きます。
その中で今回レアアイテムをゲットされたのがまずはクルーズさんがムード○の本
そして、キッドさんが二週連続でパープルセミロングとさらに逃げ球の本をゲットされました。
そのレアアイテムのお譲り先ですが、まずキッドから僕に逃げ球を譲って頂くことになりまして何度も有難う御座居ます。
これにより被本塁打が軽減されれば、それだけチームの勝利にも繋がりますね。

そして、クルーズさんから僕に託されたムード○をキッドさんに使って頂く事になりました。
ムード○はその選手が試合に出場している時に効果を発揮する特殊能力なので、いつも試合の途中で降板してしまう僕よりも野手の方に使ってもらった方が効果的と言えますね。

それと最後にご報告が遅れてしまいましたが、今回の大会でも登板機会がなかった事を理由にクルーズさんがチームを脱退することになりました。
これはもう致し方ない事だと僕も諦め気味に認識しております。
本当にリリーフの扱いがずさんな仕様だと思います。
クルーズさん自身はパワ・思・考以外でオンラインを続けるつもりはないとの事でこのままオンラインを引退されるとのことです。
今までお疲れ様でした。そして有難う御座居ました。
メールでもお話したのですが、また次回作のオンラインで一緒になれる事を楽しみにしています。



-△-

BBH2稼動五日目 2006,10,29 この日記を編集 削除

今日も開店からBBH2をやりまくって来ましたので昨日に引き続きご報告します。
今日も昨日と同じようなメンバーで占められ開店から10分以内に全ての席が埋まりました。
店側が無制限と認定しているので自分が言うのも何ですが一度座ると最強です。えぇ…
とりあえず、ここは休日専用で平日はプレイできる保障がないので敬遠しようと改めて思いました。

【第一試合目】
2回表・4連打で2点を失う
通常守備or進塁阻止に関係なくランナー一、二塁の場面で打球がショートの方に飛ぶとゲッツーを取らずにサードに投げるのが何とも不満だったり…
2回裏・村田の2ランで同点
4回裏・前田勝ち越しソロ
7回表・併殺の間に同点とされると岩村に勝ち越し2ランを浴びて3-5で敗戦
…勝てた試合だっただけに悔しいですね。


【第二試合目】
対戦相手は純正横浜で戦力値は昨日の純正広島使いよりさらに40も少ない1841でした。
しかし、それで勝ち越しているのだからまた凄いですね。

2回裏・前田先制ソロ、志田2点タイムリー
3回表・金城のタイムリーで1点を返される
…投手が牽制持ちでなければ、石井琢もパワー寄りの直球でしっかり盗塁警戒しないとダメっぽいですね。
5回裏・和田さんホームラン
試合はそのまま5-1で勝利


【第三試合目】
今度は準純正横浜が相手でした。

2回表・和田さん先制ソロ
4回裏・VSモードで四隅に選択するもT.ウッズの真ん中ミートでアンラッキーなタイムリーを浴びてしまい同点
5回表・種田の勝ち越しタイムリー
6回裏・先頭打者の多村にぶつけてしまい負傷途中交代…
話題のスペランカーを負傷させてしまいました_| ̄|○
そのあと内野ゴロの間に同点に追いつかれてしまいました。
しかし8回表・前田に勝ち越しソロが飛び出して2-3で勝利


【第四試合目】
2回裏・前田先制ソロ
4回裏・村田ホームラン
5回表・阿部にソロホームランを浴びて1点差

相手は5回からリリーフ・松坂…

6回裏・前田2ラン
8回裏・前田3ラン
9回表に松中に2ランを浴びるも7-3で勝利


【第五試合目】
対戦相手は通算で大きく勝ち越しているAs使い
上手い人がAsを使うとどうしてもカードの能力の差でパワー負けするんですよね…
という訳で試合前から流石に負けを覚悟しました。
 
3回裏・岩村に先制タイムリーを浴びると阿部に2ランホームラン
5回裏・カブレラ2ラン
この時点で5点のビハインドを背負い負けをほぼ確信…

しかし7回表に和田さんと前田ホームランで3点差
そして8回表に古田が逆転満塁ホームランを放つと、続けて和田さんホームラン、村田2ランで1イニング一挙7得点の大逆転劇!
9回表にも古田がホームランを放ち5-10で逆転勝利


【第六試合目】
対戦相手は準純正阪神

1回表・前田タイムリー、小田タイムリー、藤田タイムリー、P黒田タイムリーの4連続タイムリーで幸先良く4点を先制
5回表・P黒田のタイムリーで追加点
6回表・和田さん2ラン
8回表・志田のホームランで0-8とすんなり勝利
ここで昨日に並ぶ5連勝となりました。


【第七試合目】
対戦相手は準純正巨人
この相手ですが昨日の十一試合目で当たった人と同じ相手でした。

4回裏・李スンヨプに先制のVS2ランを浴びる
…VSを当てられたのって、かなり久しぶりでした。
5回表・和田さんホームランで一点差
しかし、2-1で敗戦


【第八試合目】
対戦相手は準純正広島
全国ペナントに入ってからやけに純正or準純正使いと当たりますね。
単純に純正使いが多いのか、それとも戦力値で上手くマッチングが組まれているのか分かりませんけれど…
ともあれ、これは嬉しい事ですね。

試合は初回にいきなり4番・和田さんの満塁ホームランが飛び出し、さらに藤田のスクイズが決まりオールセーフ、P桑田のバントエンドランで二死二、三塁とすると赤田がVS2点タイムリーを放ち初回に7得点!

と、この直後に相手が試合終了を選択…
気持ちは分からなくもないですが、これって僕が悪いんですかね(苦笑)
以後、CPU戦へ

2回表・古田ホームラン
そのあと、しばらく点が取れず
9回表・古田2ランで0-10で勝利


【第九試合目】
初回、ヒットのあと投手悪送球と四球で満塁のピンチを招くが種田のファインプレーで事なきを得る
BBH2では中継ぎ適正ながら無理矢理、先発で使っている武田勝は打たれるとスタミナが削られて一回持ちません_| ̄|○

4回表・小坂に「内角攻め」を引っ張られて先制点を許す
巧打者タイプだからと言って舐めて「内角攻め」をしたら引っ張られた時にやられますね(苦笑)
4回裏・前田逆転3ラン
5回裏・古田3ラン
8回表・相手の点差を考えないスクイズで1点をを失う
8回裏・P久保田タイムリー、赤田タイムリーで2点追加して8-2で勝利


【第十試合目】
初回、BBH2になって初めてワイルドピッチを見ました。
…いくらなんでも発生確率がレア過ぎるような。。。

2回表・前田先制ホームラン
6回裏、岩村にVS同点タイムリーを浴びる
8回裏・岩村に勝ち越しホームランを浴びて2-1で敗戦
負けはしたものの、この試合は珍しく投手戦になった印象です。
それとこの試合中「盗塁警戒」を出しつつ変化球勝負を選択したにも関わらず投手がストレートを投げた事から「盗塁警戒」の場合は強制的に球種がストレートになるのかもしれません。


【第十一試合目】
対戦相手は準純正阪神
6回表・調子の上がったSHINJOに持っていかれると続けて藤本にも確定スタンドイン_| ̄|○

…あんな完璧な打球、藤本じゃないです>ぇ

最終回に2アウトから村田の2ランで2-2の引き分け


【第十二試合目】
対戦相手は純正巨人
ただ、何もしない間にすぐ回線が切れました…

2回表・前田先制ホームラン
確定ホームランではなかった為、打球がバックスクリーンに入ったのを確認した審判が手をまわしてる動作を確認する事ができました。
芸が細かいですねw

4回表・村田3ラン
6回表・古田ホームラン、前田ホームランで0-6の勝利
あと、この試合に珍プレーが発生しまして二死一塁の場面でショートゴロを捕球した藤田が二塁をベースを踏むのを躊躇して結局一塁に投げようとするが間に合わずにオールセーフ
藤田…何故そこで目の前にある二塁ベースを踏むのに躊躇する必要があるのかと_| ̄|○


【第十三試合目】
初回、古田先制2ラン
3回裏・藤田2ラン、古田ホームラン
 
ここで相手が試合終了…

5回表・CPUが操る和田さんにタイムリーを浴びる
…CPUから点を取られるのは、かなり久しぶりでした。
5回裏・古田2ラン
7回表・CPUが操る和田さんに犠牲フライを打たれて一点を失う
7回裏・古田が4打席連続ホームランを放ち、和田さんホームラン
8回裏・志田2ラン

そして…

古田が4打席連続ホームランの自身のリアル記録を塗り替える5打席連続ホームランを放ちました。

その後、村田にも2ランが飛び出して15-2で勝利



途中からCPU相手だったとは言え、少しやり過ぎました。
最後はサインが尽きてVSホームランだったのですが運が良かったですね。
2でもCPU相手だとVSモードは真ん中に山を張っていたのですが、CPUと対戦するにつれてどうやら2では1ほど真ん中付近に来ないみたいでCPU相手のVSでもある程度コースを絞る必要がありそうです。

そんな感じで本日は9勝3敗1分でした。
これで通算成績は20勝9敗6分となり、田チームは至って順調です。
さらに全国ペナント10月下旬の勝ち越し数を10として、ヤクルト使用者の全国ランキングがこの時点で2464人中94位にランクインしまして日本シリーズ出場権の獲得をほぼ確実なものにしました。
日本シリーズ中はAsと当たる確率が下がると言いましたが、僕がその舞台に立つことが濃厚になるとは…
とりあえず、日本シリーズでは見極め強振を知り尽くしているAsとしかまず当たらないでしょうね(苦笑)
戦略的な条件は五分でも選手の能力の差で恐らく日本シリーズでは一つも勝てないと思います。
まあ、また正式に決まったらご報告しますね。

それで今日の感想
見極め強振に対しては下手に「内角攻め」と「外角攻め」or「打たせて取れ」の駆け引きをするよりもノーサインが一番安全だと再実感
最も、ノーサインで相手がしつこく引っ張ってくるようならたまに「外角攻め」を混ぜるのもいいですけどね(逆も然り)
実際、僕は相手がノーサインで来たら引っ張りでスタンドインさせていますので
(※この場合、PH持ちなら調子普通以上、PH未所持なら好調以上が望ましいです)

あと、今日のプレイで相手の多村を死球で負傷させてしまいましたが、こちらはと言えば先発の駒(カード未所持)が足りないが為に連投による連投でリリーフ投手にはかなりの負担をかけている筈なのですが一向にケガをする気配がありません。
どうやら、投手はスタミナが切れて投げ続けるとケガをするみたいで連投による影響はあまり考えなくても良さそうです。
守備面では一塁の小田が昨日は二度、今日は三度もサードからの送球にポロリをやらかして裏パラでエラー3なのにおかしいなと思っていたら、どうやら悪いのは小田ではなく村田が一塁に難しいバウンドの送球しているのが原因みたいでした。

さて、それでレベルの方ですが今日は13試合プレイして全体的によく打ちましたがレベル4の選手はレベルに変化なし
前言撤回でやはりレベルMAXまでの道のりは遠そうです…
ただレベル3までは割と早く上がるのでライトユーザーに優しくなったのは評価したいですね。
個別報告でリバーさんに譲って頂いたロケテ2田中浩康がレベル2で内野安打のスキルを覚えました。

排出カードは今日も配列順で掲載させてもらいますね。
●川崎(ソ)→○堀(ロ)→●小坂(巨)→○山下(楽)→○堀田(巨)→SP小笠原(日)→●萩原(オ)→○山北(横)→●佐藤(ヤ)→○西山(ソ)→●石原(広)→○的山(オ)→●大村(ソ)→○清水(日)→●二岡(巨)→SP黒田(広)→○憲史(楽)→○能見(阪)→●光原(オ)→○岸本(横)→●川島(ヤ)→○領健(ソ)→●栗原(広)→○鈴木(オ)→●荒金(ソ)→SP三浦(横)

昨日、あのあとSP松坂とのトレードが成立してしまったSP黒田を自分で引いてしまった以外は自分で使う田戦士はなし
SP三浦はロケテ2田中浩康のお礼(+GR和田)としてリバーさんにお譲りしようと思っています。
SP小笠原はトレードでSP和田さんに変える予定で、早くもこれで田チーム結成に必要なカードが一通り揃った形になります。
その中でトレードは元より何より嬉しかったのが日想の読者の方から「田のカードを引いたのですが如何ですか?」というメールをたくさん頂いた事ですね。
田チームの結成にご協力下さった方、この場をお借りしまして改めて本当に有難う御座居ます。
ひとまず、これからは様子を見ながら「野村の教え子たち」のメンバーを集めようかなと考えています。
「野村の教え子たち」のメンバーは基本的にあまり育てる必要がないのですぐにでも活躍してくれそうです。

それと現状の仕様についてですが、見極め強振にも対策がない訳ではないので大味な試合が好きな人であれば割と楽しめるかなと思います。
とは言え、これは早急にバージョアップによる修正を願いたいところではありますけれど…
全国ペナントに行くと大半の人が見極め強振の対策を知っているのでなかなか簡単にはいきません。
ポイントは見極め強振房と相手に思わせておいていきなり引っ張るとか…ですかねw
現バージョンはバランス自体はそんなに悪くないと思うのですが如何せんサインの効果が強すぎます。

それでは最後にここまでの田チームの成績をメモって来ましたので掲載させてもらいますね。

黒田 2.66 3勝0敗
和田毅 2.79 3勝4敗
桑田 1.24 5勝1敗
武田勝 0.00 0勝0敗

薮田 1.89 3勝1敗
藤田宗 3.29 1勝1敗
久保田 3.74 3勝1敗1S
前田幸 1.13 1勝1敗2S
豊田 0.66 1勝0敗7S

志田 .321 3本 9打点 5盗塁
種田 .210 0本 3打点
古田 .254 15本 31打点
和田一 .223 20本 28打点
前田 .278 15本 27打点
村田 .226 20本 32打点
小田 .270 0本 3打点 1盗塁
藤田一 .267 1本 4打点

赤田 .270 0本 7打点 4盗塁
田中浩 .217 0本 0打点
長田 .125 0本 0打点
上田 .028 0本 1打点
野田 .200 0本 0打点
田中一 .000 0本 0打点 4盗塁

ひとまず昨日、今日とプレイして満足させてもらいましたので平日の残業後にBBH2をプレイしに行くという事はこれからあまりしなくても良さそうです。
…それにしても、BBH2のプレイ料金があまり気にならなくなった僕は間違いなくBBH2中毒に近い状態です(苦笑)



オンラインの大会は本戦二回戦まで進みました。
結果こそ本戦二回戦敗退でしたが、試合内容は見違えるように強くなりました。

【大会結果】
○パワ・思・考20-7
○パワ・思・考8-7
○パワ・思・考18-1
●パワ・思・考9-10

初戦はシードで対戦相手もメンバーが揃っていたものの圧勝
レベルの差が出ましたね。
予選ブロック決勝戦は9回表にCPU投手が打たれて同点に追いつかれるも10回裏にタカシさんのサヨナラ犠牲フライで勝利!
…相変わらず試合終盤はCPU投手次第ですね(苦笑)
本戦一回戦は再び圧勝
相手から四球を13個ももらいましたw
本戦二回戦の相手は以前対戦して際にも敗れた強豪チームで中盤でリードを奪ったものの終盤にCPU投手が打ち込まれてしまい、しかしながらことらも最終回に5点を加える猛攻を見せるもあと一歩及ばずに敗戦…
本当に紙一重の敗戦だったと思います。

それで今大会、僕自身はレアアイテムGETならず…
メンバーの方で何かレアアイテムが出た方がおられました連絡よろですw

・1番/遊・バーニィ
6打数5安打4打点1HR
4打数無安打
4打数3安打1打点1盗塁
4打数1安打1打点1HR

・2番/右・キッド
7打数3安打1打点
5打数3安打
6打数3安打1打点
5打数1安打2打点

・3番/捕・青
6打数4安打4打点1HR
6打数1安打1打点1HR
2打数1安打2打点
5打数1安打2打点

・4番/一・タカシ
5打数1安打2打点1HR
5打数2安打2打点1HR
5打数3安打7打点1HR
4打数無安打

・5番/左・森
7打数3安打4打点1HR
4打数無安打
4打数1安打1打点
4打数3安打1打点1HR

・6番/三・南
5打数2安打1打点
4打数2安打
4打数1安打2打点
3打数2安打1打点

・7番/中・VICK
4打数2安打1盗塁
5打数4安打3打点
6打数2安打3打点
3打数無安打

・8番/一・二・JVC
3打数1安打2打点
4打数1安打2打点1HR
3打数1安打
4打数2安打1打点

・9番/投・ナックルさん
4打数1安打
3打数無安打
3打数無安打
1打数無安打

投球回数62/3回 被安打4 与四死球2 1失点
投球回数52/3回 被安打6 与四死球3 5失点
投球回数7回 被安打3 与四死球2 1失点
投球回数5回 被安打2 与四死球3 2失点

・リリーフ・クルーズ
登板機会なし

今回、とうとうチーム名を使った中傷が出現しましたね…
まあ、あれだけ増殖すれば仕方がない気もしますけど(苦笑)



-△-

BBH2稼動四日目 2006,10,28 この日記を編集 削除

さて、予定通り開店からBBH2をやりまくって来ましたのでご報告します。
開店と同時に行くと流石に誰も座っていませんでしたが、それから30分以内に4サテが全て埋まって僕を除く3名は僕が帰る頃になってもまだプレイしていました。

…無制限でもここまで酷いところは珍しいでしょうね(苦笑)

これじゃ、途中から行くタイミングなんてありませんよ_| ̄|○

【第一試合目】
4回裏・和田さん先制ホームラン
6回裏・和田さんが今日二本目のホームランで2-0
そのあとピンチを凌いで勝利


【第二試合目】
初回に松坂から前田が満塁ホームランを放ち、いきなり試合を大きく動かしました。
この試合、村田が絶不調で不在だっただけに助かりましたね。

3回裏・古田ホームランと前田2ランホームラン
見極め強振を知らない相手と当たると試合が花火になりますね…
まあ、それを容赦なく使う僕自身も非を感じているところなんですけど

7-0となったところで相手が回線を切断
投球メモリ-4でCPUに点を与えず、スクイズで1点を加えて8-0で勝利


【第三試合目】
初回、T.ウッズの犠牲フライで一点を失い、内野ゴロの間にさらに一点失う
5回裏・志田タイムリーで1点差
しかし、6回裏に新庄に一発を浴びて再び2点差とされ3-1で敗戦

と、試合終了後パック切れキターーー
そろそろキラが出るかなと思っていたら、また一から掘り直しですか_| ̄|○


【第四試合目】
4回表にカブレラにタイムリーを浴びて先制を許す
5回表には川崎にスクイズを決められて、ズレータに3ラン…
川崎のスクイズは予想していましたけど、どうやって防げばいいんでしょうね?
やっぱりスクイズ警戒を出してバントを空振らせる確率を上げるくらいしかありませんかね。
あとは、VSモードでスクイズを封じる方法もありますが今回のVSモードは守備側に不利なのでイマイチだったり…
あっ、敬遠はウエストする形になって有効らしいですけど論外の方向でw

7回裏、和田さん2ランと村田ソロホームランで追い上げる
8回表、松中に進塁打でライト線に鋭い打球のタイムリーを打たれて追加点
進塁打もなかなか強いですねぇ…
ヒットになる確率を含んでいるのでバントエンドランよりも有効かもしれないですね。
とりあえず、バント2の選手ならバントエンドランをさせるよりも進塁打が定石になりそうです。

試合はわずか3安打で3-6で敗戦


【第五試合目】
無死満塁から鈴木尚広にVSモードを仕掛けて苦手コースを選択
これが7割重なって走者一掃の二ベース。。。
…改めて守備側は不利になりましたね。

その後、松中にソロホームランを打たれてこちらは打線が沈黙…
しかし7回裏、ネットワーク接続が切れたところでCPUから和田さんが2ランホームランを放ち、村田の2ランでホームランで同点
何とか引き分けにすることができました。


【第六試合目】
この試合から全国ペナントに参戦しました。
その記念すべく緒戦の相手は純正中日!
…と思ったらいきなりVS連発で四球→福留に2ランを浴びて何故か代打・岩瀬
そして、案の定1回終了時に回線を切られました。
全国ペナントに入って、いきなり堀り師に遭遇するとは思いませんでしたね。

ただ、そのおかげで2回裏に村田の2ランであっさり同点に追い付くと4回裏に前田が2ランを放って4-2で勝利


【第七試合目】
BBH2になって初めて自分より戦力値の低いチームと当たりました。
その戦力値は1881で、にも関わらず貯金が5ありました。
これは簡単にはいかなさそうですね。

対戦相手は準純正広島使いで広島の準純正は…特にありですね。
ていうか、準純正にしてしまってごめんなさい_| ̄|○

試合は一番・緒方にいきなり先頭打者ホームランを浴びてしまいました。
投球メモリで警戒はしていましたが無念です…
4回表・新井にソロホームランを浴びる
しかし、対戦する相手みんなしてGRがあるものはGRを使っていますね。
試合は高橋建に20奪三振完封負けを喰らって完敗
伊達に戦力値は1881で貯金5だけの事はありませんでした(苦笑)


【第八試合目】
ここまでイマイチ僕自身の調子が悪いですね…
試合は初回に村松を「盗塁警戒」で刺した直後にネットワーク回線が切れました。
それからCPU相手に4回表・二連続押し出しで2点を加えると7回表には赤田のタイムリーで0―3勝利
CPUの抑え方がアバウトながら分かった来たかもしれません。


【第九試合目】
稼動四日目で全国ペナントに参戦している人にもなると流石に対戦相手はここまで勝ち越している人ばかりですね。
盗塁ですが青木クラスになると「盗塁警戒」でも投球メモリ-3、変化球勝負では盗塁を刺せませんでした。
この辺りの選手にはもう少ししっかり警戒する必要がありそうですね。

試合は2回表に相手の先発・黒田のポテンヒットで先制される
5回裏・志田、種田の連続タイムリーで2-1と逆転
このあと和田さんが二死満塁で相手の「内角攻め」に対してこちら「引っ張り」で満塁ホームランを確信しましたが和田さんが二球ファールのあと打ち損じてくれました。
最後は相手の代走・赤星に緊急登板した前田幸が三振ゲッツーに仕留めて2-1で勝利


【第十試合目】
相手監督は阪神使いっぽい名前で試合が始まってみるとAsで少しガッカリ…
まあ、BBHではよくあること

2回裏・村田先制2ラン
4回裏・和田さんホームラン、村田ホームラン
5回裏・古田VS2点タイムリー
6回裏・村田2ラン
村田は4打席連続ホームランこそ逃すも試合は8-1で勝利


【第十一試合目】
対戦相手は純正巨人
今度は巨人使いっぽい名前で純正使いでした。

初回、スキルを持っているので投球メモリで警戒はしていましたが仁志が初回先頭打者ホームラン
…これ、少し強すぎないですか?

5回表・村田ソロホームランで同点
6回表・古田VS3ラン
7回表・村田ホームラン

8回裏に高橋由に3ランを浴びて1点差に迫られるも久保田→豊田と繋ぎ4-5で勝利


【第十一試合目】
この試合中、明らかに走者に打球に当たったのにアウトになりませんでした。
まあ、そんなルールが導入されている野球ゲームなんて聞いた事がありませんけどw

1回裏・和田さん先制2ラン
3回表・ポテンヒットと押し出しで同点に追い付かれる
6回裏・和田さん勝ち越し2ランホームラン
そのまま4-2で勝利しました。


【第十二試合目】
巨人使いっぽい名前で今度は準純正巨人使い
初回・4番清原のタイムリーで先制を許す。
ちなみに、こちらの先発は桑田でしたw

7回裏・前田同点ホームラン
8回表・清原に勝ち越しタイムリーを浴び、そして江藤に3ラン_| ̄|○
江藤の3ランは今日浴びたホームランの中でも一番ショックが大きかったです。
試合は1-5で敗戦

本日のプレイは以上で今日は7勝4敗1分で通算では11勝6敗5分になりました。
プレイ時間は7時間で12試合…あれ?もしかして一試合に30分かかってますか
日本シリーズへの出場権は各球団上位10%みたいで、ホーム球団がヤクルトの人は全国で1500人程度いました。
それで今日の感想ですが、全国ペナントにもなると見極め強振を知っている人ばかりでしたね。
見極め強振には「内角攻め」が有効なものの引っ張られると高確率でホームラン
その引っ張りに対して有効な外角攻めは見極め強振の餌食にされるという具合で投手側にとってはかなり分の悪い二択を迫られる事になるのが現バージョンの特徴ですね。
これでオンライン対戦じゃなかったら文句なしに糞ゲーです(苦笑)
一応、これらには両方のサインに対してそれなりに対応できる「投手側はノーサイン」が一番オススメというか

サインって抑える為のものじゃないの?と…
By・リバーさん

サインでいとも簡単にホームランを打ててしまう仕様は野球としては明らかにおかしいですね。
ちなみに相手がノーサインで来た時は見極め強振よりも「引っ張り」で攻める事をオススメします。

あと今回は外野の守備力もそれなりに重要度が増した印象
1では外野に新庄が守っていようが肩以外はあまり影響がない感じでしたが2では外野の守備力が高いとそれだけポテンヒットを前進して捕球してくれるような気がします。
あとは「顔が表示されずヘルメットが宙に浮いている形になっている」とネットで話題の野田が田チームに在籍しており、本日代打で出す機会が四度あって実際に確認してみましたが確かに顔のないスケルトン状態でしたw

チーム内では一番・志田の先頭打者安打率が高かったりで相手チームの遊撃手の守備があまり高くなければメモリ-3で相手投手関係なく、確定に近い形でヒットを放ってくれます。
そんな志田は現在レベル4
旧カード通りに育つという事は裏を返せばプロスピ3のような初回先頭打者本塁打や盗塁4は取得しないって事なんでしょうね(苦笑)



流石にレベル4にもなってくると経験値の伸びが悪くなって来ました。
それでもレベルMAXまでの道のりは1よりも楽そうな感じです。
旧通りの特殊能力が付くのはレベル5になってからでしょうか?
あと、BBH2の前田(黒)がレベル3で逆境を覚えました。
今回、レベルが細かいのでレベルアップ報告が大変ですね(汗)

それでは最後に今日の排出カードを配列順に掲載させてもらいます。
三試合目で言った通り、ここからは新しいパックで途中から昨日と全く同じ配列パターンに出くわしてしまいました(苦笑)

○浅井(阪)→●塩崎(オ)→○小田嶋(横)→●石井弘(ヤ)→○稲嶺(ソ)→パック切れ

○工藤(日)→○小笠原(中)→●有銘→○フェリシアーノ(広)→●加藤(横)→○諸積(ロ)→●石井義(西)→SPラミレス(ヤ)→●大塚(ロ)→○平尾(西)→●藤本(阪)→○歌藤(オ)→○高橋(中)→○山崎(広)→●青山(楽)→●木塚(横)→○平下(ロ)→●カブレラ(西)→●ダルビッシュ有(日)→SP松坂(西)→○山崎(ソ)

ちなみにSPは場所だけで何のSPが出るかはランダムになっています。
また店員が完全に順番通りに入れたとも言いきれないので参考程度に見てもらえればと思います。
…いや、それにしてもこれだけプレイして田が出ませんでした_| ̄|○

帰宅後、いてまえさんより武田勝が、リバーさんよりロケテ2田中浩康がそれぞれ届いていました。
早速、明日から使わせてもらいますね。

それから今日手に入れたカードを中心に続々とトレードが成立しまして

旧SP清原→●中田
●ダルビッシュ有→●和田毅
●カブレラ→●藤田宗一
●石井義人→●種田
●藤本→薮田
●ガトームソン→○田中幸雄
○山崎→○前田幸長
○高橋、小笠原→●木田
はなたさん→●藤田一也

これで残すはSP黒田、和田○武田久となりました。
両SPはSP松坂でトレードするとしてSPラミレスではキツイですかね…
とりあえず明日も朝からプレイしてその辺りでひとまず落ち着きたいと思っています。



-△-

BBH2稼動三日目 2006,10,27 この日記を編集 削除

昨日の日本シリーズはBBH2をプレイしに行った所為で胴上げしか見ていないわけですが…
そんな僕はアジアシリーズもBBH2と心中しようと思います_| ̄|○


今日は仕事が定時で終わりましたのではりきってBBH2をプレイして来ました。
この時間帯だと「キラが出るまでプレイできそう」ですw

【第一試合目】
2回表に不調・村田のソロホームランで先制
さらにチャンスを広げると赤田がスクイズ警戒でスクイズを成功させて2-0
やっぱりバント4はイイですね!
 
4回表・チャンスの場面で自分から種田にVSモードを仕掛けてタイムリーヒット
2では巧打者でもある程度ミートさせればVSでヒットが打てるようになった気がするので1のようなVSでの巧打者潰しはできないかもしれません。
さらに、その流れで古田が試合を決める3ランホームラン!

…なるほど、古田にもホームランが出るとはたしかに「強振」+「見極めていけ」に対して「外角攻め」は危険だな(苦笑)

5回表・相手もこのままではダメだと思ったのか「外角攻め」を止めて「強振」+「見極めていけ」に対して有効な内角攻めをしてきたので、これを村田の「引っ張り」で確定ホームラン

5回裏・先頭打者の谷にソロホームランを浴びて1点を返される
…相手は点差が開いてやけくそになったっぽいですねw
7回裏にヒットのあと死球、四球で無視死満塁とされると犠牲フライとタイムリーで2点を返されて3-7

9回表、和田さんがVSホームランで相手の追い上げで少し嫌な感じになっていたのを払拭する追加点
試合はそのまま3-8勝利


【第二試合目】
3回表、相手が出して来た「進塁打」二本でピンチを招くとそのあと二点失う
…進塁打の性質がイマイチよく分からないんですよね。。。
5回表・新庄にホームランを浴びて9回表には岩村から被弾して1-4敗戦
それと、この試合でセンターゴロが出ましたよ(爆)


【第三試合目】
先ほどの試合で前田のレベルが上がったので試合前に2のカードに入れ替え
ここまで前田は打率1割台とあまり活躍できていないので、これで目覚めてくれるといいんですけどね。

 
試合は初回に古田が先制2ランを放ちました。
…古田の能力はまさしく1のものですね。
 
2回表には村田がホームランを放って「強振」+「見極めていけ」+「球種狙い」が本当に強ぇ~
BBH2で「強振」+「見極めていけ」の危険性を知らない人は「外角攻め」で長打を防ぎにいったつもりが逆にやられ放題スタンドに運ばれてしまう仕様ですね(苦笑)
 
4回終了時に相手がコンテンニューをせずに恐い恐いCPU戦に突入…
 
まもなくして投球メモリ-2で井端にホームランを浴びました_| ̄|○
対人戦で抑えられるメモリがCPUには通じません…
しかも井端にホームランを打たれるとは考えてもいなかったですよ。
 
ただ、それでも相手はCPU
6回裏に村田がVS3ランを放ってご馳走様
ど真ん中が全くズレずにミートの大きさも完璧に重なりましたw
 
8回裏には前田に念願のタイムリー
流石にチャンス5だけの事はありますね。
試合はCPUの攻めに苦戦しながらも7-3で勝利


【第四試合目】
3回裏に種田にスクイズを指示するもこれが空振りで選択のチャンスを逃す…
僕自身、バント失敗はこれが初なので少し意外でした
…やはりスクイズを仕掛けるなら赤田に限りますねw
 
4回表、代打・森本にタイムリーを浴びて先制される
こちらは、チャンスを作るがあと一本が出ないところでこのモヤモヤを吹き飛ばしてくれたのが6回裏に飛び出した和田さん同点ホームランでした。
…1含めて、VS以外でホームランを打ったのなんて何試合ぶりだろう。。。
 
しかしその直後の7回表にズレータに勝ち越し3ラン浴びてしまい意気消沈
こちとらカードがなく投手事情が厳しいところでスタミナ黄色+ピンチ2の藤田を交替をしなかったのが完全に裏目に出ました。。。
 
ただしかし、7回裏に絶好調・志田が2ランを放つと8回裏に村田が同点ホームランを放って試合を4-4の引き分けで終わらす事ができました。
いやぁ、2になってから村田の存在が大きく変わりましたよ。
現在、通算9試合でチーム最多の7本塁打
頼もし過ぎます_| ̄|○

排出カードは黒・木塚(横浜)、藤本(阪神)、青山(楽天)白・山崎(広島)、高橋(中日)、歌藤(オリ)、平尾(西武)
そして初SPリグス(ヤクルト)です。
SPリグスは早速、SP村田とのトレードが成立しました。
それとkawaさんより町田を、ヨウさんより福田をそれぞれ譲って頂ける事になりました。
どうも有難う御座居ます。
僕が引いたカードで必要なものがあれば言って下さいね。

それで今日気付いたこと
チームが連勝していると画面に○連勝中の表示あり
これは僕が要望していた事なので嬉しいですね。
Asで大型連勝中のチームと当たったら嫌な感じですけどね(苦笑)

あと2ではパワーがそれほど高くなかったり、PH持ちでなくても調子がよくて球種の狙いが合えば割とホームランが打てるような印象
ていうか、全体的にホームランが打ちやすくなりました。
盗塁はサインで「盗塁警戒」を出せば、大体防げるようになりましたね。
今日、黒田-古田のバッテリーで相手の石井琢が盗塁して来て「盗塁警戒」を出しつつメモリ-3の変化球攻めでも刺せました。
それと昨日、僕はバント多用派だと言いましたが、BBH2では打率や本塁打数、盗塁数などの成績が試合中に表示されますが犠打数は表示されないのでこちらのバント多用作戦を事前に相手に読まれないのがなかなか良かったりしますw
っと、昨日のレベルアップ報告で旧白の藤田なんですが今日改めて確認したところレベル2でいきなり内野安打○のスキルを覚えていました。
…こういう旧カードの報告はあまり需要がないですかね?


さて、それでは明日は仕事お休みですので予定通り開店の少し前にゲーセンに行ってそれから夕方頃までひたすら連コインをしようと思います。
その際、一番の問題が「トイレに行っている時間」だったりしますが、台の上にカバンを置いておけば基本的に大丈夫ですかね?
プレイ中の範囲なら新規カードの登録画面を押して、その90秒の間にトイレを済ませること
ただ、これは悪質な人間がいた場合、僕がトイレに行っている間に違う選手を登録されてしまう危険性も否定できない訳で…
まあ、流石にそんな人はいないと思いますけど(苦笑)

ただまあ、僕も別に連コインがしたいわけではなくて土日の開店から一人の人間が台を独占してプレイした影響で整理券の配布を店側が検討してくれればいいなと思います。
…いくら無制限と言われても後ろに並んでいる人がいるにも関わらず連コインはしにくいです(苦笑)
 
ただ、それで席を譲ってしまうと今度はこっちがプレイできなくなってしまうので仕方がないですよね…
ていうか、無制限とか店側にとってデメリットにしかならないと思うんですけどね。
現に僕は開店前でもなければ近所のお店には平日の夕方からプレイできる保障がないだけに行こうとは思いません。



オンラインは3000パワで大会チケットを落札しました。
エントリーよろしくお願いします。
今回は優勝請負人のタカシさんがチームに加わり、先発の僕がアンドロメダゴーグルの効果によりパワーアップしたりと期待できそうですね。
組み合わせにもよりますが最低でも予選ブロック優勝はしたいと思います。



-△-

BBH2稼動二日目 2006,10,26 この日記を編集 削除

今日も「もしかしたら定時で帰れるかもしれない」という淡い期待を抱きつつ、いつも通り残業に呼ばれてテンションが下がりました
 
 
そんな今日は残業後だけにBBH2を二試合だけプレイして来ました。
職場から徒歩7分のゲーセンに着くと日本シリーズの試合中という事が関係しているのか、昨日に引き続いてBBH2がいきなり過疎っていました。
…僕はこの光景を地元のゲーセンで見たかったですよ(苦笑)
 
ちなみにこういう時、台選びに微妙に頭を使うところですが僕の主観としてタバコの吸い殻がある台は避けるようにしていますね。
何だか、あからさまにキラ抜きされた後って感じがしますので。。。
 
【第一試合目】
BBH2では投高打低になったのか、もしくはお互いにベストメモリを探っている段階なのか7回終了時点で両チーム合わせてわずか3安打という貧打戦
ちなみに、ここまで志田と藤田はメモリ-3がいい感じだったりで地道に育てる筈がレベル1からバリバリ活躍してくれています。
 
試合は8回裏に二死満塁と絶好のチャンスを迎えるとサインは「見極めいけ」+「直球狙い」
そして、この場面で相手投手が投じたのが低めの変化球
これが画面上では明らかにボールになる変化球で打者がそれを見送った瞬間に僕は押し出しを確信しました
しかし、何故か判定はストライクで見逃し三振…
 
昨日も似たような事がありましたが、こんなのは納得がいきません_| ̄|○
…BBH2には誤審でも採用されているんじゃないですか?
これを「仕様です」と言われるくらいなら、まだ誤審の方が気が楽ですよ(苦笑)
 
試合は9回裏にVSモードで一度変えたコースに二回連続で相手が選択して来て、サヨナラの機会を二度も逃してしまい0-0引き分け


【第二試合目】
いよいよ先発の駒が尽きたので無理矢理ブルペンリレーをすることに(苦笑)
 
2回表に村田のソロホームランで先制
一試合目から「強い強い」と言われていた強振+見極め+球種待ちを試していましたが、ようやくここで結果でましたよ。
まだ強いかどうかはよく分かりませんが、ひとまず万能だとは言えそうですね。
ていうか、今日は二試合とも対戦相手が長距離打者に「見極めていけ」を出していたんですが、実はもう浸透していたりするんですかね?
一応、これに対しては「内角攻め」が有効らしいのですが、裏をかかれて「内角攻め」に「引っ張り」なんてされた時には…
 
死ねます_| ̄|○
 
そのあと一死一、三塁とすると赤田にスクイズのサインを出してこれが見事に成功!
BBH2だとバント4のスキルが生きますね。
案外、赤田のバントが4という事は知られてなさそうなので、その点でも利用価値は高いです。
それとバントさえまともに決まるようになれば僕は元々、バント多用人間ですからね。
主軸以外はランナーが出たらバントしまくりますよw
 
そのあと、試合はいくつものピンチを運任せに凌いで0-2で逃げ切りようやくBBH2初勝利!
とりあえず、BBH2になっても田チームでやっていけそうですね。
いてまえさんから譲って頂くことになった武田勝が実は中継ぎ適性だったりで、先発に中田を加えたとしても5試合に一度はブルペンリレーを行う必要があるんですけどね(苦笑)
まあ、その分リリーフ投手は豊富なので何とかなるでしょう。

排出カードは広島・前田(黒)、ガトームソン(黒)、ブランボー(白)、江川(白)の4枚
前田はKOさんとトレードしてもらう事になっていたのですが、それを自分で引いてしまい「やってしまった…」という感じでしたが、ともあれ自分で引けてよかったですw

ところで、今日はBBH2の仕様について色々と考えていたのですが「1のカードを1の能力のまま使える」ことを受けて選手によってどのカードを使うのがベストなのが悩みどころだったりします。
2で選手の能力がダウンしていてもレベルアップで1の能力を最終的には上回るかもしれなかったりで、この辺りはしばらく様子を見る必要がありますね。
とりあえず、BBH2の田チームで1のカードをそのまま使って得をするのは

・桑田
・久保田
・豊田
・古田
・小田?

これくらいですかね。
ほとんどの選手が2でパワーアップするケースが目立ちます。
あと、どうやら志田と平田はカードされなかったみたいで…志田に関しては1のカードを育てても問題なさそうかなと
プロスピ3では盗塁2だった赤田が盗塁4になったのは非常に喜ばしいところ
外野手は和田、前田、赤田、志田の4人で何とかまわせそうです。

【レベルアップ報告】




BBH2ではレベルが10までという事で能力の上昇も半減している訳ですけど、元々成長度に定評のある二人ですからこれでもかなりのものですw
あと、和田さんもレベル2になりましたがGRなので能力の詳細はありません。



オンラインは11月1日の正午からレベルの上限が開放されるみたいですね。
しばらくはゲーセンに通うことになり、あまりオンラインに力は入れられないかもしれませんが自宅にいる間はしっかり試合にエントリーしたいと思います。
…それにしても、レベルの上限が開放されたら凄い人数のプレイヤーが集結しそうですね(苦笑)



日本シリーズ第五戦は日ハムが中日を下して地元で日本一を決めましたね。
胴上げの瞬間にちょうど自宅に帰って来たのですが最後の一球を生で見られませんでした…
どちらかと言うと、胴上げより最後の一球を生で見たかったです(苦笑)

いや、それにしても日ハムファンの皆さんおめでとう御座居ます。
凄いですね…44年ぶりですか
新庄にとってはこれが引退試合になりましたが、こんなに綺麗に現役生活を終えた選手は他にいるでしょうか?
日ハムはとても素晴らしいチームになったと思います。
アジアシリーズでは100%日ハムを応援させてもらいますのでよろしくお願いします。



-△-

BBH2稼動初日 2006,10,25 この日記を編集 削除

気が掛かりだった出身地の問題をクリアして、仕事帰りに3試合プレイしました
 
まずはプレイヤー登録から始まり、監督名入力のところで事前にリバーさんから「漢字が使用可能」になった事を教えてもらっていなかったら気付かずに見逃してしまうところでした。
これからプレイされる方は気を付けた方がいいですよ
…絶対にあとから監督名に漢字が使用できる事を知って後悔する人が現れる筈ですから(苦笑)
 
ちなみにそのリバーさんから昼頃メールを頂きまして、何事かと思えば…
 
しょうがないなあ全く
(・∀・)
 
というお言葉と共にロケテ2の田中浩康を譲って頂けることになりました。
本当に有難う御座居ます。
お礼はBBH2のカードでしっかりさせてもらいますので
 
プレイヤー登録を終えてから新規カードの選手登録
公式サイトの発表によるとBBH1のカードからBBH2の同一選手への再登録は貯まっている経験値がリセットされるだけでレベルはそのままという事で、これでBBH2での新選手以外はカードの入手をそんなに急ぐ必要がなくなりました。
コナミGJ!
ただ、1のカードの選手能力が1のままだったりしましたが…
これはレベルに制約があると見るべきでしょうか?
あと、本題の選手登録について登録そのものはスムーズに行えたものの、そのあとのオーダー設定がぐちゃぐちゃでした(苦笑)
控えとスタメンの入れ替え操作が上手く行えず、そうこうしている間に残り時間が少なくなって最低でも投手だけはしっかりさせておこうとよく画面を見ず黒田を9番の打順に置いたら…
 
オープン戦がDH制で9番レフト・黒田とかになってるんですけど_| ̄|○
 
DH制なので守備変更で投手交替が行えず、結局この試合はノンカード選手にマウンドを譲ることになりました。
あっ、それとバタバタしていたのでそれどころではなかったのですが、2ではオーダー時にマッチングした対戦相手の監督名と段位が表示される仕様のようです
…僕の監督名って「田で勝負」なので、対戦前から相手にこっちのオーダーがバレバレなんですがw
 
【第一試合目】
対戦相手はこれが7試合目のプレイヤーで、2を全く知らない僕が既に6試合経験している相手にどこまで戦えるかどうか…
 
4回表にGR和田さんが不調ながらVSホームランを放ちこちらが1点を先制
コースはアウトロー低めで得意苦手はなし
6回表には今度は和田さんが苦手とするインコースの球にドンピシャで重なり二打席連続ホームラン
苦手コースだと打者側の的がかなり小さくなりますが、とりあえずホームランにはなるみたいですね。
対戦相手は何故か7回終わったところで回線を切断
…VSモードでど真ん中を読んだのがそんなに勘に障ったのでしょうか?
7回からはCPUが相手
2からはCPUもランダムでサインを出して来るらしいのでお手並み拝見という具合で挑んでみたところ…
 
いきなり、CPUにヒット&ランを喰らわされました_| ̄|○
 
たしかに今までのCPUとは訳が違うみたいですね。
ヒット&ランを仕掛けてくるタイミングが読めないのが余計にタチが悪かったりで…
ランナー一塁時に関しては下手にサインを出さない方がいいかもしれませんね。
 
…なんて、割と冷静に分析していたらみるみるうちにピンチが広がって一発が出れば逆転という場面で相手打者はAs使いくんが残してくれた松中
とりあえず、ここは長打だけは防ごうと投球メモリ-2、サイン「外角攻め」「内野後退」を選択
 
 
 
 
 
…もう、オチは分かっていると思うので何も言いません。

 
ただ、それにしても久保田らしい見事な炎上っぷりでしたよ!
…久保田の防御率がとんでもない事になったので再登録を検討しています(苦笑)
 
2-3と終盤に試合をひっくり返されて、先頭打者の和田がVS二塁打で出塁
相変わらず、CPUには真ん中が有効っぽいです。
そのあと同点に追い付いて上田先生の打席で「バントエンドラン」を仕掛ければ勝ち越せると確信めいたものを覚えるもサインが尽きてしまっていて空振りの三振で同点止まり
結局、初戦は3-3の引き分けでした。


【第二試合目】
お互い、ろくにヒットも打てないままこちらから先にVSモードを仕掛けて7回表に村田のホームランで1点を先制
すると、相手もVS攻勢で攻めて来ましたが、ここは相手の狙いを全て的を外すことに成功しました。
ただ、その次の回に満塁と攻められるとVSモード発動に対して失投で押し出し四球で同点…
BBH2にはこういうのがあるんですよね(苦笑)
 
この試合の珍プレーとしてセンターへの打球に対して外野手が突っ込んでボールを後ろに逸らして二塁打にしてしまうというのがありました。
あと古田がデッドボールを受けて、相手の古田に宥められるシーンが何とも…w
それと相手の「ヒット&ラン」に対してエンドラン警戒を指示したものの内野の頭を抜かれて一塁ランナーも打球を見てしっかりと二塁に進塁していました。
ポテンに対してランナーが進塁している部分はいいのですが、エンドラン警戒だけで防げないとなると…
今回は「打たせてとれ」との併用ができない事もあり、また新しい組み合わせを考える必要がありですね。
試合は1-1の引き分け


【第三試合目】
初回、李スンヨプにタイムリー浴びると画面上ではストライク臭いコースをボールと判定されて押し出しで2点目を献上
その後、6回裏に和田さんのVSタイムリーで1点を返すも惜しいところでスタンドまで届かず相手に決定的な一打を与える事ができませんでした。
試合は2-1で敗戦

ここで順番待ちが発生したので、ひとまず仕事帰りのプレイを切り上げて帰宅することにしました。
排出カードは黒・藤川、山村、坪井、石井、大島、宮越でプレイした感想なんですが、とりあえず色々と試してみた感じです。
今回、送りバントがかなり決まりやすくなっている印象で七回程度指示してこれが全て成功しました。
また、そのうち二回いずれも藤田の場合ではバントエンドランが内野安打(一塁ベースまで投手と競争する形になる)になったりで、左打者のバントエンドランは最強かと思わせるような一面も…
メモリは従来そのままのやり方ではイマイチ上手くいかないような印象
パワー15以上の選手ならミート+1くらいが案外いいかもしれません。
その一方で何故が一番・志田がメモリ-3でヒット量産体勢に入って3試合ながら打率6割
球種の選択、あるいは狙いですが的中してもそれほど結果に反映されないみたいですね…
まあ、反映され過ぎる方が厄介だったのでこれに関して個人的には一安心
それにしても変化球の曲がりが目に見えて大きくなったは少しやり過ぎ感がありますね(苦笑)
経験値の入り方については明らかに入り過ぎな感じで一試合目にソロホームランを二本放った和田さんのゲージがいきなり7割程度埋まるという溜まりっぷり
これは本当にレベルが10まであるかもしれないと思いつつ、それならば1のカードはレベル5までしか上げられない制約とかあったりして…僕の思い込みですw

あとGRについてはポスターに掲載されていたものは関係なく以下のようになるみたいです。

ロッテ GR小林雅
ソフトバンク GR新垣
西武 GRカブレラ
日ハム GR新庄
オリックス GR清原
楽天 GRフェルナンデス

阪神 GR藤川
中日 GR福留
横浜 GR石井琢
ヤクルト GR宮本
巨人 GR小久保
広島 GR前田

広島の前田は1の新カードではチャンス2だったのにBBH2ではチャンス5まで跳ね上がっているのが素敵です。
個人的にGRの選出はそんなに悪くないかなと思います。

自宅に着くと日本シリーズがやっていたので夕食を食べながら観戦
日本シリーズ第四戦は3-0で日ハムが勝ちました。
途中から見たのでよくは分からないですけど、中日はチャンスを潰し過ぎですね
明日は川上で勝って何とか踏ん張りたいところですが…今はもう日ハムの強さを認めずにはいられません。
例の事件以来、金村もよく投げましたね。
 
日本シリーズの試合終了と同時に近所のBBH2設置店舗にて24時の閉店までプレイする予定で向かったところ満席状態…
ただ、待ちの人間がいないのですぐに順番が回って来ると思い、一番先に試合が終わる人の後ろに張り付く
 
相手試合終了
 
おもむろに立ち上がって、「おっ!」と思ったのも束の間、僕の前を通り過ぎて相手が向かったのは両替機
「まさか…」と思った次の瞬間に相手がコインを投入
 
マジですか_| ̄|○
 
ここまで露骨に連コインされたのは始めてですよ…
流石に腹が立ったので店員に順番交代などのルールは設けていないのかと聞きに行ったところ。。。
 
整理券などは配っていないので「席が空くまで待って頂くことになります」と真顔で言われちゃったんですけど?
…せっかく近所にBBH設置店舗ができたと思ったらそこはとんでもない無法地帯でしたとさ。。。
 
平和にプレイしようと思ったら仕事帰りに立ち寄るのが無難っぽいです。
その分、帰宅時間が遅くなるのですが近所のゲーセンが期待できないだけにこの際、仕方がないですね。
あと、仕事帰りに寄るところはいきなり微妙に過疎ってて一時的ながらプレイしているのが僕一人だけになりました(苦笑)
 
それで近所のゲーセンのんですが、結局10時頃から2時間待っても席が空かずそのまま閉店時間を迎えてしまいました。
…こうなったら土日は覚えとけよ!と

閉店前、さらに嫌味っぽく店員に確認したところ偉い人が出てきて改めて「開店から閉店までやり続けてもOK」とのこと

…えっと、本当に知りませんよ?
お客さんから苦情が来ても店側がそう言い張るなら土日は開店から夕方頃までひたすらプレイしますからね!
週末に今日のリベンジを果たしてやろうと思います。

最後にカード情報ですがいてまえさんより武田勝をトレードを譲って頂くことになりました。
とは言え、僕の方はと言えばいてまえさんの希望に叶うアンダー25のカードを持っていなかったので後日、カードを手に入れ次第お譲りするという形でいてまえさんには感謝しています。
あと、先発要因としてSP中田を早急に手に入れないとこのままでは先発ローテがまわらないんですよね…
ちなみに僕が一試合目で手に入れた藤川(黒)ですが広島・前田(黒)とのピントレを希望していますのでもし条件に適う方がおられればトレードよろしくお願いします。



-△-

オーペナ企画 2006,10,24 この日記を編集 削除

昨夜は耳元に寄って来る蚊に悩まされて寝不足です。
ひとまず、今日は明日に備える意味でも少しでも早く休みたいと思います。
 
さて、明日は仕事を定時で帰る手筈も完了しており、あとは今日のうちにできる事を今日中に済ませておけばひとまず万全ですかね。
明日は一試合でも多くプレイすることを前提に、それ以上に週末の大型プレイに備えて金銭、トレードを駆使してBBH2をやり込む為に最低限必要なカードをポジションごとに集めるのが最も重要なポイントになります。
カードがない状態で週末に何十試合もやり込みのは経験点が勿体無いですからね

黒田や前田など値の張るものは極力後回しにして、試合で得られる経験点を無駄にしない為には戦力的に劣っても藤田や田中浩など値段の安いカードからとにかく選手の能力よりも枚数を確保することが求められます。
今週は土曜日が休日なのでそれに間に合わせようとすれば条件として26日の午後5時過ぎまでにメール便で発送してもらう必要があるわけで、この辺りの交渉に今から余念がありません。

それとBBH2稼動に際して個人的に気掛かりなのが初プレイ時の初期設定で出身地(都道府県)の選択があるかどうかで、僕は奈良県民である以上こだわりとして「奈良県」の登録でBBH2をプレイしたいんですよね。
明日は仕事帰りにプレイするにしても従来と違って大阪で初プレイを行うと大阪で登録されてしまうようだと考えものだったりで…

あっ、日本シリーズはやっぱり録画して見ることにしました(爆)

まあ、8割がた心配する必要はなさそうなんですが万が一という可能性も否定できないのと僕自身が心配性という事もありまして、この件についていてまえさんにご協力して頂くことになりました。
店側のバージョンアップ作業が早く終われば僕よりも早くBBH2をプレイされるそうなので「初期設定時に出身地(都道府県)の選択があったかどうかを教えて頂く」というもので、これがあるようなら僕の不安は白、逆にないようなら限りなく黒に近いという感じですね。
いてまえさんのお答え次第で明日の僕のプレイルートが変わりますw
それと今日、電話で確認してみたところ自宅の近所のゲーセンもちゃんと明日、BBH2を入荷してくれるみたいです。
僕としては選択肢が2つあるので両店の混み具合などを実際に見極めた上で賢く利用したいと考えています
(その為にも明日は地元だけでなく大阪の方にも一度足を運ぶ必要があります)

最後に僕がBBH2で募集しているカードは10/1にまとめた通りですので、もし明日それらのカードをゲームで使わないのに引いてしまった等あればトレードして頂けると嬉しく思います。
僕の場合、明日本当に大変なのはBBH2をプレイすることよりも早期のカード集めにあったりします。



オンラインは「例の企画」を行いましたので結果の方を発表させてもらいますね。
キッカケはオンラインのメンバーでチームを結成してオーペナでまわすとどれくらいの成績を残すのか?という僕の素朴な疑問から始まったもので、改造コードでメンバーの能力を忠実に再現することにより今回の企画が実現しました。

それではまずは順位発表から

【セ・リーグ】
1位・パワ・思・考
104勝27敗1分 .793
2位・中日ドラゴンズ
3位・読売ジャイアンツ
4位・阪神タイガース
5位・横浜ベイスターズ
6位・広島カープ
7位・東京ヤクルト

【パ・リーグ】
1位・パワ・思・考
99勝31敗2分 .791
2位・千葉ロッテ
3位・ソフトバンク
4位・オリックス
5位・日本ハム
6位・西武ライオンズ
7位・楽天イーグルス

順位に関しては検証するまでもありませんでした_| ̄|○

それから注目の個人成績です。
上がセ・リーグで赤文字はタイトルを意味します。

・1番/遊・バーニィ
.377 10本 63打点 30盗塁
.329 13本 69打点 28盗塁

・2番/右・キッド
.346 17本 92打点 33盗塁
.351 21本 80打点 26盗塁

・3番/中・VICK
.299 32本 139打点 20盗塁
.299 36本 134打点 32盗塁

・4番/一・タカシ
.320 52本 154打点 18盗塁
.304 57本 164打点 25盗塁

・5番/捕・青
.321 36本 128打点 0盗塁
.292 48本 145打点 0盗塁

・6番/三・南
.327 41本 138打点 10盗塁
.294 30本 98打点 19盗塁

・7番/左・森
.323 19本 84打点 0盗塁
.285 21本 79打点 0盗塁

・8番/二・JVC
.308 19本 81打点 14盗塁
.295 19本 68打点 16盗塁

投・ナックルさん
2.46 15勝 3敗 160 2/3回
2.57 16勝 2敗 157 1/3回
3.01 13勝 3敗 152 2/3回
3.09 16勝 3敗 151 1/3回
3.62 15勝 4敗 151 2/3回
4.01 15勝 1敗 137回

2.11 19勝 2敗 166 1/3回
2.91 17勝 2敗 164回
3.33 11勝 2敗 148 2/3回
3.59 13勝 6敗 158回
4.23 12勝 3敗 140 1/3回
4.28 13勝 4敗 143回

・リリーフ・クルーズ
2.88 3勝 2敗 3S 34 1/3回
2.89 2勝 3敗 6S 53回
4.19 3勝 1敗 8S 53 2/3回
4.88 1勝 1敗 6S 51 1/3回
4.94 2勝 2敗 5S 54 2/3回
5.08 3勝 2敗 4S 33 2/3回

2.30 2勝 0敗 4S 31 1/3回
3.11 1勝 1敗 2s 37 2/3回
3.24 4勝 2敗 8S 77 2/3回
4.04 0勝 6敗 4S 42 1/3回
4.04 3勝 1敗 1S 35 2/3回
4.85 4勝 2敗 12S 42 2/3回

投手の負け数が少ないのは打線のおかげと言えそうですね。
野手はきっちりと数字を残して投手の防御率もまあまあ悪くない…
防御率のタイトルを満足に取れなかったのは課題ではありますけれど(苦笑)
そもそもオーペナでは他球団をより付けない程の力を発揮している訳ですが、それでも大会で思うように勝てないとなると。。。

あっ、デフォ12球団を相手にしたところがそもそも間違いであって、相手チームも自分達と同じくらい能力が高いと考えるのが筋というもの
その場合、デフォ12球団相手のオーペナでは本当の実力は図れないのかもしれないですね。
…以上の反省点を踏まえてさらに後日、検証したいと思います。

さて、それとオンラインの方ですが遂に僕もレベル69のカンストを喰らうところまで来ました。
ここまで長かったですね…
今後はレベルの上限が解除されるまで大会のエントリー時のみにログインする形で、日想の方でも毎日オンラインについて触れて来ましたが今後は何かあった場合のみ執筆する形に切り替えたいと思います。



日本シリーズ第三戦は6-1で日ハムが勝ちました。
初回の攻防は見られなかったのですが、今日もミスした方が負ける結果になりましたね…
あと、日ハムの投手リレーをしっかりと見させてもらいましたよ。
そして稲葉の3ラン…
これが今年の日ハムの強さなんですね。

なんだか見ていて途中から悔しくなって来たので中日にはもっと頑張ってもらいたいと思います。



-△-

優勝請負人 2006,10,23 この日記を編集 削除

今日は案の定、筋肉痛で一日中テンションが低かったです。
そんな中、会社で「日本シリーズを見ている」と言ったところ、阪神じゃないのに見てるの?という感じで会社の人に驚かれてしまいました。
まあ、僕は阪神ファンの前に野球そのものが好きなので贔屓球団でなくても見ていますけど、これが世間の見方なんでしょうかね…
 
 

さて、いよいよ今週の水曜日にBBH2が稼働します
個人的には長いようで短かったですね。
学校を卒業すると本当に月日の流れが早く感じます。
それはそうと、BBH2の稼働に際して旧カードの制約をはじめ何かと疑問点が尽きないところではありますが、田チームとしましては一番打者として育てようとしていたヤクルトの志田がカード化されるかが少し微妙だったりで場合によってはメインの使用チームを「野村の教え子たち」に変更するかもしれません。
最も、平田がカード化されるのであれば、また話は別なんですけどね。
BBH2では育てる楽しさも味わいたいと思っています。

…あと、本当にうちのホームはBBH2を導入してくれるのか激しく不安です(苦笑)
「2の値段が300万で採算取れないと判断したゲーセンは撤去もあるかもしれない」って本当ですか?

 

オンラインは昨日の大会でキッドさんがパープルセミロング(制球+18)
VICKさんがアンドロメダゴーグル(制球+30、ミート+2)とそれぞれレアアイテムがゲットされていました。
パープルセミロングについては投手用の帽子という事でキッドさんから有難くお譲り頂いたのですが、頭を悩ませたのがアンドロメダゴーグルの譲り先でした。
本来なら手に入れられたVICKさんが装備するのが望ましいのですが、VICKさん自身が既にミート15に達してる状態でアンドロメダゴーグルのミート+2の効果を生かしきれない状態にありました。
そこでVICKさんの方から「アンドロメダゴーグルをチーム内の誰かに使ってもらおう」という事になったのですが…
あまり僕がレアアイテムを貰い過ぎるのも悪くて、チームリーダーとしてバランスを考えて誰にお譲りするべきか迷いました。

まず一番先に候補に挙がったのがノビ4とパーピルセミロングを譲って頂いた実績のあるキッドさんで、能力を確認させてもらったところキッドさんの元のミートは13でした。
この時点でアンドロメダゴーグルを装備する条件を満たしていましたのでキッドさんにお譲りする事を考えました。
ただ、さらに検討したところ投手の方が経験値的にお得(ミートバットの代わりとなる弾道アップと比較した場合)で野手は意外と装備アイテムでミートを上げるのが多いのに対して投手のコントロール+30はかなり貴重だったりで、先発投手であればミート+2の効果も打席で生かせる事からキッドさんの了承の元、今回アンドロメダゴーグルは僕が使わせて頂く事になりました。

…あと、失礼ながら野手は最終的にパワーを上げるしかなくなりますからね(苦笑)

ここまでキッドさんには譲ってもらってばかりなので僕としても早い段階でお礼をしたいと思っています。
その為には譲って頂いたアンドロメダゴーグルの効果を発揮して一つでも多く大会で勝ち進めればいいんですけどね。
改めて、アイテムを譲って頂いたVICKさんとキッドさんどうも有難う御座居ました。
なお、パープルセミロングにつきましてはキッドさん承諾の元、クルーズさんのレベルが装備可能な65になりましたらお譲りしたいと思っています。
クルーズさん頑張って下さいね。


さて、それとこの度チームの一塁手に以前日想の方で名前を出させてもらいましたタカシさんがチームに加わる事になりました。
その注目の能力はレベル79のパワー220,パワーヒッター所持の大スラッガーです。
タカシさん自身、大会の優勝経験者でもあることからタカシさんには「優勝請負人」としてその活躍に大きく期待しています。
これからよろしくお願いします。
お互い、レベル79まで来たらそう簡単には止められませんねw



-△-

リアルでしか得られない悦び 2006,10,22 この日記を編集 削除

今日はお互いの都合が合って、久しぶりに草野球をしました。
最近はこういう時くらいにしか友達と会わなかったりで、学校を卒業したら本当に付き合い方が変わりますね。

それで草野球の方ですが打撃がなかなか好調でした。
遊びでかれこれ6年くらいやって来ましたが今のバッティングフォームが自分に一番合っているような気がします。
哲さんからアドバイスを頂いたものの相変わらずインコースの球は打てることすら困難だったりしますが…
ていうか、よくインコースの球はホームランを打たれる危険性が高くなると言いますが、僕にしてみればアウトコースの球の方がよっぽど遠くへ飛ばしやすいんですけどね…
この辺りは人によって得意、不得意コースがあるように人によって感じ方が違って来るんでしょうね。
僕は意外と真ん中に来たボールを打ち損ねる事が多かったりしますし(苦笑)

と、そんな感じで草野球をしていたところ事態は思いがけない方向へ発展することになります…

えっと、2つ下の女性6人とバドミントンや鬼ごっこ、ドッチボールをして楽しませてもらいました(爆)

事の経緯は僕らがいつも草野球をやっている広場にその女性陣がやって来て、始めは仲間内でバドミントンをやっていたのですがその輪の中に青年が一人いまして、その青年というのが「友達の中学時代の陸上部の後輩」というのがキッカケで先方から誘われて一緒の輪に加わる事になりました。

…僕のような人間が年頃の女性とスポーツをする機会が生きているうちに与えられるなんて思ってもいませんでしたよ(苦笑)
久しぶりに年頃の女性の視線を感じたような気がします。
缶蹴りで女性にタッチした時の感触が忘れられませんw>ぇ

とにかく二次元と違って、リアルの女性はとても刺激的でした。

何だか、二次元に身を委ねるのは人生を損しているような気がして来ましたよ_| ̄|○

…ただ、手に入らないものは望まないのが僕の主義です(爆死)



オンラインの大会は予選ブロック決勝で敗退
ただまあ、先週の事を考えれば今回は割と無難でしたかね?
決勝ではこちらがフルメンバーなのに対してプロランクで名前を見掛けない投手2人、野手2人のチームに敗れてしまったのは悔しかったですけど…(苦笑)

【大会結果】
○パワ・思・考10-0
○パワ・思・考6-5
●パワ・思・考1-3

初戦は対戦チームが一人だけのチームとあって快勝
予選二回戦は相手チームもフルメンバーでこちらと違って一塁手も在籍していました。
試合は先発の僕が4回までに5点を失う苦しい展開でしたが、6回裏に味方が3本のホームランで同点に追い付くと9回裏にVICKさんがサヨナラ四球を選んで見事な逆転勝ち!
予選決勝戦は初回の3失点が響いて敗戦…
先発投手の僕がイマイチしっかりしていなくて申し訳ないです。。。
…やっぱり、ナックル持ちor二球種というのがネックなんでしょうか?
精進します_| ̄|○

それと今回、初戦の勝利時に「守備職人の本」を手に入れました。
これまでレアアイテムは予選二回戦目以降からの勝利時にランダムで手に入るものだと思っていましたが、どうやら初戦でも手に入ることがあるみたいです。
大会の上位進出は関係なしに大会の勝利だけでレアアイテムが手に入るというのはも少し考え物ですね…
流石に初戦だと同じランダムでも入手確率が低そうですが。。。
ともあれ、この「守備職人の本」はジャイロの残り分のお礼とポジション的な面も含めてバーニィさんにお譲りしたいと思います。
また、他にメンバーの方で何かレアアイテムが出た方がおられました連絡よろですw

・1番/遊・バーニィ
5打数無安打1盗塁
4打数1安打
4打数無安打

・2番/三・南
1打数無安打1盗塁
3打数1安打
2打数1安打

・3番/中・VICK
4打数3安打
4打数2安打3打点1HR
4打数1安打1打点

・4番/捕・青
2打数1安打5打点1HR
2打数無安打
3打数1安打

・5番/左・森
4打数無安打
4打数無安打
4打数2安打

・6番/右・キッド
4打数3安打3打点1HR1盗塁
4打数1安打2打点1HR
4打数1安打

・7番/二・JVC
4打数1安打2打点
4打数1安打1打点1HR1盗塁
4打数1安打

・8番/一・CPUファースト
4打数無安打
3打数無安打
4打数無安打
打数安打

・9番/投・ナックルさん
3打数無安打
1打数無安打
1打数無安打

投球回数72/3回 被安打4 与四死球2 無失点
投球回数32/3回 被安打8 与四死球2 5失点
投球回数5回 被安打7 与四死球2 3失点

・リリーフ・クルーズ
登板機会なし
リリーフ投手の登板機会が与えられない仕様は何とかならないですかね…

さて、今大会で目に付いたのが同じチーム名が18チームも存在していた点です。
明らかな増殖なわけですが、これを当事者がやっているのか第三者が妨害的に行っているのかについては何とも言えません。
このチームのリーダーは僕と同じでサイト持ちみたいなので後者の可能性の方が高いかなとは思っていますけれど…
どちらにせよ、こういうのはコナミの方で無くすように動いてもらいたいですね。
リリーフ投手の起用法含めて決定版が発売されてもこの状況が続くようであればコナミはパワプロオンラインを改善する気はないと言えますね。



日本シリーズ第二戦は2ー5で日ハムが勝利しました
中日の方が上手かと思いましたが、日ハムも負けていませんね。
山本昌は金子に逆転タイムリーを浴びるまでは良かったんですけどね…
金子との勝負は間違っていなかったと思いますが勝負どころで甘く行ってしまいましたね。

さてこれで一勝一敗で札幌ドームに帰って、日ハムがどんな野球を見せてくれるのか楽しみですね。
ちょっと、このシリーズ分からなくなって来たかもしれません。



-△-

前世の位置付け 2006,10,21 この日記を編集 削除

世の中が北朝鮮や核実験反対で騒いでいる中、ふと冥王星が惑星から外れた事を思い出した今日この頃
今年の流行語大賞は「ハンカチ王子」でガチだと思います。



一昨日、奇跡体験!アンビリバボーで前世の記憶を持った子供の話をしていましたが、そこで僕が興味深かったのが前世の亡骸の扱われ方についてだったりします。
もちろん、前世の記憶を持っているという話にも興味を抱きましたし、僕がこれから話す内容もその子供が本当に前世からの生まれ変わりという事が前提になるのですが、番組の再現VTRの中で前世の記憶を持った子供は自分の前世について周りの人に口を開くものの、前世の自分の亡骸については最後まで触れていませんでした。
その前世の亡骸というのは第二次世界大戦時に日本軍の攻撃によって操縦していた戦闘機が打ち落とされてしまい今もそのまま海中に沈んだままの状態になっています
それで僕が何を言いたいのかと言えば、この一連の前世の話が全て本当だとして死後の亡骸の扱いは来世に影響を及ぼさないと言いますか埋葬方法は特に何でも良かったりするのでしょうか?という素朴な疑問
亡骸の扱われ方次第で亡くなった人が亡くなってからも苦しだりしないのなら…
それは安堵すべき点なのかもしれないですね。



オンラインは報告を受けた選手から改造コードを使って作成を始めています。
ひとまず昨日は自分とVICKさんとCPU一塁手を作成しました。
オーペナでは先発投手が6人必要になって来るので自分と同じ能力の投手を6名作成しまして、この際にジャイロ持ちに速球中心は有効か検証したくなったので同一能力ながら速球中心持ちとそうでないタイプを半々の割合で用意しました。
これで速球中心持ちの方が優れているようであれば、オンラインでも速球中心を覚えさせようと思います。
 
VICKさんには一早く連絡を頂きまして一番、最初に作成させてもらいました
CPU一塁手はただの穴埋めなので初期能力のままサクセスをクリアしています。
 
それで、オーペナでまわす際の打順については大会でのオーダーを参考として、投手の起用方は全ておまかせにしようと思います。
また、ペナントではリーグ数を7にしてそこにパワ・思・考のチームを加えるという形式を考えております。
オーペナの結果は近日中にBBH2のプレイに支障が出ないように発表させてもらう予定です。



日本シリーズ初戦は4-2で中日が制しました。
今日の見所と言えば井端の好守が光りましたよね。
対する日ハムはダルビッシュの判断ミスに武田久の牽制悪送球などが出て少し明暗が分かれてしまいましたね…
それにしても、やっぱり中日は強いですね。
むしろ、見ていて中日の力はまだまだこんなものではないと思ったくらいで明日の第二戦も楽しみにしています。

ところで、その日本シリーズのテレビ中継についてですが番組スポンサーが付かず、このままだと1試合放送するたびに1億円の赤字が見込まれるそうです。
そういえば、今日はやたらとパチンコのCMが多かったですよね…特にウルトラマンがw
民放各局の悲願は「どっちでもいいから4タテで終わってくれ」だそうで日本シリーズがとんだ「疫病神」に成り下がってしまったようです。



-△-

こんぼく 渚ルート(ネタバレ) 2006,10,20 この日記を編集 削除

監督推薦で井川の日米野球選出キターーーーー

観 戦 決 定

もちろん、第四戦の京セラドーム大阪で登板してくれますよね?
新庄が日米野球を辞退して個人的にはこれで一生、新庄を生で見る機会を失ってしまいましたが、それよりも井川の日本ラスト登板をしっかり見届けて来ようと思います。



今日の出来事で「番号を切り貼りしてテープで止めた当選番号偽造宝くじで3億円を換金しようとした男」が逮捕されそうです。
驚くべきは偽造した宝くじは番号を切りはりして当選番号を作り、テープで止めるというずさんなものだったにも関わらず犯人は調べに対して「すぐにばれるとは思わなかった」と供述しているところだったりで…

そんなのすぐにばれるに決まってるでしょう。。。

仮に番号を完璧に偽造したとしても機械を通したらハズレだと分かってしまいますし、ある意味偽札を作るよりもハードルが高いですね。
ていうか、僕が一番この犯人に言いたいのが宝くじにセロハンテープを貼って偽造するくらいならせめてノリにしておけとw>ぇ




こんな娘がいたら僕はもう…!!は最後の渚ルートをクリアしました。
…何だか、また突っ込みを入れるのも嫌になって来ましたが、せっかくなので一応言わせてもらいます。
 
39度の高熱を出した主人公は一人暮らしなので薬局まで自分で薬を買いに行かないといけないのは分かりますが、そこで同じく高熱を出して学校を休んでいた渚と薬局の前で遭遇
その後、薬を飲むために何か食べないといけないという事で二人はファミレスで軽い食事を摂ることにしたのですが…
 
そんな状態でファミレスに行くなんて周りの人に風邪が移るかもしれないという配慮がまるで皆無ですね。
 
初回に高橋由に送りバントをさせた時くらい唖然としましたよ…>ぇ
 
それで翌日は38度まで熱が下がったからと言って学園に行こうとする主人公
…だから周りへの配慮というものを考えて下さいよと
それとも、これがライターの感覚なのでしょうか?
 
ツーテンポ遅れて、ようやく渚が風邪を引いた状態で学園に来た主人公に周りへの迷惑というものを注意
いや、それは良かったんですけど渚も昨日、風邪をひいた状態で主人公とファミレスに3時間もいたでしょうという具合で。。。
 
僕の言ってる事は間違っていないですよね?
少なくとも風邪をひいた状態でファミレスで食事をするのは僕の中ではアウトですね。
 
それからは例の如く、シナリオではなく会話の方を楽しませてもらって、体育祭を経て遂に渚と結ばれたと思ったら。。。
 
あれ?
EDも流れないでタイトル画面に戻されてしまったんですけど…
もしかして、これで終わりですか_| ̄|○
 
…とは言え、事前に渚ルートが短いことは話に聞いていたのでショックは少なめでしたけどね。
それにしてもシナリオが短いことは覚悟していましたが、まさか渚と結ばれてそれでおしまいとは思いませんでしたね。
これではシナリオが短いというよりも「手抜き」という印象の方が強いですね…
 
ちなみにるーすぼーい氏が言うには、車輪の国の灯花とこんぼくの渚には血縁関係が存在しないそうです。
この二人が決定的に違うところと言えば、車輪の国の灯花は主人公のことを嫌っている状態からスタートしたのに対して、渚は主人公に対して好意的な状態から始まったところですね。
似た性質を持つ両キャラクターですが、この辺の違いがなかなかグッドでしたw


…はい。という感じでお伝えして来ました「こんぼく」ですが、これにて無事に全クリアを果たしました。
ここで総括的に感想を言わせてもらうと、ここまで再三言って来た通りキャラとの会話がなかなか良かったのに対してシナリオがとんだ地雷でしたね。
シナリオ自体がアレなのに加えて、シリアスパートで全然シリアスな気分にさせて貰えなかったのが一層、シナリオのダメっぷりを浮き彫りにしてくれました。
作品のタイトルにしてもリバーさんがメールで言っておられたように「こんな学校があったら、僕はもう…」が、よりふさわしいタイトルじゃないですかと
主人公が「僕」に合っておらず、タイトル通りの主人公像を想像していた人にとっては感情移入しづらかったようにも思います。
ゲームとしては良作の部分と駄作の部分が半分づつくらいあって評価が難しいですね…
こういうのを「迷作」と呼ぶのでしょうか?
まあ、何はともあれ個人的にはハズレでなかっただけ買って正解でしたね。
この手のゲームは原画の良さに酔ってシナリオを美化、あるいは過大評価することが楽しくプレイする秘訣かなと思います。



オンラインは大会チケットを5000パワで落札しました
今週はチケットの出品枚数が多くて比較的、安値でチケットを入手する事ができました。
チームは前回、予選ブロック一回戦で4-31という大敗を喫してしまいましたが、そんなチームが次の大会で優勝なんてしたら面白いことになるでしょうねw

…ただまあ、あまり大きな口を叩ける立場でもないので初心に戻って一戦必勝で勝ち進みたいと思います。


それと明日からいよいよ日本シリーズが始まりますね
流石に日本シリーズだと地上波も試合開始から中継してくれるみたいで楽しみにしています。



-△-

健康診断 2006,10,19 この日記を編集 削除

パワプロ13決定版では再びキャッチャーウインドウの有・無をオプションで設定することができるようになるみたいですね。
発売前に開発者インタビューで熱く語っていた新打撃システムは案の定、多くのユーザーに受け入れられませんでしたと…
ひとまず僕としては決定版でゲームバランスが改善されて開幕版で作成した選手パスの需要が増える事を祈ります。



さて、今日は年に一度の会社の健康診断の日でした。
朝から大阪の方に出勤してそれから健康診断を受ける為に奈良の会社まで往復
 
毎日、残業をしないといけないほど仕事が忙しい中で作業時間を5時間も削って頂き本当に有難う御座居ます_| ̄|○
 
それで健康診断の方なんですが今年は去年よりも身長が3mmほど縮まりました。
…これでストライクゾーンが僅かに小さくなりましたね!(爆)>ぇ
去年、お騒がせした体重はそれなりに安定
視力検査ではメガネのレンズを入れ替えただけあって一番下の方までしっかり答えることができました。
視力検査で一番下まで答えられたのなんて小学六年生以来で少し感動しましたw
血圧は正常内でしたが相変わらず少し低めでしたね…
診断を受けた時に「エイズには気を付けなさい」と、何故か診断とは直接関係のないことを言われましたが僕はこの歳まで純潔を守って来ているので今のところその心配はなさそうです。 
 
 


……




_| ̄|○



オンラインはバーニィさんがプロランクになられました。
チームとしてはこれで6人目のプロランク誕生という事になります。
もう本当に頼もしい限りで僕が思っていた以上にオンラインのチームが強くなって嬉しく思っています。
始めはサイト内だけで本当にメンバーが集まるのかさえ不安で、もしかしたら企画倒れになるかもしれないと思っていたくらいだったのが今は本当に素晴らしい方々に集まってらってオンラインを楽しませてもらっています。



-△-

よからぬ計算式 2006,10,18 この日記を編集 削除

最近、朝方が冷えますね。
暖かくて布団から出られない季節がやって来ました。



昨日、掲示板にでも書きましたが11/7に京セラドーム大阪で行われる日米野球の第四戦を観戦しにいこうか検討しています。
それで実際にネットオークションでチケットを見てみましたが…
やっぱり、日米野球は公式戦よりもチケットの値段が高いですね(苦笑)
 
ただ、しばらく野球観戦に行っておらず生観戦に飢えている部分があるので今年最後の機会に球場まで足を運びたい気持ちがあるんですよね…
それに交流戦では日程の関係で適わなかった新庄の生観戦も今のうちに球場に行っておかないと引退後の新庄を生で見るような機会はなさそうですからね(苦笑)
僕にとってはこれが新庄を生で見る最初で最後のチャンスになりそうです。
(※新庄は日米野球出場辞退ですか…そうですか)

ただ、一方でチケットの値段に押されて良からぬことも考えてしまい、11/7と言えばBBH2が稼働中です
チケット代とその他出費で観戦に10000円かかるとして試合時間は3時間ほど
これがBBH2ならば10000÷500で20回プレイ可能
1プレイを約20分として20×20=400分
BBH2なら実に6時間40分も遊べてしまうというダメダメな計算式が僕の中で完成してしまいました(爆)
 
…いや、本当にどうしましょうかね。。。
ネットオークションで1枚だけの良席を定価に近い値段で落札できるか、またはチケットを定価割れで落札できるようなら最高なんですけどね…
こういう時、一人観戦ではなく一緒に観に行く友達がいればケチな僕でも決断が早いんですけどね(苦笑)


 
オンラインは今日は逆に僕が決定版に期待すること
 
打撃の操作性を改善した上でオンライン対戦の実現
そして、使用チームをデフォの12球団に限った上で、パワプロオンラインで育てた選手を一人使用可能にすること!

…すみません。
言ってみただけです_| ̄|○
 
あっ、でもオンライン対戦は無理にしても僕のレベルが79になった頃合いを見計らって改造コードを使って今のメンバーの能力値を再現して、それをペナントでまわしてパワ・思・考が何位になるか見てみるのも面白いかもしれませんね。
 
…よし!
 
企 画 決 定



-△-

ネタにも不備が出るもの… 2006,10,17 この日記を編集 削除

…今日は珍しくネタが思い浮かびませんでした。
 
いや、正確に言うと予め書こうと思っていたネタがあったのですが、いざ書き始めてみるとそのネタに不備があることが判明してネタとして使えなくなってしまったというのが本当のところだったりします。
まあ、日記を長く書いているとたまにはこんな日もあるかなという具合でワンテンポ遅れではありますが穴埋め代わりに今日はアニメの感想を書こうと思います


Kanon
【第二話】
改めて作画のレベルが高いですね。
名雪の声もめざまし時計の録音してある音声の口調がおかしかったくらいで特別、違和感を感じるところもありませんでした。
…いくらブランクがあると言えど、そこはプロでしたね。
名雪が主人公に借した目覚まし時計に対するやり取りがなかったことから、シナリオの構成上、名雪ルートの例の展開まではやはり発展しないという事でしょうか?
 
主人公の性格が制作側で軽く弄られていますが、これはこれで面白いかったので案外アリかもしれません。
北川は90度くらいキャラが変わってしまいましたが、なかなかおいしいポジションを与えられたように思います。
ただ北川の名誉の為に言わせてもらうと、原作でも香里に気があるのは間違いなさそうでしたが、香里のことを下の名前では呼ばなかったですし、何よりあんなに扱いの酷いキャラではありませんでした。
 
あと気になったのが第二話で舞と佐祐理を無理矢理登場させ過ぎかなと…
舞と主人公の初顔合わせは夜中の校舎が最適だと言うのに。。。

キャラの動かし方に多少不満は残りますがそれにしてもクオリティーが高いです


夜明け前より瑠璃色な
【第二話】
正装の時は何とも感じなかった月のお姫様・フィーナですが、制服を着て学校に通うようになってから僕の中で萌えキャラに…(爆)
月の人間が生身で地球に来て大丈夫なのか?というアニメだからあえて触れなかった僕の疑問を第二話ではしっかりと説明してくれていました。

Q・月は地球の1/6の重力だから、月では地球の6倍ジャンプできるって本当ですか?
 
…待て。
論点はそこじゃなくて月より6倍の重力がある地球に月の人間が生身で来て平気なのかという点に疑問を持つべきでしょう。
それに対して、月では地球と同じ重力になるように制御されているらしいですけど、月の人間がわざわざ地球の重力に合わせる必要性がよく分からないんですけど。。。

…って、あれ?

兄貴にその辺りについて確認してみたところ、月の住人は「月星人」という訳ではなく地球からの移民者という設定だとかで…

冒頭に続き、またしてもネタに不備が発生してしまう結果となりました_| ̄|○



オンラインは僕が決定版に抱く脅威その二弾
パワプロオンラインを決定版から始めたプレイヤーには初期からセンス○が備わっていたり、はたまた今後の大会の月別記念アイテムにセンス○の付く帽子が配布されたりはしないだろうかという点
とにかく、ここまで選手を育てた今になって新たにセンス○が比較的容易な形で出回るような事があればそれだけで開幕版からのプレイヤーは白けてしまいかねませんからね。
…コナミの方、その辺りしっかり頼みますよ。



-△-

こんぼく 沙希ルート(ネタバレ) 2006,10,16 この日記を編集 削除

今日からJR秋葉原駅東側広場にエアコン完備で多機能の有料公衆トイレが開設したそうですね。
使用料金は一回・100円
定期的に使うのは避けたいところですが、都市部にあれば便利かなとは思いますね。
一回100円という使用料金ですが、駅のトイレで紙を買おうと思ったら同じくらいの金額が取られますし、それならこちらを使った方が断然いいですよねw
あと、これはコミケに参加した時に個人的に感じた事ですがオタクは急な腹痛などによる大の頻度が一般人よりも比較的高めな気がするので、秋葉原という立地条件はオタクの人達にとっても助かるかもしれないですね。
…いや、だって野球観戦では球場内のトイレで大をしている人なんて滅多に見ないのにコミケ会場周辺のトイレでは大の方に長蛇の列ができていましたからね。
阪神戦よりもコミケ参加者の方が人数的に多いにしても、ちょっと割に合わない混み具合でした。

…まあ、その場では僕もそんな一人だったんですけどね(苦笑)



こんな娘がいたら僕はもう…!!は沙希ルートをクリアしました。
主人公とは険悪な関係から始まって、それから間もなくして大のファンシー好きである沙希がファンシーグッズを身に付けて表情を緩ませながら登校しているところを嫌悪する主人公に目撃されたシーンはキャラのイメージがぶち壊しというか僅かにあった緊迫感が解けてしまったのが残念です
…個人的にはSで通して欲しかったなと。。。>ぇ
 
それにしても、主人公が過去に起こした事件についての真実が明らかになって、沙希が主人公に対して抱いた誤解が解けて、いきなり告白とは…相変わらず唐突な展開ですね。
しかも全ルート共通で告白したその日のうちにエッチシーンに突入
…まあ、その辺りはゲームのタイトルがタイトルだけに仕方がないかなとw
しかし、いくらなんでも場所をわきまえずにエッチし過ぎだろうと思うわけで…
あすかルートでの図書室と言い、今回の武道場と言い一度問題を起こした場所で淫らなら行為に走るのはこれがエッチゲームだとしてもちょっと正気とは思えなかったですね。
…完全にエロに撤したゲームならともかく。。。
 
志乃ルートで志乃の両親がお金持ちになった後、過去と決別する為に貧しかった頃の思い出の詰まった品を志保が捨てようとした時に「それはよく考えた方がいい。過去があるから今があるんだ」と主人公は言っていましたが、その割に自分は空手をやっていた頃のトロフィーや賞状を全て壊して捨ててしまっているとは…
何ですか?このギャップは。。。
 
シナリオは全ルートで唯一、主人公が過去に起こした事件の真相を明らかにするもので、これがシナリオの本筋になりそうですね。
ただ、せっかく僕が誉めたキャラとの会話がこのルートに関しては退屈だったりでシナリオに重点を置いた反面、逆に面白みに欠けたような印象です。
個人的にいじめネタとかあまりいらないですし、生半可なシナリオを読まされるくらいなら素直に萌えに走ってもらった方がプレイしやすかったですね。
それと、このシナリオではテキストとボイスで呼び名が違ったのが目立ちましたね
まあ、これは僕が修正パッチを当てていないだけなんですけどね(苦笑)
 
そんな感じで平日は4日ほど掛けてクリアするところを昨日は一日でクリアしました。
その際、僕自身改めてギャルゲーは長時間に渡ってクリアするものではないと実感
腹八分目と言うようにギャルゲーも八分目くらいで止めるのが僕の場合はベストだという結論に至りました。
ラストは大音シリーズから渚を攻略しようと思います

 

オンラインは昨日の大敗の中で一試合4ホーマー11打点と相手チームの中で特に大活躍した5番・捕手の方に活躍を称えるお手紙を送ったところ「またまたです」という謙遜したお返事を頂戴しました。
先方には、もう少し誇ってもらってもいいような気がしましたが、たしかにオート試合なので「たまたま」としか言いようがないですね(苦笑)
 
それで今はジャイロボールをより生かす為に速球中心を付けようか検討中です…
これらは一度、付けてしまうと速球中心から変化球中心の変更はできても完全に外すことができないので悩みどころではあります。



阪神は0-3で今季最終戦を勝利で飾りました。
今日はもう何と言っても井川の完封勝利に10奪三振ですね。
これで中日・川上の194奪三振に並んで井川の奪三振王獲得が確定しました。
試合終了後にスコアを見させてもらいましたが9回裏からの3奪三振にはスコア上からにも関わらず痺れましたよ。
最後のピッチングを生で見られなかった事は心残りですが、僕としてはこれで胸を張って井川をメジャーリーグに送り出すことができます。
まだメジャー移籍が決まったわけではありませんが、井川選手の一ファンとしてそういう形になるだろうと見ています。

さて、そしてこの試合で関本が2安打をマークして打率を.301に乗せてシーズンを終了しました。
今年は対左打率が.284と持ち前の左キラーっぷりは見られませんでしたが、ともあれ打率を3割に乗せる事ができて一安心です。
関本選手は奈良出身の選手という事もあって阪神の選手の中でも特に応援しているのですが、来年は準レギュラーではなく今岡がいてもレギュラーとして毎試合セカンドで先発出場できるように頑張ってもらいたいと思います。
それから関本に変わって途中出場した喜田が二塁打を含む二安打の活躍
来年は開幕一軍スタートもありえるでしょうか?
金本は最終戦で第26号ホームランを放ち2打点を挙げるものの、あと2打点及ばず3年連続の3割100打点は達成ならず…
盗塁王は青木が獲得して、赤星が入団からの6年連続盗塁王を逃したのはファンとして残念の一言
入団以来、赤星と盗塁数で争うような選手がいなかった中で赤星の盗塁王を止めるならヤクルトの青木になるだろうと考えてはいましたが、まさかそれが今年になるとは…というのが率直なところです。
今年はケガの影響もあって赤星自身、万全ではありましたけどね。
ともあれ、滅多に聞かない盗塁王の奪還も赤星ならできると信じて来年の巻き返しに期待したいと思います

2006年 阪神タイガース
2位・84勝58敗4分

得点・597(リーグ3位)
失点・508(リーグ2位)
打率.267(リーグ3位)
本塁打・133(リーグ4位)
盗塁・52(リーグ5位)
防御率・3.13(リーグ2位)



-△-

投手は水モノ 2006,10,15 この日記を編集 削除

BBH2の追加情報として

・日本シリーズの追加(胴上げの瞬間を味わえ!)
参加資格:「全国ペナントレース」各期、上位入賞者のみ
日本シリーズ参加権利を得ると選択できるようになります。
対戦相手は他の日本シリーズ参加権を得たプレイヤーかCPUになります。

・監督ランクについて
段位は「勝ち星」の数によって昇格、降格します。
「勝ち星」は「全国ペナントレース」で行った同一球団との3連戦の結果で獲得、消失します。
同一球団との3連戦は間に他の球団との試合を挟んでも構いません。

<例>VS巨-神-神-巨-巨
巨人とは3連戦、阪神とは2連戦したというカウントになります。
※「勝ち星」の対象になるのは対人戦のみです。
※「日本シリーズ」で優勝すると「勝ち星」+2が獲得出来ます。

・新バージョンへの引継ぎサービス
今まで使用していたE-AMUSEMENT PASSを使用することでBBH1のデータをBBH2へ
データ引継ぎが出来ます。

BBHで使用したE-AMUSEMENT PASSでBBH2をプレーするとその時点でのBBH1の「プレー情報」 (戦績「通算勝利数・敗戦数・引き分け数・監督ランク」)がBBH2に記録され、閲覧できるように なります。
引き継がれたデータは過去の記録としてBBH2で閲覧できるのみとなり、BBH1でのペナント順位や 監督ランク、カード選手は引き継がれません。

カード選手は28人まで登録できます。ただし、試合に出られるのは25人までです。


どうやらBBH2では日本シリーズが追加されるみたいで交流戦以外でもセ・パで交流が持てるようになったのはいいことですね。
ただ、参加資格を持つプレイヤーが限られて来るのでマッチングが難しそうな…
それよりも僕が評価したいのが、全国ペナントレースの上位入賞者のみが参加資格を得るという事はこれで少なからず勝率優先のAsが日本シリーズに流れるという事ですね。
日本シリーズは事実上のAsシリーズという事でペナントの方が少しでも平和になればいいなと思います。
ただ勘違いしてもらいたくないのが、僕はAsそのものを否定しているつもりはないという事ですね。
対戦相手としてあまりいい気分にはなれませんが、それはそれで間違っていないと思っています。
ちなみに日本シリーズでは「試合で得られる経験値が増える」とかがあってもいいような気がしますが、どうなんでしょうかね?
家庭用ゲームでならありそうですが、こういうアーケードゲームでは導入しないですかね(苦笑)

監督ランクについて
僕は普通にプレイできればいいので特に関心はなし
ただ、球団別にカウントと言ってもそもそもゲーム内で登録されているチームの割合が違いますからね…
この辺り、マッチングで上手く調整されるといいんですけどね。

新バージョンへの引継ぎサービス
単純に通算の勝敗が引き継がれてそれが観覧できるだけであれば、僕の場合は今使っている田チームのデータではなくAs時代の100試合プレイしたデータを引き継ぎたいですかね…
ちなみに観覧できると言っても対戦時にBBH1の勝敗を相手にも公開されるような形ならいいですが、自分でしか観覧できないようならデータ引継ぎの意義は少なさそうですね。

ベンチ入りから3選手が外れるのはリバーさんが言っていた通り、怪我人や投げたばかりの先発を置けば問題なさそうですね。



はぴねす!の第二話を視聴
アニメ版は春姫の視点で描かれているシーンが目立つのがいいですね…
原作とは違う良さを引き出しているように思います。
これに関してはアニメスタッフGJ
お花見でお酒を飲んで酔ってしまうシーンは原作と異なり、年齢の関係で「飲む」ではなく「魔法の失敗で雨がお酒に変わってしまう」に変更
これは、なかなか妙案な…
未成年でも事故という事にしてしまえばお酒で酔っ払って許されそうですからね。
それと、次回予告での春姫のトークがいい感じで次回予告よりも春姫のトークの方が楽しみだったりw
「おはこんばんちは」もただのパクリではなく自然な流れから繰り出されたのが良かったと思います。



オンラインの大会は…
えっと、話さないとダメでしょうか?
今週は調子・絶好調で大会当日を迎えて本格的に初優勝も狙えると思っていたくらいだったんですけどね…

【試合結果】
●パワ・思・考4-31

まさに歴史的敗退です_| ̄|○
過去に一度、27-0の大敗というのがありましたけれど、失点に関して言えば大会のワースト記録を更新してしまいました。
流石にこの結果を見た瞬間、僕はメンバーの方に一秒でも早く謝罪のメールを送らずにはいられませんでした(失笑)
もう本当に申し訳ないとしか言いようがありません。

ただ、それにしても少し不可解なんですよね…
と言うのも大会開始時の僕の能力値はアイテムの効果も加えて

最高球速・150km/h
コントロールA(171)
スタミナA(163)
【球種】
・ナックル7
・Hシュート5
【レア特殊能力】
ジャイロボール
ノビ4

これが、いとも簡単に攻略されてしまうとは。。。
野球で「打線は水モノ」と言いますが、ちょっとこのオンラインに関しては今までの経験も含めて「投手は水モノ」としか言い表わせないですね。
僕の初回5失点以降、8人のCPU投手があわせて26失点…
今回は全く予想していなかった事が起こってしまいました。

・1番/遊・バーニィ
3打数無安打

・2番/右・キッド
3打数1安打1打点1HR

・3番/中・VICK
3打数無安打

・4番/捕・青
3打数1安打2打点1HR

・5番/三・南
2打数1安打

・6番/二・JVC
4打数無安打1打点

・7番/一・CPUファースト
4打数1安打

・8番/左・CPUレフト
4打数無安打

・9番/投・ナックルさん
打席機会なし
投球回数02/3回 被安打4 与四死球0 5失点

・リリーフ・クルーズ
登板機会なし


メール送信後、メンバーの方からはそれぞれ温かいお言葉と渇いた笑いを共に頂戴しました。
150km/hのジャイロボールも運の要素には逆らえないという事を自覚しつつ気を取り直して次の大会に標準を向けたいと思います。
あと、タカシさん大会優勝おめでとう御座居ます。





…やっぱり、あの大会チケット2枚は不吉な結果を暗示していたものだったんですかね>ぼそっ



-△-

執筆スタイル 2006,10,14 この日記を編集 削除

夢の中でまでネタを考えている自分がいました…
これは、ちょっと生活の中でブログに重点を置き過ぎているのかもしれませんね(苦笑)
正確に言うとネタではなく書き方に頭を悩ませているわけですけれど…
書きたい事を読者に伝えるだけであれば文章ではなく一言スタイルに切り掛けた方が楽は楽ですね。
どうも僕の場合、文章をまとめるのに余分な時間を費やしているように思います
 
…これが低学歴か_| ̄|○



さて、新作アニメを視聴しましたので感想のほどを

乙女はお姉さまに恋してる
視聴理由は前に書いた通りですが、第一話を見てようやくタイトルの意味が分かりましたよ。
 
主人公は男で祖父の遺言により女装をして女学院に通うことになったんですか
 
…二次元とは言え「可愛いなぁ」と思ったキャラが実は男だと分かると軽くショックですね(苦笑)
それよりも、事前情報が何もなかった僕にとってこの設定はなかなか厄介な…
自分がイメージしていたものとは大きく設定が食い違っていましたからね。
これは認識を改めるのになかなか苦労しそうです。
とは言え、これはこれで同人誌が楽しみだなと(爆)
 
くじびきアンバランス
元々は、げんしんけんの作品の中で連載されている人気アニメが原形ですが、これはげんしけんの中で放送されていたものとは内容が変わっていますね。
たしか、げんしけんの中で放送されていたのは料理バトルできのこを男性の性器っぽく触っていたのが印象的だったんですけどね…
って、そんな淫らな話はどうもでもいいですね(苦笑)

始めは原画がイマイチで難色を示しましたが、すぐに気にならなくなりました。
この作品のノリは結構好きかもですね…
正直、あまり期待していなかったのですが意外と楽しませてもらいました。
個人的にはげんしけんの中のくじアンよりもこっちの方が好感が持てそうです。
OP曲だけはげんしんけんの中のものをそのまま使ってもらいたいんですけどね(苦笑)
それと次回予告で斑目と荻上が出て来ましたね。
斑目はキャラが変わっていたのが、かなり微妙な感じでしたけど…
荻上はキャラに合ったイメージ通りの声でした。
まだ、この作品がどちらに転ぶか分かりませんが次回を楽しみにしたいと思います。



オンラインでは現在、チームで一塁手を募集していますが、それに関連してこのサイトをキッカケにパワプロオンライン上で知り合ったプロランクの一塁手ことタカシさんにスカウトをかけさせてもらいましたが、やはりプロランクで何処のチームに所属していないフリーの方なんてそうそういませんね(苦笑)
 
特に他のポジションと比べてレベルの高い一塁手は数が希少で、割合的にもフリーの一塁手を見つける事すら困難を極めそうです。
ただ、僕としては一塁手の獲得についてそれほど急いでいるわけではないのでひとまず他所から募集するのは見送って長期的にサイト内から希望者が現れるのを待ちたいと思います。
低レベルでも頻繁にインして下さる方なら大歓迎です



阪神は6-2で負けました。
勝敗はともかく今日は二軍から阪神の将来を担う選手がスタメンで出場しましたね。
一番の赤松なんか象徴的で少し言い過ぎですが、赤星も今年の成績だとうかうかしていられないですね…
6番・ファーストで先発出場した喜田は初回にタイムリー二塁打を放ってアピール
楽天から移籍した坂は2打数無安打で狩野も2打数無安打
プロ初先発の岩田は3回4失点で負け投手となりました。
まあ、プロ初登板の結果はあまりアテにならないと思っているので、それよりもこの経験を今後に生かしてもらいたいですね。
それで昨日、打率を3割に戻して喜んだ関本はこの試合4打数無安打で打率が.297に低下
何とか今季最終戦で再び打率を3割に乗せてもらいたいと思います。



-△-

こんぼく 綾菜ルート(ネタバレ) 2006,10,13 この日記を編集 削除

日本シリーズは21日から始まって、第4戦目の25日はBBH2の稼動開始日
当初、この日は仕事帰りにゲーセンに立ち寄ろうと考えていましたが、そういえば不覚にも日本シリーズと重なるんでしたね。
…さあ、どうしよう(苦笑)
 
日本シリーズを切り捨ててでBBH2を優先するのも気が重たいので、ここは時間を調整して試合終了後にBBH2をプレイしに行くのがベターでしょうか?
前までは仕事帰りにしか行くことができませんでしたが、近所にBBH設置店ができたおかげで今は自宅からBBH設置店に行くことができますのでその利点を生かさない手はないですね。
その中で問題があるとすれば、地元のゲーセンがBBH2の告知を一切していないこととそのタイミングでBBH2の客が増える可能性…
あと夜中からプレイすることになるので時間的に帰宅後、BBH2のプレイ日記を満足に書くことができそうにありません。
そもそも、今のスタイルだとプレイ日記を書くだけでも結構な手間になるのでBBH2からはその辺りをちょっと見直したいですね。
下手すると一試合のプレイ時間よりもプレイ日記を書いている時間の方が長かったりしますから(苦笑)
 
そんなわけでよろしくお願いします。
最も、いくら時間が厳しくてもそれまでのスタイルをなかなか変えられないのが僕の特徴なんですけどね。



さて、こんな娘がいたら僕はもう…!!は綾菜ルートをクリアしました。
綾菜ルートに入るなり、いきなり校内に爆弾が仕掛けられたとか、サーカスから逃げ出したライオンを主人公たちが捕獲することになるなど、かなりぶっ飛んだシナリオが用意されていました。
…もっと他にあるだろうと(苦笑)
 
綾菜は幼なじみキャラで小さい頃から主人公と親しい関係にあるのだしても主人公と付き合う前から主人公が住んでいる部屋の隣を無言で借りてちゃダメでしょう…
流石にこれは「純情」とかじゃなくて軽く引いちゃいましたからね。
リアルでそんな事をされたら恐いだけですし(苦笑)
あと幼なじみとは言うものの設定がそうなっているだけでイマイチ中身が弱かったですね。
 
シナリオを通してキャラ同士の会話はなかなか楽しめたのですが、シナリオの流れを大雑把にまとめると「体育祭に向けてバスケの練習をする」→「綾菜が本番前に高熱を出してしまい、高熱を隠して試合に出場するが練習の成果が発揮できずに負けてしまう」→「子供の頃に約束した場所で仲直り~」でエンディングを迎える始末で萌え要素以外、何も感じるものがありませんでした。
えぇ…間違いなく綾菜シナリオはこんぼくの中でも最低の出来です。
僕が思うにこの作品はシナリオじゃなくてキャラとの会話を楽しむのが最善のような気がします。
ギャルゲーの原点のようなところですね。
そういう視点から見ればこの作品に対する評価も変わって来るかもしれません。

あと、少し真帆ルートに話を戻したいのですが作中で架空のプロ野球球団として登場したトラーズとゴーレムズについて
トラーズはまず間違いなく阪神のことを指しているのだとして、一方のゴーレムズが何処の球団なのかイマイチ分からずにいたんですよね。
それが今日になって翌々考えてみたところ…
今年の巨人の球団マークって言われてみれば少しゴーレムっぽいですね(爆)

と、ゴーレムズの由来を自分なり解釈することができて少しスッキリしました。
…それにしても、本当にあれを見てゴーレムズと名付けたのなら少し酷いですね(苦笑)

あと、綾菜と真帆のハーレムエンドで一つどうしても気になったのが「先」という漢字をヒロインの名前の「沙希」と誤変換していたところ
シーンがシーンだっただけにこんな変換ミスをされると萎えますね。。。
それで次はその沙希ルートをプレイしようと思います。
最後の方になりましたけど何気に結構本命だったりしますw



オンラインは大会チケットを10000パワで落札しました。
と、今回はその直後に自力でチケットを二枚手に入れてしまいました(苦笑)
…何だか不吉だぁ。。。
それとも、運がいいと言うべきでしょうか?

大会の方は三大会連続で予選ブロック優勝という事で次はどこまで勝ち進めるのか楽しみですね。
少し前までは予選一回戦を突破できるかどうかでビクビクしていましたが、今は真っ直ぐと前を見つめる事ができています。



-△-

日本ハム優勝 2006,10,12 この日記を編集 削除

以前にも電車の中で吊り輪に掴まりながらふらふらと寝る奴の話をしましたが、忘れた頃になんとやら…
 
今朝、またそいつと遭遇しちゃいましたよ_| ̄|○
 
相変わらず周りに迷惑を掛けながら周囲の人間にぶつかって来たり、時にはこっちに寄り添って来たりしてマジでウザかったです。
おかげで僕の方は寝れませんでしたからね。
押し返しても一時的な効果しかなく、電車が駅に着くまでの40分間、ひたすらその状況を耐え続けました。
…どなたか、この状況を打破できる有効な手はありませんかね?
 
僕としては手を上げるのはマズいので満員電車に乗じてそいつの足を踏んでやろうかと思いましたが、心を鬼にしきれませんでした。



「車輪の国、悠久の少年少女」の発売日が来年の1月26日に延期されるようで制作に遅れでも出たのかと思いきや、延期の理由が「一部声優様の体調が優れない」とかで、まあ体調が優れないのであれば仕方がないですね。
それにしても、ファンディスクという性質を考慮してキャストを変更するのではなく声優の復帰を待つ為に発売日を延期するという判断を下したのは良かったと思うのですが、その声優がヒロインキャラを担当していた場合、体調不良から復帰してすぐにエッチシーンを収録することになるのは何だかなぁ。。。と
僕個人としては発売日が延期しても11月によりBBH2に専念するだけなので支障はないんですけどね。
 
…ただ一点、収録ができないほど体調を崩している人に復帰後、すぐにエッチシーンを演じさせるのは心境として少し複雑ですね。



オンラインはイノマーさん脱退から入れ替わるようにドカベソさんがオンラインに復帰されてチームに再加入しました。
改めて、よろしくお願いします。
ドカベソさんの加入によりメンバー表をまとめようと久しぶりに森さんに連絡したところ、どうやら最近は忙しくて選手の育成もあまり進んでいないようでしたので森さんの2つ目のアカウントである「投手・空」をチームから外させてもらうことにしまして、この度チーム最後の補強ポイントである一塁手の獲得を目指したいと思います。
(※としのりさんは音信不通の為、脱退扱いとさせて頂きました)



阪神は5-1で勝ちました。
今日は片岡選手の引退試合でもありました。
先に中日が優勝を決めたとあって気兼ねなく引退試合を行うことができましたね。
試合の方は本拠地最終戦で阪神が快勝して、この試合を最後に引退の片岡もタイムリーに二塁打と活躍しました。
中日・立浪選手から花束を受け取ったりと片岡は本当に素晴らしい引退試合を行うことができましたね。
来年からはコーチとしての片岡の活躍に期待します。
あと、この試合で関本が3安打を放って遂に打率を3割に乗せました。
来年は今岡が復帰しても藤本との併用ではなく正二塁手としての活躍を今から楽しみにしています。



プレーオフは日ハムがサヨナラ勝ちで25年ぶりのリーグ優勝を決めました。
日ハムの方、おめでとう御座居ます。
今日は関西地区でも「第二戦目だけ中継がある」という事で朝から楽しみにしていたのですが、こんな日に限っていつもより残業が長引いてしまって自宅に帰ってテレビを付けたのは9回表のソフトバンクの攻撃からでした。
試合は両投手の素晴らしいピッチングで8回を終わっても0-0で、試合を大幅に見逃したものの9回表・0-0の状態から試合を見られた事は僕にとって幸運でした。
そして、迎えた9回裏の日ハムの攻撃
稲葉のサヨナラ内野安打で日ハムがサヨナラ勝ちで25年ぶりのリーグ優勝を決めました!
…僕は本当にいいタイミングで自宅に帰って来たなぁ。。。w

日ハムはプレーオフのプレッシャーなんて無いかのように楽しく野球をやっていましたね。
それが強みだったような気もします。
それにしてもプレーオフでのダルビッシュ、八木のピッチングは本当に素晴らしかったですね。
考えてみたら日ハムはプレーオフで投手を先発の2人しか使っていないんですからねw
日本シリーズではリリーフ陣の活躍も見せてもらいたいと思います。

そして敗れたソフトバンクと言えば、今年は3位通過とは言えこれで3年連続で第二ステージ敗退…
やはりプレーオフで負けた瞬間は勝者と敗者で明暗が大きく分かれますね。
今年は斉藤和巳の涙が印象的でしたが、松中に関しては何とも言えない貫禄のようなものすら帯びていたように思います。

それにしても、パ・リーグは去年ロッテが優勝して今年は日ハムが優勝ですか
こうして見るとプレーオフはパ・リーグに新しい風を起こしてくれていますね。



-△-

ジンクスはあくまでもジンクス 2006,10,11 この日記を編集 削除

昨日はあれからすぽるとで中日のビールかけの様子を見ていました。
流石にこの時になると少し悔しさが湧いて来ましたね…
ビール掛けの最中、谷繁とか福留とかアナウンサーが名前を呼ぶまで顔を見ても誰なのかよく分かりませんでした_| ̄|○
…あんな表情を見る機会は滅多にありませんからね。
 
新井の弟がインタビューで「お兄さんより先にビールかけを経験しましたね」と言われ「先に経験しちゃてごめんなさい」と少し嫌味を含みながら言っていました。
これは新井本人はもちろんのこと何より広島ファンが聞いたら堪えそうな。。。
 
それはそうと、中日の優勝が決まった瞬間から2chなどで細木数子が今季のセ・リーグの順位について語った際に「中日は無いね」と言った一コマが取り上げられていますね。
僕もその番組を見ていたのでよく覚えていますが、真っ先に巨人はないと断言したまでは良かったのですが「中日は無いね」と言ってしまったのは流石に言い過ぎでしたね…
 
そういえば、今シーズンが始まった頃に今年の阪神が優勝できるジンクスが色々と紹介されていましたが今となっては虚しいだけですね(苦笑)
所詮、ジンクスはジンクスであってそれ以上のモノにはなりえなかったと…
 
あと昨日、書き忘れたのですが最後のボールを井端が捕って二塁ベースを踏んで優勝を決めた瞬間に二塁塁審が格好良くオーバーアクションでアウトのジャッジをしたものの、井端&荒木に見てもらえていなかったのが軽く切なかったですw



ネギま!?の第二話を見ましたが、う~ん。。。
作画やストーリー構成がイマイチ受け付けないのに加えて、何よりストーリーがもう一度初めからなんですね。
…これだとあまり見る価値がないかもです。

同じストーリーをもう一度見るほど僕はネギま!?が好きなわけではありませんし、特にクオリティーが上がったようにも感じられないのでこれは視聴リストから切り捨てて他のアニメに専念しようかなと思います。



オンラインは本日をもってイノマーさんがチームから脱退されました。
脱退理由は三大会連続で登板なしという経緯より
これはCPUの起用法に問題があるわけですけど、イノマーさんが出場機会を求めて移籍を考えられるのも仕方のない事だと思います。
短い間ですがお世話になりました。
新天地でイノマーさんが活躍される事を願っています 
最後にイノマーさんより投手が持っていても仕方がないと言うことでショップには売っていないレアアイテム「達人スパイク」(走力、肩力+1)を譲って頂きました。
こんな形になったにも関わらず有難う御座居ます。
これはジャイロボールの件とあと能力とポジションを考慮しましてバーニィさんに使って頂きたく思います



プレーオフ第二ステージは日ハムが先勝したみたいで、これで俄然日ハムが有利になりましたね。
てっきり最終回はマイケルに任せるのかと思いきや、ダルビッシュが完投するとは思いませんでした。
明日だけは関西地区でもプレーオフの中継があるので明日も日ハムが勝って胴上げというのが個人的には都合が良かったり…
一方、ソフトバンクは今日の敗戦で一気に追い込まれてしまいましたね。
今年から導入されたアドバンテージによって追い込まれてしまうとはつくづくソフトバンクはプレーオフ制度導入による最大の被害チームですね。



-△-

中日ドラゴンズ優勝 2006,10,10 この日記を編集 削除

職場でようやく雇うことになった派遣社員ですが、今になって「週に四日しか来れません」という裏設定をカミングアウトされて、改めて今度は平日に毎日来てくれる人を雇い直すことになりそうです。
…加えて、今度の人は残業もしてくれるようだとかなり助かるんですけどね。



さて、休日の間に夜明け前より瑠璃色なとはぴねす!のアニメ第一話を視聴しました。
けよりなは月に王国があって過去に地球人と宇宙戦争をしたという個人的に受け付けない設定にさえ目を潰ればなかなか面白いアニメかなという印象でした。
はぴねす!は、あんな感じでいんじゃないかなと
春姫は相変わらず雰囲気が何かエロいですね…
顔がアップになるシーンが胸キュンですw



オンラインは南さんが手に入れられたレーザービームですが、迷った末に付き合いの長いキッドさんに差し上げる事にしたようです。
…僕がキッドさんから頂いたノビ4の借しも含んでもらってw
というのは半分冗談で、僕もいつか自分で手に入れたレアイアテムでお返しをしたいと思います。



セ・リーグは今日、延長12回の末に中日が巨人に勝って劇的にリーグ優勝を決めましたね。
この試合をラジオで聞いていましたが12回表の攻撃にウッズに満塁ホームランが出た瞬間の球場の歓声にあの落合監督が涙を流して止まらない姿…たまりませんね。
落合監督の涙が見たかったのにラジオの限界に阻まれて残念ながらリアルタイムで見ることはできませんでした(苦笑)
中日ファンの方、優勝おめでとう御座居ます。

阪神も9月に入ってよく追い上げたんですけどね~
中日との直接対決で勝てなかったのが痛かったですね。
まあ、僕としては阪神が優勝できなくても優勝争いが見られただけで満足と言いますか、その辺り他の阪神ファンと違うなとは思っています。
僕は阪神ファンである前にプロ野球が好きというのが第一なので、他球団の胴上げを見るのも割と好きだったりします。
今日の試合も思わず中日を応援していましたからw>ぇ

あとは、春先に言った通り今年はWBCで日本代表が世界一に輝いただけでお腹いっぱいと申しますか…
 
すみません。
流石にそれはただの強がりです_| ̄|○
 
ひとまず来年の阪神に望むことと言えば…
 
・赤星の復調
・今岡の完全復活
・久保田の起用法見直し
・名古屋ドームで勝つ
・黒田を獲得しない
(こっちの立場まで悪くなって来るので…)
 
こんなところでしょうか?
あと、できれば来年もこの時期に調子を上げていってもらいたいですね。
セ・リーグも来年からプレーオフが導入されてしまいますからね…不本意ながら
ていうか、正直なところ来年からシーズン中の一勝に僕自身どこまで喜べるかが不安です。
阪神と中日なら大崩れしない限りは来年も3位までには入って来るでしょうし、その上で通過順位を争う戦いにどこまで熱意を持って観戦できるか…
 
こればかりは来年になってみないと分かりませんね。
 
と、話が脱線してしまいましたが改めて中日ファンの方、優勝おめでとう御座居ます。
日本シリーズはどっちが勝っても中日を応援させてもらいますよ。



-△-

こんぼく 真帆ルート(ネタバレ) 2006,10,9 この日記を編集 削除

北朝鮮が核実験を行ったと報道されていますね。
一日本国民として不快感を示します。
ひとまず人体に被害はないと言われていますが日本に放射線の影響がなければいいんですけどね…
特にここしばらくは中国産と偽装された北朝鮮産の貝類は敬遠したいと思います。
それにしても北朝鮮という国は本当に救いようがないですね。



今日はたっぷり睡眠を取って、それからこんな娘がいたら僕はもう…!!をプレイしていました。
おかげで真帆ルートをクリアしましたので一部の方に向けて感想を書かせてもらいたいと思います。

まず野球に纏わったシナリオに期待していましたがプレイ中、早速日常会話に野球の話題が出まして中でも印象的だったのがWBCの話題が事が出て来たことですね。
しかも準決勝の韓国戦…
現実とは開催時期が全然違いましたけどね。

それからシナリオは体育で男女が混合で野球をするという何とも羨ましい展開となり、真帆が主人公に対して「右打ちなんだ」とか右投げに対してわざわざ言うような事ではないだろうと思ったりで、この一言でシナリオライターの野球の知識に対して少し疑問を覚えました。
その主人公の打席結果は「飛距離は十分だったが高さが足りずにフェンスに直撃した」というもの
…それ、帰宅部の学生がただ運動神経がいいだけで打てるような打球じゃありませんから(苦笑)

野球を愛する真帆は野球愛好会のマネージャーとして入部しますが、野球愛好会がしばらく全く活動をしていなかった為に今度の体育会で他校と練習試合をして勝たなければグラウンドが使えなくなるという何処かの野球漫画で見たようなベタな展開になり、例によって対戦相手が甲子園常連校という罠
…愛好会の時点でそんな学校が相手をしてくれるなんてまずありえないんですけどね。
某野球漫画みたいに校長が周りの校長達に対して強い力があるならともかく(苦笑)

それで、野球愛好会の主将
今まで散々練習をさぼって来た設定の割にえらく爽やかな先輩で…なんですか、これ?
ていうか、あれだけ怠けていた野球部員が何のイベントもなくやる気になってるのが腑に落ちないですね。
ちょっと物事が簡単に進展し過ぎかなと…

体育会での練習試合に向けて「今のままでは勝てない」という事で助っ人に現れた主人公、芳宏、英司の三人が主将に野球の実力を見せる事にそれぞれ得意な分野でアピールする。
・芳宏は足が速いだけでレギュラー候補
・リトルリーグ経験者の英司はシュートを投げていましたが、小学生の時にシュートなんて肘に負担の掛かる球を投げてたんですか…
・主人公は人生で始めて見たスライダーを二球目でフェンスオーバー
…ゲーム中で散々「天才」とか「超人」とか言われていますが、本当に化け物です。
そんな感じで相変わらずギャルゲーの野球シナリオはツッコミどころ満載ですね。
まあ、こうでもしないと逆にシナリオがとても地味なものになってしまいますけれど

そのあと、野球の実力は十分だが野球のルールをよく分かっていない主人公に野球のルールを教える為に真帆が一人暮らしの主人公の家に泊まり込みに来ました。
…ギャルゲーとは言え、それはちょっと理由に苦しいような(苦笑)

助っ人3人は体育会までの間、放課後は練習することになり、そこで主人公が強肩を披露
ただ素人らしく外野からの送球は悪送球となり「飛距離は十分だったが速度と送球の正確さに欠ける」という苦言
…素人がいきなり100mも投げておいて「速度」ってどんな要求ですか。。。

ストーリーは主人公が野球部で頑張っているところに生徒会が出て来て、過去の事件についての責任がどうこうという展開に発展して尚さら今度の練習試合に勝たないといけないという事態になりました。
ちなみに、真帆ルートでようやく主人公が過去に起こした事件についての説明がされました。
攻略順から言えば、下級生よりも真帆からプレイするのがベターでしょうか?

そして、いよいよ始まった練習試合
相手の一番打者はハチロー
・鋭い視線を持った
・黒光りしたバット
・帰国してそうそう~

…何ですか?このイチローもどき

相手の先発はMAX150km/hオーバーの左腕
愛好会相手にこんなプロも注目するような大エースが登板ですか?
で、そんな投手から一巡目でチーム初ヒットを放った本作の主人公って、どこまで超人なのかと…

一番・ハチローは二打席連続ホームラン
ありがちな展開ですが、まぁ悪くはないというところでそれよりも問題なのが次のセリフ
甲子園常連校に対して「打力に大きな差があるわけじゃない」って、そんなバカなことがよく言えたものだなと…

試合は8回裏にこれも常識では考えられない事ですが何とか2-2の同点に追い付いて、そのあと勝ち越しのランナーがホームを狙うがここで何処かで出るだろうと思っていたハチローの強肩が飛び出して捕殺
同点のまま9回表の相手の攻撃
先頭打者ながらこの試合二本塁打のハチローを敬遠
…ただ、イチローをモチーフにした割には何故かホームラン打者になってたり(苦笑)
と、ここまでは割といい作戦でしたがハチローらしく盗塁とエラーが重なって無死三塁となると、疲れが出て来た英司が2点を勝ち越される展開でここでようやく投手を交代する事になり、最終回の攻撃で打力を下げない為に英司を残したまま投手交替をポジション変更で行う。
これはいい判断ですね。
…それを提案したのが野球のルールすら満足に知らなかった主人公なのが腑に落ちませんでしたけどね。

それでまあ、練習試合は言うまでもなくご都合主義もいいところで主人公の努力を主張する反面、相手チームの努力が反映されていないのが全てかなと
ストレートしか投げられない素人の速球に振り遅れる甲子園出場クラスの高校球児とか考えられませんし…

9回裏・2点ビハインド
二死満塁と長打が出ればサヨナラの場面を作ったところでライトを守っていたハチローがマウンドへ
「元々、ピッチャーだった」って何処までもイチローですね。
しかも、さっきより球威も球速も上がったと解説されていましたが、さっきの投手はMAX150km/hオーバーって言ってませんでしたっけ?
そんな豪速球を投げるハチローもありえませんが、それ以上にそれを打ち砕いた主人公たちがもっとありえねーーーーーーーー

ギャルゲーに本気でツッコミを入れるのも悲しいですけどね(苦笑)

結末は主人公のサヨナラ満塁ホームランというベタなものではなく、最後は主将に華を持たせたのが個人的には良かったかなと思います。
演出面ではCLANNADの草野球シナリオよりも上な感じがしましたが、リアリティーには激しく欠けますね。
CLANNADの場合はキャラの性格に応じた力を発揮していたのでネタとして楽しめましたけど、これはそういうのがありませんでしたし何より対戦相手が格上過ぎました。

最後にED後、主人公が真帆に言った一言
「来年、甲子園に連れていってやる」

…これでも登場人物は全て18才以上ですって設定は認められるんですかね(苦笑)

まあ、そんな感じで個人的には野球パートに重点を置いてプレイしてみました。
真帆のツンデレっぷりも良かったですけどね。
何ていうか、最近ツンデレにも2パターンあるような気がしています。
例を挙げるなら涼風とスクランの沢近ですかね。
この二人は同じツンデレでも雰囲気が違いますよね。
このゲームで言うなら渚が涼風タイプで真帆が沢近タイプだと思っています。
それで、僕はどちらかと言うと涼風タイプの方が好きだったりしますw
あとはまぁ、シナリオの評価については「凡作レベル」と言わざる終えないですかね。
ススムと主人公のやり取りは名作クラスなんですけどねw
個人的に真帆が虐められキャラというのがイマイチ腑に落ちなかったり…
クラスの人気者でもおかしくないキャラでしたからね。
次はすっかり影の薄いメインヒロイン・綾菜を攻略しようと思います。



オンラインは昨日の大会の優勝チームであり、本戦二回戦で対戦して敗れてしまったチームのメンバーの方から大会終了後、お手紙を頂きました。
そのあとも一人の方からお手紙を頂きまして、僕が考えていた以上にサイトの利用者でパワプロオンラインをプレイされている方がおられるみたいですね。

また、レアアイテムについてですが今回は南さんがレーザービームを手に入れられたそうです。
…ただ、南さんは内野手なのでレーザービームの効果は発揮できないですね(苦笑)
これをどうするかは南さんにお任せしたいと思います。
それと、南さんがチームとして二番目にレベル79に到達しました。
本当にお疲れ様です。
次は僕がチームとして3人目のレベル79を達成したいと思います。



プレーオフは1-6でソフトバンクが西武を下してプレーオフ第二ステージ進出を決めましたね。
この試合、相変わらず関西ではテレビ中継もラジオもやっていなかったのですがヴォルグさんに教えてもらったライオンズナイターにアクセスして、そこからインターネットを通してこの試合のラジオを聞くことが叶いました。
ヴォルグさん有難う御座居ます。

試合は5回裏、先頭の石井義が四球で出塁して続く中村のところ伊藤監督はエンドランを仕掛けるものの中村が空振りしてしまいスタートを切った石井義はタッチアウト
しかし、このあと中村がエンドラン失敗をチャラにするホームランを放ち西武が1点を先制
ソフトバンクは7回裏、一死二塁の場面でカブレラがヒットを放ち、ライトが体勢を崩したのを見たカブレラが一気に二塁を陥れる好走塁で二、三塁とすると代打・稲嶺のヒットでソフトバンクが1-1の同点
8回表、西武は前の回に二死満塁のピンチを凌いだ星野を続投したのが完全に裏目に出て二者連続四球で無死一、二塁としてしまうと変わった山岸がカウント1-3からズレータに3ランを打たれてソフトバンクが3点勝ち越し
…この時点で勝負ありって感じでしたかね。
さらに、そのあと的場のタイムリーで1点を加えられて9回表には松中のタイムリー二塁打でダメ押しとなる6点目を追加
西武は9回裏に中島が初球ヒッティングで二塁打を放ち、森本がお手玉する間にカブレラが一塁に達するなど意地を見せますが、そこから馬原が踏ん張ってソフトバンクが三位通過チームとして初めてプレーオフ第一ステージに勝利!

さて、これで日ハム-ソフトバンクという組み合わせとなった訳ですが、日ハムは一勝のアドバンテージが与えられているにせよ先に一敗すると分が悪くなりそうですね…
プレーオフ反対派の僕としてはレギュラーシーズン1位の日ハムが優勝を果たす事を願っていますが、しかしながら2年連続でプレーオフで涙を呑んだソフトバンクには今年こそ…という気持ちもあります。
まあ何にせよ、両チームには素晴らしい試合を見せてもらいたい。
それが僕の望むところですね。


中日はヤクルトに1-10と圧勝して優勝へのマジックナンバーを1にしたようですね。
このまま明日で決まってしまうんですかね…
いや、中日が優勝する事には何の文句もないんですよ。
阪神の追い上げも奇跡的でしたが、チーム内に首位打者、本塁打王、打点王、最多投手(暫定)がいて優勝できない方が逆の意味で奇跡的だったりしますし…
ただ、できれば明日は巨人に勝ってもらいたいなと思います。



-△-

BBH1の引退試合 2006,10,8 この日記を編集 削除

2chでこんな記事を見つけたので紹介させてもらいますね。

発売開始から8ヶ月も経つのに人気が衰えない任天堂の携帯用ゲーム機「ニンテンドーDS Lite」
その人気商人を巡り、現代版「ベニスの商人」とでも言うべき事態が発生した。

◇"付属品"は別途
舞台となったのはヤフーオークション(通称ヤフオク)
先月18日、「ニンテンドーDS Lite ジェットブラック」の新品が出品された。
ところが、その出品物は「ビス、蓋等、外せるものはすべて外し」た「本体のみ」そして、"本体"以外の"付属品"(中身)も必要な場合はさらに16999円を払って、というのだ。
ところが、"付属品"と称した中身等はいらないという人物が「本体のみ」を560円で落札したから大変
落札者はすでに入金も完了、賞品の到着を待つだけの状態になっているが、今月5日の時点でも商品は届いてないらしい
それもそのはず。もしその"本体"だけを落札者に引き渡すことになったら、出品者は自らの手で16800円もする「DS Lite」を破壊する必要があるからだ。出品者もさすがにそれはイヤなのか。入札者に対して"付属品"も買い取るよう要求しているが、落札者は全く応じていない。
何故こんなことが起きたのか?
ネット事情に詳しいジャーナリストの一人は「出品者がヤフオクに支払う手数料を安く押さえたかったからでしょう。最近は手数料を節約するため出品物の価格を安くし、手数料のかからない付属品を高価にするやり方が流行っているんです」と解説する。
「出品者が払うヤフオクの落札手数料は落札金額の5%。仮に商品が16800円で落札されたら手数料は840円ですが560円なら28円、出品者もまさか壊れたDS Liteが欲しいという人がいる とは夢にも思わなかったのでしょうね。落札者の方も壊す必要があると分かってやっていると思います」と苦笑する。
ある弁護士は「出品者はDS Liteを壊したくないなら、合意契約を落札者に早く申し出るべきですね。
一方的な契約解除は相手に非がないとできませんので、落札者が応じるかどうかは分かりませんが 早く内容証明を送って『履行しない』の意思表示をし謝罪した方がいい。
一番安上がりな方法は壊れたDSを送らなかったことに対する損害賠償をすることです」とアドバイスする。
1円でも高値で売りたいという人がいる限り、このような喜劇は繰り返されるのか

いやぁ、何ともコメントしづらい出来事ですね。
率直にこんな事もあるんですね。という感じでしょうか
この場合、どちらに非があるという訳でもなさそうですが個人的には落札者に勝ってもらいたいですねw



BBH2が今月下旬に稼動する事を受けて、僕も今日でBBH1のプレイを最後にしようと思います。
それからBBH2が稼動されるまでの間にこんな娘がいたら僕はもう…!!やひぐらしなど、現在溜まっているゲームをできるだけ消化しようと考えています。

【第一試合目】
対戦相手は横浜+As
素人采配に助けられてチャンスを広げると村田の先制タイムリーに上田にもタイムリーが出て二点を挙げました。
その裏、先頭打者の鈴木尚典…ではなくて「尚広」にヒットを許すと案の定、盗塁を決められる流れで一点を返されてしまいます。
…投手が先発陣で唯一、牽制を持っていない鎌田だったのがまた不運でしたね。

7回表・前の二打席でいい形でヒットを打っていた村田のメモリをオート-1から思い切って強振MAXに切り替えたところ、これがホームランに繋がり欲しかった追加点が加わりました。
その裏、またしても相手の1番・鈴木尚広がヒットで出塁
盗塁を警戒すべく、こちらは投手を薮田から前田に交代
ひとまず「これで足を封じた」と思った次の瞬間に相手が出したサインは「盗塁」
…無警戒でもきっちりとアウトにさせてもらいました。
采配から素人っぽさを伺わせていたところから察してはいましたが、どうやらBBHで前田がどういう存在なのか知らなかったみたいですね。
とりあえず、先ほどの借りは返させてもらいました。

9回表・代打のバティスタがヒットで出塁するとトレードで入手してこの試合より登録を済ませた田中一を代走に告げて、試しに盗塁をさせてみるとこれが見事に成功!
右方向へのゴロでランナーを三塁に進めると、お得意の内野ゴロ戦法で一点を追加
さらにそのあと、一か八か的に強振MAXにしておいた古田に一発が飛び出してダメ押しのダメ押し
…古田も前の打席でいい形のヒットを打っていたのですが、ホームランを打つには調子だけでなくヒットの打ち方も関係があるのかも?

あとは豊田がキッチリと抑えて1-5で勝利


【第二試合目】
対戦相手は中日As
試合数が100試合そこそこで貯金が80で試合前から嫌な予感…

試合が始まってみると嫌な予感が的中
スタメン野手の8人中7人が3割超えで、さらに荒木が98盗塁って。。。
まあ、僕も昔は似たようなプレイをしていたのでそのプレスタイルも分からなくもないんですけどね。

試合は2回裏、城島にノーサインから被弾
1点を先制された後のこちらの攻撃は1番・赤田が出塁して2番・種田のところで赤田の盗塁と種田による見え見えのエンドランを相手に警戒させながらこちらは「見極めていけ」を選択
これで上手く四球を選んで無死一、二塁とすると今度は古田に「ヒット&ラン」を指示
相手は種田の打席で「エンドラン警戒」+「打たせて取れ」で四球を出してしまったとあり、ここで相手が「エンドラン警戒」を出して来なかったので僕の読み勝ちだと思いましたが、「ヒット&ラン」のサインでミートMAXの古田が打ち上げてしまってせっかくの読み勝ちが水の泡に…
さらに極め付けがランナーの動きで相手の外野手が落下点に入って構えているのにも関わらず元の塁に帰塁することなくダブルプレー。。。
「ヒット&ラン」で積極走塁にした僕も悪いかもしれませんが…

こんなのが積極走塁だとは認められません_| ̄|○

それから試合は2アウトからT.ウッズにも被弾
これまでの試合からも黒田は一発を持っているとしか思えないんですよね…実際は持っていませんけど
失点はホームランのみでピンチの場面ではVSモードなどを駆使して回避
案の定、VSモードで相手は真ん中のゾーンだけが赤かったですね。
…典型的なCPU狩り確定です。

試合はGR上原に抑えられて2-0の完封負け


【第三試合目】
スタメン野手、全員好調キターーー
対戦相手は巨人+As
最近、純正と当たりませんね…
よく見たら、対戦相手は地元にBBH設置店ができるまで僕がよく通っていた大阪のゲーセンでプレイしていました。

試合は赤田のタイムリーで先制 
赤田は肝心のチャンスメイクが出来ないのに得点圏だとよく打ってくれます。
逆にGR和田さんは得点圏でタイムリーを打ってくれず、最近はすっかりチャンスメーカーになっています。
もしかして、GR和田さんはプロスピ3と同じでレベルが上がるまではチャンス2なんでしょうか?

6回裏・ピンチの場面でVSモードでかわそうとしたのが裏目に出て逆転を許す。
先のチャンスでもう一点取れていれば無理することもなかったんですけどね…
しかし、その直後に村田の同点ソロが飛び出してリアルでもゲームでも頼りになります。
このケースでも、やはり前の打席でいい形のヒットを打っていましたね。

そして試合は最終回の攻防を残すのみ
9回表・2アウトから前田がヒットで出塁して絶好調の村田に打順がまわりました。
この場面で相手が取った作戦はなんと敬遠
ランナーを得点圏に進めてでも村田との対戦を回避しますか…
まあ、BBHだと試合の終盤にもなるとその試合で危険な打者とかそれまでの打席結果や打球を見ていれば顕著に分かりますからね。
村田敬遠のあと小田が一塁ゴロに打ち取られてスリーアウトチェンジ
9回裏はこちらも豊田で抑えて2-2の引き分け


【第四試合目】
普段なら3試合で終えるところですが、引退試合という事で今日は最後にもう1試合だけプレイすることにしました。
こちらの先発は最後にエース・和田

対戦相手は純正阪神キターーー
純正のしかも阪神という事でテンションが二段階くらい上がりました。

試合は初回2アウトから今岡に被弾…
これは僕の不注意でした。
しかしながら、こちらもGR和田さんのタイムリーですかさず同点に追いつきました。
流石に調子が絶好調だけの事はありますね。

二順目、一塁に赤星が置いた状態で今岡に二打席連続の2ランを浴びて1-3
…打たれたにも関わらずあまり悔しくもなくて、むしろ気持ちよさを感じるのは何故なんでしょうねw

その直後、赤田からの打順で無死満塁のチャンスを作るも無得点
GR和田さんにせめてゲッツーの間に1点でも返してもらいたかったんですけどね…
4回裏、2アウトから代打・志田がヒットで出塁すると代走・田中一が盗塁成功!
これをチャンスに強い赤田がタイムリーで返して1点差
田中一はもっと早く使っていれば良かったですね。
二塁から1ヒットで確実にホームに還って来れるのは大きいです。

4回裏に早くも先発の和田に代打を出してしまった関係で5回表からはスタミナのある久保田をマウンドに上げました。
すると、純正のはずのむこうも6回から久保田が登板
…これは何かの意志表明ですか?

8回裏・絶好調でもイマイチ信用しきれないGR和田さんの打席でこちらからVSモードを仕掛けて見事なソロホームランで同点に追いつきました。

同点に追いつかれた相手は9回表・3番の今岡から始めるところでVS攻勢
まず今岡を外角高めで三振に取って、4番・濱中のところではど真ん中を選択…

相手とど真ん中がかち合って浜中に勝ち越しホームランを献上しました。

…ただ、そんな勝ち負けの結果より何より打たれた僕自身もこの瞬間は超気持ちよかったんですけど?
最終回、濱中にいいものをみせてもらいましたよ。
BBH1のラストゲームは試合には負けても大満足の内容でした。



オンラインの大会は三大会連続の予選ブロック優勝を果たし、目標としていた本戦初勝利も見事に達成しました!
今回はメンバー全員が揃ったのが心強かったですね。
残念ながら次の本戦二回戦でチームは敗れてしまいましたが、その対戦チームがまたしても今大会で優勝しちゃいました。
本戦から先は相手と実力も似たり寄ったりなので、そこから先に進めるかどうかは本当に運に委ねる必要がありそうですね。

【大会結果】
○パワ・思・考9-0
○パワ・思・考9-2
○パワ・思・考7×-6
●パワ・思・考6-10

初戦はシードにより二回戦からの参加でキッドさんの先頭打者ホームランから始まって快勝
今大会から打順がガラッと変わって驚きました。
そして迎えた予選ブロック決勝では二週間前に本戦で対戦して敗れてしまったチーム(そのまま大会で優勝を果たす)と当たり、見事その時のリベンジを果たす事に成功しました。
本戦初戦はこちらがリードしていながら終盤にCPU投手が打ち込まれて逆転されるも最終回にキッドの二塁打で同点に追いつくとバーニィさんが四球で歩いて最後は青さんのサヨナラタイムリーで勝利!
…ようやく、こういう勝ち方ができましたね。

本戦二回戦は僕が初回に4点を失う炎上をかましてしまって敗戦…
大会で何試合も試合を行う中で投手が炎上を起こさないようにするのは確率的になかなか難しいものがありますよね…?
えっと、面目ないです_| ̄|○
よく見たら、初回に四球を5つも出していたみたいで…これは不運としか言えないような気もします(苦笑)

それにしても、三大会連続の予選ブロック優勝という事で「パワ・思・考」もオンライン上で少しは名前が知られて来ましたかね。
…これでも第一回大会から毎回出場しているんですけどね(苦笑)
ようやく大会で結果が伴って来て嬉しく思います。

最後に今回はショップに売られていないアイテムを手に入れたものの「シルクハット」という何ともガッカリな帽子でした。
前回同様、メンバーの方で何かレアアイテムが出た方がおられました連絡よろですw

・1番/右・キッド
5打数3安打1打点1HR
4打数2安打1打点1HR
5打数3安打1打点
4打数1安打1打点

・2番/遊・バーニィ
4打数1安打
3打数2安打
3打数1安打
5打数2安打1盗塁

・3番/捕・青
3打数無安打
5打数無安打
5打数3安打1打点
5打数1安打

・4番/三・南
5打数2安打3打点
4打数3安打5打点1HR
4打数2安打2打点
5打数3安打3打点
大活躍ですね。

・5番/左・森
4打数無安打
4打数2安打3打点1HR
4打数1安打2打点
4打数1安打1打点

・6番/中・VICK
4打数2安打4打点1HR
4打数1安打
4打数1安打1打点
打数安打

・7番/二・JVC
4打数2安打1打点1HR
4打数無安打
3打数無安打
3打数無安打

・8番/一・CPUファースト
5打数無安打
4打数無安打
4打数無安打
3打数無安打

・9番/投・ナックルさん
4打数3安打
4打数2安打
3打数1安打
打席機会なし

投球回数6回1/3 被安打5 与四死球4 無失点
投球回数8回 被安打9 与四死球1 2失点
投球回数62/3回 被安打3 与四死球4 2失点
投球回数41/3回 被安打3 与四死球6 6失点

・リリーフ・空
投球回数12/3回 被安打1 与四死球0 無失点
投球回数1回 被安打0 与四死球0 無失点
投球回数01/3回 被安打0 与四死球1 2失点
投球回数02/3回 被安打1 与四死球0 1失点

・リリーフ・イノマー
登板機会なし



阪神は1-5で負けました。
9回裏のサヨナラのチャンスで藤川のところで代打を出して、今岡が決められなかったのが一番直接的な敗因ですかね。
いや、悪いのは今岡ではないんですよ。
怒りの矛先は無残にも打ち込まれてしまった久保田にありますから…

とりあえず、来年はKを見直してもらいたいですね。
明らかにチームの足を引っ張ってくれています。

それで今日は井川の最終登板だった訳ですけれど、結果を見る限り相性最悪の李スンヨプにタイムリーを打たれた以外は良かったみたいですね。
6イニングを投げて今季の投球回数が井川自身毎年目標としている200回にちょうど達して井川にとっても比較的、納得のいくシーズンではなかったでしょうか?

さて、それで今日は中日が勝って阪神が敗れた事により中日のマジックが2となりました。
下手をすると12日の甲子園での直接対決を迎える前に中日が優勝を決めてしまうかもしれない流れですね。
…目の前で胴上げされるというのも相当嫌なものですけど>ぇ


プレーオフの第一ステージ第二戦はソフトバンク打線が爆発して3-11で勝利したみたいですね。
今年の松中はプレーオフでよく打ってますね。
本人が言っていた通り、プレッシャーに押し潰されていた04年、05年とは違い今年はWBCでの経験が生きているようですね。
…それにしても、やはり試合結果だけでは盛り上げり切れないですね。
関西ではラジオでもやっていないみたいでした_| ̄|○



-△-

第二のネタチーム考案 2006,10,7 この日記を編集 削除

携帯をN902isに機種変更して一週間が経ちましたが、それぞれ便利になったところと不便になったところがあります。
便利になったところは何と言ってもカメラの画質向上で、ご覧頂いた通りこれでBBHの画面を文字までくっきり写すことができるようになりました。
…まあ、これくらいしか用途がないんですけどね(苦笑)
あと、バッテリーが2.5倍長持ちするようになり予備バッテリーの必要性が怪しくなって来ました。
逆に不便になったのが文字入力の操作性で、文字を変換する際に今までより一つ余計にボタンを押さないといけないのが地味にめんどうで、おかげで文字を入力する速度が遅くなって日想を書くのに今までよりも時間が掛かっているのが現状です。
そのくせ、ネタが溢れているものだから手抜きもしにくいんですよね(苦笑)



BBH2の稼働に伴い、1で上げたレベルが2ではリセットされるという公式発表がされてからというもの、某掲示板でユーザーの怒りのこもった書き込みとレベルリセット容認派の二つの書き込みが見られますね。
僕としてもレベルのリセットに反対していた時期があっただけに両方の気持ちを分かるつもりでいますが、僕の場合は一度BBHを辞めた時にリバーさんから頂いた一言が今になり生かされているような気がします。
 
BBHをプレイするに当たってレベル上げに視野を狭めるのではなく、もっとトータルでこのゲームを楽しみたいですね。
 
とは言え、レベル上げに専念しながらプレイしているとなかなかこんな風には考えられないんですよね。
そういう僕も交流戦を利用して一生懸命レベルを上げていた頃は反対派の人達と同じ心境でしたから(苦笑)
それが何故、今はリセット容認派に傾いたかと言えば田チームを本格始動させる絶好のタイミングだと解釈しているからに尽きますね。
 
…ただ、それにしても全リセットというのは少し考えものかもしれないですね。
このゲームに10万円単位を注ぎ込んだ人もいる訳ですし、個人的には「3人だけレベルの引き継ぎができる」みたいな形にするのが良かったかなと思っています
これなら、いきなりスタメンにレベル5の選手がいても1をやり込んだ人なんだとむしろ敬意を払うことができますし、他の選手のレベルを上げる手間は変わらないのでレベルの引き継ぎによりプレイ回数が抑えられるという事も防げたのではないかなと考えたりで…
 
とりあえず、BBH2もいずれデータがリセットされるものだと思ってプレイしないとダメって事ですね。


さて、それはそうと我ながらまたナイスなネタチームを閃いてしまいました。

その名も…

野村の教え子たち

今までありそうでなかった監督が携わった選手たちで構成したチームです。
野村監督と言えば、ID野球のヤクルトに暗黒時代の阪神、シダックスを経て現楽天監督と監督経験が豊富ですよね。
その上でチーム構成を考えてみると…

【先発】
石井一(ヤクルト)
吉井(ヤクルト)
井川(阪神)
福原(阪神)
野間口(シダックス)
武田勝(シダックス)

【中継ぎ】
藤川(阪神)
吉野(阪神)

【抑え】
高津(ヤクルト)

【捕手】
古田(ヤクルト)
矢野(阪神)
カツノリ(全て)

【内野手】
土橋(ヤクルト)
宮本(ヤクルト)
△今岡(阪神)
秀太(阪神)
藤本(阪神)
沖原(阪神)

【外野手】
飯田(ヤクルト)
真中(ヤクルト)
稲葉(ヤクルト)
新庄(阪神)
赤星(阪神)
桧山(阪神)
坪井(阪神)
濱中(阪神)
上坂(阪神)
平下(阪神)

あと、足りないポジションは楽天から補う形にすればいいかなと思います。

野村監督と言えば、まずヤクルトで古田、石井一、高津の三人組と阪神では新庄にF7と最後にカツノリは欠かせませんよね。
代打・カツノリをどこで告げるかが熱いチームでもありますw
また、このメンバー構成を見てもらえれば分かる通り

【日本球界復帰】
・石井一
・高津

【今季限りで引退】
・新庄
・飯田
・カツノリ
・土橋?
・井川(メジャー?)

というような状況で、このコンセプトでチームを組むならBBH2が最大のチャンスなんですよね。
それに、これだと阪神の選手(特に井川と赤星)が使えるので個人的にもかなり魅力的だったりして…

正直、田チームと比べてどうしようか迷っています_| ̄|○
…この際、セカンドチームとしてこっちは遊びで立ち上げるのもアリでしょうか?
ちなみに同じ要領で星野さんの監督暦を辿って中日阪神を結成することも可能ですが、これはメンバー的に少し遠慮しておこうと思います。



オンラインは、えっとBBHの方でレベルリセットという大事件がありましたがオンラインの方でも一つ不安要素があったりします。
それは現在、レベルの上限が79に設定されている事に関する事で、僕はレベルの上限が解除されるのは決定版が発売されてからだと推測しているのですが、そこで僕が危惧するところが…

「決定版を買わないとレベル79から先に進めない仕様」だったりして。。。

いや、流石にそんな腐った真似はしないとは思いますがコナミのすることですから分かりませんよ。
個人的にそんな事でわざわざ決定版を買う気にはなれないので、もしそんな事態になったらずっとレベル79のままでいいと思っています。
…どうせ大会結果は運ですしねw
ともあれ、流石にこれは僕の考えすぎだと思いたいですね。



阪神は5-3で勝ちました。
阪神-巨人戦なのに今日も中継がないんですね…
って、去年の今頃も同じような事を言っていたような気がします(苦笑)

今日は金本が二本のホームランを放って、濱中もホームラン数を20本に乗せましたね。
ウィリアムス、藤川の失点が気になるところですが試合に勝った事ですし今日のところは良しとしましょう。
それよりも今日は横浜が8回裏に村田の逆転3ランで中日に逆転勝ちしたみたいで、中日はマジック4で停滞ですね。
逆転負けすることもあれば逆転勝ちする事もあるという事で、村田の一発には阪神ファン一同救われました。

プレーオフは西武が松坂の完封勝利でソフトバンクを1-0で下したみたいですね。
両エースとも素晴らしい投球だったようで、プレーオフはこの短期決戦の真剣勝負が見所なんですよね。
…それだけにニュースなどで試合結果を知るだけなのは寂しいです(苦笑)



-△-

GRを望まない 2006,10,6 この日記を編集 削除

会社の昼休みに後輩を中心として何故かガンプラの話題が挙がっていて、その会話の流れから僕が「ガンプラの総売上数から日本国民一人当たりガンプラを三体もっている計算になる」という何処かの記事に書かれてあったことを話したところ、これが意外にもウケが良くて驚きました。
 
恐らく「国民一人当たりが~」という言い方が良かったんでしょうね。
 
これを普通に言っていればここまでの反応は得られなかったでしょうし、相手も反応しづらかったでしょう
時に言い方を変えれば全く違う反応が返って来ることを楽しみつつ、この言い方であれば莫大な数字も個人に置き換えることで身近なものとして感じられますよね。
 
例えば日本の負債が数兆円あると言われてもパッとしませんが、国民一人当たりそれぞれ数百万円の借金を背負っていることになると言い換えれば…ってあれ?
 
すみません。
例えが悪すぎました_| ̄|○



BBH1のポスターを確認しましたが、ポスターに掲載されている選手は見事にGRカードでした。
確かにこれを照らし合わせて考えれば、BBH2のポスターに掲載されている選手がそのままGRカードを表しているという考えに至るのは必然の解釈ですね。
…という事は本当に広島のGRは黒田でも前田でもなく佐々岡なんですかね?

ただ、GRカードの選定に問題があるにしても個人的にはこの方が都合が良かったりするんですよね。
黒田や村田がGRから外れればカードを手に入れるコスト面で楽になるという事もありますが、それ以上にGRは能力値がシークレット扱いになっていてレベルが上がっても能力の上昇を確認することができないのでレベルを上げる楽しみにイマイチ欠けるんですよね

能力の上昇を確かめたいが為にBBH2ではGRがある選手でも黒カードを使用してプレイしようかなと考えているくらいですからね
田の付くGR候補の選手がGRから外れて能力を観覧することのできるSPに格が下がるのはむしろ歓迎したいところです。
 
…こんな理由でGRを望まないのはダメですかね?

 
さて、それはそうと遂にBBH2の公式サイトがオープンしましたね。
BBH1からの引き継ぎについては「監督としての戦績の一部が自動的に引き継がれる以外は、基本的に初めてのプレーと同等の扱いとなります」と公式サイトで発表された以上、選手のレベルは全リセットされるものと見て間違いなさそうですね。
BBHをAsでプレイしていた頃はレベルのリセットに反対的でしたが、使用チームを今の田チームに変更そてからはレベルのリセットに賛同的でしたので個人的には今回の発表を歓迎しています。
むしろ「リセットされなかったら困る」というのが本音でしたからね。
これでBBH2からやり込む甲斐が出るというものです。
…逆にBBH2→BBH3に移行する時は今度は僕が被害者になりそうですけどね(苦笑)


 
Kanonの第一話を見ました。
祐一と名雪の再会のシーンで「花子」のやり取りまで映像化されるとは流石に2クールは違いますね!
ただ、重箱の隅を突付くような事を言わせてもらうと2クールで放送時間に余裕があるにしても、アニメオリジナルの少し無駄なシーンが目立ちました。
特にアニメオリジナルのシーンの中でストーリー上、おかしなシーンが描かれていたのには…
オリジナルシーンを作るなら作るで「もう少し原作を学んで下さい」と言いたいですね。
あと危惧していた名雪の声ですが、ちょっとまだ声が高かったですね…
口調も上手くできていませんでしたし、シーンによっては名雪ではない声で喋っていましたし(苦笑)
あと祐一の声優が涼宮ハルヒのキョンに変わりましたが、その所為で祐一が軽いキャラに感じるんですよね…
ただまあ、声に関しては及第点は確保されているように思いますので神経質にならなければ気にするほどでもありませんね。
ドラマCDと比べると違和感に近いものを感じますけど(苦笑)

そんな感じで全く不満がないわけではありませんがせっかくの再アニメ化なので今回は最終回まで見させてもらいたいと思います。
※旧アニメは作画の壊れ具合に最後まで見られませんでした。



オンラインは大会チケットを10000パワで落札しました。
少しづつチケットの落札値が上がって来ていますね…
最近、始めたばかりの人だとチケットに10000パワも出せないでしょうから、このインフレの流れについていくのは難しそうですね。
ともあれ、チームとしては次も予選ブロック優勝を果たして、本戦初勝利を目指したいと思います。
 
 
 
阪神は雨天中止
その間に中日が広島に勝利してマジックが4に減りました。
…そろそろ、覚悟しないといけない頃合が近付いて来ましたね(苦笑)

それと、いよいよ明日からパ・リーグのプレーオフ第一ステージが始まりますね。
とは言え、去年に続いて地上波で試合が中継されない以上、今年も試合結果を見るだけに止まりそうですけどね(苦笑)
せっかくのプレーオフがこんな扱いでは仕方がないですね…



-△-

こんぼく あすかルート(ネタバレ) 2006,10,5 この日記を編集 削除

BBH2のポスターが明らかとなり、そこに映っているカードから12球団のGRカードがほぼ確定したという話が出ていますね。

阪神・金本
中日・川上
横浜・三浦
ヤクルト・ラミレス
巨人・豊田
広島・佐々岡
ロッテ・西岡
ソフトバンク・川崎
西武・中島
日ハム・小笠原
オリ・中村
楽天・福盛

西岡と川崎がGR化されるのなら二遊間もGRカードで組めるようになりますね。
この二選手に関しては、WBCでの活躍が考慮されての選出なのかなと考えることもできますが、とにかく他は首を傾げてしまうような選出が目立ちます。
BBH2のポスターに掲載されたカードがそのままGRを示しているならば、小笠原は三連続での選出という事になってしまいますね…
特に黒田と前田を差し置いて広島のGRが佐々岡というのは理解に苦しみます。
となれば、BBH2のポスターに掲載されているカードがそのままGRになるとは安直に考えづらいところですけど、そういえばBBH1のポスターってどうなっていましたっけ?
ちょっと記憶が曖昧です…

とりあえず、本当に広島のGRが佐々岡なら引いた瞬間に泣きたくなると思います(苦笑)



さて、シナリオが短いと言っておきながら3日掛かってようやく二人目にあすかをクリアしました。
 
感想ですが、特に心を打たれる事もなく何とも平凡なシナリオでした。
芳宏とあすかの絡みはなかなか面白かったですね。
エッチシーンは流しながら読み進めるのですが、行為の最中に冗談を言い合ったりする辺りがこのキャラらしかったように思います。
シナリオは凡作の域を脱しませんが、それなりにキャラには萌えさせてもらったので良しとしたいですね。
一つスッキリしないとすれば主人公が過去に起こした事件に関する説明がしっかりされずにシナリオが完結してしまったこと
最も、これは別ルートをプレイすれば明らかになることなんでしょうけど、その辺りの事情を知らない身としてはプレイヤーを無視して作中で勝手に納まったような感じを受けてしまったのが残念と言えば残念
それはそうと、クリア後に細やかながらもハーレムエンドが用意されていたのが良かったですね>ぇ
男1人:女2人のシチュエーションとか大好きですから(爆死)
 
…さて、それでは次は関西から来た悪魔の転校生こと真帆を攻略しましょうかね。
作中で球団名こそ出さないものの明らかに阪神ファンを示す部分があり、野球に纏わるシナリオを楽しみにしたいところです。
リバーさんの話によると、真帆と綾菜の同級生二人組のシナリオがどうにも不評みたいとのことですが、伊達に僕も絵買いで地雷を踏むことに慣れていませんので並の地雷ぐらいではヘコたれませんよw



オンラインは昨日辺りからオークションでの特殊能力本の出品数が激減しましたね。
これは、一体どういった動きなんでしょうかね…?
それはそうと、Hシュートを5に上げてからというもの負け試合でも入手経験点が10というケースが少なくなりました。
負け試合でも経験点が20~30もらえるという事は投手だけに責任がない証拠
投手の炎上が少なくなるだけでも大きな成果が期待できます。



阪神は雨天中止
今日はエース川上で中日が広島に敗れましたね。
ただ、今のチーム状況なら中日は自力であと5勝してしまうでしょうね。



-△-

BBH2に向けての方向性 2006,10,4 この日記を編集 削除

不味いと聞いて、試しに「なっちゃんソーダ」を買ってみましたが、確かに微妙な味でした…
なっちゃんの味をベースにして炭酸飲料にしたのがそもそもの間違いというか、あの味なら僕は普通にファンタ・オレンジを買いたいですね。
それと結構、似たような飲み物ってありますからね。
三ツ矢サイダーとスプライトとキリンレモンを目隠しして飲んでそれを正しく言い当てられる自信が僕にはありません。

それはそうと、以前チックさんが飲料水の味のネタ切れ感について書かれていましたが、新しく発売されたファンタ・ラブズベリーが僕の中で久しくヒットしています。
…これはグレープを超えたかもしれません。
よければ一度、何かの機会に飲んでみてもらえるといいかなと思います。



BBH2のチーム編成についてリバーさんに伺ったところ、「1の時点で俺が協力しているんだから、今回の奴も基本は問題ないに決まってるでしょうが!」と、ある意味非常にリバーさんらしい返答を頂きつつ、ひとまず僕なりに一つの方向性を出してみました。
 
第二捕手に関してはリバーさんの助言通り、リード面を重視しながらもプロスピ3の能力値ではなくBBH2で実際にカード化された能力を見て最終的に決めようと思います。
それと、もう一つ心配ごとを挙げるなら「ケガしやすさ2」を持つ古田との捕手二人制で果たして本当に大丈夫なのかという点
まあ、いくら試合中に怪我をする可能性が発生したとは言え、疲労度に気を配ってくればそう簡単に怪我はしないだろうと思うわけですが、しかしながら一人が怪我をするともう片方の捕手に負担が掛かるわけで、その状況になった時に疲労度やらを上手く管理できるのかが心配だったりします。
まあ、最悪の場合は和田さんに捕手をやってもらえばいいんですけどね>ぇ
 
それと、六番手の先発投手については正田、鎌田、花田が候補に挙げられますが、この三投手ならリバーさんがレベルアップを見越して勧める花田が一番よさそうですね。
ただ、ここで別の案として多少能力に目を瞑ってでもリアルに則って先発に牛田を使ってみるのも面白いかもしれません。
(※カード化されればの話ですけどね)
もしくは先発投手の六番手にはこだわらず、リリーフに木田を加えてローテの合間にブルペンデーができる体制を作るのも選択肢の一つに考えていいかもしれません。
投手に打順がまわり度に代打を送れるブルペンデーは意外と有効だったりしますし、何より自分があまり知らない選手はネタチームと言えど使いづらいところがあるんですよね(苦笑)

まあ、とにかくBBH2の稼動が待ち遠しいですね。
稼働初日は適当な理由を付けてでも定時で帰らせてもらってプレイしに行きたいなと思っていますw



本日、放送開始のネギま!?を見ましたけれど、作画がどうこう以上に作品の雰囲気そのものが変わりましたね…
えっと、激しく微妙なんですけど。。。
あのテンションは止めて欲しいなぁ…
一体、どれが本当のネギま!?なんでしょうかね?
とりあえず、視聴予定を確定枠から選択枠に下げてしばらく様子を見たいと思います。



オンラインはようやくHシュートが4→5になりました。
あとは球速が150km/hになるように伸ばして、残りをコントロールに振り分けたいと思います。
ちなみにHシュートを5→6にするのはレベルの上限が解除されてからを考えており、6→7は装備アイテムのシュート系上達ボールを利用しようと考えています。
…まあ、レアアイテムの「シュート系上達ボール」を手に入れられればの話ですけどね(苦笑)
まだ、スライダーやフォークよりは手に入れやすいはず…



阪神は2-4で勝ちました。
今日も試合中継がなかったわけですが、それにしても最近は阪神が勝つのが前提という意識の中でその上で中日が負けるかどうかという視点になりがちですね。
そんな中、今日も中日が広島に勝利して着実にマジックを1つ減らして遂にマジック5になってしまいました。

やはりシーズン終盤に優勝を目前としたチームはそんなに簡単に躓いたりはしませんね。
…それにしても、ある一線から立浪は代打でいい働きをし過ぎだと思います。



-△-

10月改編期のアニメ視聴予定 2006,10,3 この日記を編集 削除

ようやく職場で派遣社員を一人雇うことになりました
これで仕事の負担が軽くなるといいんですけどね。
 
…と、その前にまずは派遣社員の人に仕事を教えるところから始めないといけないわけですが、その役目を口下手&人見知りの僕が担うことになったものだからさぁ大変。。。
立場的には僕の方が上ですが、派遣で来た人が僕よりも年上だったので敬語で仕事を教えるという何とも不可解な展開に色んな意味で疲れました…
そもそも、僕は人に何かを教えたり自分が中心となって行動を起こすことを苦手としており、普段の仕事も一人でするのが割と好きだったりしますからね。
思い返せば、僕が一人でいることに慣れたのは夕食を一人で食べるようになってからのように思います。
…僕と同じ心当たりのある方はいませんかね?
 
まあ、何にせよ仕事で口下手や人見知りなのはハンデにしかならないですね(苦笑)



あかべぇそふとつぅのホームページで全作品を対象としたキャラクターの人気投票が始まったみたいで、個人的にその動向が非常に気になるところです。
僕が昨日見た時点で1位は車輪の大音灯花
…まあ、これは大本命でしょう。
あのデレっぷりは、同じツンデレでもなかなか見れるものではありません。

暫定第二位には同じく車輪から璃々子
ちょっと意外な人気でしたが支持される理由はゲームをプレイされた方なら分かるところでしょう。

そして、暫定第三位にこんな娘がいたら僕はもう…!!から鈴原志乃がランクイン
順位こそ3位と少々、物足りなかったりもしますが、それでもこんぼくのキャラでは一番人気という事で僕とリバーさんだけでなく、間違いなく世間のオタクは志乃に萌えていますw>ぇ
 
それから美桜、沙希と続いてどのキャラもレベルが高いですね~
ていうか、あかべぇそふとつぅの最新三作品の美少女ヒロインって全員、僕のストライクゾーンだったりしますからね(爆)
 
…あかべぇそふとつぅが僕の中でKeyを超えかけています_| ̄|○



それでは、少し出遅れましたが10月から新しく始めるアニメで僕が視聴を考えているものを紹介していきたいと思います。

【確定枠】
Kanon
ネギま!?
はぴねす!

【選択枠】
くじびきアンバランス
夜明け前より瑠璃色な
乙女はお姉さまに恋してる
デスノート

Kanonは原画、ストーリー構成に問題はなさそうですが、前にも言った通り本当の問題は声優のブランクにあるかなと…
あと、どうしても祐一の声がキョンにしか聞こえません。

ネギま!?は、あまり前情報を知らないのですがカードバトルでしたっけ?
とりあえず大崩れすることはないでしょう。

はぴねす!は原作をプレイしたことと、作品のテンポがなかなか良くてアニメ向きなんじゃないかなと
個人的には魔法による戦闘に一芸を求めたいところ

それから、選択枠ですがこれは確定枠とは違って面白くないと感じたら途中で見るのを止めるかもしれない作品です。

くじびきアンバランスは…とりあえず第一話を見ない事には何とも評価できませんね。
げんしけんのアニメ版の中のくじアンは結構好きだったのですが、これはそれとはまた違うみたいですしね。

けよりなは、とりあえず人気があるみたいなのでゲームをプレイする時間はないものの、アニメ化されるなら見てみてもいいかなという感じです。

乙女はお姉さまに恋してるは夏コミの時にやけに紙袋が目に入ったもので…
登場する女の子が可愛いですよね。

デスノートは大人気の漫画ようで興味があったものの今から読む気も沸かなかったところでアニメ化すらなら見てみようという感じです。
何より、シナリオ面で兄貴が面白いと勧めたものは僕も面白いと感じる事が多いだけに期待しています。
…ただ、関西ではうたわれるものの放送が一週遅れている関係でデスノートが始まるのが一週遅くなっています。



オンラインは10月になって新しい帽子が追加されましたね。
一つ一つ新しい帽子の効果をチェックして、これまで装備していたブラウンセミロング(制球+12)から(球速+1km/h、制球+1)に帽子を変更することにしました。
このぼさぼさヘアで球速+1km/hの効果を得ることができ、おかげでレベル79までに困難だと思われていた球速150km/hの見通しが立ちました。
球速150km/hは投手の大きな目安で、これによりさらに試合で活躍しやすくなるといいですね。



阪神は0-4で勝ちました。
今日は井川がヤクルト相手に3安打完封ですか
…3安打のうち、苦手の青木に2安打されているところが井川らしいですねw
今日は試合中継がなく、せっかくの井川の好投を見ることができずとても残念です…
それで、その井川と言えばポスティングシステムによるメジャー移籍容認の流れが球団内であるみたいで…

え?僕は今年のキャンプの時から井川は今年で最後だと思っていたんですけど

阪神ファンになって、井川投手のファンになっただけに「阪神の井川慶」でなくなるのは残念でなりませんが、それが井川投手の夢なら僕は応援し続けたいですね。
とは言え、井川投手の件をなしにしても毎年こうして何人かの日本人選手がメジャーに移籍する現状にはやるせなさを感じます。
夢やら挑戦やらで長年お世話になったチームを離れてメジャーに行くのもいいですが、それらも言い換えてしまえば「自分勝手」とも言えるのかなと…
一度しかない人生ですから、その辺りを否定する気は毛頭ありませんが、もう少しチームや日本球界のことも考えてもらいたいですね。。。



-△-

こんぼく 志乃ルート(ネタバレ) 2006,10,2 この日記を編集 削除

またまた会社から臨時ボーナスを頂きました。
さらに今回は和牛1Kgとサツマイモ一箱のおまけ付き
今どき、こんなに良くしてくれる会社も珍しいですね。

思えば、僕が入社してからというもの会社の業績が右肩上がりなんですよね。
相変わらず給料は安いままですが、代わりにここまでしてもらえたら感謝の言葉しか出ないですね。
今年は会社の全額負担でハワイ旅行にも連れて行ってもらいましたし、今の社長のご好意を大切にしたいと思います。



さて、こんな娘がいたら僕はもう…!!ですがひとまず志乃ルートをクリアしました。
今度はゲーセンの占いマシーンが出てきたりと色んなところで、CLANNADのイベントをパクってくれてますね…
最も、占いマシーンはベタなのでパクりとは言い難いですけれど
 
それでクリアした感想ですが、志乃の家庭が金持ちになってからの変化には主人公同様、悲しさや淋しさがありましたね。
展開的にむこうから振られるよりは主人公から決断する形になったのでまだ気が楽でしたけど、それでもこういう展開はあまり好きになれないんですよね…
美少女ゲームでハッピーエンドを迎える前に必ずと言っていいほど用意されているシナリオ上の山場で最終的にハッピーエンドになるのだとしても、ウィズ アニバーサリィーのローラ先輩や今回の志乃のように萌えキャラの性格が変貌するシナリオは、嫌な一面性があるという事を見せられてクリア後の気分があまりよろしくないです。
(志乃はお金を使えば何でも喜んでもらえると勘違いしていただけみたいでしたけど)
 
ただまあ、志乃ルートのシナリオとして方向性はこれで良かったと思います。
ラストが少しあっさりし過ぎていたのと「昔の思い出が詰まった洋服を取り戻しに行く」という流れまでは個人的に良かったと思うのですが、それで清掃車の中から回収したゴミを出してもらって捨ててしまった洋服を必死に探すという展開はどうだったのかなと思ったりで…
まあ、豪華な生活に浸かった志乃が躊躇することなくゴミの山に突っ込んだり、主人公とお金のどちらが大切か選べないでいた志乃が公園に香水やお金の入ったバッグを忘れて来たことを思い出して「どうでもいい」としたのは対比として抜群でしたけど、もう少し違う締め方にした方が良かったように思います。
あと、やけにシナリオがるーすぼーい氏の書き方に似ていましたね。
 
それで、こんぼくですがトータルで原画とキャラの設定勝ちのような気がします
共通ルートが少ないと思ったら、個別ルートに入ってからのボリュームがそれほどでもありませんでしたね
それだけにクリアした後にも関わらず物足りなさを感じています…
この作品に関しては初めからシナリオではなく萌えることに意義を感じていたわけですが、僕の中でまだまだ萌え足りないというのが本音だったりで。。。
 
いや、もうね…志乃はマジで萌え萌えなのでもっとこのキャラと二次元で接していたかったというのがぶっちゃけたところです_| ̄|○
 
…これはもう抱き枕カバーを製作するしかないと思います(爆)>ぇ
 
ちなみに大金持ちになった経緯(てっきり、親が借金でも背負っているのかと思えば株で大儲けする為に今まで共働きで貧乏な生活を送っていた?)や高級食材を一年にわたって食べても志乃に太らる気配がなかったり、小学生並の学力で里見ヶ丘学園に入学したことなど細かい事を気にしてはいけない仕様になっています。
あと、原画は素晴らしいの一言に尽きますね。
この点に関しては誰も文句が言えないでしょう。
もう一度、志乃ルートをプレイしてから次は快速電車なオタクっ子のあすかを攻略しようと思います。



オンラインは前回に続いてメンバーの方で「何かレアアイテムが出た方がおられました連絡よろです」と呼び掛けさせてもらったところ、今回はキッドさんがノビ4を手に入れられたみたいで、バーニィさんに続いてキッドさんからもノビ4を譲って頂けることになりました。
 
有難く使わせてもらいます

これで、ジャイロボールにノビ4とストレートにさらに磨きがかかりましたね。
また大会でチームの勝利に貢献できる様により一層、頑張りたいと思います。
それと譲ってもらってばかりでは悪いので今度は僕が野手系のレアアイテムを手に入れて早いうちにお礼がしたいですね。
ジャイロボールとノビ4に匹敵するものなんて限られて来ますけど…(苦笑)
 
期待して待っていて下さい
 
それと、この度VICKさんがチームとして一番先に現在上げることのできる最高レベル79に達しました。
いつになればレベルの上限が解除されるのか分かりませんが、ひとまずお疲れ様でした。



-△-

ようやく機種変更 2006,10,1 この日記を編集 削除

9/3の日想より抜粋

「そろそろ携帯の買い替えを考えています」
N902isですが、ひとまず今日のところは買い替えを見送って値段が下がるのを待つことにしました。


9/30より902isシリーズの値下げキターーー

あの時、見極めて正解でしたね。
やっぱり、世の中はすぐに動くのではなく慎重に見極めていかないといけませんね。
僕は見極めすぎてこの歳になっても彼女の一人もいないわけですが_| ̄|○>ぇ


…はい。という事で早速、携帯を買い替えに行きました。
N902isですが2年7ヵ月も使っていると新規で契約するよりも機種変更した方が安上がりだったので迷わず機種変更を選択
ドコモポイントなどを使用して4800円まで値下がりしました。
また、予備の電池パックを新たに購入することも忘れていません。
…と、ここまでは順調だったのですが自宅に帰ってから新しい携帯の編集をしていたところ。。。

機種変更すると前の携帯に入っていた画像やメロディが再生できなくなるんですね_| ̄|○
僕自身、これまで携帯の買い替えは新規ばかりで機種変更をするのは今回が初めてだったので知りませんでした。。。

機種変更をしたら赤外線通信で待ち受け画像や着信音を移そうと考えていたのですが、その手段が無残にも絶たれてしまったわけですよ。
それから仕方なく、過去の記憶を頼りに何とか着信音と待ち受け画像を見つける事には成功
その作業に余計な時間が掛かったのは言うまでもありませんが、中には何処で手に入れたのか保存元が分からない画像もあってそれらをしつこく探すとなると時間的にもバカにならないところがあったので画像やメロディは必要最小限に済まることしました。
…実際、普段はあまり使わなかったりしますからね。
(※このあと、哲さんに「ミニSDカードとFOMAカードを両方移し替えれば前の携帯を元通り使えるようになる」と教えて頂き、無事に残りのデータを移すことができました。
店員よりも親身な対応をして下さった哲さんに感謝したいと思いますw)

それで、このN902isですが文字入力の変換がN900iとは勝手が違って慣れるまでやりづらいそうですね…
あと、やっぱりデザインがちょっとありえない形状をしていますね。
ストラップを付けるところが僕の常識に反していたり、何よりカメラが下の方についているのでカメラの性能が向上したにしても上手く撮影するのが非常に困難です。
携帯の先端にカメラが付いていれば角度を変えて調整すれば良かったのですが、これは姿勢や手首を動かして調整しなければいけないので非常にやりづらいく妙にストレスが溜まります。
…とは言え、先日言った通り世の中の物事の大半は「慣れ」で克服できてしまうと思いますので頑張ってこのカメラの使いづらさにも慣れたい…否、克服したいと思います(苦笑)
あと、地味にN902isに内臓されていたヤンガスとトルネコの不思議のダンジョンのiアプリにハマってしまいそうですw



それから、BBH2の稼動が10月25日になるという有力な噂を受けて書店へプロスピ3の攻略本を買いに行きました。
BBHがプロスピ2のデータを参考にしているのなら、BBH2はプロスピ3のデータを参考にしている可能性が高く、ここで必要になって来るのが覚醒後の能力データ
BBH2では、よりレベルアップ後の能力も見定めてチーム編成をする必要があり、それを見定める上でプロスピ3の覚醒後の能力が重宝します。
その上でBBH2で28人のメンバーを選出するならば…

【先発】
・黒田博樹
・和田毅
・桑田真澄
・中田賢一
・武田勝
(鎌田祐哉)
(正田樹)

【中継ぎ】
・薮田安彦
・藤田宗一
・久保田智之
・武田久
・前田幸長
(木田優夫)

【抑え】
・豊田清

中田と両武田は気の長い話ですが新カードに期待ですね。
元々、先発を任せられる投手の駒が不足しているので、それならば新カード追加までに少しでもレベルを上げておくという感じで将来性を買っての起用
中継ぎは1の布陣と変わらず…木田の成長度合いが思ったより悪かったのが少し誤算
抑え投手では豊田が衰えにより能力が低下しており、レベルアップで威圧感を覚えなくなっているので場合によっては抑えを久保田にするのもアリかもしれません。
ていうか、久保田はスタミナが高いので普通に先発にもまわせますね…
…怪我人が出て先発がいなくなったら思い切って先発させてみましょうかねw


【捕手】
・古田敦也
・小田幸平
(河田寿司)

古田はレベルが上がると本来の能力を取り戻すものの、それでも「ケガしやすさ2」は消えないんですね…
BBH2では負傷退場が起こるだけに無視できないマイナス要素なんですよね。
負傷退場してもその試合だけで済むケースがあるみたいですが、ケガしやすさ2だと怪我が長引く可能性が高くなりそうで辛いところです…
そうなると控え捕手の存在が欠かせない訳ですけど、BBH2では野田と比べると打撃面でやや劣るものの強肩の小田を使おうかなと模索中
それと、もしカード化されるのであればレベルアップで一際輝く河田を使うのが面白いかもしれません。


【内野手】
・田中幸雄
・町田公二郎
・小田智之
・種田仁
・村田修一
・上田浩明
・藤田一也
・田中浩康

藤田、田中浩康の成長度合いには頬がニヤけますね…w
上田選手がBBH2で使用できることに喜んだものの、レベルを上がる為に藤田を積極的にスタメンで使っていたいですね。
田中幸雄と町田は監督名の漢字使用によって、ズレータを失った事による代打要員補充です。


【外野】
・前田智徳
・和田一浩
・赤田将吾
・志田宗大
・飯田哲也
・田中一徳
(平田良介)
(喜田剛)

BBH2では先頭打者HR男に盗塁4を覚える志田を一番打者として育てたいですね。
走力も17と高いので、相手に警戒されることなく盗塁を決められそうな…
あと、和田と前田の両主軸はBBH2でも健在
ただ、和田はレベルが上がるまで特殊能力の面で少し弱体化していますね…
前田は「ケガしやすさ2」でレベルが上がっても消えないのが難点ですね。。。
捕手と違って外野はまだ控えがいるので何とかやりくりできそうですが、戦力ダウンになるのは避けられないですね。

と、そんな感じで如何でしょうか…リバーさん?
いや、この件に関してリバーさんの意見は本当に参考になりますので、できればBBH2が稼動する前に一言頂きたいところです。

それと、今回BBH2絡みでプロスピ3の攻略本を見て改めて思いましたけれどデータが細かいですよね…
ちょっと、プロスピ4あたりはマジで購入を考えてみましょうかね。
あと、BBH2で得意コースと不得意コースが追加されますが、これもプロスピ3のデータと同じと見て良さそうですね。
個人的な印象として、得意コースが2つある変わりに不得意コースも2つある選手はVSモードで的が絞りづらそうですね。
得意コースや不得意コースに狙いを絞るにしても、どちらも2分の1の確率になっちゃいますからね…
まあ、純粋な確率は変わらないんでしょうけどね。


それから、夕方になってようやくBBHをプレイしに行きました。
ゲーセンも日曜の夕方という事で混雑しており、BBHも3サテ埋まっていました。
…この様子だと、いくら地方とは言えBBH2が稼動したら「連コイン可」とはいかなさそうですね(苦笑)

それで、いざBBHを始めようと思ったらすぐ隣の麻雀の方で台を叩きながら「おかしいやろ!」と何度も絶叫している自己紹介通り頭のおかしな人(…あれ?)がいてその雑音に若干、不愉快な気分にさせられながらプレイ開始

対戦相手は横浜As
隣からの鳴り止まない奇声に僕の頭が少し狂ったのか相手のソロホームラン2本で敗戦
…相手のヒットが「このホームラン2本のみ」という何ともバカげた試合で、こちらはと言えば3回表にこの試合最大の一死一、二塁というチャンスで一番・志田のヒットにランナーがスタートを切っておらずダブルプレーにされるという始末。。。

こんな野球をされたら、そりゃ勝てませんって_| ̄|○

…でも、監督は選手の所為にしちゃダメなんですよね(苦笑)
試合の印象としても何もする間もなくあっという間に終わった感じ
投球メモリ-1で二本もノーサインホームランを打たれたのは、これまでのプレイを通してもかなり意外な経験でしたけどね…
それで今日はあまり時間がなかったのと、何より隣からの奇声に耐えられなかったので1試合プレイしただけで帰宅しました。



オンラインの大会は前回の大会に続いて予選ブロック優勝を果たすも本戦では無念の初戦敗退…
しかしながら、二大会連続で予選を突破できたのはチームとして大きな成果と言えますね。

【大会結果】
○パワ・思・考5-1
○パワ・思・考5-1
○パワ・思・考5-2
●パワ・思・考4-11

今回はメンバーの集まりが少し悪かったものの、対戦相手も似たような状態で助かりました。
予選ブロックはバーニィさんのおかげでジャイロボールを覚えた僕が先発として好投する試合運びで打線に援護してもらい勝ち星を積み重ねました。
…あと、こちらのCPUの意外な活躍にも驚かされましたw
ただし、CPUはヒットは打ててもホームランが期待できないのでその点だけでも差は大きいと言えますね。

本戦は相手チームがフルメンバーと言うこともありましたが4回持たず6失点で炎上
打線は8回まで1安打に抑えられるものの、最終回に4点を取る意地を見せて敗戦
これからは本戦でいかに勝つかが課題になりそうな本戦での惨敗でした。

あと、前の大会に続いて今回もイノマーさんが起用されず…
「中継ぎの悲劇」と呼べるほどパワオンの欠点の一つではありますが、相変わらず中継ぎには厳しい仕様になっていますね。

最後に今回は市販のアイテムを手に入れたもののレアアイテムは入手できず
前回同様、メンバーの方で何かレアアイテムが出た方がおられました連絡よろですw

・1番/遊・バーニィ
2打数1安打
5打数1安打
4打数2安打2打点1HR2盗塁
5打数1安打2打点

・2番/右・キッド
4打数1安打
3打数1安打
5打数2安打
4打数無安打

・3番/中・VICK
4打数2安打
4打数1安打
5打数3安打1打点
4打数無安打

・4番/捕・青
5打数2安打1打点
4打数3安打2打点
4打数2安打2打点1HR
3打数無安打

・5番/三・南
5打数1安打1打点1盗塁
4打数1安打
4打数無安打
3打数無安打

・6番/二・CPUセカンド
5打数1安打1打点
2打数1安打
4打数2安打
4打数1安打

・7番/一・CPUファースト
5打数3安打2打点
4打数3安打2打点
2打数無安打
3打数1安打

・8番/左・CPUレフト
5打数1安打
3打数無安打
4打数無安打
3打数1安打

・9番/投・ナックルさん
2打数無安打
3打数無安打
2打数1安打
打席機会なし

投球回数6回 被安打5 与四死球0 1失点
投球回数7回 被安打9 与四死球0 無失点
投球回数6回 被安打7 与四死球1 2失点
投球回数32/3回 被安打7 与四死球2 6失点

・リリーフ・イノマー
登板機会なし



阪神は雨天中止
これで日程的に最終戦で勝った方がリーグ優勝!
…なんて言う展開に持っていければいいんですけどね。


画像はBBHの試合結果
N900iに比べて画質がかなり向上したので、これで今までぼやけて見えなかった文字も見えるようになったと思います。
その反面、文字入力がしにくくて携帯で試合のメモが取りづらくなったんですけどね(苦笑)
スポンサーサイト
プロフィール

ナックル最強説

Author:ナックル最強説
サイト管理人・パワ・思・考
阪神ファンで萌え豚でゲーマー
パワプロ、BBHを経て現在は未曾有の野球ゲーム難民
週末更新を予定していますが体調によっては不定期です。
なお、連絡はこちらのメールフォームからお願いします.


【殿堂入り】
20090607_4503e3befbc2b2405fc211DGqImbuuq0U.jpg

世界と世界の真ん中で 2014年1月31日発売予定!









【注目タイトル】
D.S.i.F. -Dal Segno- in Future

banner250x250_sara.jpg

茜色の境界線

【はるるみなもに!】情報ページ公開中!

赤い糸物語

Princess Evangile W Happiness応援中!

夏空のペルセウス

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

powered by プロ野球Freak

powered by プロ野球Freak



最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード