AX 日想~持論を展開する~ 2006年06月

2006/06 過去ログ

まずは圧勝 2006,6,30 この日記を編集 削除

いよいよ今日は「残業をするか?」という選択肢を突き付けられたものの、急ぎの仕事でもなかったので「日が悪い」という事で何とかこれを回避
 
今日はさっさと帰って巨人-阪神戦を観戦する日と決まっているんですよ。
 
…と、若干今さらなことを考える。
 
その阪神は0-11で勝ちました。
…せっかく早く帰って来たのに試合になっていませんでした_| ̄|○

阪神は初回にラッキーな形で先制点を挙げると濱中に1ヵ月ぶり以上となるホームランが出るなどして阪神が圧勝
こんなに余裕をもって試合を観たのは実に久しぶりのことですね。
阪神も打線には元気がない方でしたが結果的に11得点を挙げて、下柳もナイスピッチングで巨人打線を黙らせました。
ひとまず、阪神には今日の圧勝で気を緩めることなく明日からの二戦もキッチリ勝ってもらいたいと思います。

…巨人は明日、上原が投げるんですかね?
阪神はオクスプリングが先発なので流石に明日はちょっと分が悪いかもしれません。
 

 
ヴァルキリープロファイル2 シルメリア>
次はレザードですか。。。
ていうか、レオーネの時にしろ三賢者が王呼の秘宝を使った時にしろレザードは事前に薄らとそのことに気付いていた筈なのにそれを見て見ぬふりをしているのは一体、どういうことなのかなと。。。
 
ディアパンの王様(父親)が処刑される寸前に駆け付けたアリーシャ一行
こういうパターンだと大抵の場合、何とかして処刑を阻止するんですけどね…
このゲームでは本当にギロチンが落ちてディパンの王様は処刑されてしまいました。
そして、それに深い悲しみと怒りすらも爆発させるアリーシャ
しかし、戦闘にしろシナリオ進行上にせよ光子をもっと上手く使えていれば逆境を切り抜けられた場面が多々あったようにも思えます
戦闘の決め技発動で光子が人間及びヴァルキリーにすら通じることは実証済み
それを上手く使えていればドラゴンオーブを奪われそうになった時もディロンの王様が処刑される時もまた展開は変わっていたように思います。
まあ、これはシナリオ及びゲームバランス上、あまり触れてはいけない屁理屈のような話なのかもしれませんがアリーシャはマップ移動時だけでなく、他の場面でももっと光子を上手く利用するべきだと思います。
マップ上の敵の動きを止められて、何故戦闘中の敵の動きを止められないんだと小一時間orz(苦笑)
 
それはそうと、なんかアーリィの口調が微妙に女王の教室の阿久津先生とダブって見えました。
シルメリアが転生してアリーシャの中からいなくなってもエインフェリアはそのまま手元に残るんですね。
…全然、普通の人間じゃない。とルーファスにツッコミを入れたくなりました。
 
と、ここで旅の目的がドラゴンオーブを探すことから具体的にオーディンを倒すことに変わりました。
しかし、本当にオーディンを倒してしまったら前作が成り立たないような気がするのですが大丈夫なのでしょうか(苦笑)
ていうか、昨日は一日でレベルが上がり過ぎました。
アイテムの識者の経験をアリーシャに使いまくったのもありますが、それでも一日でレベルが13も上がりましたよ。
他にもアリューゼの代わりにパーティに加えたギルムがタフネスのスキルを覚えて戦闘中の最大HPが2倍となり、現時点でほぼ無敵状態
これに封印石の効果を加えればパーティの強さ的にはこのままの状態でも十分、クリアできるかもしれません。

総プレイ時間・22時間15分 (+1時間32分)Lv47



-△-

リミッター解除 2006,6,29 この日記を編集 削除

今日も何とか定時で仕事を終えたものの、最近は久しぶりに時間に追われながら仕事をしています。
近頃は自分でも無意識のうちにペース配分を考えながら仕事をしていましたからね…>ぇ
それが久しぶりにリミッターを外して仕事をしたら時間が立つのが早い早い。。。
全ての事柄が1.5倍速で経過していくような感じで正直、時間が足りないくらいです。

…今の状態で寝不足だとマズイのでしばらくは少し早めに寝る必要がありますね
 
 

ヴァルキリープロファイル2 シルメリア>
…アリューゼがパーティから外れました。
確かにこれは辛い_| ̄|○
 
アリューゼの代わりに今からディランをパーティに加えるにしてもレベルが低くて即戦力には程遠いですし、これは困ったことになりました。
そもそも、アリューゼの代わりというのが無理な注文な訳で…色々と模索した結果、ギルムという比較的レベルの近い重戦士のエインフェリアをパーティに加えることにしました。
何気にこのギルムとフィレスは生前に関わりがあったらしく二人をパーティに加えた状態で戦闘に突入すると戦闘前に特殊なボイスを聞くことができました。
…これはこれで、いい感じかもしれません。
 
オーディンの声がそのまんまシャアの声だったことにはツッコミを入れず、しかしながら他の作品でシャアの声を聞くと思わず反応しちゃうんですよね。
そういう意味では、個人的にキシリアさんの声でニュースを伝えてくれる報ステは神クオリティーです。
声優&ガンダム好きの人はネットラジオを聞くのもいいですけど、たまには報ステを見ることもオススメしたいです。
 
…って、何の話をしているんだろうか(汗)
 
とりあえず、アリューゼが再び仲間になることを信じてここから先は少し戦闘を避けながら進みたいと思います。
 
20時間43分(+2時間59分)スカビア渓谷 Lv34



巨人はこれで9連敗ですか…
昨日の試合の視聴率が4.9%とプロ野球の地上波放送継続に絶望的な危機感を感じつつ、セ・リーグ最下位の横浜が3連勝するならやはり阪神にも3つ勝ってもらいたいところです。
ただ、その際に立ち塞がるのが日曜日に上原が登板することですね。
しばらく勝ち星からは遠ざかっているものの相変わらずいい投球を続けているみたいで、チームメイトに足を引っ張られさえしなければ普通に勝ち星を重ねられる投手ですからね。
日曜日は状態の上がって来た井川とのエース対決に期待したいと思います。

さて、それはそうとここまでのセ・リーグのペナントレースが何気に細木数子さんの占い通りに進んでいるように思えるのは気の所為でしょうか?
どの球団も万全の状態で戦えてなかったり、開幕から首位が入れ替わったりしている辺りとかまさにその通りなんですよね…
そういえば、その時に細木数子さんが「巨人はないね」と言い切ってましたね。
何でも今年は球団社長と原監督の運勢が両方とも悪いんだとか…
そういう意味で今年の巨人に怪我人が続出していたり、珍プレーを連発するのは「もしかしてこれが関係しているのかな?」とか思ったり思わなかったりで、その反面で肝心の選手を無視して球団社長と監督の運勢のみでペナントレースを占うこと自体、かなりの暴挙なような気もしますけどね。

…とりあえず、細木数子さんが言うには今年の阪神は期待してもいいそうです。
去年、阪神の優勝を的中させた占い師によれば今年の阪神は2位止まりらしいんですけど(苦笑)
まあ、生年月日さえ分かれば微生物でも占えるとトリビアの種で見た瞬間から僕は占いをあまり信じなくなりましたけどねw



-△-

BBH2への可能性 2006,6,28 この日記を編集 削除

とりあえず、アリアスが巨人入団で日本球界復帰なら…





BBH2で03年の阪神優勝オーダーが組めますね。

パワプロ13はもうゲーム自体が完成しているだけに今からは難しいでしょうけど現在開発調整中のBBH2ならアリアスが加入する可能性が十分にありますね。

阪神ファンにとって03年のシーズンは特別なものでしたからね…
僕にとってもこの年のオーダーには愛着があり、阪神戦を観戦するのが楽しみで仕方がありませんでした。
正直、これだけでBBH2をプレイしてもいいかもしれません>ぇ
 
ただ、オーダーがほぼ完璧に組めるにして投手陣が難しいですね…
安藤は先発にまわりましたし、藪と伊良部にムーアがいなくなっちゃいましたからね。。。
まあ、投手陣に関しては今年度のJFKの良いどころ取りでもいいかなと考えたりでBBH2をこの布陣でプレイする可能もあるかもしれません。
 
手持ちのカードを全て売り払ったものの阪神のカードはきっちり残してありますし、BBH2でデータがリセットされるにしても使用チームのコンセプトを変更すればさほど影響はありませんからね。
…むしろ、その際は是非前回のデータを消去して下さいと(爆)
 
まあ、そんな感じでここに来て少なからず僕がBBH2をプレイする可能性が出て来ました。
この場合、ゲーム的に言えばアリアスを獲得した巨人にGJと言うべきなのでしょうか?
 
 
…いや、言いませんけどね
 
これで、あとは7月末に新しく近場にオープンするゲーセンにBBHが設置されれば、僕がBBH2をプレイする可能性がグッと上がるかもしれません。



ヴァルキリープロファイル2 シルメリア>
このゲーム、戦闘中にしか魔法が使えないものだからパーティ全員が毒に掛かったら相当、厄介ですね。
…毒を消すアイテムを買い占めておかないと確実に行き詰まりします。
 
現在、攻略中のダンジョンにて「経験を供す友の理」という戦闘に参加していないキャラにも経験値が入るようになる封印石を手に入れました。
お金が手に入らなくなる代わりに入手経験値が2倍になる「経験を貪る獏の理」と一緒に使用すれば効果絶大ですね。
とりあえず、ある程度まで進んだらこれの効果で育ったエインフェリアを一気に解放しようと思います。
あと、回復量が2倍になる「命精の加護」の封印石
ボス戦ではこれとパーティ全員のHPを1500回復するアイテムを駆使すれば、ゲームをクリアする上で戦うことになる大抵のボスには勝てそうな気がしますw
 
 
…とりあえず、ダンジョンの奥まで進みましたけどパーティ全員が毒にやられて非常に危険な状態なので一旦、街まで戻ろうと思います_| ̄|○
 
総プレイ時間・17時間44分(+1時間59分)奉竜殿 Lv30



阪神は2-3で勝ちました。
先発・ダーウィンと大竹に投げ合いで始まったこの試合
とりあえず、阪神は二番手投手が登板してからが本番ですね>ぇ

今日の試合を決めたのは1番から7番の打順に戻った鳥谷の一発
鳥谷はその試合中にヒットが出ていないほど以降の打席で打力が上がるような気がします…多分、気の所為でしょうけど
9回表に1点を勝ち越した時点で藤川の今シーズンの防御率から算出するに阪神の勝ちが98%揺ぎ無いものになりました。
その藤川は先頭打者にこそヒットを許すものの、後続をしっかり抑えて阪神が僅差で広島に勝利
抑えが藤川だと最終回の1点差を安心して見てられますね。

まあ、その分7回、8回あたりはヒヤヒヤさせられましたけどね(苦笑)
とりあえず、リリーフにまわった江草と安藤が昨日、今日と機能しましたね。
江草が心配な感じですけど、この際相手に点を与えなければ何も言いません。
オーダーは赤星が久々に1番に復帰
2番を打つ藤本の調子が上がって来ましたね。
この調子で現在8連敗中とどん底の巨人相手に3タテを決めたいところですね。
今年の阪神はこういうところで3連勝できなかったりするだけに、次の巨人との
三連戦ではしっかりしてもらいたいと思います。



-△-

定時で退社できる環境 2006,6,27 この日記を編集 削除

一週間前に上司が他の部署に移された事によりただでさえ少なかった部署のメンバーが削減されて、さらに今日は一人が仕事中に怪我をして病院送りになりました。
…幸い大した怪我ではなかったものの少しの間、仕事をするのは無理みたいです。
 
そんなことがあって今週はいつもの仕事を僕を含めた2人でしなければなりません。
 
…はい。明らかに人手不足です。
 
ただ、それでもいつものように定時で帰れるのだからつくづく楽なポジションで仕事をさせてもらっているなと思いさせられます。
…別に急いでしなくても一週間先の分まで仕事に余裕がありますからねw
しんどいのは大阪までの通勤くらいなものですよ(爆)
 
 
……
 
 
これ、本当にリアルの知り合いには見せられない発言ですね(苦笑)
会社で僕のブログを知っている人がいないからこそ、こういう事を思い切って書けるというものです。
…まあ、大阪の会社で働いている人はみんな少なからず僕と同じことを考えていると思いますけどね。
 
 
 
10月からはぴねす!がアニメ化されるらしいです。
何ていうか、最近はこんなゲームもアニメ化される時代なんですね…
最近は本当にエロゲが原作のアニメが増えましたね。
…まぁ全部、深夜アニメなんですけどね(苦笑)
 
とりあえず、この作品に関しては原作をプレイしたことがあるだけに見てみようかなと思います。
その際、原画の善し悪しが重要なのは当然としてこの作品なら魔法による戦闘シーンをどこまでこだわって演出できるかがポイントじゃないかなと思います。
作品の雰囲気がいいので良作品と評価されるだけの資質はあると思います。
それで改めて調べてみたところ何気に10月からは見るアニメが一気に増えて少し大変かもしれません。
まあ、その頃はプロ野球がオフシーズンを迎える頃なのでちょうどいいんですけどねw
 
…僕って、翌々考えると結構多趣味ですね。
趣味に関する論議はこの際、別にして(苦笑)




ヴァルキリープロファイル2 シルメリア>
やっぱり平日だと自宅に帰ってから日想を書いて、プライベートで色々してから掲示板にレスをすると一日のプレイはダンジョンを一つクリアするので精一杯ですね。
ここまでのストーリーは「ドラゴンオーブ」という物の行方を探しているのですがダンジョンをクリアする度に「次は~どこどこに運ばれたようだ」の繰り返し
ここまで続くとストーリーの先延ばしに思えて仕方がありませんが、仲間との絆を深める意味などでこれは必要な期間なんだと自分の中で解釈することにしています。
あと、そういえばシルメリアって前作の数百年前の物語なんですよね。
アリューゼが生きている理由がそこにあることに今になってようやく気が付きましたw>ぇ

総プレイ時間・15時間45分(+1時間59分)クローサス森林遺跡 Lv27



阪神は2-2で引き分けました。
阪神1点ビハインドの9回表2アウトランナーなしで打者・矢野の打球は起死回生の同点ホームランとなり阪神が土壇場で同点に追い付きました。
久々にキターーーって感じでしたねw
ただ、延長戦でも相変わらずの打線の低迷っぷりでまともにチャンスすら作れず…
今の阪神打線の状態では相手のミスやら四球やらが絡まない事にはなかなか点を取るのが難しいですね。
ただ一方でリリーフ投手は今日も結果を残して延長戦で広島に点を与えず、藤川に関しては最近少々荒削りな部分も見えて来ましたが流石のピッチング
最後は能見が登板して若干不安でしたが、何とか最後の打者・東出を抑えて価値ある引き分け
打線が好調なら同点に追い付いた勢いで勝って欲しい試合ではありましたが、9回表2アウトまでは負けゲームだっただけに良しとしましょう。

…しかし、打線にもうちょっと打ってもらわないと応援する方の活力に関わって来ますね(苦笑)



-△-

さらば 野球の英雄たち… 2006,6,26 この日記を編集 削除

ふと、野球のルールについて一つ気になったことがあります。
 
それは打者がボールを打って一塁に向かってスタートを切る際に打者走者がホームベースを踏んでしまった場合、一塁・二塁・三塁を小関選手よりも豪快に踏み忘れて本塁を踏んだことになりはしないだろうか?というもの
 
左打者ならば万が一にも一塁への走塁の際にホームベースを踏んでしまうことはないでしょうけど、右打者の場合は第一歩目でホームベースを踏んでしまう可能性が高い
そして、もしこれがアウトと判定されるのであれば実はかなりマズイことなのではないかなと思った次第で…
 
 
まあ、回答から言ってしまえば打者走者がホームベースを踏んだところで何の問題なし
むしろ、走者の進塁順序は本塁→一塁→二塁→三塁→本塁とされており本塁を踏んで走塁をスタートをすることはルール上、求められていないものの本塁を踏んで走塁をスタートした方がルールの本質に合っていると言えるみたいです。
そんな感じで僕のふとした疑問は見事、空振りに終わりました。
…ちなみに、三塁ベースを踏み忘れて李スンヨプ選手のホームランを取り消しにした小関選手ですが実は西武時代にも前の走者として三塁を踏み忘れたことがあるようで遡ること1999年6月25日のホークス戦
一死走者一・二塁の場面で鈴木健選手のライトオーバーの打球を二塁走者の小関選手が一旦三塁をまわった後で引き返して三塁の手前まで戻り、再び三塁をまわる時に三塁ベースを踏み忘れてしまい鈴木健選手の二塁打はライトゴロになり、この時は安打さえも取り消されたようです。

また以前、哲さんが判定に疑問を持たれていた村松選手の打球をフェアゾーン内を守っていた新井選手が弾いたにも関わらずファールの判定になったのについて
本当に新井選手が打球を弾いた位置がファールゾーンの上だったのかという議論は別にして最初に地面以外の物に触れた打球のフェアかファウルの判断はボールの位置だけで決まるようなので、新井選手の足元がフェアゾーン内にあったとしても打球をファールゾーン上で弾いたのであればそれはファールと判定されるようです。
 
…とまあ、まだまだ知っているようでよく理解していないルールがあったものですね。
個人的には疑問が解消してスッキリさせてもらいました。


 
さて、仕事帰りに某所にて引退を決めたBBHのカードを無事に買い取ってもらい、これで本当にBBHとはお別れです。
慣れない場所での待ち合わせでお互いに相手を見つけるのに苦労しましたが、いざ会ってみるとなかなか気さくないい人でした。
この人にカードを引き取ってもらえるのなら良かったかなと思ったりで、先方から「大切に使わせてもらいます」と言われた時は何も悔いはありませんでした。
 
ちなみにその際にBBHの引退理由を先方から訊ねられ、流石にこの場でBBH2の存在をちらつかせるのはマズイと思った僕は相手のモチベーションを下げないように配慮しつつ、素直に金銭面を理由に挙げさせてもらいました。
すると今度は「次は他に別のゲームを始められるんですか?」という風に切り出され、これについて相手がどう感じたのかは定かではありませんが僕が「これからは普通に自宅でゲームをしようかなと思いまして」と答えると相手も何か思うところがあるのかそれなりに同調してくれました。
ただ、どうやらこの人は損得感情の激しい人のようで「カード同士のトレードだと絶対にどちらかに損が生じる」と思っているらしく、そういうのがあるからこうしてカードをお金で買うようにしているのだとか…
僕には到底、受け入れられない理屈でしたが、それが功を奏して今回の取引きが実現したとするならば、その場ではその考えに感謝しておこうと思うことにしました。
 
そんな感じで現在手元に残っているBBHのカードは阪神の黒白カードとセカンドチームのキラ抜き、あとは相手宛に送った放出カードリストの中であとから記載漏れに気付いたキラカードについてはそのまま僕が所持しています。
恐らくこれから先、このカードをゲームで使うことはないでしょうけどこれらは思い出として何枚か残しておきたいと思います。
こう見えて遊戯王カードもちゃっかり手元に残していますからねw
 
 
 
Fateは関西地方では一週間遅れで今日で最終話を迎えました。
とりあえず、遠坂が言峰に瀕死の傷を負わされた件に関しては聖杯戦争とかいう枠組みじゃなくて、あれは普通に傷害、殺人未遂事件として通報するべきだったと思います(爆)
それにしても、ラストは原作をプレイしていないとよく分からない内容でしたね…
最終話を迎えた事なので言っちゃいますけど、アーチャーの正体が士郎の未来の姿とか原作を知らない人はまず気付かないでしょうからね。
この作品を本当に楽しむのならアニメではなくゲームをプレイしないとダメって事なんでしょうね。



ヴァルキリープロファイル2 シルメリア>
スルス火山洞窟のボスが強かったです。
一度、倒したと思ったら復活して再度戦闘になりましたよ…
しかも、2回目の方が強くなっているのだからタチが悪かったです。
おかげで始めて全滅してしまいましたよ。。。

まさか、こんな序盤から連戦になるボスがいるなんて思ってもいませんでした_| ̄|○

しかも、予め二戦目があると分かっていても苦戦を強いられる敵で力押しで突っ込むだけでは先の二の舞…
ただ、そんな敵もグループ行動ではなく一対一なら相手の攻撃範囲から上手く逃れながら勝つことができますね。
少なくともアリーシャがキュアブラムスを使いながら単独で少しづつ攻撃するという戦法を取れば、大抵の敵にはいつか勝てそうな気がしますw
あと、アリーシャと言えば戦闘終了後のセリフで「すみません…」と言いますが、それを聞いて若干、萎えてしまうのは僕だけでしょうか?
キャラ的には好きな分類なのですが、戦闘終了後の一言でそれはないだろうと…

あと、昨日紹介したフィレスですが戦闘で仲間が一斉に攻撃をして誰がどれだけダメージを与えたのかよく分からなくなる中で、よく観察してみると敵に一番ダメージを与えているのが実はフィレスだったりしました。
ボタンを押してから攻撃するまでに時間差があるものの、なかなか使えるキャラだったみたいです。

総プレイ時間・13時間46分(+1時間15分)昏き妄執の館 Lv23



-△-

BBHとの断絶 2006,6,25 この日記を編集 削除

BBHについて僕から重要な発表が一つ

ここまで色々とありましたが正式にBBHを引退する事を決めました。

理由は「BBH2への移行に伴うデータのリセット」など色々とあるのですが、プレイ料金の高さと僕のモチベーション低下が一番でしょうか
ただ僕自信としてはBBHを一通り遊び尽くした感がありまして、これについて思い残すことは何もありません。
別に引退するほどでもないのかもしれませんが、負担が大きいだけに惰性で続けるようなものでもありませんからね。
また、このタイミングで引退を決めた理由として現在はヴァルキリープロファイル2 シルメリアをプレイしており、それをクリアする頃にはパワプロ13が発売されることから僕が前に言った「別にBBHでなくても面白いゲームは他にもたくさんあるので、お金の消耗が激しいBBHには見切りをつけて他の楽しいことを見つればいいの」の他の楽しいことが待ち構えている状態ですからね。
僕としてはその間、BBHにはとても楽しませてもらいました。
その事に関してはとてもいい思い出であり、このゲームに出会えて良かったと思います。
このゲームをプレイするキッカケを作って頂いたリバーさんには改めて感謝しています。

最後に手元に残ったBBHのカードについてですが、実際のところはこれが引退を決断させる大きなキッカケになったのかもしれません。
某掲示板にて、ちょうどこれからBBHをプレイされるという方が大阪府内手渡しでの取引きを希望しており、これに僕の「引退後に手元に残ったカードをどうするか?」という問題と利害関係が一致しまして明日、僕のカード全てを25000円で先方に買い取ってもらう手筈になっています。
これでBBHに使ったお金の1/3を回収できるかもしれませんね…

そんな感じでやや一歩的で申し訳ない感じもするのですが僕自身はBBHから身を引くことにしました。
とは言え、BBHの話はこれまで通りして頂いて構いませんし、僕もできる範囲内でアドバイスをさせて頂きます。
最も、BBH2が稼動されたら話についていけないでしょうけど(苦笑)
これまでお付き合い頂いた方々にも感謝致しています
どうも有難う御座居ました



ヴァルキリープロファイル2 シルメリア>
ダンジョンで行き詰まったりと明らかにスローペースでのプレイとなっています。
戦闘にはだいぶ慣れてましたが、どうしても少し煩わしく感じる部分がありますね…
パーテイーにはルーファスを外してフィレスという女性キャラ(エインフェリア)を入れました。
やっぱりRPGに華って重要だと思うんですよね(爆)

…ただし、戦闘での活躍ぶりはルーファスと比べて少し微妙です(苦笑)

総プレイ時間・12時間11分(+4時間11分)スルス火山洞窟 Lv20



阪神は3-1で勝ちました。
ここを3連敗したら赤信号という場面ではキッチリ勝利して、逆に3連勝して欲しいところでは勝ち星を挙げられないという感じで、今年の阪神は正直よく分かりません。
ただ、このままでは優勝できないことは間違いないですね。

今日は先発の井川が先制点を許すものの珍しくエースらしい投球を見せて7回1失点
打線も井川の力投に応えるかのように6回裏に3点を取って一気に逆転に成功!
…また、エラー絡みでしたけどね(苦笑)
2点をリードした阪神は8回表に井川からウィリアムスに繋ぎ、そして9回表のマウンドには新守護神・藤川球児が登板
その藤川は抑えになっても変わることない剛速球を投げ込み安定感抜群のピッチングで見事に最終回を締めて阪神が勝利!
9回に藤川が投げるようになって全盛期の佐々木みたく「阪神と戦う時は8回までしか攻撃がない」なんていう風に言われるようになるといいですね。
そうなれば今度は藤川に威圧感も付けたくなりますね>ぇ

…鳥谷は三試合連続エラーですか。。。
結構、鳥谷の守備は評価していたんですがシーズンを通して見ると分からないですね。



-△-

予期せぬ夜更かし 2006,6,24 この日記を編集 削除

えっと…寝不足です_| ̄|○
 
というのも、時間が頃合いを迎えた段階で「今日は次のセーブポイントの場所で終わりにしよう」と一つの区切りを付けてダンジョンに入ったのはいいものの、一向にセーブポイントが見つからないまま深みにはまってしまい、ついつい予期せぬ時間帯まで夜更かしをしてしまったというRPGを好んでプレイする人なら誰でも一度は経験したことがあるであろう出来事
…不覚にもこの年でそれを経験してしまう事になろうとは。。。
 
今は激しく反省しています_| ̄|○
 
それで、ヴァルキリープロファイル2 シルメリアですが戦闘シーンの3Dのマップがだんだん複雑になって来て戦闘の難易度が徐々に上がって来ましたね…
ていうか、正直これはめんどくさい以外の何ものでもないような。。。
上手く操作すれば敵から攻撃を受けることなく戦闘に勝利することが可能なだけに敵の攻撃を受けるだけで若干、不快な気分になっちゃうんですよね(苦笑)
序盤でこれだと中盤~終盤の戦闘にはもしかしたら馴染めないかもしれないですね…
まあ、一つ言えることはパワプロ13が発売する頃には全クリア、未クリアに関係なく「このゲームを売る」ということです(爆)
 
去年も同じことを言いましたけど本業専念です。えぇ…
 
総プレイ時間・7時間50分(+2時間48分)アウドゥーラ水上神殿 Lv12



第一試合目
今日はAsではなくセカンドチームからプレイすることにしました。
思えば、始めからこうすれば良かったような…w
それで痛感したのが、こういうチームだと本当に守備時のVSモードの使い方が重要だということ
まともに戦ったら分が悪いだけにピンチの場面ではVSモードでキッチリとアウトを取ってピンチを凌いでいく必要がありますね。
 
さて、打線の方ですが変わらず湿っています。。。相
相手が5回で6安打なのに対して、こちらはわずかに飯田のヒット一本のみ…
つくづく、適当にメモリを-3で放置していればヒットを打ってくれるというものではないんですよね。

それで痺れ切らした僕は残りのVSモードを攻撃に注ぎ込んで見事に和田のVSソロで先制すると代打ズレータVS2ラン、再び和田のVS2ランで5点を叩き出し、こうなるとあとは田チームの優秀なリリーフ陣に繋いで5-0でセカンドチームが初勝利!
…とは言え、研ぎ澄まされたVSモードの読みをフル活用しないとなかなか勝てないのが現状でしょうか
ちなみにセカンドチームの戦力値は1723Pで純正チームと同じくらいですね。
 

第二試合目
使用チームを切り替えてAsでプレイ
ちなみにAsの戦力値は1891という風になっています。 
試合は初回に嫌な流れから相手に2点を先制される。
さらに相手の阿部にノーアウトからノーサインホームランを打たれて3点目を献上するが、逆にこれで相手のメモリ配置が分かり、それ以降の攻撃では相手打線を抑えやすくなりました。
(※ノーアウトから「阿部にホームランが出るようなメモリに置いていた」という事は相手は強振MAX房と推測できます)
しかし、失敗だったのが一試合に二度、VSモードで真ん中にボールを投じたのが裏目に出たのと、何より相手打者が小笠原ということを僕自身が失念していた点
 
案の定、相手の小笠原はミート寄りでゾーンを広く狙っており、それに対してど真ん中は絶対に重なってしまうコース
 
結果、この小笠原のVS二塁打でダメ押しとなる5点目を取られてしまい、打線も最後まで相手から点を奪えず0-5で敗戦
…この試合、半分くらいは僕のミスが敗因だったと思います。
これで前々回から続いていた18連勝記録もストップしました。


第三試合目
福留の2ランでこちらが先制
…能力的にはSHINJOとそんなに変わらないのにどうして活躍の仕方がこんなにも違うんでしょうね。
 
井端のタイムリーで3点目を挙げてからは、相手からのVSモードで僕の理論にはないパターンで不覚にも翻弄させられてしまい追加点が奪えなかったものの、このリードをJFで守り抜いて3-0で勝利

そんな感じで今日は少ないですが試合のみのプレイとさせてもらいました。
BBH2の存在が表に出てからというもの、僕の中でもBBHに対するモチベーションが下がって来ておりどうにもコインを投入する手が重たかったです(苦笑)
…あと、時間的なこともあったんですけどね。

それから、目的のカード販売の方を無事に終えて代金として2300円を入手
せっかくだったので、この日はそのお金でおかずを買って帰ることにしました。

…って、変に強調しない方が自然でしたね(苦笑)



阪神は3-6で負けました。
スコアを見る限り、序盤までは接戦を繰り広げていたみたいですけど勝てませんね…
特にこの沈黙すると沈黙したままになる打線はどうにかならないものですかね。
5回以降ノーヒットじゃ、応援する方も報われません_| ̄|○
今年の阪神は打線に粘り強さがないんですよね。。。

さて、阪神は明日もヤクルトと甲子園で試合ですが明日も負けてしまうようだと阪神はちょっと赤信号ですね。
逆にヤクルトはこのまま一気に突っ走るような予感…



-△-

他の娯楽も視野に入れて 2006,6,23 この日記を編集 削除

W杯は日本代表がブラジルに1-4と大差を付けられて敗戦し、これで日本の予選敗退が決まりましたね。
昨日、自画像の公開を宣言しただけに内心ではホッとしています(苦笑)
この結果を受けて日本のFIFAランクがどこまで落ちるのか気になる反面、とりあえず僕の口から一言

 
やっぱり、日本はイチローだなと(爆)

 
 
ヴァルキリープロファイル2 シルメリアですが、プレイ日記を書くにしても何処から触れていいのか若干、頭を使わさせられる内容なだけに難しいですね(苦笑)
とりあえず戦闘はシステムを理解した上で上手く操作できているとも言い難い部分がありますが、肝心のモンスターが弱いので序盤は楽勝もいいところでボスですら歯応えがありません。
最も、ファミ通によれば中盤以降からはレベル上げが必要的なことが書かれてあったので中盤以降からは戦闘の難易度が上がるのかもしれません。
それで現在のパーティですが、やっぱりエインフェリアを育てておいた方がいいのかなと思いつつもアリーシャ、ルーファス、ディラン、レザードの主要キャラ4人編成です。
決め技のニーベルン・ヴァレスティは格好良かったものの威力がイマイチ物足りないかもしれません…
ていうか、素朴な疑問があるのですがシルメリアの人格の時にシルメリアがニーベルン・ヴァレスティを使うのなら分かりますが、戦闘中は常にアリーシャの人格が表に出て来ているにも関わらず、人間のアリーシャがニーベルン・ヴァレスティを使うのってどうなんでしょうね?
そもそも、アリーシャはその心優しい性格と弱気な側面とは裏腹に戦闘では少々、強すぎるかと思います。
 
なんで、あんな小娘がこんなに戦えるのだろう?という強いギャップを感じたのは僕だけではないはず!
 
シナリオに関してはストーリーが進むにつれてボロが出そうなのであまり深くは触れず、ここまでは極めて無難な展開でゲームが進行しているかと思います。
いや、それにしてもヴァルキリープロファイル2 シルメリアは十分に面白いです。
別にBBHでなくても面白いゲームは他にもたくさんあるので、お金の消耗が激しいBBHには見切りをつけて他の楽しいことを見つればいいのかもしれませんね。
…まあ、まだ引退すると決まった訳ではありませんけどね。
僕が急に引退すると色んな意味で問題な気もしますからね。。。
 
総プレイ時間・5時間2分(+2時間19分)コリアンドル村 Lv8



阪神は4-7で負けました。
今日は、多少ツキがなかったところもありましたがリーグ戦に戻っても打線が相変わらずという感じですね…
久保田が登録を抹消されてリリーフ陣の負担を軽くする為にも打線には頑張ってもらわないといけないところなのですが。。。

8回裏に4点を返した点は評価したいのですが、相手のミスにホームランが飛び出したに過ぎないですからね…
特に今日は鳥谷が足を引っ張ってくれました。
2回表の大量失点に繋がるエラーに加えて打つ方では5打数無安打
特に第四打席目は先頭打者として四球を選べるカウント、リリーフにあがった高井の状態だったにも関わらずボール球に手を出して凡打
あれは一番がするようなバッティングではありません…
さらに9回裏の打席では味方が連打で粘り強く反撃をしていたところで最悪の併殺打…
まあ、鳥谷以外にも問題点が多々見られた試合でしたが、他にも能見と安藤の失点が気掛かりですね。
久保田が登録を抹消されて藤川が抑えにまわった今こそ、この2人にはリリーフとして頑張ってもらわないといけない時期だと言うのに。。。

岡田監督、もうちょっとどうにかなりませんかね?



さて、それで早速明日ですがBBHの余りカードの買い手が見つかったので明日は受け渡し場所としてゲーセンに行くついでにBBHをやって来ようと思います
現在、6月後期の成績の方が5連勝中なので何とか明日も5連勝してランキングに名を連ねたいものです。
あとは、そろそろセカンドチームの方もプレイしないとせっかくカードを集めた意味が薄らいで来ていますからね…
Asの方が一敗or引き分けでもしたら明日こそはプレイしようと思います。



-△-

JFK再崩壊… 2006,6,22 この日記を編集 削除

奈良は田原本で起こった「母子3人死亡火災」で行方が不明だった高一の長男を京都で発見されました。
地元の奈良県内で起こった事件だけに強い関心を示しているのですが、どうやらその少年が犯行を認めたようで火災で亡くなった母親というのが実は父親の再婚相手であり少年にとって実の母親ではなく、その父親は犯行当時不在で難を逃れている事から事件の背景が色々と思い浮かばせられますね…
それにしても、中高一貫校の全国でも有数の進学校と言えば奈良県内ではあそこが思い浮かぶ訳ですが。。。

事件の真相が明らかになったらなったで、何とも言えない事実関係が浮かんで来そうで哀しい事件になりそうです。



阪神 久保田 娘かばい骨折
経緯はともかく久保田が骨折ですか…
阪神ファンながらどう反応したらいいのか妙な葛藤が一瞬だけ自分の中に芽生えたのはいいとして、チームとしては痛い限りですね。
久保田の代わりに抑えは藤川で問題ないと思いますけど、久保田の代わりがなかなか難しいですね。
個人的にはスペンサーを落としてダーウィンを上げて、ダーウィンを勝利の方程式の一角を担わせるのがベストだと思います。
ただ問題は延長戦に入った場合にどういう風にリリーフ投手を繋いでいくかなんですよね…
なんだかんだでロングリリーフが利く久保田は頼もしかったですし、JFKの再崩壊で神がかり的な接戦の強さがここに来て薄らぐ可能がありますからね。
とても心配です。。。

あと今岡も久保田と一緒に登録を抹消されました。
今岡の場合は17日のオリックス戦で右手首に投球を受け、その後の回復具合が思わしくなかったことから
この二人の不在はリーグ戦再開を前にして大きな穴になりそうですね…
まあ、これでも条件は他球団と五分というかまだ有利な気もしますけど(爆)
しかし、こうなると戦力が整っているヤクルトが本格的に恐くなって来ましたね。。。



ヴァルキリープロファイル2 シルメリア>
結局、未クリアのゲームをクリアしてからプレイを開始したのでフラゲの価値は半減くらいでしょうか
 
主人公の少女が意外と美形で、それだけで開始直後からモチベーションが上がるというものですw>ぇ
マップ移動は今どき横移動だけなのに吃驚
ダンジョンはともかく街の中も横移動しかできないなんて思いもしませんでした…
読み込み時間は快適で問題なし
戦闘はシステムを理解して慣れるまで苦戦しましたが、今は大方問題なし
戦闘の3D化は戦略性が深まったものの、必要だったのかどうかは微妙な感じ
アクション系の戦闘はシンプルなのに限ります。
 
ただ、総合的に言うならば初プレイは悪くないですね
グラフィックや演出がいい感じですし、少なくとも現時点で3000円買取りの扱いを受けるほどの糞ゲーとも言えず、むしろ良作の範疇かと
この出来ならしばらくBBHを忘れられそうです。
 
総プレイ時間・2時間43分 王家の地下道 Lv6
 
 
 
さて、W杯で日本代表は明日の午前4時からブラジルと試合ですね。
時間が時間なのと日本の決勝トーナメント進出の可能性が可能性だけに熱心なサポーターと時間の都合が合う方しか生で観戦しないだろうとは思いますけど、せっかくなので2chの1000書き込み目風に一言

 
日本がブラジルに2点差以上差をつけて勝利し、なおかつ日本が決勝トーナメント進出決定なら…








自画像公開(核爆)

…まあ、それくらい無理って事ですね。



-△-

未完了なフラゲ 2006,6,21 この日記を編集 削除

とりあえず、いつも通りヴァルキリープロファイル2 シルメリアを発売一日前にフラゲしました。
しかし、問題が一つ
それは昨日のうちに終わらせるつもりだったその横顔を見つめてしまう~A Profile 完全版~を最後までクリアできなかったこと
今から思えば昨日は日想を手抜きするなどしてクリアまでのプレイ時間を十分に確保しておくべきでした。
おかげで今手元にヴァルキリープロファイル2 シルメリアがあるにも関わらず、その未クリア作品が物語の大詰めに入ったところだったりでどうにもスッキリしません。
その帳尻じゃないですけど今日は日想の方を手を抜いて書かせてもらいますね。

それで、そのヴァルキリープロファイル2 シルメリアですが、発売してすぐにも関わらずいきなり買取値が3000円なんですけど?
なんなんですかね。この異様な評価の低さは…
もしかして、シルメリアって「糞ゲー」なんでしょうか?

まあ、それはこれから実際にプレイしてみれば分かることなんですけどね。
しかしながら、他の店も同じように買取値が低いようだとちょっと計算外ですね。
最も、僕は新作ソフトを4000円(※お店にとって異なります)で買い取ってくれる事に嬉しいながら常々疑問を感じていたので、新作ソフトの買取値の相場はこの程度で十分だとは感じます。
僕に言わせれば、どっちにせよゲームをクリアしたら中古として売りに出すことには変わりなく、それを店側が勝手に高額で買取ってくれている感じに近いですからね。


…こう考えるのは贅沢でしょうか?



-△-

好調の原因 2006,6,20 この日記を編集 削除

本日付けで入社から4年間お世話になった上司が人事異動で他の部署に移動することになりました。
正直なところ、A型とB型であまり気が合わない方ではありましたけど、その中でも何かとお世話になっただけにいなくなるとやっぱり感じるものがありますね…
 
 
さて、BBHで最近の好調の原因を僕なりに分析してみると、VSモードの使い方を考え直したところにあるのかなと思い当たります。
今までは攻撃時にホームラン狙い一辺倒にVSモードを使用していましたが、今は守備時にも効果的にVSモードを使用してその結果に手応えを感じています。
また、VSモードを使用する上でそのタイミングも重要ですが、それ以上に重要なのがVSモードを的中させるだけの読み
いくら絶妙なタイミングでVSモードを使用してもそれが裏目に出れば意味がないわけで、この辺りの読みに正解はなく常に流動的
しかし、相手のプレイスタイルや段位、試合中のVSモードの配置パターンからある程度ゾーンを絞ることは経験上可能だと思われるので常にその辺りの読みに神経を使い1/9の確率を1/9のままで挑まないことが肝心
また、こういう読みが上手くいくようになると今度は守備時に相手の的を外すことが容易になって来て、こちらは逆に8/9のゾーンに投げ込めば相手をアウトにすることができるので、その中で最も相手に的中されるリスクや要素がなさそうなところを考えて選択すればそうそうホームランを打たれる事はないと思います
あと、個人的にやっぱりオススメしたいのが試合の山場で相手が使用してきたVSに対して「ど真ん中」を選択する究極技
相手の心理を逆手に取るならば、試合を決するような大事な場合でわざわざ自分からVSモードを仕掛けておいて「ど真ん中」に的を絞って来る人はまずと言っていいほどいません。
また、これの融通が利くところが同じ相手と対戦するなら相手の性格次第で二度目はリスクを含んで使えませんが(実際、ど真ん中に投げたあとにど真ん中に的を絞って来る人がいます)BBHは毎回プレイする度に対戦相手が変わるのでその試合ごとに何度でもこの手法が使えます。
ただし、これは相手が強振MAXでホームランを狙って来ることが前提で相手が無理せずミート打ちでタイムリーを狙って来るような場面、もしくはそういう打者が相手だとホームランは打たれないにせよヒットを打たれる可能性は十分にあるので、その辺りの状況判断も大切ですね
…実際、僕自身ここ最近はVSホームランを打たれていないのはまあ偶然の要素も否定できませんが、何も考えないよりかは考えた方が回避できる可能性が上がると思いますし、何よりこういう風に読み合った方がやっていて楽しいですね。


ただ、そんなVSモードもBBH2ではコントロールミスあり、失投あり、四死球ありの仕様になるみたいでこれには個人的に大不満
たしかにそちらの方がよりリアルであることには間違いですけど、そういうプレイヤーの手に及ばない運要素を増やすのは個人的に如何なものかと思うわけで、打たれるにせよ抑えるにせよそれはプレイヤーの自己責任で結果がどちらに転んだとしてもお互いにプレイヤーが納得できるような仕様にしてもらいたいですね。

「よし、上手く相手の狙いを外した!」と思った瞬間に失投で四球とかやってられない訳ですよ。。。

BBH2では直球と変化球の投げ分けができるのに加えて自チームの打者に直球or変化球狙いを選択できるみたいですが、それが当たるも外れるも全てはプレイヤー次第
それと同じようにVSモードでも結果に対してプレイヤーを納得させることが必要なんじゃないかと思います。
そこに一定の法則があるにせよ運の要素に振りまわされるようでは納得がいきませんし、繰り返しプレイしようという気も心理的に起こらないでしょうからね…

それと聞くところによるとBBH2では「旧カードも使えるように調整している」という話は耳にするものの、どうやら段位やら成績、選手レベルはリセットされるっぽいです。
これについては「まだ確かな情報」とは言えませんが、普通にそうなるのが妥当なんだろうなとは思います。
ただ、BBH2でこのゲームをどんなに面白くしたとしても1プレイ500円という値段設定ではプレイする層の人間が限られて来ると思うのでBBH2で新規ユーザーを増やすよりもコナミには今のユーザーを大切にしてもらいたいなと思う次第で個人的には段位はリセットでもいいのですが選手レベルに関してはせめて現レベル-1で妥協点を得たいところ
上段者に比べれば僕なんてまだまだマシな方なんでしょうけど、純正でようやく選手レベルを5まで上げたプレイヤーとかはシャレにならないはず
そういう事を知ってか知らずか最近、僕のホームではBBHが微妙に過疎って来ました。
とりあえず、当初の予定とは違う方向に話題が進んでしまいましたがBBH2をプレイするかどうかは現時点では未定
最悪、旧カードの互換性とデータは諦めるにしてもVSモードが納得のいく仕様でなければ…BBH1限りでの引退も十分に有り得るかと思います。



阪神は2-0で勝ちました。
交流戦の予備日ということで試合中継がなかったのが辛いところでしたけど、福原がまたナイスピッチングをしたみたいですね。
打線は何とか2点を取ってこの日もFJKのリレーでリードを守り阪神が勝利!
藤川は得点圏にランナーを置くことはあっても、ランナーを絶対にホームに還さないのだから立派そこからですね。
藤川はこれで31試合無失点で防御率も0.20
この成績なら今年は文句なく藤川にジャイロボールを付けさてもらいますよw

阪神は今日の勝利で交流戦21勝15敗の成績で交流戦3位ですか
まずまず…いや、チーム状態を考えたらこの成績は上出来だと思います。
その阪神は23日から交流戦2位のヤクルトと甲子園で対戦
ちょっと、このヤクルトとの三連戦は不気味というか交流戦好調だったヤクルトの実力を見極めていきたいカードですね。



-△-

負けないAs 2006,6,19 この日記を編集 削除

今日、自分でも意味不明に日本がブラジルに2-1で勝っている夢をみました。
ちなみに2点目は誰かが頭で押し込んでいましたw
…ただ、いくら日本がブラジルに勝っても2点差以上付けて勝たないと予選を通過する事ができないので結果的に何とも微妙な夢でした。


それで、今朝の出来事
僕の隣に立っていた男子学生が吊り輪に掴まりながらウトウトと寝ている…だけならまだ許せたものの、あろうことかその男子学生は間抜けな顔で僕の肩に寄り添ってきやがりましたよ。
 
肩に寄り添ってきて許されるのは若い女性だけに決まってるだろうがーーー>ぇ

てな具合で駅に着くまでずっとその男子学生に嫌悪感を感じていました。
そりゃ、僕も吊り輪に掴まって立ちながら寝ることもありますけど、男が男に寄り添うなんて人類レベルでマナー違反なので大人しく寝るだけのスキルがないなら自粛しましょうと…
ちなみにそいつに寄り添われたのはこれで二回目だったりします。
とりあえず、次からそいつの顔を見たら出来るだけ離れるようにして他の人に犠牲になってもらおうと思います(爆)




さて、今日は予定通り仕事帰りにゲーセンに寄ってBBHをやって来ました。
最近、友達から電話が掛かって来る度に「BBHやってるの?」と言われますが僕はそんなに頻繁にはプレイしていないと思うのですがどうなんでしょうか?
とりあえず、ゲーセンに行く前に書店に寄って今日発売のONE OUTS17巻を購入しました。
帰ってから時間があるようならその日のうちに読みたいと思います。
さて、それでは本日の試合結果といかせてもらいますね。


第一試合目
対戦相手は15勝1敗3分の19試合で一度しか負けていないプレイヤー
これはサインの出し忘れ一つが致命傷になりかねないだろうなと意気込んでプレイを開始
 
こちらは2回裏にウッズVS2ランで先制するとイニング変わって谷のタイムリーでさらに1点を追加
そのあと一死満塁とチャンスを広げて無得点に終わるがこの相手には3点で十分でした。
見事に3-0で勝利!
…ていうか、なんでこの人が19試合で1敗しかしていないのか分からないくらい歯応えがなかったです。


第二試合目
相手に1点を先制されるも今の僕に1点のビハインドはあってないようなものです。
すかさず井端、谷、今岡の三連続タイムリーで逆転に成功すると相手の反撃もVSモードで相手の巧打者を効果的に潰してリードを守る
最後はちょっと久保田が劇場を開きかけましたが後続を無事に抑えて3-1勝利


第三試合目
谷のタイムリーで先制するとカブレラのVS3ランで初回に4点を先制
…この時点で勝ちは決まったようなものです。
5回表に谷のタイムリーでさらに追加点を奪い、その裏に1点を返された直後に先頭のカブレラのノーサインソロであっさりと1点を取り返して1-8で勝利


第四試合目
選手の調子がややキツイ状態で対戦相手は純正横浜
…こういう相手には準純正阪神に組み替えて対戦したいところでしたけど、まだGR金本を持っていないので本当にごめんなさい_| ̄|○
 
試合は無死二、三塁からミートMAXの内野ゴロ2つで確実に2点を先制する。
7回表にカブレラVSソロで1点を追加
さらに代打・ウッズもドンピシャでホームラン…かと思ったら平凡な外野フライ
2chに書いてあった通り、ウッズでも打ち損じするんですね。。。
まあ、今回は大事な場面じゃなかったので良かったです。
…にしても、カブレラはミート寄りだというのにきっちり次の打席もVSでスタンドに叩き込んでくれましたよ。
115試合出場でここまでホームランを53本放ち、その殆どがVSモードによるものですがカブレラは一度も打ち損じたことがなければ不調でも平気にスタンドに運んで来れるのでうちのチームにはなくてはならない存在です。
試合の方は0-4で勝利
 
 
第五試合目
また純正横浜と当たりました。
しかし、今回はレベル4以上の選手で構築され、しかも相手は大勇将という強者
 
そんな相手に初回にスクイズを決められて1点を失う
…不思議と許せましたw
ただ、そのあと多村にタイムリーを打たれて2点目を失い、相手のペースで試合が運ばれるマズイ展開
しかし4回表に相手のサイン攻めから今岡がタイムリーを放ち1点差に迫ると、カブレラのVS2ランで読み通り逆転に成功!
試合は最後まで分からない展開となりましたが、1イニングにJFKを投入してそれぞれ一つアウトを奪う決死の継投で何とか1点を守り抜き3-2で勝利
…しかし、この人は本当に強かったです。
どうやったら純正でそんなにヒットが打てるのか教えて欲しいくらいでしたよ。
一瞬、はじめて純正相手に負けることも覚悟しました(苦笑)

そんな感じで今日も5戦5勝の好成績でAsだけで言うと現在のところ実に18連勝中!
全国ペナントは15日付けでリセットされていたので6月後期は5連勝スタートとなりました。
ちなみに前回の6月前期の成績は9勝1分で奈良県8位にランクインしました。
…ていうか、9勝でまだ上に7人もいるのかぁ。。。
奈良県のプレイヤーには全国レベルのプレイヤーが多くいることが前回の交流戦でよく分かったのでこれより上位を難しそうです(苦笑)
チームとしては光さんにアドバイスを頂いたメモリで赤星と荒木がそれなりに機能するようになったのが大きかったです。
あと僕が知らないだけだったのかもしれませんが、今回のプレイで今までに見た事のなかった打球がいくつかあったような気がするのですがコナミは非公表でちょくちょくバージョンアップしていたりするんですかね?
なんか、谷のセンター返しを二塁手に捕球されるバージョンとかあったんですけど?
あと試合開始前にしか選手の調子が見れなくなってました。
…と思ったら違う席に座ったら普通に試合中も調子が表示されていたんですけど、もしかしてその前の席が異常だっただけなんですかね?
てっきり、僕はコナミが今日からバージョンアップしたものだと思いましたよ(苦笑)
それで、セカンドチームの方ですが今回もメインのAsの方が絶好調でネタチームで息抜きをする機を逃してしまい結局、今回も未プレイに終わりました。
ネタチームのプレイ記を楽しみにしていた方はすいません。。。
一応、カードは新SPセギノールが当たりました。



阪神は5-2で勝ちました。
…って、今日試合があることをすっかり忘れていてごめんなさい_| ̄|○

試合の方は阪神が5回に5連打で5点を奪うと投げては井川が6回を2失点の好投
今日の井川投手は四球が少なかったのが良かったですね。
井川投手曰く、結果に伴っていないものの状態は徐々に上がって来ているそうです。
そして、最後はFJKの継投で日ハムの反撃を抑えて阪神が勝利!
リアルタイムで観戦できなかったのが惜しいところですが阪神の5連打なんていつ以来でしょうか?
打線はちょっと元気を取り戻してきたかなぁ…
個人的に、そろそろ赤星を1番に戻して鳥谷を7番にした方がいいと思います。



-△-

BBH攻略理論 2006,6,18 この日記を編集 削除

今日は昼前に起きてからBBHをやりに行こうかなと思いましたが奈良の設置店舗は交替のルールが糞仕様で待ち時間が苦痛ですし、大阪に行こうにも時間的に微妙な感じになったので結局、自宅で一日を過ごしました。
…本当に市内にBBHが設置される日が待ち遠しいです。
一応、今日は外出して夏服を一枚買いました。
お値段は2100円でこれくらいが僕にはベストですw
僕は貯金貧乏というかケチ貧乏とでも言いましょうかね?
お金を使う事を普段から避けようとする傾向にあるので金銭感覚は高校生と変わらないかもしれません(苦笑)



さて、前回のプレイで12戦で11勝1分の好成績をマークして自分なりにBBHのプレイスタイルが確立したのと、これからBBHを始められるたくわさんに向けてという意味も込めて今日は僕なりのBBH攻略法を書かせてもらいたいと思います。
何気に僕を含めてBBHプレイヤーなら誰しもが関心を示しているであろうリバーさんのBBH2のロケテスト報告に対抗しているのは内緒ですw

まずは選手のメモリについて
野手は基本的に真ん中から-1~-4の辺りに合わせておくとよりヒットが出やすくなります。
大体、どの選手もメモリをこの幅に合わせておくのが基本になりますね。
ただし、スキルでパワーヒッターを所持している長距離打者に関しては調子が普通以上の状態ならばメモリを強振MAXに置いて一発を狙うのもいいですね。
相手投手のメモリにもよりますが6回に1回は期待に応えてくれるかと思います。
あと、当然としてメモリを強振寄りにすると三振が多くなりミート寄りにすると空振りの三振が少なくなります。
また、メモリをミートMAXに置くと打球が高く弾みやすくなるので併殺打を防ぎたい時などに有効で強振MAXは三振が多くなる分、外野フライが出やすくなるのでその辺りは状況に合わせて使い分けていきたいですね。

次に投手のメモリについてですが、基本はミート系の巧打者にはパワー寄りで押して長距離打者に対してはー1のところにメモリを置くのが個人的にはオススメです。
自プレイに基づけば、これで長距離打者のノーサインホームランはある程度は防げると思います。
パワー寄りだと奪三振率や与四球率が上がり体感的に凡打率が上がると感じる反面、ホームランが打たれやすくなるはこのゲームの常識なのでそこはしっかりと頭に入れておきたいですね。
また、投手のメモリは一定に放置しておくのではなく相手打者によってメモリに変化を与えるのに加えて「打ち取った時の打球の飛び方」にも注意していきたいですね。
とりあえず、高く上がった外野フライとキャッチャーゴロが出たら、それは相手が強振寄りにメモリを置いている証拠なので、それ以降のメモリの置き方の参考にしましょう。

メモリに関する見解が終わったところで今度はサインの出し方、相性や性質について
BBHにおいて、最も相手からサインを出されるケースが相手がピンチを迎えた場面であり、逆を言えばこちらのチャンスの場面でこれは相手に限らずお互いにランナーを得点圏に置けばサインは出した方がいいですね。
特に僕もプレイしていて相手のそういう駄采配をよく目撃しますがランナーを得点圏に置いた状態でセンターガエシーズのしかもチャンスに強い打者をノーサインで迎え打つなど「相手にタイムリー打って下さい」と言っているようなもの
現に僕のチームの得点のパターンの一つが井端、谷、今岡らのノーサインからのタイムリーですからね。
センターガエシーズも、サインを出されると安打率はその辺りの打者と変わらなくなるので、ピンチ以外でもランナーを出したくない場面などではセンターガエシーズへの積極的なサイン攻めは必須!
僕としても、センターガエシーズに徹底してサインを駆使して来る相手はやっぱり戦いにくいですね。
…この時点で得点手段がVSホームランくらいでしかなくなってしまいます(苦笑)

それからサインの相性、性質についてですが、長々と文章にすると区切りがなくなりそうなので一つづつ分けて書いていく事にしますね。

【攻撃時】
・引っ張り
主に強振MAXでホームランを狙う目的で使うサイン
ただし、長距離打者にこちらから「引っ張り」のサインを出しても相手は必ずと言ってもいいほど「長打警戒」のサインを出して来るので相手からサインを出して来ないならこちらからサインは出さない方がいいです。
引っ張りVS長打警戒でもホームランは打てますが明らかにノーサインで挑んだ方がホームランが出やすいですからね。
他には進塁打を打つ目的で左打者により確実に右方向を打たせる時に使用したり、現バージョンでは二死以外のアウトカウントでランナーが一塁にいる場面で左打者にミートMAXで引っ張らさせると一塁の頭を超えるヒットになりやすいです。
サインとの相性は長打警戒に弱く、打たせて取れに有効…と考えられますが個人的には結果としてそんな目に見えた効果もないですね。

・センター返し
とりあえず、ランナー一塁の場面で選択するとゲッツーになりやすいです。
あまりヒットにならない印象があるので個人的にはあまり使用しないサインですね。

・流し打ち
右打者に進塁打を打たせる目的で使用
あとは赤星でミートMAXにして内野安打を狙ったり…
こちらもヒットは出にくいかな?
サインとの相性は「打たせて取れ」に明らかに弱いです。

・積極的にいけ
公式によると初球○を持っている選手に有効らしいです。
まず振るので、見逃し三振で終わることが殆どありません。
サインとしては比較的、よく使う方ですが効果のほどは微妙な感じ
サインとの相性はボール球で勝負して来る「打たせて取れ」に弱いですね。

・見極めていけ
ヒットを打つ時もありますが、ほぼ四球を狙う時に使用
相手投手のメモリがパワーピッチで、サインで「打たせて取れ」「盗塁警戒」「エンドラン警戒」を重ねて来ると四球を選ぶ確率が高くなります。
これがなかなか有効なサインで、このサインに苦しめられて投手が四球を連発した経験は誰でも一度はあるはず
とりあえず、相手に苦しめられる時もありますが自分からも有効に使っていきましょう。

・ヒット&ラン
サインについての説明はするまでもなく、決まれば一気に有利な状況で得点を狙うことができます。
ただし、相手の「エンドラン警戒」に非常に弱く相手に読まれるとほぼ内野フライになって成功しません。
1点が欲しい場面で確実に決めたいのなら、リアルでは絶対にやらないような強打者にサインを出すと相手も警戒して来ないので比較的決まりやすいです。
…この辺りの判断は各個人にお任せします。
また調子に悪い打者には普通に打たせるよりも体感的にヒットが生まれやくなったりするので調子が悪い打者にはこちらから指示を送るのもいいかもしれませんね。
一応、邪道な得点手段としてホームエンドランとかも相手を萎えさせること間違いなしですがゲーム的に有効ではあります。
サインとの相性は「エンドラン警戒」は当然として「打たせて取れ」でヒットを防ぎやすくなりますね。

・盗塁
CPU戦ではお構いなしにバンバン選択しましょう。
そういう僕の谷は40盗塁を記録していますw
対人戦では「盗塁警戒」のサインを出されると赤星の足でも40%の確率で左投手ならさらに分が悪くなり、投手が牽制持ちだとほぼ100%の割合で刺されますね。
結果を見る前に捕手が上手く高めにウエストした場合は大人しく諦めましょう。
ただ、バランス的には狙う価値が十分にあるので試合を通して上手く使っていきたいですね。
サインとの相性は「盗塁警戒」が不利
逆に「盗塁警戒」を出される事を想定して「ヒット&ラン」や「見極めていけ」を選択してチャンス拡大を狙うのもアリ
特に盗塁の阻止にはパワーピッチが基本なので「見極めていけ」は四球を選べる確率が高くなりますね。

・犠牲フライ
・バント
・スクイズ
あえて選択する時くらいにしか選択する必要はなし
ヒットを打つよりも送りバントを決めることの方が難しくゲッツーになることも珍しくないので使いづらい
スクイズも普通に内野ゴロで三塁ランナーがホームに生還してくれるようなゲームなので、それよりもミートMAXで内野ゴロを狙う方が遥かに安全で賢明
犠牲フライは内野フライになることが多く、その割にサインが決まっても微妙な感じ
たまにホームランにもなるみたいですが、唯一の利用価値と言えば投手の併殺打を防げる点でしょうか?


【守備時】
・打たせて取れ
インコースのボール球で勝負します。
中距離打者~巧打者辺りに有効でインコースに投げる事から長距離打者には危険
天敵とも言えるのが相手の「見極めていけ」でメモリの配置に関係なく四球を連発することも…
有効なサインですが、相手の「見極めていけ」の餌食にならないように考えて使っていきましょう。
サインとの相性は「流し打ち」「積極的にいけ」に強く「引っ張り」「見極めていけ」に弱い

・長打警戒
一発を防ぎたい場面で使いますが、パワーのある打者だとそれでも「引っ張り」でスタンドインされれこともしばしば…
ただ、だからと言って長打警戒を出さない訳にはいかないので長距離打者には間違いなくこのサインを出しましょう。

・エンドラン警戒
相手の「ヒット&ラン」を封じるサイン
上段者になるほどあまりエンドランを仕掛けて来ませんが、だからと言って油断は禁物
また、このサインだけだとポテンヒットになることがあるので、できるだけ「打たせて取れ」も併用させるようにしましょう。

・盗塁警戒
全てのサインに言えますが、このサインを出して捕手がサイン通りしっかり高めに外してくれるかどうかは捕手のリードレベル次第
また、このサインを出す場合は投手のメモリをパワーMAXにしておくこと

・内野後退
多くのプレイヤーが使って来る常套手段
もちろん僕も守備時には大変、お世話になっているサインの一つですが…
内野が下がることによりヒットが出にくくなり、その割に内野安打もあまり期待できずゲッツーも難なく決まるのだからお手上げです。
これに対して有効なのは…根本的な手段は今のところ、思いつきませんね。
とりあえず、内野が後退することによって内野手のベースカバーが遅れてあまり足が速くない選手でも盗塁が決まりやすくなるので、相手があまりにも多用して来るようなら2アウトになる前に三塁に走ってみましょう。

・ゲッツーシフト
センターガエシーズのセンター返しに有効と言われていますが一二塁間などが大きく空くのでここを抜かれると危険
まあ、裏目に出た時の方が恐いので僕はあまり使いませんけれどCPU戦ではマジで有効なサインの一つなのでCPU戦ではどんどん使いましょうw

・その他のサインについて
僕自身はあまりサインを出した事がないのでよく分からないですね。
あっ、敬遠は別ですよ。
基本的に僕は敬遠をするのが大好きな人間なのでw>ぇ
内野前進はサインを出しても真正面にゴロが転がったというのに三塁ランナーのホームインを阻止できなかったのでかなりの不信感を抱いています。
あとは、まぁ…お好みでどうぞという具合ですかね。

そんな感じ以上が僕のBBH理論の60%くらいですかね。
VSに関しては奥が深くてたまたま上手くいっても次プレイでは不発だったりと一概に何とも言えませんね。
ただ、赤星なんかは確実にVSで仕留めておいた方が当てられた時のリスクも少ないのでおいしいですね。
最終的には自分のプレイ感が決め手になるでしょうから、僕の見解も参考程度に見て頂ければなと思います。
最後にキラカードと黒カードの違いに悩んでおられるたくわさんに一つカミングアウトを言うと

僕が使っている打率.490の谷は黒カードです(爆)

恐らくGRに能力差があったとしてもSPと黒カードに差はないと思います。
あと、センター返しですがたしかに今はセンター返しがヒットになりやすい仕様だと言えると思いますがセンター返し自体、守備がいないところに打球が飛んでいきますからね…
まあ、センター返しの打球速度が調整されて遊撃手に取られたりしたらセンタガエシーズの時代もおしまいでしょうけど(苦笑)

そんな具合で今日の昼頃にトレードのカードが全て届いたのでヴァルキリープロファイル2 シルメリアが発売する前に明日の仕事帰りにでもBBHをプレイしに行こうと思います。
あと、Asの方はあと3連勝すれば引き分けが消えて10勝をマークするので明日はそちらも狙ってみたいですね。
それにしても、ネパワ界で純正プレイヤーの活躍が目立ちますが凄いものですね。
こういうのも何ですが僕は今のAsで純正はもちろん準純正にも負けたことがないのはおろか引き分けたことすらないので純正プレイヤーの活躍ぶりには少し驚いている部分があります。
…僕も明日はセカンドチームで念願の初勝利といきたいですね。



阪神は5-1で負けました。
う~ん、三連勝を期待していましたが今年の阪神はこの程度なのかなぁ…と
試合は阪神が3回表に矢野のホームランで先制して、先発の江草が鬼門の4回裏に2アウトからピンチを迎えながらも無失点に抑えて「今日はいけそうかな?」と思ったら5回裏にヒットを集中され2点を取られたところで降板
代わった金沢が中村ノリを三塁ゴロに打ち取りダブルプレーかと思われましたが、これを片岡が弾いてしまいタイムリーエラーとなり1点を追加され後藤のタイムリーで2失点
そして、ここで打者走者の後藤を一二塁間に挟んだにも関わらず鳥谷が三塁ランナーを気にし過ぎてオールセーフ…

そのあと、阪神は6回表に2死一、二塁で金本とチャンスを迎えますがここで菊地原をぶつけられて金本は空振りの三振
終わってみればわずか3安打の攻撃で意地を見せることなくあっさりと敗戦
この辺りが今年の阪神の悪いところですね…逆転勝ちが少ないのも相手に勝ち越されてから1点も返せないで負けることが多いですからね。
リードを守り切れるリリーフ陣は頼もしい限りですが、逆に打線にはビハインドを引っ繰り返せるだけの底力が欲しいですね。
…そおれにしても、シーズン開幕前の予想で今年はどこのチームもベストの状態が組めないない状態での争いになりシーズン中は順位が激しく移り変わると予想しましたが、何か本当にそういう展開になって来てますね。。。
その中で今一番調子がいいヤクルトが恐い存在です。

…ところで、しばらく見ない間に「オリックス・谷の顔」って何か変わりました?
って、すいません。
要するに「BBHの谷の顔が僕の中でデフォになりつつありました」と言いたかっただけです_| ̄|○





最後に、ちょうどいい時間帯に試合が行われていたので日本-クロアチア戦を観戦していましたけれど勝ち点3を取らなければならない試合で0-0の引き分け
とりあえず、川口がPKでナイスセーブ!
柳沢が決定的なシーンを逃しちゃった…
とりあえず、改めて日本代表お疲れ様でした。
ブラジルには勝てないでしょうからね。
それにしても、サッカーの試合を90分フルで見ていて感じるのが…

90分間フルに観戦させといて0-0の引き分けってどうなのと?

結局、何も生まれていない訳ですよね。。。


画像はGR工藤とGR菊地原を放出して手に入れたカードです。
まあ、SP赤星は一枚余計なんですけどねw



-△-

追加の3人枠を考える 2006,6,17 この日記を編集 削除

仕事から帰宅後、約束通りカープの余っているカードをたくわさん宛に発送
余りカードを探ってみたところ、広島のカード11枚+4枚をお送りしました。
それにしても、たくわさんもまずは純正広島でプレイされるみたいで…
なんか本当にネパワ界でAsをメインに使っているのって僕くらいのものですね(苦笑)

 
まあ、それはそうと気が早いことにBBH2をプレイすることを前提にBBH2で新たに追加された登録選手枠の3名に誰を加えるかを考えてみたいと思います。
ひとまず、現状で先発を5人でまわしている我チームですが、BBH2では無駄に怪我の概念が導入されただけに万が一に備えて先発をもう一枚増やす必要があると言えそうですね。
…いや、それにしたって先発投手と捕手は二選手が怪我を負った時点でチームとして野球が成立しなくなりそうな気がしますけどね。

話によると怪我人リストの覧には5人まで枠があるみたいなので最大5人まで怪我をする可能性があると考えてよさそうで特に投手が打席に入るセ・リーグでは先発投手が怪我を負うリスクが高くなりそうで心配です。
…特に完封目前の投手を対戦相手が腹癒せにノーコン投手でインコース攻めをして死球が出るのを狙うとか(爆)
まあ最低限、同一メインポジションの選手は同時期に怪我をしないっていう決まりがあれば何とかなりそうではありますけどね。
ただ、ケガで投手が足りなくなるとマジでシャレにならなくなるのでそういう意味では先発に加えてリリーフ投手も一枚加えておいた方が良さそうですね。
それから捕手は…流石に三人制にしなければならないほど怪我が多発するようならそれはそれで大問題なので捕手は二人で大丈夫だと信じ抜きたいと思います(苦笑)
 
そもそもリアルなら選手がケガをしたら二軍から上げて来られますが、二軍が存在しないこのゲームでケガを取り入れること自体がナンセンスな気がしますからね…

最後に3人目の追加登録選手ですが、こちらも怪我に備える形で選手を補充するのがベストでしょうか?
内野なら各ポジション三選手づつ、外野なら6人守備適正のある選手がいるようならBBH2の怪我システムにも対応できるんじゃないかなと思います。
これを元に僕のチームで言うならば新SP黒田、SP豊田、新黒・シーツを補充することになりそうですね。
新SP黒田、SP豊田は現在の登録枠だと使いたくて使えない選手だったので迷う事なく決定
新黒・シーツは、これで完全な準純正阪神を結成できる&レギュラー内野手に怪我人が出た場合にも幅広く対処できることからこちらも決定
外野は世界の鉄人を始めとした6選手がいる予定なので補充するまでもなく大丈夫でしょう。
とまあ、そんな感じで誰よりも早くBBH2のメンバー構成を考えてみました。

…すいません。
最近、BBHネタばっかり思いついて通常ネタに気がまわりません_| ̄|○

にしても、早いところBBH2での旧カードの扱いやらデータの引継ぎがどうなるのかと言った辺りが明らかにならない事には、BBH1をプレイしに行こうにもモチベーションがイマイチ上がりませんね(苦笑)



阪神は1-5で勝ったみたいですね。
今日一軍に上がったばかりの林威助の2打席連続ホームランなどでオリックスに勝利した今日の試合
赤松を二軍に落とすのは惜しいくらい
でしたが、代わりに昇格した林威助が大活躍しましたね。
…今日のスタメン出場にしても最近、桧山がアテにならないですからね。。。
さらに今日の試合に先発したオクスプリングス
相変わらず四球を3つ与えたみたいですが結果は6回1失点の好投
こちらもダーウィンを二軍に落とすのは惜しいを通り超してありえないくらいでしたが、代わりに昇格したオクスプリングスが結果を残しましたね。

さて、これでオリックス相手に二連勝となりましたが僕は明日の試合こそ大切なゲームになると考えます。
楽天に負け越して、ここでオリックスにキッチリ3連勝できないようでは納得がいきませんからね。
明日は阪神の勢いを計る上でもしっかりオリックスに3連勝しておきたいですね。
最後に今日の試合で今岡と矢野が死球を受けて大事を取って途中交代したいみたいで、どうやら大事に至らなかったみたいですけど心配ですね。


画像は今やっているその横顔を見つめてしまう~A Profile 完全版~というゲームのキャラです。



-△-

BBH2のロケテ 2006,6,16 この日記を編集 削除

7月改編期のアニメ情報という事でチック大佐さんのブログを見させてもらいましたが見事に7月改編期のアニメの中に僕の見たい作品が一つもありませんでした_| ̄|○

今現時放送されているアニメが終わったら見るアニメがなくなっちゃいますね。
幸い、シーズン中なので見るアニメがなくなっても野球中継を観れば何とかなりそうですが、シーズンオフでもこんな状態だと辛いですね…
…なにか、この中でオススメのアニメってありませんかね?


それで、この間から密かにプレイしているその横顔を見つめてしまう~A Profile 完全版~というゲームですが、スローペースの僕にしては全攻略キャラ三人中もう二人目までをクリアしました。
終始、軽快なテンポで展開されるだけに体感的にはボリューム不足な気すらしてしまいますね。
あと、一つ苦言を呈するならばシナリオそのものには興味を引くもののラストが弱い…のは車輪と同じですね。
今までにもシナリオの流れはいいのにラストが弱いが為に評価しきれなかった作品がありましたけれど、どうやらるーすぼーい氏もそれと同じ類っぽいですね。
…安っぽいながらもハッピーエンドで終わる形はいいんですけどね。
 
あと、この人のシナリオには少し独り善がり的な部分が見受けられるのでここは人によって好みが分かれるかもしれません。
そういう僕は好感を抱いているからこそ、この人が手掛けた作品をプレイしているんですけどねw
…僕があと3年若かったら多大な影響を受けていたことでしょう。



さて、BBHですが話によると池袋と横浜の各一店舗で今日から3日間、BBH2のロケテをやっていてちゃかりカードまで排出されているらしいですね。
…僕も行けるものなら行きたかったです_| ̄|○
 
僕自身、ロケテの価値には興味ありませんけどロケテのカードは後々、高値で取引きされますからね…
それを500円で二枚も手に入れられるのなら仮に半日待つことになったとしても僕ならやりに行きます。
とりあえず、ロケテにあるか分からないですけどロケテ版・中村ノリとか手に入れた日にはオクで一万円は下らないでしょう。
 
…まあ、都心限定で行なわれている手に入らないカードのことをこれ以上、熱く語っても仕方がないので前情報を元に僕なりにBBH2について考えてみると、まずBBH2からの追加要素の「直球、変化球の投げ分け」「選手の得意、不得意コース」について
とりあえず、個人的には現バージョンに結構、満足していたりするのでそこに直球と変化球の投げ分けが可能とか言われても具体的に何が変わるのかよく分からないんですよね…
情報によると直球と変化球の投げ分けは従来の走塁、守備指示のようにタッチして変更が可能みたいですけど、これがどう影響するのか?
攻撃時のサインに「直球or変化球を狙え」みたいなのが追加されていて、それが的中すれば安打率アップとか?
…ただ、それだと駆け引き以前にただのジャンケンでしかないような。。。
まあ、現バージョンでもエンドランとか十分、ジャンケンみたいなものですけど
 
あと、選手別に得意コースと苦手コースが新たに設定されているみたいですが、そういう事をされると余計にVSで混乱するような気がしてなりません。
守備側からすれば絶対に相手の得意コースには投げないでしょうし、かと思ったらしばらくするとそういう相手の裏を欠いて得意コースに投げ込んだりして…
なんか読み合いに疲れそうです(苦笑)
情報によると得意コースだとミートゾーンが広がり、苦手コースだとミートゾーンが小さくなるみたいですがそもそも強振MAXならミートゾーンが多少小さくなろうが関係ありませんし、それに加えて相手の不得意コースに投げ込めばドンピシャでもホームランにならないとかあったりして、それでなくても一定確率で外野フライに終わるなんていう仕様だったらまずゲームとして終わってますね。
あと今回、どうやらVSで投手が失投をして四球になるパターンもあるみたいで仮にドンピシャでも失投に救われて被弾を免れたりするケースもあるみたいです。
…それもどうかと思いますけどね。。。
さらに今回はコントロールが悪い投手だとVSモードで指示したところに投げてくれず四隅が狙いにくくなったみたいで、これのおかげでVSモードの発動は守備側に不利になったとも言えますかね?

それと今回、投手が自動で牽制することがありパスボールと死球と怪我が追加されたとのこと
特に怪我をすると数試合ゲームに出場できなくなるみたいで何試合出られないかは現在調整中だそうです。
…家庭用ゲームならともかくこういうゲームで怪我とかどうなのかなと。。。
まあ、その関係で選手登録が3人増加されたと見るべきでしょうか

あと選手データですが今回もプロスピ3がベースなっているみたいです。
ただ、阪神勢で言えば金本、濱中、今岡までならともかく桧山にもパワーヒッターが付くっていうのはどうにかなりませんかね。。。
最も、現在レベル3でPHを取得したSHINJOのノーサインホームラン率を考えた場合、バランス的には実は丁度良いのかもしれませんけどw

最後にBBH2稼動で最も注目すべき点である現行のカードの扱いについて
コナミの社員から話を聞いたという話によれば「BBH1のカードをBBH2でもそのまま使える方向で開発を進めている」という事でひとまずは一安心?
ただ、BBH2が今年のバージョンなら最低限、去年を最後に引退or退団した選手は使えなくした方がいいとは思いますね。
城島とかローズとか佐々木とか野村とか…
この辺りはコナミがBBHをどういうゲームにしようとしているのかが伺えますね。
リアルを忠実に守りたいのなら使用不可、ゲーム的にバリエーションを増やしていきたいのなら引き続き使用可能という形でコナミはどちらの選択を取るのでしょうか…恐らく後者だとは思いますけどねw
あと、それ以外でも懸念したいのが今年のバージョンなのに去年の勝負強い今岡とか首位打者を獲得した頃の嶋が健在なようだと…何か混沌としたゲームになりそうですよね(苦笑)

あと、幸い旧カードがBBH2で使えたとしても新カードの方が成長面で旧カードよりも優遇されて実質的に旧カードは使い物にならなかったりするケースもあるのではないかなと思ったりで、そもそも現行のプレイデータは全て無効なんですかね?
旧カードもそうですが選手の成長がリセットされるほど辛いこともありませんよ。。。

そんな訳で、たくわさんはやっぱり今からBBHを始めるよりもBBH2が稼働する8月まで待った方がいいかもしれません。
下手したら今のカードもプレイデータもBBH2では全てが切り捨てられてしまうかもしれませんからね。
 
…まあ、それでも僕はネパワの方々が続けるようなら続けますけどね。
あと、やっぱりBBH2でもプレイ料金は1回500円なんですかね?
まあ、初日のロケテの盛況ぶりを見ればわざわざプレイ料金を下げる必要は企業側からすればありませんね。



仕事帰りにMAJOR59巻を購入して来ました。
とりあえず、あの新キャラの女の子は寿也の妹でビンゴだったみたいですね。
ただ、そうなると面識のない清水薫に偽名を名乗ったのが不自然でやや引っかかりますけど、そこは恐らく読者をあとで驚かせるのが狙いだったんでしょうねw
そして、その際にファミ通を立ち読みしたのですが、ヴァルキリープロファイル2 シルメリアって実はもう来週発売だったんですね…
完全にノーマークでしたw
とりあえず、僕個人は重いシナリオが好きなので一時に比べれば少し興ざめした感があるものの期待を込めて購入してみようと思います。
…これでBBHのプレイ頻度を抑えられるかもしれませんしねw
それからパワプロ13の情報に目にすると僕の興味は今さらサクセスの登場人物紹介に向くこもなく、サクセス画面の能力値のある項目に注目…

ミート8 D

えっと、ここから推測するにつまるところ…
今作からミートが7段階から15段階になったっぽいです。
とりあえずは嬉しい変更ですね。
これで実在選手査定でミートの大きさで揉める事も少なくなりそうです。



阪神は3-6で勝ちました。
何と言っても今日は2回の1イニング6得点が大きかったですね。
阪神はこの6点を守りきって、まずオリックスとの三連戦の初戦を勝利
…ただ、それ回以降の打線が相変わらずだっただけに不満は残ったままです(苦笑)

今日は久保田が珍しく最終回をキッチリ3人で抑えましたね。
どうやら久保田は14日の楽天戦で延長10回表に味方が二点を勝ち越して、その裏のセーブがつく場面で自分ではなく藤川がマウンドに上がった事について昨日の試合前に直接監督室に入って岡田監督に詰問したみたいです。
いやぁ、こういうところがある意味で久保田らしいんですけどねw
久保田なりにプライドがあるんでしょうけど、普通の人にはなかなかできませんよね!?

岡田監督が言うのはあの場面「同点のままでも藤川だった」という事で10回表に味方が勝ち越したからと言って「久保田が慌てて肩を作る必要もない」という事でJFKを信頼した順番通りの継投だと説明
たしかに、そう言われるとあの場面で久保田が慌てて肩を作る必要もありませんし岡田監督が久保田を信じられなかった訳ではなくJFKを信頼した継投だったと言えますね。
…しかし、そうなるとこれからも抑えは久保田ですか。。。
本当にこのままシーズンを通して使い続けたら10勝10敗とか先発投手みたいな成績を残してしまいそうで少し恐いです(苦笑)



-△-

BBHの実情 2006,6,15 この日記を編集 削除

以前、お話した6月18日に行われるオリックス-阪神戦のチケットをちょくちょく見ていましたが、イマイチこれといったものがなかったので今回の観戦を見合わせる事にしました。
阪神のチーム状態が上がらないというのありますが、実はそれまでにオークションで二度ほど落札に失敗したんですよね(苦笑)
あと、自由席というのが今までに経験がないので少し手が出しにくいというのもありますね。
「満員の場合、入場を断られる場合があります」って、ちょっと不安なんですけど(爆)

まあ、球場へはまた別の機会に観に行きたいと思います。
大阪ドームだと、次も横浜戦になる可能性が高いですけどね。



さて、昨日手に入れた念願のGR二枚ですが…既に僕の手元にはありません(爆)

GR工藤は新SP福留とピントレ
GR菊地原は新SPカブレラ+SP赤星の1:2でトレードに出しました。

その意図を説明すると、新SP福留はAsに必要な選手でGR工藤とレートもほぼピッタリ
新SPカブレラはレベル3でゲージが半分まで溜まっている事から当初は今岡と同じようにレベル4になってから新カードに差し替えようと考えていましたが、所属チームで通常よりも経験点が多く入る今岡でさえレベル4まで遠い道のりで、さらにレベルが4に上がる直前になって予想外に経験値の入りが悪くなった事からレベル3の状態で残りのゲージを半分溜めるよりも一度レベル2にリセットしてからレベル3にする方が早いと判断しました。
…それで、手持ちでトレードに出せるカードがGR菊地原しかなかったと(苦笑)

そして、レート調整の為に新SPカブレラの他にSP赤星も付けてもらいましたが、とりあえずこれは残り最後の希望カードであるGR金本を手に入れる為に使いたいと思います。
具体的にはトレードで使えれば最適なんですが、売却なども考えています。
…というのも、これでGR金本を除いて僕の欲しいカードは全て揃いましたからね。
これからは使わないキラカードを引いたら積極的に売却してその代金を高額なBBHのプレイ資金orGR金本の購入資金に回したいと考えています。
実際、昨日のプレイで言うならば12試合で一日に6000円を使いましたが、その際に引いたGR2枚で十分、金額的に元は取れていますからねw
そろそろ僕も買い手から売り手にまわって資金面で楽をさせてもらいたいんですよね。
…って、そう考えると先日に新SP黒田と新SP前田を4000円で買ったのはやっぱり失敗でしたね(苦笑)



たくわさん>
少なくてもプレイヤー側から故意に仕掛けられる「反則技」と言える程のものはBBHには存在しないと思います。
聞くところによるとWCCFはサッカーになっていないみたいですが、BBHはちゃんと野球になってますよ。

ただ、BBHに反則技が無いと言ってもゲーム上で有効な采配、起用法というのは少なからず存在します。
その代表的なのが「センターガエシーズ」と呼ばれる選手達でその名の通りセンター前ヒットを量産する選手のことを指します。
これらの選手が打席に立つと結構な確率でセンター返しのヒットが発生して、このセンター返しというのが言うならば「ヒット確定のアクション」とでも言いましょうか
センターガエシーズと呼ばれる選手は結構な確率でこのヒット確定のアクションが出まして、例えば僕がAsで使用している谷だと既に100試合以上を消化しているにも関わらずセンター返しのおかげで打率.490という現実離れした打率を安定してキープしています。
つまりは、選手またはパラメーターとは関係なくよくヒットを打つ選手というのが存在し、逆にパラメーターの割にはあまり活躍しない選手がBBHには存在します。
 
【よく打つ選手】
谷、村松、今岡、金本、井端etc
【あまり打たない選手】
松中、小笠原、多村、新庄、高橋由etc

ただし、この猛威を奮うセンターガエシーズにもサインで対処すれば防ぐことが可能なので全く対処できないという訳ではありません。
パラメーターの割にあまり活躍しない選手に関しては…扱いが難しいところで、松中や小笠原と言った球界を代表する打者が1割台に低迷するなど、これはこれで現実離れしたところがありますね(苦笑)
ただ、これも人によっては上手く使いこなしている人もいるので一概に言えないところがあるにはあるんですけどね。
あと、ゲーム上の不備を挙げるならばバントの成功率がヒットを打つよりも難しかったり、こちらのヒット&ランの指示に対して相手にエンドラン警戒をされるとほぼ確実に打者が内野フライを打ち上げるところ
守備面で時折り野球のセオリーに反する動きをするところなどが挙げられますね。
それと、盗塁は少し前までは赤星を筆頭とした俊足選手の盗塁が決まり放題という実情がありましたが、今では牽制持ちの投手が盗塁を警戒すれば、ほぼ100%
牽制のスキルを持っていない投手でも捕手の外し方によっては盗塁を刺すことが可能になったので個人的に現状の盗塁のバランスはパワプロよりもいいと思いますw

最後にこのゲームで焦点になるのがAsを組んで戦うのか、純正チームで戦うのかという選択で僕のようにAsをメインにプレイする場合は問題ありませんが、純正チームにこだわってプレイする場合は高確率でAs相手と戦うことになるので、どうしてもそこに不満が生まれがちです。
たくわさんがBBHを始められるとして、どういうスタイルでプレイするかは分かりませんが純正チームもしくはネタチームでプレイしようと考えているのであれば、それなりの覚悟は必要だと思います。
そして、このゲームは最終的には運のゲームです。
采配が下手でも、選手が勝手にヒットやホームランを打って勝つこともあれば采配で裏を欠かれてもたまたまそれが上手くいって勝ってしまう事もあります。
そして何よりVSモードの存在です。
これの的中率がゲームの勝敗に大きく関わって来ますからね。

それで、もしBBHを始められるようでしたらアドバイスは勿論のこと白黒カードで良ければあまり大したものはありませんけどお譲りしますよ。
広島のカードでしたら大方揃っていますのでこの機会にBBHを始められるようでしたら一声を掛けてみて下さい。



阪神は2-1で負けました。
もう何もありません…
拙攻、暴投、四球絡みの失点
見ていて溜め息が出ましたよ。

この失態は次のオリックス戦に3連勝くらいして取り返して欲しいものです。
今日はそれしか言うことがありません。



-△-

BBH奮闘プレイ報告 2006,6,14 この日記を編集 削除

いつもの起きる時間帯に目が覚めるものの会社に休みをもらったという事で日頃の睡眠不足を適度に補う程度に二度寝をしてから起床

朝起きてメールを確認するとスカウトさんから時報マッチの申し込みがあり、寸前のところで企画倒れにならなかったことを安堵すると共にスカウトさんとの対戦が楽しみです。
そして、そのスカウトさんの使用チームはペナント参加の純正ヤクルト
それにAsで挑むのも申し訳がないので僕は控えの阪神選手を使ってオーダーを構築しようと考えます。
BBH設置店には当初の予定よりも少し遅れて正午に到着
BBHは3サテが空いている状態で早速、スカウトさんと連絡を取りつつ時報マッチ開始!


第一試合目
相手が純正ヤクルトということは時報マッチ成功…!?
スカウトさんキターーー
 
こちらは初回に赤星がヒットで出塁すると盗塁、関本進塁打、SHINJOの内野ゴロの間に1点を先制
そのあと、なおも連打でカブレラ(アリアスの代役)に打席がまわると強振放置、ポール際に大ファールを二回放った末に結果は三振
そんな初回の攻撃でした。 
そして、こちらの先発はスタミナが万全ではなかったもののスカウトさんとの対戦という事で可能な限り阪神色を出す為に井川が登板
その井川がきっちりヤクルト打線を抑えると、次の打席ではカブレラ(アリアスの代役)に2点タイムリーが飛び出して0-3

と、その瞬間にスカウトさんからメールが送られて来て「どんな内容なのかな」と思ったら実はこの純正ヤクルトはスカウトさんではないことが発覚しました(核爆)
…そういえば、伝えられていたのと店舗名が違っていましたね_| ̄|○
 
そんな衝撃的な事実を知らされた後「それではこの相手はどうしようか?」というところで関本なり鳥谷なり矢野なりをベンチに下げて容赦なくAsメンバーを投入する
 
試合の方は途中出場の井端にタイムリーが出て4点をリードするがその直後、真中にビックリ3ランを浴びて1点差に迫られる。
しかし、代打ウッズにVSホームランが飛び出すとカブレラは豪快にノーサインソロホームラン
さらに松中を登録削除して今回新たに登録したローズの代打VSホームランが出ると、さらに打線は止まることを知らず谷タイムリー、今岡タイムリー、カブレラ2ランで3-12の圧勝!
 
…ただ、この間スカウトさんの方は早々と試合を終わらせて二度目のマッチングに備えて待機してくれていたのですが、僕はと言えば御覧の通りこういう時に限って打線が21安打12得点の大爆発でスカウトさんを待たせてしまうことになりました_| ̄|○
…すみませんでした。


第二試合目
今度もスカウトさんとのマッチングは失敗…
 
試合は今岡のVSタイムリーにカブレラのVS3ランでこちらが4点を先制
そのあと、ノーサインホームランを二本浴びて2点を返されましたが、しかし、これで相手が強振放置のプレイヤーだと言うことがある程度分かり、そうなればこの相手を抑えることはそんなに難しい事ではありません。
文字通り、そのあと相手には点を止らず逆にこちらは谷タイムリー、城島2ラン、カブレラVSソロで順調に追加点を奪って2-8勝利


第三試合目
スカウトさんとのマッチング三度目
三度目の正直という事で…また失敗_| ̄|○
 
試合はカブレラのVSソロで先制したあと、2死二、三塁のピンチを迎えるも代打のラミレスを敬遠で歩かせて満塁にすると1番の赤星をVSで安全に仕留める。
試合はそのまま0-1で進んでいき、相手のタイムリーエラーで9回表に貴重な1点を追加して0-2勝利


第四試合目
スカウトさんとのマッチングもこれが四度目の挑戦
しかし、これも失敗…
時間を合わせてプレイを開始するも既に誰かしら待機している状態なので仮に時間をぴったり合わせてもマッチングは難しいかもしれません。
 
試合は両者0-0のまま、7回裏に欲しい欲しい先制点がカブレラのVS2ランによってもたらされました。
いやぁ、それにしても今日は自分でも恐いくらいVSの読みが冴えていて読みが外れた時でもそっちだったかという具合で相手に翻弄されることはありませんでしたね。
試合はその2点が決勝点となり0-2で勝利

 
第五試合目
すなわちスカウトさんとのマッチングもこれが五度目
スカウトさんとの話し合いにより、これが最後の挑戦になりましたが最後の最後も成功せず…
 
スカウトさん、最後まで上手くいかなくてすみません_| ̄|○
 
そもそも時間は合っているのだから偶発的な事とかが作用してマッチングが成功しても良さそうなところなんですけどね。
…いや、もしかするとマッチングが上手くいかない最大の原因は僕がAsなのに対してスカウトさんが純正チームを使用している事により生じる戦力値ポイントの差にあるのかもしれません。
最近はCPUが戦力値の近い人同士をマッチングさせるようになっていると聞きますからね…

とにかく、結果的に無駄に付き合わせてしまう形となり激しく申し訳ないです。
結論としては、時報マッチは深夜じゃないと無理っぽいですね…
あと、スカウトさんがその間に当てたというSP二岡とSP赤星は羨ましい限りです。
僕なんてここまで連コイン5回でキラなしですからね…
 
気を取り直して試合の方は相手のGR金本に先制タイムリーを打たれて1点を失うが終盤に今岡、井端タイムリーで同点、そして逆転に成功します!
しかし、その直後に同点に追い付かれてしまい試合は結局、2-2の引き分け


第六試合目
カブレラのホームランで1点を先制
井端の2点タイムリーで2点を追加すると今岡タイムリー、城島タイムリーで5点をリード
その後、相手に2点を返されるものの2-5で勝利


第七試合目
初回に先頭打者に四球→盗塁のパターンで1点を失う
しかし、こちらもすぐさま城島のホームランで応戦して同点に追い付く
 
そのあと1死一、三塁のピンチで相手のカブレラが放った打球は大きくレフトに飛んで行きこの瞬間、ホームランを覚悟しましたが、この打球がフェンス手前で失速し何とか犠牲フライの1点だけに抑えて最少失点でこの回を切り抜ける。
…こういうところでも、今日の僕にはツキがありました。
 
8回表、1点ビハインドの負けそうなところでようやく荒木がヒットで出塁して盗塁のパターンでチャンスを作り出すと井端、今岡、代打ウッズのタイムリーで試合をひっくり返す。
最後に9回裏2アウト2点リードの場面でどうやら順番待ちが発生したらしくプレイ終了を見計らった店員が後ろに待機していると…
 
GR金本にホームラン喰らいました。
 
この瞬間、後ろで待機していた店員の気まずそうな反応と言ったら…
仕切り直しに最後の打者を三振に仕留めて3-4勝利
そして注目の排出カードは…またキラが当たらず。。。
7試合分もキラが出ないまま掘った台をみすみす譲ることになりました_| ̄|○


第八試合目
とりあえず、試合結果の方が好調なのでこの際、排出カードには執着しないでプレイを続けようという事で順番待ちの末に別の台へ移動

試合は対戦相手が見つからず久しぶりにCPU戦に突入
対CPU戦ではお馴染みの先発・久保田に始まってVSホームランなどで0-5勝利
そして、席が変わった瞬間に排出カードを空けると黒でも白でもない今までに僕が見たことのないカード裏面を目撃して静止すること3秒
こ、これはもしや…
 
念願の初GRキターーー



GR工藤、値段にして4000円ってところですかね?

そして、めでたく初GRを引いた事なので席を移動しようかと思いましたが、ここで某掲示板に書かれてあった情報を思い出します。
 
一枚GRが出ると、4試合以内にもう一枚GRが出る
 
僕の引いたGRがカード配列で言うところの一枚目でこの情報が正しいとするならば…
同じ台でプレイを続けるべし!


第九試合目
谷、今岡のタイムリーなどで4点を挙げると、そのまま危なげなく0-4勝利
 
 
第十試合目
カブレラVS2ランで先制
ここまでの僕の快進撃を支えているのがVSホームランだったり、相手のVSを避ける手腕だったりするのですが、その中でも今日特に手応えを感じたのがランナーを置いた場面で相手が仕掛けて来る同点ホームラン狙いのVSモード
これに対しては、真ん中でほぼ対処できます。
そんな大事な場面でホームラン打者にわざわざVSを仕掛けて来るぐらいの人が、自殺行為とも言える「ど真ん中」を選択するかと言えば…答えは否
ただし、原則として一試合につき一度までにしておいた方が無難です。
 
 
第十一試合目
黒田がカブレラにホームランを打たれて先制を許す。
しかし、絶不調の城島の代わりにスタメン出場した矢野のタイムリーで2-1と逆転に成功!
そのあと井端タイムリーで1点を追加して3-1勝利


第十二試合目
中日準純正の大勇将キターーー
Asじゃないのに大勇将って凄い人もいたものですね。
各選手のレベルを見ても「Asから転向した」という訳でもなさそうでした。

その相手監督ですが赤星をVSで潰してセンターガエシーズにはサインで対抗するなどその采配は確かなもの
流石は準純正で大勇将まで上り詰めただけの事はあると思うと同時に逆にここまでしないと準純正で大勇将になれないんだろうなと思いました。
試合は相手に3点を先制される嫌な立ち上がりでしたが直後にローズのホームラン、井端タイムリーで2点返して、そのあとウッズのホームランであっさり同点に追いつく
…選手の差もそうですが、この試合は選手の調子が良くて助かりましたね。

2アウト走者無しから相手は前の打席でホームランを放ったローズを敬遠して、投手の松坂との勝負を選択
う~ん、こういうところもしっかりしていますね。
ただ、この試合の松坂の調子は絶好調で僕は思い切って松坂に強振MAXで引っ張りを指示
したところ、これが外野の頭を超える長打となり一塁ランナーのローズの長駆ホームインで我ながら思わぬ形で1点を勝ち越すことに成功しました。
しかし、相手も相当のやり手でそのあと激しい反撃に遭い二死満塁と攻め立てられます。
ここで僕はVSモードを仕掛けて絶対の自信を持ってど真ん中を指定
これで見事に空振りの三振を奪い、このピンチを無失点で切り抜けます。

そして、その直後の投手の打順で代打に不調でスタメンから外れたカブレラを起用して、すかさずVSモードを発動
…察するに、さきほどの満塁の場面で僕がVSでど真ん中を選択した事は準純正で大勇将にまで上り詰めた相手にとっては最大級の屈辱だったハズ。。。
ならば、相手もここは「ど真ん中」を選んでこちらにも同じような屈辱を味わせようとして来るんじゃないかなと…

そんな風に考えた僕は、半信半疑で真ん中付近を選択

…本当にど真ん中に投げて来ましたよ。
カブレラの打球は打った瞬間に分かるホームランで貴重な1点を追加
相手のプライドを逆手に取った意味で一度ならず二度までも相手のプライドを粉砕してやりました。
それで相手は戦意を損失したのか、そのあとはあっさりと相手の反撃を抑えて4-6で勝利
そして、あの情報が本当ならばそろそろ次のGRが出る頃ですが…





………


本当にGR菊地原キターーーーー



今までの不運ぶりを取り戻すかのように一日にGRを2枚ゲットさせてもらいました。
試合の方も今日は11勝1分の大躍進で…

…今日、会社を休んで本当によかったです_| ̄|○>ぉぃ

それで気分が最高潮に達したところで、今日のプレイを終了することにしました。
もう僕としては大満足の結果になりましたね。
ただ課題を挙げるならば赤星、荒木が全くと言っていいほど打たなくなったのが最大の課題ですね。
ひたすらに凡打の繰り返しで赤星は.260、荒木に関しては.240とそれぞれ4分近く打率を落とす結果になりました。
正直、かなりチームの足手まとい的な存在になってます…
ただ、どんなに打たなくてもこの二人とは心中する覚悟でいますのでこれからも根気強く使っていこうとは思います。
あと、今岡なんですが新SPを入手したもののあと2メモリ半くらいでレベルが4に上がるのでレベルが4になってから新SPと差し替えようとそのまま使用していたのですが、レベル4を目前にして経験値の入りが明らかに悪くなっています。
…これは、みんなこういう仕様なんですかね?
今日、12試合ほどプレイしましたが1メモリ埋めるのがやっとでしたよ。
この経験点の悪さはどうにかならないものなんですかね…

とまあ、今日はそんな感じで納得の良く結果に終わりました。
本当はセカンドチームも何試合かプレイしたかったのですが、Asの方があまりにも順調だったので息抜きをする間がなかったんですよね。
その甲斐あっての11連勝なわけですけど
次回プレーは…流石に一日でこれだけプレイするとひとまずは未定です。
あと手に入れたGRは早速、新SP福留あたりとトレードしたいですねw



阪神は1-3で勝ちました。
勝ったことは嬉しいのですが、何だか「やっと勝てた」という感じなんですよね…

何だか岡田監督は鳥谷を1番で使いたいみたいですね。
まあ、現状ではそれもアリかもしれませんけど
2番に入っている赤星はこの試合、3盗塁で楽天の弱点を最大限に突きましたねw
…しかし、これが得点に結びつかずシーツと今岡のブレーキが目立ちます。
特に今岡に関してはサヨナラという一つのキッカケを得たにせよ相変わらずで…このパターンだともしかしたら今年はシーズン通してダメなままかもしれませんね。。。

試合は楽天リードのまま迎えた8回表
確変中のスペンサーに二試合連続猛打賞となるヒットが生まれて代走・赤松
その赤松が初球にスタートを切って見事にプロ初盗塁を決めました!
それにしても、カツノリは相手に舐められっぱなしですね。
ぶっちゃけ、カツノリの送球をしっかりと見たのは今日が初めてだったのですが…

送球がマジで山なりなんですけど!?

こりゃ、走らない方が無理というものです。
そして、ようやく阪神はこの日4つ目の盗塁を得点に結びつけて1-1の同点
さらに勝ち越しのチャンスが続きましたが後続が打ち取られ、9回表にも無死一、二塁のチャンスを作りましたがここも抑えられて勝ち越し点を奪えず…
また、打線の悪い流れが戻って来ましたね。。。
しかし、阪神は延長10回表に1死満塁から今岡の内野ゴロでようやく勝ち越し点を奪うことに成功しました。
…これも、カツノリの捕球技術の低さの賜物です。
そのあと、桧山にもタイムリーが出て阪神が2点をリード

そして、10回裏のマウンドには久保田…ではなく、なんと藤川が登板!
流石の岡田監督も6月の時点で5敗もしている安定感のない投手には見切りを付けたのでしょうか?
ちょっと、これに対する岡田監督のコメントを聞いてみたいですね。
試合は言うまでもなく藤川が楽天打線を無得点に抑えて阪神が勝利しました。
明日も勝利を期待していますよ!



-△-

時報マッチ募集 2006,6,13 この日記を編集 削除

一度は選択肢から省いたものの何だかんだいって仕事が暇なことには変わりなく結局は明日、有休を使って仕事を休ませてもらうことになりました。
これが、いざ言ってみると「使える時に使っとき」といった具合で有休を使う正当な理由がないにも関わらずあっさりと有休を使うことに成功しました。
…どうやら下手な遠慮はいらなかったようです(苦笑)
 
それで明日の休日ですが、平日という利点を生かすべく平日の昼間からゲーセンに行って連コインを前提にひたすらBBHをプレイしようかなと考えています(爆)
幸い新黒・城島と昨日購入したSP藤川とのトレードで入手した新SP今岡、SPズレータが今日届いたことですし、モチベーションの方もまあまあ回復
そもそも、昨日はメインのAsで負けたわけじゃないですからねw
とりあえず、明日は20試合を目標に最大一万円の出費を視野に入れてプレイしたいと思います。

それで、ここで僕から一つ募集を掛けさせてもらいたいと思います。
それは明日の条件ならBBHの稼動率の面でも余裕があると思いますので、この機会にもし明日の朝、昼頃から都合がいい方がおられましたら一度、時報マッチを組んでお手合わせを願いたいなと考えています。
時報マッチとはプレイする時間を指定し合ってお互いに同じタイミングでプレイを開始することにより意図的に対戦相手をマッチングさせようというもので、この方法を使えば比較的、高い確率で希望の相手とオンライン対戦を組むことができます。

…どうでしょうか?
もし、都合がよくて「僕と対戦してもいい」という方がいれば返信用のアドレス付きで私書箱までご連絡お待ちしております。
ちなみにこちらはペナントがAsでオープン戦ならセカンドチームが相手になります。
また、その際に時間合わせをする必要がありますので各自、時計を秒単位で正確な時刻に合わせて頂きますようお願いさせて致します。
あと注意して頂きたいのが、この方法で必ずしもオンライン対戦が組めるという訳ではありませんので、上手くいかない場合もあるということを予め頭に入れた上でその場合はご了承くださいませ



阪神は7-8×で負けました。
手短に言ってしまえば延長10回裏に久保田が打たれてサヨナラ負け…
なんかもう久保田が登板した時点で負けを覚悟しているのと久保田で負けることに免疫が出来ているので不思議とあまりショックはないんですよね…
ていうか、こういう同点の場面で打たれて負けるのは久保田の場合、デフォでしょ?
この時期に抑えが4勝5敗って、どこの先発投手の成績なんだと。。。

しかしまあ、8回裏の2点リードの場面でウィリアムスが同点に追いつかれたのがそもそもの過ちでしたかね?
ようやく打線に元気が出てきたので今度は投手ですね。
井川は楽天相手に5失点って…でも、スライダーがいい感じだったんですよね。
課題はストレート及びそのコントロールか。。。

しかし、どんな負けにせよ楽天相手の一敗は痛いですね…
ただ、楽天は明らかに手強くなりましたよね。
こんな戦いを見せられたらこっちも本気で応援しないといけませんね。



-△-

机上の空論 2006,6,12 この日記を編集 削除

仕事帰りに駅で待ち合わせをして手渡しで例の新SP黒田、前田、藤川の3枚を6000円で購入してその足でBBHをプレイしに行きました。
…にしても、そもそもは僕の知識遅れが招いた事にせよ、こちらとの取引きが完了する前に残りのカードの値段を下げるってどういうことだと_| ̄|○
最も、こっちも退くに退けない状態で何より手渡しなので相手に下手なクレームを付けるのは止めておきましたけどね(爆死)

ちなみに城島のカードがまだ手元にないという事情を受けて今日はセカンドチームをメインにプレイすることにしました。


第一試合目
相手はこれが初プレイで全選手ノンカードのチーム
そして、こちらの先発はさきほど購入したばかりの田チームのエース新SP黒田
セカンドチームの本格始動に当たり、これは勝たなければならない試合でしたが…
 
ノンカードの鳥谷に2ランをホームランを打たれて初心者相手に屈辱の2点を失うと矢野2ラン、シーツソロホームランで5失点…
 

黒田おい…_| ̄|○
しかも僕はこの面子でホームランを打ったことなんて一度もないんですけど?
また、それだけに収まらず打線も7安打6併殺という素晴らしい拙攻っぷり
エンドランを仕掛けてもゲッツーを喰らいましたよorz
試合は0-5で惨敗
 
 
第二試合目
4番・和田の内野ゴロの間に一点を先制
何気にこれがセカンドチーム発足後、チーム初得点
こちらとしては、この1点のリードを守り切りたいところでしたが相手に一死満塁と攻められるとT.ウッズに対してこちらからVSモードを仕掛け、この場面では大抵のプレイヤーが最低でも犠牲フライを打ちたいという事でストライクゾーンの真ん中から上に的を貼って来る傾向が強くあるので、僕はここで相手の裏を欠いたつもりでインローを選択しますが、これが相手といい感じに重なってしまい結果、逆転のタイムリーツーベースを打たれてしまいました。。。
 
こちらとしては、これまでのプレイ経験から相手の裏を欠いたつもりでしたが、そういえばこれはオープン戦で対戦相手は初心者だったんですよね…
裏を欠いたつもりが、初心者には実に都合のいい選択をしてしまった事に気付いて後悔
結局、試合はこの2点が痛手となり2-1で敗戦

 
 
第三試合目
オープン戦ながら相手は結構なAsを率いて参上
そのAs打線をこちらは9回2アウトまで無得点に抑える力投を見せるが、抑えとして9回から登板させた豊田が最後の打者になるはずだったセギノールに9回2アウト無走者からサヨナラホームランを浴びて敗戦…
このホームランにはかなり白けましたが、それ以上に一向に点が取れない打線が大問題
早くもこっちをメインでやるのには無理があると限界と見切りを感じ始めましたよ…
本当、こういうチームを使って勝ち越している人達を尊敬しますね。
全白なんてもっと厳しいと思うんですけどね。
 
それで本日の第四試合目は勝ちを味わいたいと城島抜きのAsでプレイすることにしました。
 
 
第四試合目
意気込んでプレイしたものの、いきなり相手のカブレラにノーサイン2ランを浴びて2点をリードされる展開
こちらは無死満塁のチャンスをものに出来ずに迎えた9回裏の1アウトから今岡が出塁
そして、この場面でこの試合途中出場のT.ウッズの打席でVSモードを仕掛けたところ、見事にこちらの読みが当たった2ランホームランとなり同点に追い付くと、立て続けにPH所持のSHINJOにもVSモードを発動させたところ、これまたこちらの読みが当たったインローどんぴしゃでサヨナラホームランかと思われましたが、これが平凡な外野フライに終わり2-2の引き分け止まり…
 
この一連の結果に久しぶりにやる気をなくして連コインできる状況だったにも関わらずプレイを終了してあっさりと途中で帰って来ました。
なんか、今日はセカンドチームが躓いて調子を狂わされた感じですね…
やっぱり、僕はAsをメインでプレイしていこうと思います。
あらゆる意味でネタチームを使いこなすだけの力量が僕には足りないなと感じさせられました_| ̄|○

とりあえず、今はモチベーションの回復を待て…という状態で、ただ僕の中で恐らくこれからも変わらないのがセカンドチームは息抜きに使用する程度で「決してこっちをメインでは遊ばないこと」…というより、僕の腕と精神力では満足に遊べない事が実証されましたからね_| ̄|○


そのあと、22時からW杯を見ていましたがせっかく日本が先制したのに残り10分のところでオーストラリアに3ゴールを決められて逆転負け…
これで日本は予選通過が非常に難しくなりましたね。
まあ、先にWBCで日本が世界一に輝いたので個人的にはそれでお腹いっぱいなんですけどね。
元来、僕は圧倒的に野球派なのでこれでスッキリとプロ野球に集中できるというもので、これ以上W杯の影響で深夜アニメの放送日が変更されることもなくなるというものです>ぇ



-△-

新たなる希望の光 2006,6,11 この日記を編集 削除

近所に目立ったゲームセンターがないことから、近場にBBHが設置されることはまず期待できないと思っていましたが、今日入っていたチラシによるとなんと7月末に近場に大型ゲームセンターがグランドオープンすると書いてありました!
まだこのゲーセンに「BBHが設置される」という情報も保障も何もありませんが、これは大きな前進だと思います。
ようやくゲーセンというBBHが設置される大前提となる基盤ができる訳ですからね。
軽く調べたところ、同じ系列のゲーセンでBBHを設置しているところもあって近所にBBH設置店がある環境に憧れる僕としては、このゲーセンに期待するものは大きいです。
こうなればオープン前から電話を掛けてBBHの設置を要望してみるというのは…流石にそれはマズイですかね(苦笑)


話は変わって、新黒・城島って思っていたほど今はそんなに価値が高くないみたいなんですね。
「使わないカードばかりの損トレ」とは言え失敗したかもです…
まあ、こういうのは気にしたら負けというか自分のトレードは正しかったと信じる事が大切ですね。
僕にとっては些細な事なので気にしないでおこうと思います。

あと、昨日の田チームについてそういえば藤田太陽もアリなんですよね…
苗字が藤田で先発投手としては能力も高めですからね。
ただ、それでも登録名が太陽になっている以上はルールに反しますかね…
逆にその理屈で行くと苗字が田中ながら登録名の最後が「タ」で終わる秀太は漢字が違うもののギリギリOKだとも考えられますね。
何より内野の控えが手薄という台所事情があるだけにこれくらいの処置はあってもいいかもしれません。
…一応、苗字にも田がついていることですからねw
となると今度は誰を抜くかが問題になりますが、中継ぎの山田か外野の島田あたりが候補になりますかね?
島田は代打要因として考えていますが両外国人がいる中でどれだけ出番がまわって来るのかと言った辺りで、山田は敗戦処理的な役割を考えているので戦力的にはいなくても問題ないって事で山田が第一候補になりますかね。
それでやってみて、もし投手がまわらないようならまた考えてみようと思います。



さて、今日はカードが届くor購入するまでBBHができない状態にあるという事で自宅でのんびりと過ごしました。
それで阪神戦などを観戦しつつ7日から始めたその横顔を見つめてしまう~A Profile 完全版~というゲームをちょこちょこプレイしていたのですが、これが何気なくプレイを始めたもののなかなか面白くていい感じです。
やっぱりシナリオがしっかりしているギャルゲーはいいですね。なんか真相が黒いっぽいですけど…
最近、絵買いをしてシナリオで地雷を踏んでいた僕としては少し原点を思い出されたような感じです。
それとこのゲームはキャラもいいんですよね…
久しぶりに妹キャラに萌えています(爆)
いや、妹キャラと言ってもあからさまなロリキャラじゃないので大丈夫だとは思いますけど…>ぇ
やっぱり、妹キャラは少し馴れ馴れしいくらいがツボですね。
妹キャラの「~なんだよ」は破壊力抜群です_| ̄|○>ぇ



阪神は4-5×で勝ちました!
いやぁ、よかったよかったよかったよかった本当によかったです。
しかも試合を決めたのは延長11回裏、不振でスタメンを外された代打・今岡のサヨナラヒット
こんな勝ち方ができるなんて感無量です。
ラジオで観戦していたので残念ながら今岡の笑顔を生では見られませんでしたけど、今岡も相当喜んでいたみたいですね。

さて、今日の試合を振り返ると阪神は初回に金本と濱中のタイムリーで2点を先制して2回裏にも江草のタイムリーでさらに1点を追加
ここ最近、打線の低迷が叫ばれていた阪神が序盤に3点を先制する嬉しい展開
しかし先発の江草が3回表に1点を失うと4回表は守備のミスからさらに1点を失って、悔やむべきが5回表に平尾選手に浴びた逆転2ランホームラン…
江草は何故こうも3~5回のイニングにやたらと失点するんでしょうかね?
いつも1回、2回は順調なのに…
江草本人も反省していましたが、あの場面で一番打たれてはいけない一打でしたね…

すると阪神は1点ビハインドのしかも6回というイニングで藤川球児を投入
岡田監督もこの試合の重要性を感じているだけに決死の起用ですね。
その藤川は赤田には三塁打を打たれたものの2イニングを無失点に抑える力投
今日は今シーズン最高タイとなる153km/hを連発してましたね…
ただ、今日はあまり捕手が構えたところにボールが行っていなかったので球に力がなかったら危ないところでした。
1点ビハインドのまま8回表にはウィリアムスが登板してこちらも無失点に抑える好投で西武打線を封じると、その裏の阪神の攻撃は先頭の鳥谷がナイスヒット&好走塁で無死二塁の同点のチャンス到来!
三塁への送りバントを西武の思い切った守備シフトで阻止されて嫌な感じになるものの、その直後にシーツにタイムリーが出て遂に阪神が同点に追いつきました。
これで藤川、ウィリアムスをビハインドから投入した意味もあるというものです。

そして同点に追いついた阪神は9回表から久保田が登板
その久保田は1アウトから四球を出すと2つの暴投で勝ち越しのランナーが一気に三塁へ…
なんですか?
後攻めでこっちが有利な筈なのに久保田が投げているだけで不利に感じてしまうのは。。。
あと、あえて言わないでおきましたが星野政権の時には重宝した野口も今はもう代役には使えませんね…浅井の方が全然いいです。
結果的に久保田がそのピンチを無失点で切り抜けて10回表には中村豊のファインプレーにも救われて味方の攻撃に期待するところで延長11回裏の今岡のサヨナラヒットで阪神が勝利!
そのキッカケとなった金本、スペンサーの連続四球が実に美味しかったですね。

さあ、来週は楽天とオリックスとの3連戦
今日の勝利を弾みに来週は貯金ウィークといきたいですね。



-△-

超貧乏傾向 2006,6,10 この日記を編集 削除

今日でMAJOR 第2シリーズの放送が最終回を迎えました。
結局、セカンドシーズンは吾郎が一軍が破って海堂高校を出て行くところまでですか
なんか消化不良な終わり方ですね。個人的には聖秀学院編を熱望だったのですが…
と思ったら第3シリーズが12月から放送予定なんですね。
ただ、聖秀学院編だけだと話数が少なすぎるので第3シリーズは一気にメジャー編まで進んでバッツが3Aで優勝を決めるところまでだと僕は予想します。
これは結構、自信を持って言えますね。
それにしても、第3シリーズ終了後すぐに第3シリーズの放送が発表されたのは嬉しいんですけど、なんでまた12月からなんですかね?
普通に放送しながら製作できる範囲だと思うんですけどね…
それとも、NHKは一度再放送してからでないと気が済まないんですかね。
なんか予算をケチっている感じがして仕方がないんですよね(苦笑)
ともあれ、ひとまず12月放送予定の第3シリーズを楽しみに待ちたいと思います。



BBHでセカンドチームの本格始動を月曜日に位置づけて、リバーさんの有難い考察を参考にしつつここで田チームの全メンバーを紹介したいと思います。
 
【先発】
・黒田
・和田毅
・鎌田
・桑田
・正田
 
【先発中継】
・久保田
 
【中継ぎ】
・山田
・前田
・藪田
・藤田
 
【抑え】
・豊田
 
先発は黒田と和田毅が本命で、むしろそれ以外の投手が先発する試合ではどういった惨事に見回れるのか今から少し不安です。
最悪、久保田を先発にまわしたりスタミナがあまりない投手が先発した試合では早いイニングに投入することも十分、考えられます。
ただ、その際に気にしておきたいのが「ネタチームは相手に萎えられては意味がない」という点で、そういう意味で久保田の起用法には神経を使わせられそうです。
…それもこれも、岡田監督がリアルの方で久保田の起用法を見直してくれさえすれば、こんな気を使う必要もないんですけどね(苦笑)
そして、こんなネタチームでもしっかり勝利の方程式が存在していたりして藪田→藤田→豊田のリレーは頼もしいの一言です。
 
【捕手】
・古田
 
とりあえず、古田の存在がこのチームにとって非常に大きなウェイトを占めています。
古田という優秀なキャッチャーの存在がなければ、このチームはただのネタ止まりで終わっていたことでしょう。
それくらい、このチームに古田の存在は欠かせません。
だからこそ人数枠の関係で思い切って二人目の捕手は省かせてもらう事にしました。
 
【内野手】
・小田
・種田
・村田
・上田
・長田
・バティスタ
・ズレータ
 
内野陣は駒は揃っているものの控えが手薄なのが欠点ですね。
さらに一塁手に関してはメインポジションの選手がおらず、二塁手も種田一人だけという有り様
外国人二人に関しては文字通り「タ」で終わるのが加入の根拠で基本的に終盤の代打もしくは途中出場での起用が前提となっており先発メンバーとして起用することは対戦相手を萎えさせない観点から避けたいと思っています。
遊撃手は打撃面では期待ができないものの、守備範囲が広い上田先生の存在がチームとして大きく、またネタチームとしてもいい味を出していると思います。
 
【外野手】
・赤田
・前田
・和田
・飯田
・志田
・島田
 
上の3人は本命
この3人がいるからこそ、チームとして戦っていけるという感じでしょうか?
特にこの面子だと赤田がいなかったら他に1番を打てる打者がいないだけに赤田の存在は対戦相手を萎えさせない意味でも大きかったですね。
 
そんな感じで実は思い付きのようで、ちゃんとした考察をした上で結成された今回のネタチーム
あえて一つだけ考えるならば、こんな縛りでチームを組んでBBHをプレイしている人って日本全国を見渡しても他にいるのかなと?
あと、いないとは思いますがパクりはご遠慮させて頂きます。



本田さんが「頑固94%ってどういう事だ」と疑問を呈しておられた金持ち頭脳という診断を僕もやってみました。
というのも、僕は人によって素直とか頑固とか言われたりして自分としては相手の意見が正しいと思えば素直にそれに従いますし、正しくないと思えば従わないだけなのですが、結局その辺りがどうなのかどうなのかよく分からなかったりするので、興味本意というよりはちょっとマジでやってみたくなったというのが理由ですかね。

そして、こちらが結果となります。

注目していた頑固か柔軟かの判定はむしろ最高評価のSランクが付きましたが、それよりも超貧乏傾向って。。。
「宝くじが当たっても安心できない貧乏体質です」って、まぁそれに関しては否定はしません(苦笑)
これでも毎月、給料の7割近くを貯金している甲斐あって貯金は結構な額が貯まっていたりしますが、それでもまだ安心はしていませんからね。
いや、それにしてもお金を貯めても貯めても安心をしないのって一件、堅実な性格だと思っていましたが実は貧乏な体質だったんですね(苦笑)

僕は「超貧乏傾向」

言われてみれば貯金の0.1%以下の金額の買い物ですら激しく悩みますからね。
なんか新しい発見です。


 
最後に哲さんより「あいつバトン」がリターンされて来ましたので答えさせてもらいたいと思います。

1.あいつの名前を教えてください

・哲・改さん

2.ぶっちゃけあいつとどういう関係?

・それぞれの球団ファンとしていい関係だと思います。今、僕がサイトを続けているのも哲さんの存在が少なからず影響していますね。

3.あいつを色で例えると?

・赤色と桃色の中間くらい

4.あいつを4文字熟語で例えると?

・誠心誠意

5.あいつのいいところ、一つ教えて

・相手に自分の考えを伝えるのが上手くて尚且つ内容がしっかりしている。

6.あいつの悪いところ、一つ教えて

・何気にさらっと傷つく事を言われたりする事ですかね。いや、悪い意味ではなく鋭いという意味で(苦笑)

7.あいつに歌わせたい歌は?

・手始めに電波ソングを一つ(爆)

8.あいつと遊びに行くなら?

・ネパワ界で交流のある方の中では一番、パワプロで対戦してみたいですねw

9.あいつと1日入れ替わったら何をする?

・美容師の仕事で色んな女性の髪の毛を堪能したいですねw

10.この場を借りてあいつに言ってやりたいことがあれば
 
・哲さんがネパワ界から脱退するくらいなら阪神に黒田投手は来て欲しくないです。



阪神は1-6で負けたみたいですね。
先発の安藤が4回途中6失点KOですか…
僕は安藤には信用を持って見ているのですが復帰してから結果が出ませんね。

打線は今日もわずか4安打止まりでいよいよ深刻なところまで来ましたね…
結局、この日は金本のホームラン一本だけで金本にホームランが出るようになって来たのはいい傾向なんですけどね。
どうやら金本も相当、責任を感じているみたいですね。
赤星の代役として出場した赤松は4打数ノーヒット
しかし、赤松には赤星の後継者としても期待するものが大きいので今日の結果にめげることなく頑張ってもらいたいですね。
とにかく阪神は明日の西武との3戦目、何とか3タテだけは阻止して下さい。

最後に昨日の松坂選手のプロ入り初ホームランのボールですが阪神ファンが捕球して係員が交渉したもののそれが不発に終わり松坂の手元に記念のボールが戻らなかったそうです。
…どうせサインが入ってなかったら、価値的には「使用済みの硬球」でしかないんですから拒否せずに返せばいいものを。。。
代わりに記念品がもらえるって聞きますし



-△-

味は良好 後味最悪 2006,6,9 この日記を編集 削除

カルビーがプロ野球チップスの販売を休止して、サッカー日本代表チップスに製造・販売を集約するんだそうでワールドカップの影響力って凄いですね…
残念ですけど日本国内ですら野球はワールドカップの人気には勝てませんからね。
 
プロ野球は甘んじて受け入れるしかないんでしょうか
 
 
 
さて、これから先の話題は一部人によっては気分が悪くなる恐れのある表現を使いますので食事中の方等はこれから先の観覧については十分注意して下さい。
…まあ、ご飯を食べながら日想を読んでいる人はいないと思いますけどねw

 
職場に設置されている自動販売機が模様替えをしまして、自動販売機からあたたかい飲み物が消えて全て冷たい飲み物に変わりました。
その際、今までホットで使っていた売れ残れの飲み物を業者の方からタダで頂きまして、多少味が落ちているのは覚悟の上でタダという事で喜んでそのミルクコーヒーを飲んだところ…

その飲み物は、久しく忘れていたゲロの味を思い出させてくれました_| ̄|○
 
口に入れた瞬間こそは悪くなかったものの、後味がまさにゲロを飲み込んだ時のような…それに近いものがあり、はっきり言って飲めたものではありませんでした。
業者の話によるとミルクは一度温めて冷やすと味が変化するんだそうですが、それにしてもこの味は…
 
分かっててくれたのなら、悪意を感じますよ。

また、味以外にも翌々考えてみれば何ヵ月もの間、ホットに保たれていた飲み物ですよ?
普通に考えて大丈夫なのかコレ?と疑問に思いますよね(苦笑)
ちなみに、この後味がゲロ味のミルココーヒーですが手元にあと8本も残っています。

さて、どうしたものか…



BBHは本日、トレードで成立した最後のカードが届きまして4番候補のSP和田などが手元に届きました。
また先日、相手の音信不通により不成立となったトレードを再び立ち上げてまた新たにトレードが成立しまして、これで残りの希望カードが「藤田のみ」となったところでたまたまプロ野球チップス2006のキラカードを募集している方がいまして、ダメ元で放出リストには載っていなかった藤田の有無を訊ねてみたところ、これが見事にハマって僕は僕で以前に興味本意で購入した時に当たったプロ野球チップス2006のキラカードを二枚所持していたので、その2枚と藤田とで先方と見事にトレードが成立
そんな経緯もありセカンドチームの完成まで残りわずかとなりました。
そしてここで僕としてはやや思い切った金銭補強をすることにしました。
新カードが排出されてから1ヵ月が経過して、当初より金額も値下がりしてレートもだいぶ安定して来ました。
そして何より自力では全然いいカードが引けないですからね(苦笑)
よって以下のカードを購入する事にしました。

新SP黒田 2000円
新SP前田 2000円
新SP藤川 2000円
新SP今岡 2000円

黒田はAs、セカンドチームともに必要なカードで前田は新カードのミート20が何よりも魅力で正直、旧カードでは我慢できません。
新SP今岡は旧との差し替えで新SP藤川は単純に安かったのでトレード要因として購入させてもらう事にしました。
最も、黒田と前田に関しては後々考えたら2000円は割高な気がしたので実際のところ、お互いにそんなに損はしていないと思われます。

それで昨日、紹介した新黒・城島の件についてですが新カードだとレベル3になると捕手のポジションレベルがB→Aになることが判明した以上、いつまでも旧SP城島を使っている訳にはいきません。
これは次のプレイまでに一刻も早く新黒・城島を手に入れる必要があると考えた僕は某有名トレード板にて10:1の思い切ったトレードを提案します。

…結果

新SP山崎、旧SP城島、豊田、五十嵐、建山、新黒・村松、旧黒・谷を放出して新黒・城島を手に入れる事に成功しました。
…しかし、その代償は大きかったです(苦笑)
流石にやり過ぎた感があり最後は相手に頼み込んでSPローズの放出だけは勘弁してもらいました。
ただ、それでもメールから相手の嬉しそうな様子がヒシヒシと伝わって来ました。
そりゃ、新黒一枚に対してこんなに何枚もキラを放出する人間はネット広しと言えどそうはいませんからね。
しかも、SP城島まで出していますし…
でもまぁ、放出はたしかに出し過ぎた感がありますが基本的にどれも使わないカードですから大して問題ではありません。
とりあえず、僕としては新黒の城島さえ手に入ればそれでOKという感じですね。
あとは次回のプレイで新黒の城島にカードを差し替えてレベルが2に下がったところで、再びレベルを3に上げるという具合で…

願わくば新黒・城島の捕手ポジションレベルがB→Aになるという情報がデマでないことを祈るのみです。


…いや、切実に_| ̄|○



阪神は1-10で負けました。
これでも阪神が先制して攻守が出たりと中盤まではいい試合をしていたんですけどね…
終わってみれば大差での敗戦で打線も松坂の前にわずか4安打の14三振…
最も、阪神が毎回同じ投手にやられることは今に始まった事ではないので打線の沈黙に関してはある程度は予想していましたけど、10失点というのが頂けませんね…

7回表の矢野の悪送球が一番悔やまれるところですが、下柳が勝ち越しタイムリーを浴びると代わって登板したダーウィンが中島にホームランを打たれてしまい、まさかの3失点
そのあと、ダーウィンは松坂にも2ランホームランを打たれる始末で今日は一体どうしちゃたんでしょうね…
9回表に登板した金沢も4連打で3失点
ダーウィンと金沢の両投手が打たれるとこれからの継投が難しくなりますね…

とにかく今日はある程度、負けることは試合前から意識していましたが、この二桁失点は頂けません。
明日は気持ちを切り替えてしっかりとやってもらいたいと思います。

…あと、今日の試合赤星が左足首痛で欠場しました。
昨日の日ハム戦の5回裏の守備でフェンスに激突した際に左足首をひねったらしいんですけど、昨日は試合中継を見ていなかったので知りませんでした。
最悪、登録抹消もあるみたいで心配です。



-△-

やりたい時がやり時 2006,6,8 この日記を編集 削除

この日は、真っすぐ帰って阪神を応援!
…というよりかはBBHの方に欲求が傾いたので、阪神戦の観戦を放棄してBBHをやって来ました。
 
何事もやりたい時にやるのが一番いいのだと僕は信じています>ぉぃ


第一試合目
初回に相手の赤星にヒットを打たれて、こちらの先発は牽制持ちの井川でしたが最近は牽制持ちの投手でも盗塁警戒をしないと確実に盗塁を刺せないので念を入れて盗塁警戒のサインを出したところ、これが裏目に出て初回に1点を失う。
二回表にもヒットを立て続けに打たれて3失点
2回終了時点でいきなり4点のビハインドを背負う苦しい展開となりました。
 
しかし直後に1点を返すと4回裏には相手の長打警戒に対して城島が引っ張りで値千金の同点の3ラン!
さらに5回裏には谷のタイムリーで1点を勝ち越すと代打・松中にはVS2ランが飛び出したかと思いきやこれが平凡な外野フライに終わりダメ押し点が奪えず…
振り返ってみれば、この不運な打球判定に泣かされる事となり、その直後に同点に追い付かれるとあと一人で負けがなくなる9回表2アウトから打ち上げた打球は狭い神宮のポールに最短距離で当たる勝ち越しソロホームランとなり結局、この1点が決勝点となり6-5で敗戦
正直、VSモードで赤同士が重なったにも関わらず変な判定を受けて外野フライにならなければこの試合は普通に僕が勝っていました。
…ただ、松中の完璧に重なったVSの打球がスタンドまで届かないのは今まででもよくあることだったりするので、そういう意味でも松中をチームの構想から外した僕の判断は正しいと思われます。

カブレラとT.ウッズなら不調でもちゃんとスタンドまで叩き込んでくれますからね!


第二試合目
初回にノーサインホームランを浴びて1点を失う
 
最近、あくまでも体感的にですが、よくホームランを打たれるような気がしますね…
それで打たれる時は決まってソロホームランだったりするのですが、その傾向から判断するに大半のプレイヤーはランナーがいない場面で長打力のある打者に打順がまわるとメモリを強振に合わせているのが伺えますかね?
図星だった方は雑談掲示板に名乗り出て下さいw>ぇ
ちなみに、そのノーサインホームランなのですが今のところ投手のメモリを-1に合わせる事により完全に被弾を防げています。
※今回のケースでは、ホームランを打たれたのがノーマークのベニーだったのでメモリは-1に合わせていませんでした。
また、これでノーサインホームランを打たれたとしても結局は確率の問題なので仕方がないと思われます。
 
試合の方は色々とチャンスもありましたが得点には結び付けられずに結局0-3で負けました。
 

第三試合目
また初回に失点…
そのあと、二度の満塁のピンチを切り抜けて5回表に城島のノーサインホームランで同点に追い付きました
試合はそのまま1-1の同点で迎えた9回表2アウトから城島にノーサインからこの試合2本目となる勝ち越し2ランが飛び出して2点を勝ち越し
 
…城島凄っ!!
どうやら、僕は今まで城島の使い方を間違っていたみたいです。
強振MAX放置、最高ーー(爆)

試合はそのあとの最終回をきっちりと抑えて1-3で勝利しました。
 
 
第四試合目
意外にも試合は投手のヒットで一塁ランナーが一気にホームを駆け抜けて相手に1点を先制される。
 
こちらはようやく掴んだ一死満塁のチャンスで谷の併殺崩れの内野ゴロの間にランナーが還って同点
そして次の回にまた出ました!
城島にノーサインから勝ち越しソロホームランが出て、続けて新庄にもホームランが飛び出して2点を勝ち越し
あとは万全のリリーフ陣が相手の反撃を抑えて1-3で勝利

そんな感じで今日も2勝2敗の五分でした。
それにしても最近は赤星と荒木が全然打たなくなったんですよね…
おかげでチームの得点力が落ちています。
頼みのVSも今日は全部不発でした…
ここに来て、ちょっとVSの使いどころを考え直さないといけない時期に来ているかもしれません。
例えば終盤にピンチを迎えて1点が敗戦に繋がるような場面では、こちらからVSモードを仕掛ければ打者をアウトにできる確率がグッと高くなります。
VSモードは読み違えると相手にホームランを打たれてしまう危険性を含んでいますが、終盤の同点の場面では1失点も2失点も同じと割り切って守備時にこちらからVSモードを仕掛ける必要性があるのかもしれませんね。
ここ最近の試合を通して強振MAXがアテになることを実感しただけに、今までのようにただホームランを狙う為だけにVSモードを仕掛けるのではなく、これからは場面に応じてVSモードを仕掛ける決断が求められるのかもしれないと今さらながらに感じさせられました。
これまで強振MAXなんて数える程しかやったことがありませんでしたからね(苦笑)

それから、今日は最後に僕のセカンドチームである「田」をコンセプトにしたチームを新たに作成しました。
カードこそ、まだ全てが揃った訳ではありませんが、どちらにせよ一試合につき10人づつしか選手登録ができないのでこの場合、チームを立ち上げることには何ら支障はありません。
とりあえず現時点で所持している10枚を登録して以下のオーダーを300円プレイで開始

1番・赤田 中
2番・長田 遊
3番・種田 二
4番・村田 三
5番・古田 捕
6番・小田 一
7番・飯田 右
8番・紺田 左
9番・和田毅

いざ、画面にオーダーが並んでみるとなかなか爽快でしたよw
対戦相手はこれが2試合目で中日に小坂が加入したのみであとは全てノンカードという明らかにBBHを始めたばかりの初心者が相手でした。
いやぁ、こういう相手と戦うことになるとは初々しいですねw
特に小坂で牽制持ちの和田毅に盗塁を仕掛けたところなんて初心者丸出しもいいところでしたよ。
試合は、こちらの田メンバーに一通りヒットが出るものの中日の強肩外野陣の餌食となり得点が奪えないまま300円プレイの4回終了でコンテンニューをせずに引き分けに終わりました。
とりあえず、今のメンバーだと微妙にキツイので次はこれに和田や前田といった主力打者を加えたいと思います。
前田はまたトレードを成立させないとなぁ…

最後に個人的にショキングな情報が入ったのでご紹介
僕は「どうせレベルが上がれば送球が同じ20になる」と思ってSP城島を使い続けていたのですが、どうやら新黒・城島だと旧とは違い捕手のポジションレベルがB→Aに上がるとのこと
…これを知ったからには何とか新黒・城島を手に入れてカードを差し替えない訳にはいきませんね。
あと密かに今岡とカブレラも将来的に新SPに差し替えたいと思っています。
それと未だに僕とは無縁のGRですが何とか松坂だけはGRを手に入れて差し替えたいなと思っています。
いやだって、黒の松坂とGR松坂だとその活躍っぷりが目に見えて違いますからね。
GR松坂はGRらしい活躍をしてくれるみたいです。

あと、今日は5試合やってSP豊田が当たりました。
…そろそろ優良キラが当たってもいい頃だと思います。


阪神は4-6で勝ちました。
何とか三タテは阻止しましたね。

この試合はスコアを見た上で書かせてもらいますけど、今日は初回のチャンスに阪神がしっかりと点を取れたみたいですね。
それも金本のホームランという最高の形でした。

6回表には満塁の場面でスペンサーに満塁ホームランが飛び出して4点を追加
最近、スペンサーが少しだけ頼もしく見えるのだから結果とは恐いものですねw
最終回に久保田がまた劇場を開いたみたいですが、何とか1失点に抑えてというか併殺で取ったアウトがなかったら正直、どうなっていたか分かりませんでしたけどとにかく久保田が日ハム打線を抑えて阪神の連敗は3でストップ!

あとこの試合でようやく今岡の打順が5番から6番に下がりましたね。
最悪、結果と内容が伴わないようなら鳥谷と入れ替わりで7番に下げる事も考えた方がいいかもしれません。



-△-

阪神がんばれ… 2006,6,7 この日記を編集 削除

例の萌えゲーことウィズ アニバーサリィーをようやく全クリアして、腑に落ちない点が色々とありましたが全体的には納得の出来
むしろ、発売前にプレイした体験版の評価に比べれば「奇跡は起きた」というところでしょうか

何気にファンディスクの要望も多いみたいで、ちゃかり僕もそれに一役買っていたりしますが続編が出るなら出るで是非また買わせてもらいたいと思います。
…もちろん18禁で(爆死)
 
 
さて、それはそうと今日からまた新しいゲームをプレイしようかと思うのですが今回、プレイするゲームは「あかべぇそふとつぅ」よりその横顔を見つめてしまう~A Profile 完全版~
 
車輪が面白かったというのとライターの趣向が個人的にストライクだったので、その人が手懸けた作品なら旧作とは言え面白くない筈がないだろうなと
あと、もちろん原画及びキャラ(特に幼なじみ)もばっちりストライクです>ぇ
 
ちなみに僕が評価して止まない車輪の国、向日葵の少女ですが、公式サイトを覗いたところどうやらそれのファンディスクが現在制作中みたいでこれは18禁かどうかに関わらず買うしかありませんね。
また、それと平行して新作の開発も進んでいるみたいなのですがタイトルを見た瞬間に一歩後退りしてしまったのはまんざら過剰表現でもありません。
どうやらこの新作は別のライターが手懸けるみたいで「こんな娘がいたら僕はもう……!!」というタイトルはただのエロゲーにしか思えませんね。

…新作にるーすぼーい氏が関わらない以上、微妙なところですが相変わらず有葉氏の原画がいいんですよね。
最近、絵買いが多いような気がしますがこれも買う価値はあるでしょうか…

あっ、マニアックな話失礼しました。。。



チック大佐さんより「あいつバトン」がリターンされましたので「そもそもリターンとかアリなの?」とは言わずに今日も答えさせてもらいたいと思います。


1.あいつの名前を教えてください

・チック大佐さん

2.ぶっちゃけあいつとどういう関係?

・サークルチェンジの解説をキッカケに知り合った仲、僕と同世代であり同じオタクだけに他にはない仲間意識があります>ぇ

3.あいつを色で例えると?

・紺色?マスコットの色と同義

4.あいつを4文字熟語で例えると?

・一心不乱

5.あいつのいいところ、一つ教えて

・物事に対する評価、分析がしっかりしている

6.あいつの悪いところ、一つ教えて

・ロリがど真ん中ストライクなところとか…

7.あいつに歌わせたい歌は?

・お馴染みのランダム選曲で選ばれた曲を歌って欲しいですね。

8.あいつと遊びに行くなら?

・一緒にアニメ鑑賞とかしてみたいですねw

9.あいつと1日入れ替わったら何をする?

・僕も草野球チームに入って思いっきり野球をやりたいですね。

10.この場を借りてあいつに言ってやりたいことがあれば

・思いっきり草野球ができる環境なら僕もここまでBBHにお金と時間を注ぎ込んだりはしなかったと思いますよ。。。



阪神は3-2で負けました。
今日くらい勝っておかないと今週は他に勝てる日がなさそうなんですけどね…

阪神は初回に満塁のチャンスを作るもののまた無得点
ここ数試合、初回にチャンスを作っては得点できていないのが嫌な感じです。

今日も投手は先発の杉山が8回を投げて3失点とまずまずの結果
問題はやはり打線で今日はチャンスを作るものの点に結びつかなかったですね。
それと僕も相当辛抱して来ましたが、チームがこんな状態だからこそ今はもう今岡が打席に入る度に、今岡がみっともない空振りをする度に嫌気すら感じてしまいます。
今岡が復帰して余計に打線の流れが悪くなった感じすらしますからね。
それに加えて赤星も「ど真ん中を平気で空振るわ」で打てる球がないというくらい打撃の状態が悪くなっています。
はぁ~、今の打線ですけど何とかならないものですかね?
最終回に何とか1点を返して1点差に迫り、2アウトから振り逃げでもう一度チャンスをもらいましたがここでも結果には結びつかず…
ていうか、9イニングで残塁17とか初めて見たんですけど?

とにかく今の阪神は相手よりも先に先制して最強のリリーフ陣で逃げ切るしか勝つパターンが見当たりませんね…
阪神は今が踏ん張りどころです。



-△-

計画から実現へ 2006,6,6 この日記を編集 削除

今年の始め頃に考えていた計画がどうやら計画から実現に変わったみたいで、当初から計画していた兄貴のグループに僕がついて行くという形で夜行電車やら宿泊ホテルの予約を済ませた模様
 
えっと、何の話かと言いますと…
 
 
今年の夏はコミケに行こうかと思います(爆)

【用語解説】
※コミケ
コミックマーケット準備会が主催するマンガ・アニメ・ゲーム関連の同人即売会
端的に言えばオタクの祭典
その道の人たちが集まるイベントで軒並み周囲のオタク率は100%に達する。


やはりオタクたる者、本場の雰囲気やら環境やらを実際に肌で感じてみたいなと思った次第で、むこうに行くからには現地で何かしら購入するかと思いますが、ただあくまでも僕の目的はグッズを買うことではなく実際にコミケに行ってみるという点に尽きます。
…オタクでありながらオタクのイベントを興味本位で見に行く感じですかね。
 
それでまあ、東京に行くこと自体はじめてだったりするのでコミケ以外にも色々と見てまわりたいですね。
個人的にはせっかくなので東京ドームで行なわれる試合を観戦したいところでしたが、残念ながらその期間中巨人は広島に遠征で東京ドームでは試合が行なわれないみたいです。
一応、横浜スタジアムにも日帰りで行けなくはないんでしょうけど、そこまで遠出するのは個人的に考えものなので今回、東京での野球観戦は諦めようと思います。
あと、他に東京で行きたい所と言えば…とりあえず空き時間を作ってはぶらぶらしようかなと思っています。
はじめての東京もハワイで一人歩きした事に比べれば遥かに大丈夫でしょう。
 
 
 
さて、幸福さんより「あいつバトン」なるものがまわって来たので答えさせてもらいたいと思います。
あと、せっかくなのでリバーさんの分も一緒に答えさせて頂きます。


1.あいつの名前を教えてください

・幸福さん
・リバーさん

2.ぶっちゃけあいつとどういう関係?

・ネパワ繋がりの交友関係
・よきアドバイダー?影響力強し

3.あいつを色で例えると?

・黄色?よく分かりません。
・青紫って感じで

4.あいつを4文字熟語で例えると?

・パチプロ(違う)
・完璧主義

5.あいつのいいところ、一つ教えて

・面白い方だと思います。
・社会的な常識や秩序を重んじるところ

6.あいつの悪いところ、一つ教えて

・ニコチン中毒なところ?
・文章の独特な言い回しが面白くもあり理解しにくくもある。まあ、リバーさんらしいですけどねw

7.あいつに歌わせたい歌は?

・紹介したエロゲー主題歌の中から何でも一つ
・撲殺天使ドクロちゃんの主題歌を(爆)

8.あいつと遊びに行くなら?

・ドライブで助手席に座ってみたいですね。
・今ならBBH?リバーさんと言えばラーメン屋も外し難いところですが、某エピソードにより禁止ワードになっているようなので自粛させてもらいます。

9.あいつと1日入れ替わったら何をする?

・仕事中に寝たいと思います>ぉぃ
・体力測定を受けに行こうと思います>ぇ

10.この場を借りてあいつに言ってやりたいことがあれば

・冒頭の小説、変に圧力を掛けてしまったみたいで申し訳ないです。
・管理者サイドの作成、頑張って下さい。頭が上がりません…

11.あなたについて答えさせたい、次の回答者を五人まで(無制限)

えっと、正直なところ構想外のネタをいきなり振られるのも困ると思うので一応、指名はさせてもらうものの答えるかどうかは個人にお任せ致します。

哲さん、チック大佐さん、いてまえさん、本田さん、パームボーラーさん、Dカッターさん、たくわさん

一人でこれだけ回すとそろそろネパワの中では息切れでしょうね…
という訳で事実上、これでラストになるかと思います。



阪神は3-0で負けました。
今日は何もありません…
危うくダルビッシュにノーヒットノーランを喰らうところでした。

先発の井川は8回3失点と結果はまずまず
井川の投球って殆どがボール球で打者にボール球を振らせているという感じですね。
まあ、今日は井川がどうこうじゃなくて打線が打てなさ過ぎました…

赤星はソフトバンク戦でもありましたけど、また盗塁失敗ですか…
盗塁面含めて最近、あまりチャンスメイクできてないんですよね。。。
今日の試合から今岡が一軍復帰して早速、5番サードでスタメン出場
5番・今岡って、何だかいきなり打線の流れが悪くなり兼ねないので始めは6番くらいでいいような気が…
今日の試合を見る限り、あまり調子も戻っていない感じでしたからね。
しかし、本当に今日はダルビッシュの前に手も足も出ませんでした…
そもそも今年は去年ほど打線に破壊力がないので今年になって試合中に手を上げて喜んだ事もあまりないんですよね。
阪神ファンとして今の打線は物足りないの一言です。
まあ、去年が出来過ぎだったのは十分理解してますけどね。


最後に昨日、村上ファンド問題でニュースの放送時間が延長された影響で涼宮ハルヒの憂鬱の録画に失敗しました_| ̄|○
全く最後の最後まで迷惑を掛けてくれましたよ。。。


画像はパワプロ13のサクセスの扉絵
右側にいる女の子が個人的に気になりますw



-△-

意思表示には責任を 2006,6,5 この日記を編集 削除

村上ファンドの村上容疑者が逮捕されましたね。
あまり難しい話はよく分かりませんが、阪神ファンとしては「ひとまず、村上タイガースの可能性が無くなって一安心」と言ったところでしょうか?
まだ、阪急タイガースになる可能性がありますけどね…


話代わってBBHのトレードの件なんですが、トレード板経由で成立した3件のトレードのうち2件はお互いに発送も済ませてあとはカードが届くのを待つばかりなのですが、残りの一件がむこうからメールを送って来たにも関わらずそのあと全くの音信不通

トレードする気がないなら初めからメールを送って来るなと思うと同時に気が変わって止めるのなら止めるでこっちも繰り返して確認しているのだから一言くらいあってもいいものじゃないかと

まあ、こんなことはネット経由でトレードをしていたら珍しい事でも何でもないのですが流石にこのパターンは初だっただけにやるせない気持ちでいっぱいです
…また、新たにトレードの相手を探さないといけませんね。


それでまあ、今日はそれくらいで取り立てて書くこともありませんね。
あえて言うなら、プリンって大概みんな容器からお皿に移さないでそのまま食べるんですから、そろそろ容器のまま食べる事を前提にカラメルソースがプリンの上にかかっているのがデフォのプリンとか発売しないものですかね?
むしろ、従来のプリンは「業務用」という振り分けでいいかと(爆)

本当、今日は大して書くことがありませんね…
最後は画像ネタで締め括りたいと思います。
画像はパワプロ13のオンライン「集まれ!パワフルスタジアム」の画面
今さらながら、こういうのが導入されるは楽しみで仕方がありません。
能力は野手の表示しか見たことがありませんが、もちろん投手でもスタートできるんですよね?
試合は相変わらず自動試合なのが残念ですが、オンラインを通してユーザー間で交流、協力できるようになったのは評価できますね。



-△-

放置していた単行本を手に取る 2006,6,4 この日記を編集 削除

昨日、トレード板に残りのカードを募集したところ上手い具合に希望と放出が被ることなく全てのトレードが成立しました。
これで残りはセカンドチームのエースである黒田投手だけとなりました。
また新SP黒田はAsの方でも必要な戦力なので何らかの形で是非、手に入れたいですね。

さて、今日は阪神-ソフトバンク戦の中継を見つつ、去年のいつ頃に購入したのか思い出せないほど放置したままだった「鉄腕ガール」の単行本を一巻から最終巻まで一気に読みました。
元々、評判を聞いて購入に至った本作品でしたが確かにいい作品でしたね。
女性の強さが強く感じられる作品で一人の人間の生き様に大変、心を打たれる…そんな作品だったように思います。
昨今、男性の立場が弱くなりつつありますが暴力を封じられると男性というのは女性よりも弱い生き物なのかもしれませんね。
そんな感じで手に入れるのには若干、苦労しましたけど、それだけの価値は十分にあったと思います。



阪神は2-6で負けました。
初回に赤星、藤本の連続ヒットで無死一、二塁のチャンスを作り、シーツのライトフライで赤星が三塁まで進みましたが金本が三振に倒れるなどで得点には至らずで、この初回の攻撃は勿体無かったですね…

先発の江草は3回まで一人のランナーを出さずに完璧に抑えていましたが、川崎に2ランを浴びてまた4回に失点をしてしまいました。
…何故か江草はこういう展開が多いんですよね。
さらに6回表、鳥谷のエラーのあと長打を浴びてさらに1点を失うと四球と送りバントで1死二、三塁のピンチ
ここで岡田監督は投手を江草から太陽に代えましたが、阪神の次の回の打順が投手からとは言え明らかにあの場面はダーウィンに任せるべきでしたね。
…点差が広がってから登板させても仕方ないんですから。。。

その太陽は初球をいきなり暴投で1点を献上すると、さらに打者にはホームランを打たれて最悪の1失点と2失点
そのあと四球を出した辺り、ダメダメでしたね…
岡田監督的にこれは二軍行き決定ですかね?
太陽投手は井川選手と一番仲がいい選手なので応援はしたいんですけどね。

打線は6回裏に効率悪く2点を返して尚もチャンスを迎えたものの、三日連続のヒーロー鳥谷が打ち取られて反撃もそこまで
阪神はソフトバンク相手に3連勝とは行かず、西武が打者との兼ね合いを考えると個人的にはやや賛同しかねる満塁策を取ったあと清水の犠牲フライで巨人がサヨナラ勝利
まだ、あまり意識するほどではありませんが首位が巨人と入れ替わってしまいましたね。

最後に今日の試合とはあまり関係ありませんが、ここ最近のシーツの守備を見ていると一塁にコンバートされた直後と比べて格段によくなりましたね。
ハーフバウンドも弾かなくなりましたし、状況判断もできています。
今なら普通に一塁の守備もB評価にしていいかなと思えます。


画像は、パワプロ13の阪神の登録選手一覧
ひとまず、ダーウィンと濱中はいい意味で今岡(金本)は悪い意味で新たに作成する必要がありそうですね。



-△-

BBHレポート 2006,6,3 この日記を編集 削除

昨日の日想でトレードをお願いしたところ4件のトレードが成立しまして、おかげでセカンドチームを立ち上げる目処がつきました。
残りのカードについては難しいかもしれませんがトレード板を利用して集めたいと思います。
その為にも今日はキラよりもどちらかと言うと優良黒を多く引きたいですねw

さて、そんな感じに意気込んでいつものようにゲーセンに向かったところ、電車に乗車中に人身事故が発生して車内で足止めを食らい、ようやくゲーセンに到着したと思ったら店が改装中で閉まっていたというダブルパンチを食らいました…
最も、近くにもう一件BBHができるお店があったので事なきを得ましたけどね

第一試合目
初回に谷のタイムリーで1点を先制
3回裏には井端のタイムリーでペースよく2点目を叩きだしてこのまま余裕かと思われましたが、直後に1点を返されると6回表には牽制持ちのベイルが相手に盗塁を決められてしまうとすかさず1点を返されて2-2の同点に追い付かれました。
…最近、牽制持ちの投手でも盗塁警戒を出さないとなかなか盗塁が刺せませんね
 
さらに続く満塁のピンチは何とか切り抜けて、次の回も一死満塁のピンチを招きましたが必死の継投でこのピンチを切り抜け最後はサイン、選手交代、VSモードをすべて使い切る死闘となり2-2の引き分け
 

第二試合目
7回まで0行進の展開で城島にノーサインソロホームランが飛び出して1点を先制
…強振MAXっていいかも
さらに代打ウッズにVSソロホームランが出てさらに1点を追加
 
この試合、こちらはVSで守備時に相手が二度選択したところを相手の攻撃時に選択して三振を奪ったり、前の回でこちらのウッズがVSホームランを放ったコースと同じところを選択して相手のウッズを仕留めるなど相手を挑発しまくったVSモードを展開して、こういう展開になると逆に終盤、相手の裏を欠くことが容易になるんですよね。
試合は万全のリリーフ陣がリードを守って2-0勝利


第三試合目
相手は200戦で貯金150の間違いなく強者でした。
試合は、カブレラ先制のVS2ランでこちら先制を挙げるものの、そんな相手が黙っている筈もなく松中、岩村に二者連続でノーサインからホームランを浴びると2アウトから投手にタイムリーを打たれて勝ち越しを許してしまいます。
次の回は、さらに福留にもノーサインからホームランを浴びる始末でノーサインホームランもここまで続くと白けますね…
 
こちらはしつこく食らい付いて赤星のタイムリーで1点差にまで迫り反撃の場面を作りますがあと一本を欠いて3-4で敗戦
しかし、このレベルの相手とここまで渡り合えた事は評価できると思います。


第四試合目
お金を投入したところで画面をタッチしてもいないのに勝手に300円プレイになって訳が分からないまま試合開始
300円プレイは初めてだったので5回終了でコンテンニューが発生するのかと思いきや、何故か300円で最終回まで遊べました。
サインはきっちり半分でしたけどね(苦笑)

試合はどたばたしながらも城島のタイムリーで2点を先制して尚も1死一、三塁の場面で調子に乗ってスクイズを試みてましたが結果は三振ゲッツーorz
やっぱりバントはするだけ無謀か…
 
試合は0-2のまま8回表に相手からのVSモードで読みが当たり、カブレラのダメ押しVS3ランが飛び出して0-5と一方的な展開となり最後は万全のリリーフ陣がしっかりと抑えて勝利


第五試合目
1死三塁の場面で1点を与えまいと珍しく守備時にVSモードを仕掛けたところ、犠牲フライを阻止するどころかポテンヒットで先制されました…
慣れないことはするものじゃありませんね(苦笑)
 
さらに相手に1点づつを追加されて0-3となり徐々に敗戦が濃厚となって行きますが終盤に無死満塁の絶好のチャンスを迎えて、ここぞとばかりにVSモードを立て続けに仕掛けますが
 
【自分】  【相手】
真ん中低め 外角高め
【自分】  【相手】
真ん中高め 外角真ん中
【自分】  【相手】
内角低め  内角高め
 
終盤の無死満塁の場面、VSを三度避けられた時点で負けは決まりました_| ̄|○
…そのあと、相手の猛攻を受けたのは語るほどでもないでしょう(苦笑)

そんな感じで本日の結果は2勝2敗1分でした。
まあ、良しとしましょうか
あと、この日のプレイで遂に段位が9段から上がりまして期待虚しく、しっかり勇将初段になりました。
(※大体、みんなこの称号になります)

…まあ、そんなものなのかなと少しガッカリです。

最後に引いたカードですが今日は運良く5試合でキラを2枚引きました。

旧SPローズ
旧SP磯部
 
…キラが当たって一瞬喜んだ途端にガッカリさせられのは仕様ですか?
分かってはいた事ですがキラを引いても一概には喜べませんね。
まあ、SPローズなら何とかトレードには使えるかな…

それにしても通算で106試合をプレイしましたが未だにGRが引けません_| ̄|○



阪神は7-8×で勝ったみたいですね。
ソフトバンクの先発は阪神キラーの杉内でしたが、これを矢野の満塁ホームランで粉砕したみたいですね。
しかし、阪神は安藤もだらしなかったですが二番手の能見もだらしない結果になりましたね…
味方がせっかく3点差をひっくり返したというのに3点を失ってソフトバンクの再逆転を許す。
最近、調子が上がって来たみたいですけどまたこんな結果では恐くて使えませんね…
その点、ダーウィンは安心して見てられます。

今日はこのまま負けてもおかしくなさそうでしたが、8回裏に片岡が押し出しの四球を選んで阪神が同点に追いつきました。
片岡に押し出しの四球を出すとは、なんと勿体無いw
そして最後は鳥谷のタイムリーで阪神がサヨナラ勝ちですか
鳥谷は二試合連続でのお立ち台も昨日が初めてだったのにこれで3試合連続のお立ち台ですねw

いやそれにしてもこういう負け試合を逆転で勝利するのは久しぶりじゃないですか?
投手力に頼るだけでなく、こういう野球ができると勝ちパターンが増えて勝ち数もどんどん伸ばせますね。
この調子で明日も大いに期待もしたいと思います。



-△-

セカンドチーム考案 2006,6,2 この日記を編集 削除

最近、妙に眠たい状態が続いてまして今までは睡眠時間を計算して義務的に寝ていたのが、最近は眠たくなっていつもより早めに寝る日々が続いています。
これはこれで健康的かもしれませんが、こう眠たくなると夜中に何もできないんですよね…


さて、仕事の方なんですがハワイ旅行から帰って来てからというもの、うちの部署は仕事がありません(爆)
かと言って幸福さんのように仕事が暇だからと寝るわけにもいきませんし…
あっ、密かに冒頭の小説楽しみにさせてもらっていますよw
執筆が大変だとは思いますが結末を期待しています。

それでまあ仕事の方はこういう時に有給でも取るべきなんでしょうけど、未だに正当な理由なく有給を取る度胸がありません(苦笑)
 
有給休暇は労働者の権利!
…なんて、声を大にして言えるわけねぇ_| ̄|○
 
 
 
明日は仕事帰りにBBHをプレイしに行こうかなと考えています。
本当にプレイスタイルか一週間に一回ですねw
それで、せっかく色んな選手の中からチームを組んでオンラインで対戦するのがこのゲームの売りだけに使用チームがAsだけというのも淋しいので只今、セカンドチームの設立を模索しています。
それに伴い現時点でネタチームを考えており、コンセプトは以前に紹介した「名字の最後に田がつく選手」で固める案が濃厚です。
これは以前にも紹介しましたけれどネタチームでありながら戦力的にも頼もしくて、ネタのコンセプトが対戦相手に伝わりやすいのも重要な要素ですね。
また必要なカードもそう高価なものではなく相手に与えるインパクトも十分
僕自身もこのメンバーならモチベーションを保ちつつプレイできるかなという具合でセカンドチーム設立の構想はちゃくちゃくと進んでいます。
 
あとセカンドチームを立ち上げるに関して迷うのが所属チームの選択でしょうか
正直、ネタチームなので所属チームは何処でもいいわけなのですが、やはり一度決めてしまうと二度と変更できない事項なだけに所属チームの選択は慎重に行ないたいですね。
それで個人的には一つ目を阪神でプレイしているので二つ目のチームはパ・リーグで立ち上げたいところなのですが、ネタチームのチーム事情を考えるとDH枠を任せられるような強打者がいないのでDH枠は無い方が都合がいいんですよね
ただ、やっぱりパ・リーグへの参入は捨て難いですし…難しいところです。

そして、これまた重要な監督名については6文字の字数制限に当てはまるように考えた結果、「タでしょうぶ!」と非常に分かりやすく且つ相手にやる気を与えるような名前を予定しております。
…どうでしょうか?

さて、最後にここからが主目的となっておりまして、セカンドチーム立ち上げに伴い足りないカードをトレードという形で是非、皆様からのご協力を願いたいと考えております。
対象のカードは一枚辺りの価値が低くてトレード板ではなかなかトレードが成立しないと思うんですよね…

以下、希望カードと放出カードの一覧です。

【希望】
新SP黒田、前田、古田(黒でも可)
新黒・村田、小田、赤田、薮田、和田
旧SP和田、飯田(黒でも可)
旧黒白・桑田、前田幸、鎌田、金田、正田、紺田、野田、上田、藤田、山田

【放出】
SP五十嵐、磯部、建山、山崎
新黒・矢野輝、村松、久保、ベニー、李スンヨプ、帆足、嶋、金子、加藤、T.ウッズ、吉川、阿部、光原、後藤、SHINJO
旧黒白・川島、小笠原、ラロッカ、荒木、岩村、谷、岩瀬、工藤、立浪、杉内、里崎、藤本、藤川、高橋信二、落合、高橋由、斉藤和、緒方、石原、尾形、セラフィニ、鈴木健、涌井、堀

レートは応相談で複数枚出して下さる方を優先したいと思います。
条件に合う方は私書箱より返信用のアドレス付きでメールよろしくお願い致します。

しかし、こう見ると何気に戦えるメンバーが揃っていますよね?
投手も揃えてみれば牽制持ちの投手が6人もいるのが強みですし、リリーフ陣はかなりのものですよ。
このメンバーで試合をするのが楽しみになりましたw

あと、そうそう…
トレードなんですが、バティスタとSPズレータを書き忘れていたので希望に追加させて下さい。
いや、だって…ちゃんと「タ」で終わりますからね(爆)
というのは半分冗談でこの二人は試合の終盤に代打限定で起用したいと思います。
半分は相手にこういうのもアリかと思わせるのが狙いで、もう半分は明らかに勝ちを狙いに行っています(苦笑)

問題は相手がそれを「どう感じるか」なんですけどね…
やっぱり、止めておいた方がいいですかね?



阪神は4-0で勝ちました。
先発の下柳は序盤こそ四球を出してピンチを招きましたが、4回以降はいつもの下柳さんらしいピッチングでしたね。
打つ方では赤星が久しぶり第一打席でヒットを放って三塁まで進むとシーツのタイムリー内野安打で阪神が念願の先制を挙げました。
そして、今日も鳥谷の活躍が光ってタイムリーとホームランでいずれも貴重な2打点
阪神は3点リードのまま試合は終盤戦へ突入しましたが、相手がソフトバンクと言えど3点もリードがあると安心して見てられますね。
下柳が7回を無失点に抑えて藤川と久保田がパーフェクトリリーフ
久保田の9回2死フルカウントからのボールは見送られたらまた四球ぽかったですが、結果的に三者連続三振と素晴らしい投球を見せてもらいました。
久保田はストレートの制球が全てですね。

この試合、終わってみれば阪神は10試合ぶりに二桁安打を記録して打線も元気になって来ましたかね?
ただ、濱中選手が心配ですね…
4月の爆発は嘘かのように最近の内容は悪いですからね。
早くあの頃のような調子を取り戻して欲しいものです。


画像はパワプロ13のパッケージ
どうやら、パワプロのカードゲームも7/13に同時発売されるみたいです。



-△-

チケット代の利益は何処へ? 2006,6,1 この日記を編集 削除

今日から東京・大阪・名古屋などの大都市で駐車違反の取り締まりが民間に委託されました。
前にも言った通り、ペーパードライバーの僕には直接関係のない話ですが、これは各地で波紋を呼びそうですね。
個人的に気になるのがこれから警察が駐車違反を見つけても警察はそれを完全に黙認するんですかね?
だとすれば合理化を押し進める反面、道理に反するような気がしますけど、その辺りどうなんですかね?

…まあ、ひとまず発送料が値上がりしなければいいかな



最近、BBHにばかりお金を使っていますが、またそろそろ球場にも足を運ぼうかなと考えています。
とりあえず、予定としては6/18のオリックス-阪神戦を考えています。
理由は大阪ドームで試合が行なわれる中で一番日時が近いからですね。
残念ながら対戦球団ではなく球場で選びました(苦笑)

とりあえずチケットはネットオークションで落札するとして今回は外野席でいいかな…
あまり重要度の高い試合でもないので今回は抑えようと思います。
 
あと翌々考えると、この試合はオリックスの主催試合なんですよね…
変な話、いくらビジター席で阪神の応援をしてもその収益は全てオリックスに入るんですよね?
だから球場でいくら阪神を応援したところでそれで儲かっているのは実はオリックスという罠

なんか、一度そういう風に考えてしまうと複雑な気分ですね。

…この際、やっぱり阪神の主催試合を観に行くべきでしょうか?>ぉぃ



阪神は2-1で勝ちました。
今日も試合開始から打線が頼りなかったですね…

しかし、6回裏の1点ビハインドの場面で鳥谷に逆転2ランが出て重苦しい雰囲気から阪神が試合を引っ繰り返しました!
…ただ僕自身は、その時ちょうどオリエンタルラジオのマグロ食いの番組を見ていて不覚にもその瞬間を見逃しました_| ̄|○

だって、まさかホームランを打つとは思いませんでしたからね(爆)

1点リードの場面で7回表1アウトからウィリアムスが登板
連打を浴びて満塁のピンチを背負うものの後続を打ち取って無失点ピッチング!
ただ、やっぱりまだまだ物足りないですね…
8回裏には藤川が登板してこの日も当たり前のように相手に点を与えず無失点
そして、最終回のマウンドには昨日リリーフに失敗した久保田があがり、岡田投球がマウンドまで行って後ろから久保田の投球練習に視線を送っていました。
その久保田は、今日は無難に打者4人で抑えて1点リードを守り切った阪神が勝利!
しかし、勝ちはしたものの得点力に乏しい打線には不満が残りますね…
特にこの楽天三連戦は三試合とも先制点を許す展開で予想外に苦労しましたね。
明日から甲子園でソフトバンクとの三連戦ですが、こんな調子で阪神は大丈夫なんでしょうか…

今日のヒーローインタビューで鳥谷が3タテ宣言をしていましたが、その前にもホークスに3タテ宣言をして負け越したことを鳥谷は覚えているんですかね?
逆に僕はソフトバンクに3連敗さえしなければいいと思っています。

…ところで楽天は「監督の息子」という理由以外で打率.115のカツノリを捕手で使い続ける理由が見当たらないんですけど?
横浜はいつの間に4番がベースから村田に代わったんですか?
それにしても今年の横浜は不服な判定で泣くケースが目立ちますね…お気の毒です。


画像は本日届いた新黒・鳥谷
偶然だとは思いますが昨日は赤星が勝ち越しタイムリーを放って、今日は鳥谷が決勝の逆転2ラン
この2日間はカードが届いた選手が活躍してるんですよね。
スポンサーサイト
プロフィール

ナックル最強説

Author:ナックル最強説
サイト管理人・パワ・思・考
阪神ファンで萌え豚でゲーマー
パワプロ、BBHを経て現在は未曾有の野球ゲーム難民
「・・・監督プレイがしたいです」
幸福は自己満足の追求×それを享受するための感性を磨くことに至る
これまでがどうであっても「今日という日は残りの人生の最初の一日」である

週末更新を予定していますが体調によっては不定期です。
なお、連絡はこちらのメールフォームからお願いします.


【殿堂入り】
河合アメリの存在が自身の次元を凌駕する

世界と世界の真ん中で 2014年1月31日発売予定!







【注目タイトル】
景の海のアペイリア

景の海のアペイリア

Princess Evangile W Happiness応援中!

夏空のペルセウス

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

powered by プロ野球Freak

powered by プロ野球Freak



最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード