AX 日想~持論を展開する~ 2006年05月

2006/05 過去ログ

地元の珍現象 2006,5,31 この日記を編集 削除

仕事帰りにマクドナルドに立ち寄って注文をした訳なんですが、こっちはお客なのに「お持ち帰り」とわざわざ頭に「お」を付けて敬語で店員に答えてしまうのは何故なんでしょうね?
 
それで久しぶりにマクドに行きましたけど、しばらく食べないうちにマックチキンの具材の品質が悪くなってないですか?
チキンが美味しくない…
まあ、100円なので文句は言いませんけどね。
 
それにしても、ハワイで本場のハンバーガーを食べましたけれど、個人的にはやっぱり日本のハンバーガーの方が美味しく感じますね
むこうのは肉が勝ち過ぎているように思います。
アメリカ人はそれが好きなのかもしれませんけど

それはそうと今日、マクドに行って驚いたのが厨房の中で明らかに60才は超えているであろうおばさんがハンバーガーを作って働いていました(爆)
いや、たしかにマクドの求人票には60歳までと書いてあったと思いますけど、本当に60才過ぎのおばさんが働いているのを見たのは今日が初めてでしたね。


 
いや、それに対して別にどうこう言うつもりはありませんが、60才のおばさんが作ったハンバーガーって…
 
物凄くイメージとギャップがあるんですけど?


それからスーパーに買い物に行ったところ、ハワイで購入したマカダミアルナッツ入りのチョコレートがネットオークションで出品されているならまだしも地元のスーパーで同じ物が売っていましたよ_| ̄|○
今の時代、お金を払えば何でも手に入りますけど流石にこういうのは遠慮してもらいたいですね…
ただ、値段が僕が買って来たものより1サイズ小さいにも関わらず1個840円とバカ高かったです。
ハワイではこれより大きいサイズが2ドルで売られていたのだから、運送費諸々を考慮してもぼったくりもいいところですね。
しかしまぁ、地元のスーパーでハワイ旅行のお土産が売られていたのを見た時のショックと言ったらありませんよ。

…口が裂けてもお土産をあげた人達にこの事実を公表できません(苦笑)



阪神は3-6で負けました。
最後に久保田がまたやってくれましたね…

ひまとず、この試合は振り返ると4回までグリンの前に無安打だった阪神打線が5回裏に連続フォアボールをキッカケにチーム初安打となる矢野の二塁打でまず阪神が同点に追い付くと9番の杉山の打順で早くも代打・スペンサーを告げました。
この代打起用はウィリアムスの復帰とダーウィンの存在があってこそできる決断でしたね。
そのスペンサーは二ゴロに打ち取られるものの、そのあと赤星に2点タイムリーが出て阪神が2点を勝ち越すことに成功
正直、この瞬間に8割がた阪神の勝利を確信しました。

6回表、ダーウィンが三連打を浴びて久々の失点
それでも1失点に抑える辺り立派ですね。
7回表にはウィリアムスが今季初登板
打者三人をキッチリと抑えたものの、まだ本調子ではないかな…
8回表は藤川が先頭打者にヒットを浴びて送りバントで得点圏に同点のランナーを進めるものの後続を打ち取って5月は自責点0
月間MVPもいけるんじゃないですか?

そして阪神1リードのまま迎えた問題の9回表
投手・久保田
先頭打者を四球で出すのも問題でしたが、送りバントをしようとしている打者に対してストライクが一つも取れずに四球を出してしまったのは痛恨でしたね…
それからさらに送りバントで一死二、三塁の場面を作られて鉄平に逆転タイムリーを打たれて土壇場で逆転を許すと高く弾んだ投手ゴロを久保田が一塁に悪送球してしまいさらに2点を献上…
そして阪神は勝ちパターンから一転して逆転負け

久保田劇場に関しては前々から寛大な方でしたけど、今日のやられっぷりはいけませんね…
試合の流れから言っても、せっかく5回裏に味方が逆転して杉山に勝ち投手の権利が付いて6、7、8回を3投手の継投で凌ぎ、ここまでいい流れで来てあとは最終回を抑えるのみという状況での逆転劇…
しかも今季、抑えでありながらこれで早くも4敗目
今日は相手が楽天という事で余計に勝ち星を計算していただけにこの土壇場での逆転負けには堪えました。

とりあえず、久保田自滅乙でした_| ̄|○

明日の新聞は「JFK復活」の見出しになる筈が、久保田が悪い意味で塗り替えてしまいましたね…


画像は本日届いたSP赤星
当初の予定通り、今の赤星がレベル4になってから差し替えたいと思います。



-△-

損トレをしない為に 2006,5,30 この日記を編集 削除

昨日も激しい眠気に襲われまして僕にしては珍しく23時過ぎに就寝しました。
最近、上体を起こしているだけでもしんどかったりするのですが自分が自覚しないところで疲れが溜まっているのかもしれません。

それはそうと日想上でBBHのトレード予定やら希望カードやらを掲載しているおかげで読者の方からトレードの提案を頂くことが何度かあります。
そして、そのうちの何人かはこの日想を読んだことがキッカケでBBHに興味を持ってプレイを始められた方なのですが、だからこそ後々、後悔しない為にもレートについてしっかり考えてもらいたいと親切心から思います。
 
「いつも楽しませてもらっていますので」という理由で太っ腹なトレードを持ち掛けてもらう事が結構あるのですが、それで新SP赤星⇔新黒・帆足、細川なんていう破格のトレードは逆にこういう立場なだけに了承する訳にはいかなかったりで、しかしながら圧倒的に僕有利の魅力的なトレードなので正直、悪魔が囁いたりもしましたが最終的にはやはり良心が痛みます。
 
昨日は昨日で「GR金本を横浜のカードと交換して下さい」という掲示板で募集を掛けた瞬間に分単位でメールが送られて来そうなご提案を頂いて、しかも「レートはあまり気にしない」という言葉を頂戴しましたが…
 
正直、それ一枚で横浜のカードフルコンプも夢ではありませんよ。
 
昨日はそんなレアカードと僕の余りカード一式とのトレードが成立し掛けたのだからさぁ大変です。
例えるならばカツノリと城島をトレードするようなものですよ?
流石にこのトレードを成立させるのは良心が痛むどころか非人道的な行為だと思われたので先方にはじっくりと考えて頂くことをオススメしました。
今売れば最低でも一万円は下らないですからね。
 
それで今日は幸いなことに日想を通してBBHが広まったものの、どうも皆さんカードのレートをイマイチ分かっておられないみたいですので今日は新SPカードのレートについて僕なりにランク別にまとめさせてもらいましたのでトレードの際の参考になればと思います。

【新GR】
SS・金本
12000円~
S・杉内
9000円~
A・岩瀬、青木
6000円~
B・和田、今江、新井、
5000円~
C・工藤、三浦、菊地原
4000円~
D・小笠原、岩隈
3000円~

【新SP】
SS・福留
4000円~
S・井端、荒木、藤川
3000円~
A・赤星、今岡、西岡、岩村
2500円~
B・黒田、松坂、下柳、カブレラ、松中、金城、前田、小久保、二岡、阿部
2000円~
C・上原、川上、ズレータ
1500円~
D・クルーン、ベイル、小林雅、石井弘、野村、古田、藤井、高須、西口、大久保、吉井、堀、フランコ、宮地、斉藤
1000円~
E・門倉、佐々木、江尻、石井義、セギノール、山崎、磯部、吉岡、横山、金村、北川、平野
500円~

D、Eランクに関しては多少の誤差があるかもしれませんしれませんが大体、こんな感じだと思います。
これを参考に例え相手が僕だとしても極力、トレードで損はしないように心掛けて下さいね。



阪神は5-2で勝ちました。
8回まで1-2のビハインドでこのまま負けたらどうしようかと思いましたが、8回裏に代打で登場したスペンサーが値千金の同点ホームランを放った瞬間にまず阪神の負けがなくなりましたね。

「スペンサーは必要な戦力」

そのあと、勢いそのままに赤星が内野安打で出塁すると藤本の送りバントで赤星は二塁へ
個人的にあの場面では赤星に走ってもらいたかったところでしたが、相手が異常な程に赤星の足を警戒していたのでそれを逆手に取って走らないのも一つの手段でしょうか
一死二塁の場面で好調シーツを迎えますが、ここは相手バッテリーが敬遠気味にシーツを歩かせて金本との勝負

金本がその初球をライトスタンドに叩き込んだ---

久しぶりに金本選手のバットで喜ばせてもらいました。
これこそ4番という一打でしたね。
8回2失点と粘り強く投げた井川にも白星が付きましたし今日の勝利は大きいですね。
あと、今日の試合から遂にウィリアムスが一軍登録されました。
今日は珍しく先発が8回まで投げたので出番がありませんでしたけれど、初登板の時は大歓声で迎えてあげたいですね。
僕自身、ウィリアスムの投球を早く見たくて仕方がありません。



-△-

ハワイは二次元的領域 2006,5,29 この日記を編集 削除

日常に戻って今日からいつも通り仕事です。
 
それにしても長い人生、ああいう期間があってもいいものだなと柄にもなく思ったりしたりで、しかしながら旅行代を会社側が全額負担してくれたというのが何より大きかったですね。
「旅行って行ってみるといいものだな」と思いつつ、やっぱり自費で行くのは勘弁したいところです>ぉぃ
 
さて、それはそうとハワイ旅行中に幸せそうなカップルを見ていて少し三次元志向に傾いた的な発言を致しましたが、確かにむこうではいいように感じましたが日本に帰って来るとそうでもないですね(爆)
今になって冷静に分析するならばハネムーンでハワイ旅行に来るようなカップルのレベルを考えた場合、そりゃ平均より上だろうなという具合で日本に帰って来てその辺りを幻滅したというか現実を見せられたというか、旅先でついその辺り流された感じがあるなと思ったりで我ながら勝手に一人で反省
 
…とにかく、ハワイは二次元に負けないくらい良いところでしたと


球宴ファン投票の中間発表で阪神勢が先発以外のポジションで独占状態にある結果には阪神ファンながら毎年のようにうんざりで今さら何も言うことはないとして、画像は左がハワイで購入したファンタオレンジで右が日本のモノ
同じファンタでもここまで色が違うものかと物珍しさで持ち帰りました。



-△-

一週間の帳尻 2006,5,28 この日記を編集 削除

昨夜は急に眠たくなりまして早く寝たところそのまま11時間も寝てしまいました。
これが時差の影響なんですかね?
おかげで今はスッキリしましたよ。

さて、昨日BBHの新たなトレードを計画していましたが、いずれも日想の読者とトレードが成立しましてトレード板を利用するまでもありませんでした。
新黒・鳥谷は昨日当たったばかりの旧黒・川上とのピントレでトレードが成立しまして、SP赤星は当初、新黒・帆足と細川とのトレードを持ちかけてもらいましたがそれだとあまりにも先方が損トレードだったので先方的には不必要っぽかったですがレート調整の為にSP小久保を付けさせてもらい最終的にはSP小久保、新黒・帆足、細川⇔SP赤星、新黒・シーツの3:2のトレードが成立しました。
それで本日中にカードの発送を済ませまして、それと一緒に京都で住み込み働く友達宛てにハワイ旅行のお土産も発送した訳なんですが、その際に「700円以上で一度くじびきが引けるキャンペーン」をやっているとかでくじびきを一枚引いたところ当たったのが…

チョコレートでした。

…僕はチョコレートを送りに来たんですけどね(苦笑)
ちなみにハワイ旅行のお土産であるマカダミアルナッツ入りのチョコレートですが、別にハワイで買わなくても普通にネットオークションで出品されてました。
何かこういうのを見ると土産を渡す側としては激しく萎えますね。

それから今日はこの一週間で溜まったアニメを見まして、阪神戦の中継が始まったところで西武-阪神を観戦
結果は後ほど執筆させてもらうとしてそこから久しぶりにウィズ アニバーサリィーをプレイ
当初の狙いだった萌えキャラは一通りクリアしたものの、せっかくのなので全クリアしておきたいと思った次第です。
そんな感じで今日という日を過ごした訳なんですが、何だか妙に一日が長く感じられましたね。
まあ、それはそうでいいんですけどねw



阪神は4-5×で負けました。
同点のまま8回裏に藤川を投入して負けるなら久保田に代わってからだと思っていましたがその通りになりましたね…
敗因を挙げるなら藤川が登板している際に訪れた8、9回のチャンスで得点できなかった事ですかね。
あとは先発のオクスプリングですね。
いくらなんでも走られ過ぎです…
それが同点に追いつかれる事にも繋がりましたし、開幕してからここまで投球を見て来ましたがなかなかスムーズにいかないケースが多いんですよね。
1番・スペンサーが意外な活躍をしていますし、シーツとダーウィンは絶対に外せないのでウィリアムスが復帰する事になればオクスプリングを下に落とすのがいいかもしれません。 
正直、今日の試合で見切りを付けました。
オクスプリングの代わりとなる先発投手も福原辺りがうまくやってくれるんじゃないですかね?
とにかく、コントロールが悪くてカーブでストライクが取れないクイックの下手な投手は見ていてもう限界です。

あと、昨日も言いましたけれど素直に藤本をセカンドで起用してサードに関本を使って下さい…
今の状況で二人を同時に使わない手はないでしょうに。。。
久保田の失態は危惧していただけに許容範囲内ですが、せめて1イニングくらいはしっかり抑えて欲しかったですね。
まあ、ひとまず阪神ナインは9連戦お疲れ様でした。



-△-

帰国後に向かった場所 2006,5,27 この日記を編集 削除

本来なら今日は出勤日なのですがハワイ旅行から帰った来たばかりという事で会社の方から今日は休日扱いになっています。
そんな訳で今日は早速、一週間ぶりにBBHをプレイして来ましたよ(爆)

訪れたのは奈良県内のBBH設置店
日曜日は割と混んでいますが土曜日は結構空いているんですよね。
ちなみに、帰国してからBBHの公式ホームページにて第二回交流戦のランキング発表を見ましたが、全国1位と3位が奈良県のプレイヤーでベスト100に入っている7人中5人はこのお店で実際にプレイしているところを見掛けた事がある方々ばかりなんですよね。
実際、今日もその中の何人かを見掛けましたからw
(ちなみに僕は交流戦1573位でした)

第一試合目
対戦相手は純正ドラゴンズ
それに敬意を示してこちらも準純正の阪神で対戦したかったところでしたが金本と鳥谷のカードを持っていないのでAsのまま戦わせてもらうことにしました。
何度も言いますがAsでごめんなさい_| ̄|○
こういう純正チーム相手にAsで戦いを挑むのは流石に罪悪感を感じます。

試合は初回に「こちらのアライバ」で先制すると谷にもタイムリーが出ていきなり2点を先制しました。
しかし、そのあとアレックスに予期していなかった同点2ランを浴びて試合は2-2の振り出しに戻ります
 
試合は同点のまま9回裏の最後の攻撃を迎えたところで先頭の荒木がヒットで出塁してすかさず盗塁成功
3番の井端のヒットでサヨナラかと思われましたが、相手のセンター・アレックスの強肩の前にあえなく補殺を喰らう…
しかし、そのあと谷がヒットで繋いで再び迎えたサヨナラの場面で相手が仕掛けて来たVSモードに対して今岡がヒットを放ち今度こそサヨナラ勝ちを決めて2-3×で勝利
…こっちはAsだと言うのに危うく純正チームと引き分けるところでしたよ(苦笑)


第二試合目
先頭の赤星が出塁して井端のタイムリーでまずこちらが1点先制すると今岡にもタイムリーが出て初回にまた2点を先制することに成功しました。
がしかし、相手にノーサインから同点2ランを打たれてさっきと似たような展開で同点に追い付かれると、さきほどホームランの岩村に今度は二打席連続2ランを浴びて2-4と2点を勝ち越される苦しい展開
 
しかし、負けを意識し始めた8回裏に井端と今岡のVSタイムリーで同点に追い付くと尚も勝ち越しのチャンスを迎えますが、ここは凡打に終わり同点止まり
試合は結局4-4の引き分けで8回裏に勝ち越せなかった事が悔やまれますがビハインドから同点に追い付いただけに良しとします。


第三試合目
また初回にタイムリーヒットが飛び出してこちらが1点を先制しました。
3回裏にも谷のタイムリーで1点を追加すると4回裏には荒木、井端に2本のタイムリーが出て4点リード
7回裏にはようやくカブレラのVSモードが的中して久々のソロホームラン
試合は5-0で快勝


第四試合目
四試合目も井端がタイムリーを放って4試合連続で初回に先制点をあげました。
改めて赤星、荒木、井端の1~3番は計算できますね
 
試合は1-0のまま7回裏2アウトからレベル3でパワーヒッターを覚えた絶好調のSHINJOを強振寄りで放置していたところ、そのSHINJOに貴重なノーサインソロホームランが出てその点差が2点に広がりました。
…メモリを強振寄りにしておけばノーサインホームランも出るものですねw
最後は久保田が締めて2-0の完封リレーで勝利


第五試合目
今まで常にこちらが初回に先制点をあげていたのがストップすると2回表、逆に今度は相手の二者連続ノーサインソロホームランでこちらが2点を失う
そのあと、何度か同点狙いのVSモードを仕掛けるものの空振りに終わってしまい、相手のサイン攻めの前にヒットが出ずに3安打完封負けを喫しました…
 

第六試合目
対戦相手は11勝1敗の猛者
そして相手のオーダーは僕と同じ赤星、荒木、井端の1~3番で構成されていました。
自分以外に初めてこの並びを見ましたね。
…故にこの人は侮れません
 
そんな相手に対してこちらは2回裏にカブレラのVSホームランで一点を先制する
さらに5回裏にはカブレラにタイムリーが飛び出してリードを2点に広げると、あとはこのリードを井川→藤川→久保田のリレーで最終回のVS攻めを回避して何とか2-0で勝利
12試合して1敗しかしていなかった相手に2敗目を付けてやりました。


第七試合目
久しぶりにCPU戦
ボコボコにしてやろうと意気込んだもののCPUが操る山本昌の前に思ったほどヒットが出ずに結局、VSモードで乱暴に4点をもぎ取って4-1で勝利
ちなみに、この試合の一プレーで打者走者が走るスピードよりも捕手ゴロを捕りに行く捕手のダッシュの方が速いことに激しい違和感を感じました。


第八試合目
初回に二盗とダブルスチールを絡めて2点を先制します。
しかし3回表に僕の不注意から下位打線に連打を浴びて同点に追い付かれしまいました。
ただその直後に内野ゴロの間にまた1点を勝ち越すことに成功して、7回裏にはカブレラのVSホームランでそのリードを再び2点に広げます。
最終回に内野ゴロの間に1点を返されるものの抑えるべきところを抑えて4-3で勝利

そして、ここまで順番待ちの人がいなかったので同じ台で8試合続けてプレイしていましたが8試合目でようやくキラを引きました。
引いたカードは「新SP小久保」
ある種の層には需要の高いなかなか価値のあるカードですね。
早速、このカードを元にSP赤星か新SP黒田とのトレードを打診したいと思います。
同時に新黒・鳥谷もいい加減、手に入れたいところですね。
今日はやけに黒カードが連続で出て来たりしたのでトレード要因がさらに厚みが増しました。

はい。そんな感じで本日は6勝1敗1分でした。
プレイ自体はSP小久保を引いた瞬間に頃合だと思ってそのままプレイも可能でしたがプレイを中断して帰ることにしました。
これに対して「キラ抜き」だと言われるかもしれませんが、同じ台でキラが出るのに8試合も所要したのだから一概にキラ抜きとは言えませんよね?
8試合でキラ一枚なら妥当なところでしょう。



さて、阪神は旅行中の勝敗が4勝2敗といい感じだったみたいですね。
機内のスポーツ新聞で確認しましたw
最も、帰国した当日の試合で松坂に完封負けを喫していきなり気持ちが後ろ向きだったりもしますけれど、順位表をよく見てみると阪神が首位の巨人と0.5ゲーム差にまで迫っている事に驚きました。
まあ、それよりも中日が1勝4敗と大きく負け越している事が何よりも大きいですね。
逆にヤクルトは3勝1敗と交流戦に入ってからの好調を持続しているみたいで戦力的には申し分ないだけにこのヤクルトの快進撃はかなり不気味な感じがしますね。
パ・リーグの各球団様、お願いですからヤクルトの勢いを止めて下さい_| ̄|○
優勝できる戦力があるだけに巨人よりもよっぽど恐い存在です。。。

それで阪神は今日0-2で西武に勝ちました。
先発の江草が7回を無失点に抑えると8回表に桧山と金本にタイムリーが出て2点の勝ち越しに成功
こうなるとあとは藤川→久保田のリレーで完封勝利!
昼からBBHをプレイしに行っていたので試合結果しか知りませんが今日も投手力が光りましたね。

さて、それはそうと右手関節症を抱えていた今岡選手が治療に専念する為に今日、登録を抹消されたみたいです。
今は投手力がチームを支えているような感じですが、今岡の力がないと連覇が難しくなるだけにしっかり治してまた一軍に戻って来て欲しいですね。
ただ、そこで岡田監督に言いたいのが今岡の代わりに片岡をスタメンで使うのは止めて下さい…と
相手投手に関係なく関本を三塁で使い続けた方がよっぽどいいと思うんですけどね。



-△-

ハワイ旅行最終日 2006,5,26 この日記を編集 削除

今日は日本へ戻る日
正直、ハワイに少し飽きて来たところだったのでちょうどいいタイミングかもしれません>ぉぃ
まあ、それは冗談にしても今回のハワイ旅行を通していい思い出というかいい経験ができましたね。

荷物整理でお土産品を何とかトランクに詰め込んで出国準備が完了
各所で記念撮影をいっぱいしたので手元には写真がたくさんありますが、僕は自分の写真をもらってもあまり嬉しくない方なんですよね…
ただ、こういう旅先の写真に限ってはそう悪くはないものですね。

準備を整え終わるとホテルで最後の朝食を食べて専用車で真っ直ぐ空港に向かいました。
空港にてこの旅行でお世話になった社長夫妻に見送らながら登場手続きを済ませてゲートの中へ
ちなみにお余談ですが、この日にもなると笑い方をみれば日本人か他のアジア人かの区別が大体付くようになりましたねw
日本人はにやけた笑いが多いのが特徴ですかね。

相変わらず帰りの飛行機の中でも寝られずに長い飛行時間となりました。
ただ、飛行機に8時間半も乗っていたのと機内であまり時間を確認していなかった点から帰りはあまり時差を感じなかったですね。
むしろ、正午から飛行機に乗ったおかげで出発の時のように寝睡眠ではないところが大きかったように思います。
しかし、同じ海でも日本とハワイとでは全然、違いますね…
日本に帰って来た第一印象がぶっちゃけ「日本は汚い」ですからねw
まあ、比較の対象があまりにも楽園過ぎるかとは思いますけど

そして、空港からバスと電車を利用して4日ぶりに我が家へと戻って着ました。
ハワイに居る時はそうでもなかったのですが日本に帰って来てようやくハワイの素晴らしさを感じ始めているところです>ぇ
今ならハワイの素晴らしさよく分かりますよ。
もしも、また訪れる機会があったら行ってみたいですね。
そして、その時は是非、新婚旅行という形でお願いします(爆)

…いや、ハワイに行ったのはいいものの日本人カップル(夫婦)の多いことと言ったらまさに目の毒の極みでしたよ…
二次元志向の僕がハワイ旅行中はちょっぴり三次元に魅力を感じてしまいました。
まあ、その辺りは政府の少子化対策に期待するとしましょうか>ぇ



-△-

ハワイ旅行四日目 2006,5,25 この日記を編集 削除

ハワイ旅行も四日目となり明日は帰国日となっているのでハワイの中を観光できるのもいよいよ今日で最後になります。
 
今日は午前中からクアロア牧場というところに訪れまして、まずは牧場内をバスで一周しました。
相変わらずハワイの山々は神々しいほどに壮大で自然がたくさん残っています。
…まあその分、移動に何かと時間が掛かる印象はありますけど(苦笑)
 
そのあと、クアロア牧場内で「射撃」を体験しまして実弾ライフルと拳銃を各20発づつ、合わせて40発を的に目掛けて撃ちましたが的に当たったのはわずかに一発だけでした…
左右の調整は上手くいきましたが、銃から発射される弾の軌道を照準なしで上下に合わせるのは素人には難しかったですね。
それと生まれて初めて実弾を撃ちましたが撃った瞬間の感触はやっぱりモデルガンとは比べものになりませんね。
ただその反面、ネガティブ思考な僕は常に「銃が暴発しないか」という不安とも戦っていた。というのはここだけの話です(苦笑)
あと実弾は少し撃っただけで汗が出て来ますね。
 
射撃の次は乗馬
ご丁寧に「動物なので100%安全とは言えません」と外国人スタッフが日本語で説明をしていました。
…アメリカという国はこうやって予め注意をしておくことによって、後々自らが責任を問われないようにするんですよね。
 
馬の乗り心地は上々
恐らく、ここで体験する全ての事項が僕の人生において最初で最後のこと出来事なんですよね…
これらの出来事は自分からは絶対に進んでやらないようなことばかりですからね
そういう意味では貴重な体験ができました。

夕食は少し豪華で生まれて始めてロブスターを食べましたが、正しい食べ方がイマイチよく分からなかったところを社長に教えてもらいながら頂きましたw
そのあと、続けて二件目としてハワイの日本料理店に行きましてここでもまた食事を取りました。
本当、ハワイ旅行期間中は社長の勧めで食べることが多くて胃袋が大忙しです。

そのあと夜中に魅惑の話を持ちかけられまして僕は激しく断りましたが、どうやら三人は夜中に異国の文化を学びに行ったようです…

明日は帰国日
周りの雰囲気で自分の限界以上にお酒を飲んで、そのまま部屋の床で寝ている同室のむかつくくらい細かい事を言って来るおっさんを放置したまま自らは就寝
一応、ふとんを掛けておいたのでハワイで風邪は引かないでしょう。



-△-

ハワイ旅行三日目 2006,5,24 この日記を編集 削除

7時10分起床
普段より少しだけ長く寝させてもらいました。
それにしても、ホテルのベッドが広い…
人間が独りで寝るには大き過ぎるくらいで彼女と二人一緒に寝てちょうどいいくらいの大きさですね(苦笑)

今日は午前から午後に掛けて第二次世界大戦で実際に使われたミズーリ艦を見に行きました。
この戦艦は初めて日本の神風特攻隊の攻撃を受けて破損が生じた戦艦であり第二次世界大戦において降伏文書調印式が行なわれたところとして有名です。
15年前には湾岸戦争も戦った戦艦で現在は戦艦歴史博物館として一般公開されるようになりました。
 
そのあとは日本の潜水艦を実際に何隻も沈ませた経緯を持つ潜水艦の中に入りましたが、艦中は本当に暑くて予想通り窮屈な造りになっていました。
アニメで見るところのフルメタのデ・ダナンは快適っぽく見えますが、あれでも結構大変なんでしょうかね。

そのあと、社長の発案でハンバーガーショップにて巨大ハンバーガーを食べました。
ちなみに日本ではハンバーガーにオーストラリア産の牛肉を使用していますが、アメリカのハンバーガーは当然、自国で生産した牛肉を使っていると考えるのが自然であってこのハンバーガーのビーフには紛れもなく狂牛病の危険性を完全には否定できないアメリカ産牛肉を使用されています。
それは今回のハワイ旅行で僕が最も避けて通っていた橋でしたが、流石に今回ばかりはメニューがメニューだけに食べない訳にはいかない代物です。
 
…はい。アメリカ産牛肉を半分だけ食べましたよ_| ̄|○
 
そのあと、ディナークルーズ&ダンスをしましたが、僕は踊るのはあまり好きじゃないというか現在人は今どき踊ったところで大して楽しくない訳ですよ。
この場面ではむしろ周りの欧米人のテンションの高さと同じディナークルーズに参加していた黒人女性のパワーに圧倒されましたね。
いや、外国人は凄いです。

それから、夜になってまたお酒を飲むことになりました。
ここでも僕は一番の安全策にビールを注文しましたが、その際に外国人の店員に年令を確認される僕はそんなに幼く見えますか?
まさか、海外に来てまでしかも外国人の店員に年齢を確認されるとは思いませんでしたよ。。。

この日はホテルに戻って24時に就寝
日記は携帯にメモ程度で基本的には帰国してから文章化する事にします。



-△-

ハワイ旅行二日目 2006,5,23 この日記を編集 削除

早朝5時20分起床
…本当におはよう御座居ます_| ̄|○

ただ睡眠時間としては足りない筈なのが目覚めは快適の一言です。
むしろ、昨日までの状態がいくらなんでもアレだったのがあるのかもしれませんけど(苦笑)
どちらにせよ二日目にしてようやくハワイ旅行を楽しむだけの体調になったかと思います。

それにしても今朝はハワイにいるにも関わらず二次元を含んだ夢を見てしまったりで我ながら自己嫌悪…
ある意味、環境が変わっても僕の中から新の意味でそっち方面の志向が無くならない限りこれは一生治らないのかもしれません(苦笑)

起床後、部屋の窓から外の風景を眺めていましたが、狙撃されると嫌だったのですぐに止めましたw>ぇ
朝からマクドナルドに行くなんていう話もありましたが昨日から食事で牛肉だけは食べないようにして来ただけにスルーすることに
ていうか、アメリカ産牛でも日本に輸入されるのは特定危険部位が取り除かれている事が条件となっていますが、アメリカで使われているアメリカ産牛はそもそも特定危険部位の除去すら行なわれていないってことなんですよね?
 
日本でアメリカ産牛を食べるより何倍も危険な気がしますね…

そして朝早くから朝食
ソーセージは大丈夫だろうという事で二本頂きました
他のメンバーはそんな事はお構いなしに牛肉を食べていましたが…
 
朝食後、日本語がペラペラのガイドの案内の元、バスでオアフ島一周観光
途中、珊瑚のアクセサリー販売所があり「幸運を呼ぶ」だなんてよく使われる売り文句が書かれてありましたが、幸運を呼ぶかどうかは別にしてその商品の金額分のお金を持っている方がよっぽど幸福に使えるというものでしょう。
 
オアフ島一周観光の最後は日立のCMで有名な「この木なんの木」を見に行きました。
あのCMに使われていた木はハワイのものだったんですね。
実際に手で触りましたがとても大きかったです。
 
それからハワイのショピングモールで一時間の自由時間が与えられてその時間を目一杯使ってハワイのお店を見てまわりましたが、その結果として何一つ自分用に欲しいものがなかった僕って一体。。。
 
あっ、そうそうハワイのゲームショップで英語版のドラクエ8が30ドル
テイルズ オブ レジェンディアが45ドルで売られていたのを確認しましたよw
英語版は日本版と比べて絵のタッチが少し変わっていますね。
その点から言えば、アメリカ版のアスカもなかなか良かったですよ(爆)

さて会社企画、社長同伴の今回のハワイ旅行は一日五食がデフォになっており、とにかく常にお腹がいっぱいな状態が続きました。
この日は夜中に本日、五食目の食事として美味しいと有名なラーメン屋に来店
芸能人も多く訪れる人気店で店内に数多く飾られているサイン色紙の中にはあの長島茂雄さんのものもありました。
味は特にスープが美味しかったですが、なにぶんお腹が満腹なのであまり味わっては食べられなかったですね。
そして今日は12時半就寝

さて、ハワイに来て今日で二日目となりました。
昨日から何かと各地を巡ってはいるものの、ここまで僕の中でイマイチ「ハワイに来た」という感じが思ったよりも薄いというのが正直なところでしょうか
いや、むしろ僕にとって実際のハワイがあまり衝撃的なものではなかったと言った方がいいのかもしれませんね。
あちこちで日本語が通じる分、外国という実感が稀薄になっている部分がありますし、ハワイの建物なんかはそりゃ日本ではなかなかお目にできないような建物が並んでいますが、僕が初めてダイヤモンドシティに行った時に感じた衝撃に比べれば小さいものですね。
まあ、それらを差し引いても原点に戻るならばハワイに到着して一番始めに感銘を受けるべきところで体力的に限界だったり、はたまた二次元志向の僕の感銘に根本的な問題があるのかなと思ったりもします。
 
あと食べ物なんかも日本人に合わせた食べ物が多く出回っていて、アメリカ製造の「おーい お茶」が売られているのには吃驚しましたね。
(日本円に換算すると500ml入りのが一本で330円くらいしました…高いです)
 
まあ、しかしここはハワイなのです。
その雰囲気は感じていますし、周りは日本人も多いですがやっぱり外国人が最も多いです。
また、この景色はここでしか見られないものばかりでしょうね。
 
現時点でハワイに思ったほど衝撃を受けていないながらも「ハワイの良さ」を感じてはいます。
それではまた明日…



-△-

ハワイ旅行一日目 2006,5,22 この日記を編集 削除

ハワイ旅行初日は言ってしまえば「弾丸ツアー」のようなものでむこうで日記を書いている余裕がなかったというのが正直なところですね。
 
と言うのも、ハワイ行き飛行機の中で寝付けなかったのが最大の原因で「時差」をどうこう言う以前に寝不足で身体がしんどかったです。
最も上空11000mから見た夜明けを迎える瞬間の水平線の光景はそれは素晴らしいものがありましたけどね。
 
スケジュールとしては、ハワイに着くなり記念撮影をしてバスに乗って各地の名所を見てまわりました。
現地ガイドが「ハワイはアメリカで一番、道路が悪い州」と説明していましたが、確かにあちこちボコボコしていて道路の状態は悪かったですね。
ちなみに、このハワイ旅行では常に社長と夫人が一緒に同伴してまわります。
最も、いつもと違って社長もフレンドリーな接し方だったので比較的、気も楽でしたけどね。
 
そんなこんなで時間が過ぎて昼食の時間を迎えましたが、如何せんまともに一日寝ていない状態で二日目に突入しているものですからはっきり言って食欲どころではありません。
軽く倒れそうになったくらいです(苦笑)
 
それでも何とか昼食を押し込んで余った時間でお店を見てまわっていたところ、お店に遊戯王カードの英語版が売られてましたよ。
って、ここはアメリカですから売っていて当然なんですけどね。
(もう現役を引退してるので買いませんでしたけど)
 
そのあと、宿泊ホテルに着くと少し長い休憩があったので、そこで早速一時間の仮眠を取りました。
体力的にキツかったので、この仮眠は本当に助かりましたね。
それから夕食付きのアロハ・ディナーショーを見て、不覚にも中央の最前列に座っていた所為でダンサーから指名を喰らってしまい、恥ずかしい事にステージ上で一緒に踊らされてしまいましたよ…
最近、エンタで桜塚やっくんが人気ですが、やっぱりこういう芸で観客を巻き込んではいけないと思います

そのあと野外バーで歌と踊りを見ながらお酒を飲むことになったので軽めにビールを頼みました。
社長の前なので
前にも言いましたけれど、僕はお酒の味は嫌いではありませんが「酔っ払う」のを嫌う為、普段からアルコール類は極力飲まないようにしています。
そういう意味ではハワイのビールは日本と比べて軽かったので助かりましたけどね。
 
そのあと夜のワイキキビーチを歩きましてハワイと言えば海水浴ですが、何でもハワイは一ヵ月程前に超期間の雨によって洪水が発生し、その際に下水道が溢れて海や砂浜が病原菌に汚染されてしまいそれが原因で死亡者が出たくらいでとてもワイキキで泳げる状態ではないとのことでした。
それでも泳いでいる人はいましたけどね。
 
さて、それで今日は24時就寝で明日は早くて5時半起きです。
ピークは脱したものの、まだまだ寝不足は取れなさそうですね。



-△-

いざ、ハワイ島へ 2006,5,21 この日記を編集 削除

今日はハワイ旅行出発当日
 
昼に友達のお迎えで一旦、友達の家へ
集合時間及び飛行機の離陸が夜からなのでそれまで友達の家でパワメジャをプレイさせてもらいました。
それでまずは対戦モード
友達はヤンキースを選択して、僕は会社の海外支店がある地域というアナハイムエンゼルスを選択
 
それで、このゲーム
オーダー設定時に能力の詳細が見れるのは今さらながら便利な反面、対戦相手の選手のデータも同じように観覧できるのは考えものですね。
…まあ、そこは「メジャーが舞台」という事を考慮しての措置だとは思いますが
 
いざ試合を始めてみると打撃面ではミートカーソルがボールに当たっていなくても、実際のバットの軌道に応じた当たりをするみたいですね。
…これはこれで厄介なw
 
あと、ボールを捉えたつもりでも高く上がった内野フライor外野フライになる傾向があるのかは一試合プレイしただけではよく分かりませんが、たしかにホームランは打ちにくいかもしれませんね。
 
投げる方ではまず球種からスローボールがなくなったおかげで変化球を入力ミスしてもストレートになるのが嬉しいですねw
中には総変化量がずば抜けて高い投手がいたりして、メジャーは凄いですね。
試合は持ち主の友達に8-2で敗退
 
それから今度は緩いと言われいるパワメジャのサクセスをやらせてもらいましたが、たしかにガッツを利用した練習の効果は凄いものがありますね。
それでサクセスを最後までプレイしたかったのですが時間が頃合いとなったのでプレイを途中で中断して、関西空港に迎う手筈となりました。
サクセスは、また次回完成させたいと思います。
能力はその時に改めて掲載させてもらいますね。
 
そして、友達の運転で関西空港まで送ってもらった僕は集合時間まで友達とその子供の三人で空港巡りをしました。
これから飛行機に乗って出発しようする人間が展望台に行って飛行機を眺めたりもしましたが、それもまた一興というものでしょう。
 
それから友達と解散して会社が定めた集合時間へ
職場が大阪に移ってから本社の人と顔を合わせる機会がめっきり減りましたが、何とか顔見知りの人が多くこのメンバーなら楽しくやっていけそうです。
そして今、出国手続きを済ませてできた一時間の空き時間を利用して本日の日想を書かせてもらっています
 
出発まであと本当にもう少し
阪神は今日、5-3でオリックスに勝ったみたいですね。
ひとまず一安心ですw
 
それでは旅の無事を祈って行って来ます。



-△-

最も危険な一週間 2006,5,20 この日記を編集 削除

今日は真っすぐ帰宅して明日からのハワイ旅行の準備を整えています。
…なので今日は短めに
 
サイトのTOPには一週間と書きましたが正確には4泊6日で来週の金曜日には日本に戻って来る予定です。
 
それで「ハワイ」と言えば色々あるんでしょうけど、海外旅行が初めての身としてはまず気になるのが話に聞くところの「時差」というものがどんな感じなのか?
ハワイだと日付変更線を越えて日本との時差は-19時間になります。
まあ、時間的なことを言えば日本時間+5時間で考えた方が計算しやすいですね
そして、この5時間という時差が人間にどのような影響を及ぼすのか?
僕の場合、平日だと5時間睡眠の日もあれば逆に休日だと10時間くらい寝ていたりするので、一日の睡眠時間を調整すれば時差は簡単に克服できるというのが現時点での僕の見解なのですが、実際はどうなんでしょうかね?
個人的に非常に気になるところなので是非、身を持って時差というものを感じて来たいと思っています。
 
そして、ハワイと言えば当然、明日は飛行機に乗らないといけません。
高校の修学旅行で北海道に行った際、初めて飛行機に乗った経験があるおかげでまだ安心ですが、やはり飛行機には極力乗りたくないというのが本音ですね。
…飛行機に乗っている最中は、常に「死」を覚悟しています(失笑)
 
あと、ハワイと言えば今さら言う必要もありませんがそこはアメリカの国で、ぶっちゃけ銃社会であり道端を普通に歩いているだけでも生命の危機を感じるというものです(爆)
…いや、我ながら凄まじく教養の浅い認識だなとは思いますが、しかしながら明日からの一週間は僕の人生において最も危険な一週間になるという事はそう間違ってもいないでしょう。
 
…明日からの一週間は楽しむことより生存することを第一に考えたいと思います>ぇ

 

阪神は2-5×で勝ちました。
デイゲームだったので試合は見れませんでしたが今日も決めたのはシーツですか
先制タイムリーにサヨナラホームランとここ最近はシーツが頼りですね。

今日の先発は井川ではなく福原でした。
その福原は6回までノーヒットピッチングを続けますが、7回表に中村ノリに逆転2ランを浴びてしまったみたいで…
ただ、その劣勢の状況をタイに戻したのが金本のバットでしたね。
最終回に同点に追い付く久々のホームラン!
あとからスポーツニュースでチェックしたいと思いますw
先発の福原は7回を2失点と合格点を与えられそうですかね?
ただ相手が3試合連続で完封されている打線という事を考えるとスコアを見た結果だけでは判断が難しいかもしれませんね(苦笑)

それで最終回に金本のホームランで同点に追い付いた阪神は延長10回裏にシーツのサヨナラ3ランが出て見事勝利!

それにしても今日は金本の久々のホームランもあって勝ちはしたものの今日も阪神はシーツと投手力だけで勝ってるようなものですね。
今の阪神はこの勝ち方しかできないような状態ですからね…
問題の今岡はまたチャンスで併殺ですか…
濱中も調子を落として桧山との併用に逆戻りしましたね。

でもまあ、今日は勝ったので良しとしましょう。
逆に言えば、まだシーツと投手陣が好調なだけ安心できるというものです。



-△-

ノルマ達成 2006,5,19 この日記を編集 削除

交流戦開催中、最後のプレイという事でBBHをやって来ました。
早速、試合前にSP藤川と矢野を登録しました。


第一試合目
期待虚しくCPU戦
それにしてもCPU戦では始めてソフトバンクと当たりましたよ。
 
流石にCPUが相手と言えど城島相手に井端や谷で盗塁を試みるのは無謀かと思いましたが、2アウトになったところで試しに仕掛けてみたところ普通に盗塁が成功しました。
…流石に高めにストレートが来た時は刺されましたけどね(苦笑)
 
試合は自チームの売りである赤星、荒木、井端の1~3番が揃って不調だった事もありなかなかチャンスが作れませんでした。
それでも、その穴をVSモードでカバーして終わってみれば0-6で勝利
…ちなみにこの試合、センターの大村に3度もホーム上で捕殺を喰らいました。
 
この件に関して監督の僕に一切、責任はありません。
全ては「通常走塁」でも関係なしに走者が暴走してしまうゲームの仕様によるものです(爆)
 
 
第二試合目
もはやデフォとなった二試合続けてのCPU戦
最近、CPUと対戦する機会が多いのと先日からカブレラの打席で必ずVSモードを仕掛けるようになってからそれまで2割そこそこだったカブレラの打率がいつの間にか.320台にまで急上昇していましたw
 
ウィリアムスは変化球を多投して欲しいのでコントロール寄りにメモリを置いているのですが、変化球と言ってもサークルチェンジばかり投げるので困ったものです。
…こっちはスライダーを投げて欲しいんですけどね。。。
試合は少し多めの11-0で勝利
 
 
第三試合目
またまたCPU戦…
お願いだから人間と戦わせて_| ̄|○
 
そして、そんなCPU相手に6回が終わって0-0という思わぬ苦戦を強いられました。
しかし、7回裏に今岡のタイムリーでようやく先制するとそれまで打てなかった分の帳尻を合わせるかのような集中打で1イニング8得点!
最後はウィリアムスが抑えて8-0で勝利
SP藤川は3試合で3勝目w
 
 
第四試合目
今日は早めに帰ろうと思っていた中、最後の最後に対人戦が組まれました。
 
こちらの先発は岩隈が望ましかったですが、無性に井川が使いたかったので井川を先発マウンドにあげました。
すると、初回こそは完璧に抑えたものの2回に相手打線に捕まり何とか2アウトまでこぎつけるものの、そこから歯止めの効かない3連打で早々と3点のリードを許す。
 
こちらは再三のチャンスを作るも、相手の巧みな采配とこちらのパターン読みを逆手に取ったかのような的を絞らせない相手のVSモードの配置にやられて絶好機を失う。
 
試合は3点ビハインドのまま、先ほど二塁打を打たれた相手のカブレラに対して慎重を期して行なった「長打警戒」が相手の「積極的に行け」の前に破れ去ってソロホームランを浴びる…
続けて、相手のVSモード発動で岩村にレッドゾーンを半分重ねられて被弾
その点差は5点と広がりました。
 
さらにカブレラの第四打席
この場面では敬遠も考えましたが、ここは代わったSP藤川の力を信じて再度「長打警戒」で勝負を挑む。
相手のサインは先程と同じく「積極的に行け」
 
 
……
 
 
二打席連続でスタンドに運ばれました_| ̄|○
つ藤川…
 
にしても最近、長打警戒が通用しなくないですか?
長打警戒でヒットを打たれることが増えましたし、痛打されることが増えた気がします。。。
 
それで、こちらと言えば最終回に井端のタイムリーでようやく1点を返すのが精一杯
最終回もランナーを出して粘るものの肝心な場面で谷のセンター返しが見られず、結果は6-1の惨敗… 

まあ、正直なところ最後は相手が悪かったですね。
130勝30敗くらいの圧倒的に成績を引き下げていたのを見た時点で負けは覚悟していましたから(苦笑)
そして、僕の見る限り相手のサインやVSモードに間違いはなかったですね。
むしろ、サインの出し方とタイミングを見ているとこの対戦相手は間違いなく「2ちゃんねらー」だなと感じました。
えぇ…センター返しSにはきっちりゲッツーシフトを引いて来て、赤星はサインとVSで潰されましたよ。
 
ただ、そんな相手が主導権を握る中で一つだけ駆け引きで相手に勝ったものがありました。
それは荒木への盗塁のサイン
 
相手の先発は岩隈で通常、牽制持ちの投手に対して盗塁を仕掛けることは無謀だと言われていますが、たしかに赤星では刺されます。
しかし、ヘッドスライディングを所持している荒木ならば牽制持ちの投手相手とも互角の勝負ができます。
しかし、それはあくまでも盗塁に対して無警戒の時の話であってサインで盗塁を警戒されたら牽制の効果で普通に刺されます。
 
ただ大抵の場合、相手は「投手が牽制持ち」という事に安心してこちらからサインを出しても「盗塁警戒」ではなくエンドランを警戒する傾向が強くあります。
そこで僕は相手の盲点を突いて荒木にスタートを切らせました。
相手のサインは案の定、「エンドラン警戒」+「打たせて取れ」
 
この瞬間、相手は僕のことを牽制持ちに対して盗塁を仕掛ける馬鹿なプレイヤーだと思ったことでしょう。
 
しかし結果は荒木のヘッドスライディングが城島の送球より一歩勝って判定はセーフ!
流石の相手も牽制持ちの投手に対して盗塁を仕掛けて来て、しかもそれが成功するとは思わなかったでしょう。
 
そして次の打席でも荒木がヒットで出塁するとすかさずこちらからサインを出します。
いくら相手がやり手プレイヤーと言えど、牽制持ちの投手で盗塁を決められたことは相手には印象深く残っていることでしょう。
だからこそ、絶対的に次は「盗塁を警戒して来る」と思われる場面で今度はこちらが「ヒット&ラン」を選択
するとこれが相手の「盗塁警戒」を見事に打ち破るヒットとなり1死一、三塁とチャンスが拡大させることにまんまと成功しました。
…最も、このチャンスは得点に結びつかなかったんですけどね(苦笑)

そして最終回
1死からまたもや荒木が出塁してサインを出す。
ここまで盗塁とエンドランが成功…流石に相手も考えているみたいで制限時間ギリギリまで待たされました。
そしてこちらが出したのは「盗塁」のサイン
それに対して相手は「エンドラン警戒」だったので今度も荒木のヘッドスライディングが城島の送球より一歩勝って判定はセーフ!

最終回を迎えて点差が6点差も開いていているという事で、やはり相手は盗塁を刺すことよりもピンチを拡大しない為に「エンドラン警戒」する方を選んで来ましたね。
ちなみに、6点差の場面でこの盗塁は意味がないと思われるかもしれませんが僕の狙いはランナーを得点圏に進めることによってチャンス4を発動させて井端の打力をアップさせることにあります。
そしてこれがこの試合唯一のタイムリーとなって1点を返すとに成功します。

ただ、反撃もそこまで…
しかし、試合には負けたもののこの駆け引きに関しては僕が相手の一歩上を行っていたかなと思います。
そんな訳で、とりあえずBBHをプレイしている方は赤星よりもむしろ荒木の盗塁を警戒しましょう。
牽制持ちだと安心していると盗塁を決められてしまいますよ?
最も、こんな使い方をするのはまだ一部…僕くらいのものでしょうけどw

そんな感じで最後に対人戦で負けたので今日は3勝1敗
そして、交流戦期間中のノルマに掲げて荒木のレベルがめでたく3となりました



能力の上げ幅は小さくレベル1ごとに+0.25
特殊能力には初球○を取得して、何より期待していた二塁のポジションレベルはBのまま変わらずで無念…
SP荒木は本来レベル3でプラスになる筈だったものが元からプラスされている分、レベルアップによる恩恵は少ないですね。
ただし、走力が20になった荒木の盗塁は赤星以上に厄介だと言えます。
牽制持ちの投手が相手でも盗塁を仕掛けられるのは最大の武器ですね。

それで他の選手も軒並みレベル3になってスタメンクラスは全員レベル3になりました。
改めて交流戦の経験値増加にCPUをボコボコする効果の複合は絶大だなと実感しておりますw
久保田なんてリリーフ投手は短いイニングの活躍で経験値が入りづらいと言われている中でCPU戦に毎試合のように先発しまくっていたら、もうレベル2の半分までゲージが溜まりましたよ。
…おかげで先発投手が全然育ってませんけどね(苦笑)

それと、今日のプレイで僕の段位が遂に9段になりました。
あと一段でプレイスタイルに応じた何らかの将位が与えられる訳なんですが、やっぱり僕も勇将になっちゃうんですかね?
個人的には奇将になりたいんですけどw
実際、最近はCPUが相手だからってアレな采配ばかり繰り返していますからね…可能性はなくもないですよ?

最後に本日の引きカードは…新黒の加藤のみでした。
キラが当たらなくても「できれば鳥谷を自力で引きたいな」と思っていましたが残念です。
しかし、新カードの鳥谷と青木の扱いをみると二人のプレイヤーとしての差が躊躇に出てますね。
鳥谷が新黒カードなのに対して青木は最高レアカードのGRですよ。
鳥谷は攻守ともに成長が伺えますが、もっと頑張れ!



阪神は痛恨の雨天中止…
明日も雨みたいなので、ひとまずこれで13連戦は確定かも。。。

漫画の世界や、たまにメジャーでやっているのしか見たことがなかったダブルヘッダーが徐々に現実味を帯びて来ましたよ。

…にしても、率直なところダブルヘッダーで連敗はしたくないですね。。。
結果が1勝1敗とかだと、これはこれで激しく微妙なところですけど
いや、それよりも今は阪神の打線及び得点力の希薄さを心配すべきかな…
 
僕がハワイ旅行に行っている間に阪神が大きく負け越しそうな気がして仕方がありません。



-△-

ブログ中毒 2006,5,18 この日記を編集 削除

今日は真っすぐ帰宅
ここ最近、BBH疲れを実感しているのであまり無理はせず21日からのハワイ旅行に備えて体調を整えたいと思います。
 
ちなみにハワイ旅行に行くのに伴って、昨日ドコモショップに電話で訊いてみたところ案の定、専用の端子がないと海外では携帯の電波が通じないそうです。
 
従って当サイトが活動を始めて1916日
これまで一度もサイトの活動を休止した事がありませんでしたが、今回はじめて一週間ほどサイトの活動を休止させてもらうことになりそうです。
利用者の皆様にはご迷惑をお掛けしますがご理解の程よろしくお願いします。
 
それで携帯電話なんですが、電波が通じないにしても文章を作成して保存しておくことはできるので携帯電話もハワイ旅行に持って行って現地で日記を作成しようかなと考えていますw
それを帰国後、日想に更新すればあとから帳尻する手間も省けますし、何よりハワイから生の声をお届けできるかなと思います。
後日更新だけど中身はリアルタイムみたいな
 
…しかし、ここまでするとは我ながらすっかりブログ中毒者ですね(苦笑)
 
 
 
さて、僕がちょうどハワイ旅行から帰国した頃合から道路交通法の一部が改正され駐車違反の取り締まりが警察ではなく民間の業者に委託されるようになるのは周知の事実ですが、それに関して僕自身は車を運転しないので直接的な影響は少ないものの今回、何より厄介なのがこれまで5分以内は停車と見なされていたものが、これからは車を停車して運転手が離れたら即違反になるという点ですね。
 
そうなるとニュースでも取り上げられていましたが運送会社にとっては大問題
車を路肩に停めて荷物を届ける度に罰金を支払わせられるリスクが生じる訳で正直、仕事にならないというのが本音でしょう。
少し前にもPSEマークの話がありましたし、何だか最近おかしな法案が目立ちますね…
ていうか、ぶっちゃけパトカーも路肩に停めて近くに警官の姿が見当たらない事がありますけど、これもしっかり取り締まりの対象になるんですよね?
 
何にせよこれから運送会社は大変ですね…
って、僕の友達が思いっきり運送会社に勤務しているんですけど大丈夫なんですかね(爆)
 
 
 
阪神は1-4で負けました。
今日の試合、今岡がスタメンから外されましたね。
打順を変えるでもなく、いきなり外して来るとは…

試合は3回にシーツのタイムリーで阪神が先制するものの、その直後に下柳がヒットと2つの四球で二死満塁のらしくないピンチを招くとカウント1-3からのストライクを取りにいった甘い球を痛打されて逆転の2点タイムリーを浴びる…
さらに次の回、小笠原に2点タイムリーを打たれて1-4
今の阪神打線の繋がりと日ハムの投手陣を考えたら3点差は絶望的な数字でしたね。

中盤~終盤、阪神はせっかくランナーを出しても共に後続の打者が併殺打に倒れてしまい反撃の根を絶やす。
改めて打線の繋がりの無さを象徴するかのような試合でした。
得点パターンがシーツもしくは鳥谷、矢野絡みでしか期待できないですからね…
ただ明日からは交流戦不調のオリックスが相手なのでそういう意味では勢いを取り戻すキッカケになるかもしれません。
しかし、阪神は雨天中止が恐いですね。。。
週末も天候が悪いみたいですし…

あと2試合中止になれば13連戦
さらに9日の西武戦が流れれば16連戦

最悪、16連戦中にダブルヘッダーなんて事態も起こりかねないとかで…そうなったら本当にキツイですね。。。
今後、札幌ドーム以外に屋根のある球場がないとも言いますし案外、本当に大型連敗が起こるかもしれません(失笑)

 
 
最後に先日、成立したトレードのカードが自宅に届きました
まずは新黒・川崎と宮本を放出して手に入れた新黒・矢野輝弘
「新黒の矢野」と言っても巨人と阪神で2つあるのでフルネームもしくは所属球団名まで書かないと分からないんですよね。
最近になって気が付きました…

そして2つ目はダブったSP井端を放出して獲得した大本命のSP藤川
これで久保田を中盤から投入しなくても済みますね。
早速、封筒からカード取り出して手にとって見てみるとSP藤川の他にもう一枚カードが…

ご丁寧に新黒の矢野輝弘を「何も言わず」におまけしてくれてましたよ_| ̄|○

どうせなら発送前に教えてくれていたら、そのあと他の人と新黒の川崎と宮本の二枚を放出してまでトレードをする必要はなかったんですけどね!

…今の心境は嬉しさ半分、落胆半分です。
先方にはそんな事情は話さずに素直にお礼を言っておきましたけどね。


これ、どうしよう。。。



-△-

CPUとの戦い方 2006,5,17 この日記を編集 削除

中一日で今日もBBH
まあ、こんなに連日に渡ってゲーセンに通うのもBBHで交流戦が開催されている期間中だけですけどね。
その後は、まったり週一で4試合くらいのペースでプレイしていこうかなと考えています。
その場合、今日のように阪神戦が雨で中止になるか、もしくは移動日or地上波での試合中継がない時に行くのが望ましいですねw


第一試合目
CPU相手に3回まで得点が奪えず4回に谷のタイムリーでようやく先制すると、小笠原のVSタイムリーとカブレラのVS犠牲フライで3点を追加して終わってみれば7-0といつものスコアで圧勝!
ちなみに投手は久保田→ウィリアムス→ベイルという先発の体力を温存しつつ、リリーフ投手に経験値が入るようにした起用法
CPU相手に先発投手を登板させるなんて体力が勿体ないことに最近になって気が付きましたw

第二試合目
またCPU戦…だったので先発はまたしても久保田w
城島にそろそろ一本目のホームランが欲しいなと思い、2アウトからサインで「引っ張り」を指示したところ本当にホームランを打ってくれました。
…サインを出した僕の方が吃驚しましたよ。。。。
 
試合はまたリリーフ投手で繋いでいって8-0で勝利
 
第三試合目
またしてもCPU戦…なので先発は残り一秒のところで井川から久保田に変更
 
この試合、今岡タイムリーから始まったものの試合を通してわずか4点しか取れず、9回裏2アウトからCPUが操る和田に2ランを打たれる失態。。。
勝ちはしたもののCPUが相手だっただけにもっと大差で勝ちたかったですね。

第四試合目
悪夢の4試合連続でのCPU戦に突入かと思われた2秒前に辛うじて対戦相手が見つかりました。
…対戦相手に感謝です_| ̄|○

ちなみにこちとら三試合続けてリリーフ投手の継投のみで戦って来たものだから、先発投手陣の体力はほぼ全快ですw
…さっきは感謝しましたけれど相手が大勇将と分かれば容赦は要りませんよね?
 
試合は2回に早くもVSモードを3つ使ってこちらが1点を先制するが、その直後に2点返されて逆転されてしまい、さらにその直後に1点返して同点に追い付く試合展開
 
先発の井川は序盤の打ち合いで全快だったスタミナが4回を投げ終えたところで残りわずか…
それで5回からは順番を無視してロングリリーフが利く久保田を登板させて1アウトを取った後、相手の今岡がヒットを放つと対戦相手は牽制持ちの井川の降板を待っていたと言わんばかりに代走・荒木を出して来ました。

…だから僕はそれに対して先発が使いたい放題だったのをいいことに、すかさず三番手に牽制持ちの岩隈を出してやりました(爆)
これで相手の盗塁を封じことに成功しましたw
 
そんなアレな起用法もしてまさに一戦必勝の戦い方をする一方、試合は谷の内野ゴロの間に三塁ランナーが生還して3-2と勝ち越しに成功
7回表に相手打線で左が固まっている打順で岩隈からウィリアムスにスイッチ
ちなみにこの時、相手の川崎やら赤星やらに出塁されたら次はベイルを出すつもりでいましたが、そこまでするには至りませんでした
試合は最後、相手からのVSモードにて寸前のところで場所を変えたのが幸いして一発を免れて3-2で勝利
 
ソフトバンク戦初勝利でようやく全球団からハイスコアが付きました。

第四試合目
相手の先発こそ上原だったもののよく見ると相手の野手は全白…
うわっ、本当に全白でプレイしているプレイヤーっているものなんですねw
ただ、全白の人はどんな野球をして来るのかなと思ったら初回のVSを外した途端に回線を切って来ました…
まあ、こちらのオーダーに嫌気が差したんでしょうけどそれにしてもそのタイミングで回線を切られると気分が悪いですね。

しかし、そこで冷静に考えてみて下さい。
こちらの攻撃はあと8回も残っているのに加えて対戦相手はお得意のCPU
しかも相手チームは野手全白でこの場合のCPUは投手のスタミナが切れても投手を交代して来ないと来れば…

めちゃくちゃカモじゃないですかw



結果、打ちも打ったり自己ベスト更新となる15得点!
試合後のハイスコアはぶっちぎりの238ポイント!
一気に交流戦の順位が三桁に上がりましたよ。

第六試合目
本日、最後の試合でしたがCPU戦…
この試合では久保田5イニング→ウィリアムス4イニングというCPUを完全に舐め切ったリレーで11-0で勝利!
なんかCPU相手にボロ勝ちしているだけなのに、変に注目を浴びてやりづらいんですよね…
Asを使っていたらこれくらい当たり前ですよね?

赤星→ヒット→赤星盗塁→荒木チャンス4発動→タイムリー→荒木盗塁→井端チャンス4発動→タイムリー→井端盗塁→谷チャンス4発動→タイムリー→谷盗塁→今岡チャンス5発動→タイムリー→カブレラVS発動etc

大体、CPUが相手の時はこの流れでやってます。
そしたら選手が勝手に点数を取ってくれる感じですね。
面白みには欠けますが、選手のレベルを上げるのにはかなり重宝しますよw

それで本日の結果は6戦6勝でした。
ひとまず、今日のプレイで交流戦のノルマに挙げた井端のレベルが3になりました。



特殊能力に予想通りチャンスメーカーが追加されて、遊撃のポジションレベルがB→Aになりました。
ただ思ったより能力値が伸びないですね…
レベル5で走力、守備力+2くらいですかね?

それから荒木はあと1試合ほどでレベル3になるかなという具合
いや、荒木だけでなく城島、小笠原、SHINJOもレベル3になる寸前でしたね。
とりあえず、あともう一日プレイしに行けば軽くノルマはクリアできそうな感じです。
交流戦で選手のレベルを一通り3まで上げておくかそうでないかでペナントの勝敗や成績面で差が生じて来そうですね。
とりあえず、交流戦が終了するまでにあともう一日はプレイしに行きたいと思います。

最後に本日の収穫ですが最後にSPを引いたものの旧SP五十嵐でした。
微妙…というか、むしろ要らない分類ですね。。。
新黒はベニーと種田で今さら優良黒で小笠原を引きました。
とりあえず、手持ちのカードから5枚くらい出せば流石に新黒の鳥谷を出してくれる人が一人は現れるかな?
まあ、今週はもうトレードできないんですけどね。
ただ、これで鳥谷ともう一つGR金本が手に入ったら純正相手にこっちも準純正で戦える準備が整うんですけどね。
ライトを新庄にして一塁のカブレラだけはチーム編成上、代えようがないのでその辺りはファースト・アリアスという認識で考えてもらえれば違和感なくいけるかも…

カブレラ=アリアスは流石にちょっとしんどいか?



阪神は冒頭で述べた通り雨天中止。
昨日、リリーフが長いイニングを投げたのと安藤が急性へんとう炎で先発ローテションから一回外れることを考えれば良しとするべきなのかもしれませんが、しかし交流戦の予備日が埋まれば、最大で16連戦になる可能性があるだけにむしろそちらの負担を懸念すべきですね。

…それにしても阪神は、ここ最近勝ち方が限定されて来たのが苦しいところですね。
正直、大型連敗してもおかしくない状態だと思います…
何だかんだ言って今年もリリーフ陣に助けられてますね。


あと、ネギまの第二期が2006年秋放映予定だそうです



-△-

休息のワンテンポ 2006,5,16 この日記を編集 削除

BBH6日連続プレイ中ということで流石に今日はワンテンポを置くことにして真っすぐ帰りました。

帰宅するとトレードのカードが届いておりウィリアムスとSPベイルをGET!
一方、KOさんが今日一日でウィリアムスのカードを4枚も引いてしまい「無料で譲ってもいい」というくらいウィリアムスを持て余しているようで…
ウィリアムスを手に入れる為にSP高須を放出した僕としては複雑な心境です(苦笑)
 
あと本日、新しくトレードが成立しまして無事にSP井端→SP藤川でトレードすることになり、これで念願のJFKが揃いました。
少し前まではチームに久保田を入れないと言いましたが、当初チームに加える予定だった岩瀬が新カードではGRでしか存在しないことが判明しGR岩瀬が入手困難なのを受けて再び久保田をチームに加える運びとなった次第です。
…そもそも、リーグを代表するリリーフ陣が元からホームチームに所属しているというのにそれをAsだからと言って他球団のストッパーを獲りに行く姿勢がそもそも問題でしたね(苦笑)
今は反省しています。
 
それで我がチームの守護神に任命した豊田も今はチームから外そうと思っています。
理由は成績不振です…>ぇ
そして今回、新しく加えるのが先日トレードの成立をご紹介して本日手元に届いたSPベイルです。
これは他球団のストッパーとしてではなくあくまでも牽制のスキルを目的とした相手の機動力封じの為によるものです。
終盤での接戦で俊足のランナーが出塁してしまった場合の盗塁対策として大きな効果を発揮することでしょう。
逆に牽制持ちのリリーフがチームにいないようだと、そういう場面であっさり盗塁を決められて泣きをみることにもなりかねません。
まあ、その辺りは備えあれば憂いなしって解釈でいいと思います。
 
…野球というよりは思いっきりゲーム的な思考に基づきますけどね(苦笑)
 
あともう一つトレードが成立したのが新黒・矢野
それに対してこちら新黒の川崎と宮本の二枚を放出するというぶっちゃけ損トレードですが、まあ僕が持っていても意味がないですし何より残りの希望カードであるGR金本やSP赤星、黒田と言った辺りのトレードではまず役に立たないでしょうからね。
それで矢野は無事にトレードが決まったものの、またしても鳥谷を提供してくれる方が現われず…鳥谷ってやっぱり需要があるんですかね。。。
どなたか新黒の鳥谷が余っているという方はいませんかね?
是非、トレードをお願いしたいです_| ̄|○
(ハワイ旅行に行く関係で明日くらいまでしかトレードができませんので)



さて、ここ最近はBBHの話ばかりでしたがここでパワメジャの話を一つ
…と言っても僕自身はパワメジャを買っていないのでサイトの掲示板や友達の話が情報源になるのですが、ひとまずよく耳にするのがパワメジャのサクセスがぬるいということ
何でも強い選手が作り易くなっている仕様みたいで、考えてみればパワプロ12のパスが使えることに関連してパワメジャではサクセスの難易度を落としたとも考えられますね。
10ヵ月前の作品であるパワプロ12のパスが使えるだけにパワメジャでもそれと同等の選手しか作れないようだとイマイチな部分がありますし、あとパワメジャは新規ユーザーの確保も期待できるだけにそういう意味でも新規ユーザーに受け入れられ易くする為に難易度を落としたのかもしれません。
あと、現実的なところを言うと今回は「プロ野球選手」ではなく「メジャーリーガー」を作成するモードなので、ちゃんとメジャーリーガーに相応しい高能力の選手が作れるようにしてあるのかもしれないですねw



阪神は2-3×で勝ちました。
今日は久しぶりに野球中継をじっくりと見ましたが、やっぱり良いものですね。
最近、BBHばかりやっていてプロ野球に対して少し頭の中がゲーム的になっていたところがありましたが今日の試合を観戦してまた原点を思い出させてもらった感じがします。

さて、試合の方は先発のオクスプリングが小笠原に先制2ランを打たれてまた崩れそうになりましたが追加点を与えず、打つ方ではシーツが満塁から同点タイムリー!
それから試合は投手戦となり、阪神に至ってはシーツのタイムリー以降6イニングに渡ってヒットすら打たせてもらえないと大苦戦をします。
日ハムは話には聞いていた通り、投手陣が抜群ですね。まさかここまでとは…
逆に売りだった打線に元気がないのに加えて拙攻が目立った分、こちらとしては大変助かりましたけどね。

そして試合は阪神の負けがなくなった12回裏
ここまで日ハムのリリーフ陣にヒットすら打たせてもらえず完璧に抑えられて来ましたが最後に登板したのが元巨人・岡島でした。
鳥谷アウトのあと矢野が二塁手の頭を超えるヒットで出塁すると代打の浅井にもヒットが出てバッター赤星
ここで内野ゴロを打った瞬間は万事休すかと思いましたが、これをショートの金子がポトリと落として一死満塁
いや、激しく助かりましたね。

そのあと、関本が不甲斐無い三振でアウトになるものの最後はシーツが三塁線を破るヒットで阪神がサヨナラ勝ち!
この勝ちはとても大きいですよね。
過去6イニングの経過を見ていたら、どう見ても1点が取れるような雰囲気ではないところでもう引き分けで御の字というところでの勝利ですからね。
それも相手にアシストしてもらった部分がありました。

それにしても本当に今年の日ハムは投手陣がいいですね。
今日は相手のミスもあって勝てたものの、明日以降もこの展開に持ち込まれたらそうそう勝てるものではありませんね。
先手必勝!
日ハムに勝つにはリードを奪われない事が絶対条件になりそうですね。

最後に同点タイムリーとサヨナラヒットを放ったシーツGJ
接戦で相手に点を与えなかった藤川と久保田も同じくらい素晴らしかったですね。



-△-

交流戦のノルマ 2006,5,15 この日記を編集 削除

今日も仕事帰りにBBHをやって来ました。
これで数えること6日連続でゲーセンに行っていることになりますね。
おかげでゲーセンの店員にも軽く顔を覚えられましたよw


第一試合目
相手はCPU
なんか僕の直前にCPUの楽天と熱戦を繰り広げた末に3-3で引き分けていた人がいたので、それを見た僕は「CPUとはこう戦うんだよ」と言わんばかりに初回にカブレラのVS2点タイムリーで先制し今岡の内野ゴロの間に1点を加えて3-0
そのあと、カブレラVS2ランが二打席連続で飛び出してSHINJOのタイムリーで9点目
まあ、井端が絶不調の中でよくやってくれた方だと思います。
 
投げて上原→久保田のリレーで9-0完封勝利!
…面白みに欠けるCPU戦も最近はCPUをボコボコにすることに快感を見出だしていますw

第二試合目
対人戦
初回にノーサインの四球絡みで1点を失いました。
…ノーサインから四球なんて僕は選んだ例しがないんですけど?
相手のカブレラにノーサインから一発を浴びて1点を先制される。
…そういえば、ノーサインでホームランを打ったことも滅多にないなぁ。。。
 
打線は相手のGR松坂にろくにヒットも打たせてもらえずに1-0の完封負け
 
第三試合目
対人戦
二死一、三塁の場面で相手が仕掛けて来たVSモードで今岡が2点タイムリーを放ち中盤に2点を先制する。
今岡はレベル3でチャンス5を覚えたからなのか、かなりミートが大きかったですね。
 
そのあと相手のラロッカにノーサインから一発を打たれて1点差とされるが試合は既に9回2アウト
そこから今岡がエラーをすると打球は再びサードに飛び今度は今岡がしっかりと掴んで一塁に送球…
それを今度はカブレラが落球するって何のギャグなのかと_| ̄|○
 
結局、五人目の打者を抑えて1-2で勝ったものの一歩間違っていたらと考えると…
無事に勝てた事に感謝したいです。
 
第四試合目
純正西武キターーー
 
ひとまず試合は荒木のタイムリーでこちらが一点を先制
ショート中島がいい具合に穴になっています(爆)
 
そのあと、久しぶりに相手にVSモードを当てられて同点のホームランを打たれましたが、それも些細なことでした。
赤星タイムリー
井端タイムリー
井端二本目のタイムリー
谷タイムリーで4点を追加
 
この試合、走りに走りまくって一試合5盗塁
井端や谷ですら盗塁が五分五分で決まるとなれば2アウトからダメ元で走らない手段はありません>ぉぃ
試合は2-5で勝利!
…流石に純正には負ける気がしないですね。

第五試合目
4連続で対人戦
最近は対人戦が組まれるようになって来ましたね。
 
試合は2点を失って、さらに松中にノーサインから一発を浴びる苦しい展開

早いうちに1点でも返したいところでしたが相手の岩隈に得意の機動力を封じられた上に打球反応○のスキルが発動しまくってセンター返しを三度も捕られるという不運にも遭って点数が奪えず…
 
そのあと、相手打線にいいように打ち込まれて結果は9-0の惨敗
…まあ、これはこれで変な未練が残らないので楽というものです。
 
第六試合目
こちらも対人戦
2回にカブレラのVSホームランで1点を先制
…今日やっとVSが当たりましたよ。。。
 
試合はそのまま1-0で進み、8回裏に荒木のタイムリーで欲しかった追加点が入りその点差を2点に広げる。
この試合は松坂が最後まで投げ抜いて2-0で勝利

今日は以上で4勝2敗
最近は「引き分け」が全然ありませんね。

まあ、それにしても今日は打線に元気がなくて苦しい戦いを強いられました。
何より一番大きかったのがVSモードを外しまくったことですね…
僕はVSモードが当たらないと試合に勝てない人間ですからw(爆)

それで、ひとまず交流戦期間中のノルマとしてアライバのレベルを共に3にしたいと考えています。
4日前に手に入れたアライバがもうレベル2のゲージ半分まで溜まっているのだから交流戦がいかに経験値が入りやすいかという事がよく分かりますね。
…恐らくあと10試合くらいで上がるものだと思います
 
SP赤星はどうやらレベルアップでミートと送球が上がる模様
ミートが上がるなら入れ替える価値ありなので黒・赤星がレベル4になったら入れ替えようと思います。
ただ、流石にSP赤星に対してSP井端を出すのはこっちがレートで1000円くらい損なのでSP井端は微低価値のSP藤川とトレードすることに決めました。
…なので、それまでにSP赤星とトレードできるカードを手に入れる必要があったのですが今日は6試合もプレイしたのにキラが一枚も当たりませんでしたorz
よく「いいカードを引いた」という話を耳にしますが、引き運って一部の人に集中してたりするんでしょうか。。。

ちなみに本日、プレイ中に僕がSP井端を使っているのを見たリーマンが席の隣から「SP井端をGR小笠原でトレードして欲しい」と持ちかけられたのですが断っておきました。
需要を考えればSP井端の方が優れているのは言うまでもなく、そもそも井端はたしかにダブってますが、この状況で相手はそのことを知らない訳で相手は僕が試合で使っている井端にトレード申し込んできたんですけど?

今、試合で使っている最中の選手をトレードで出せる訳がないだろボケが!と

試合中に話しかける時点でマナー違反ですが、それ以上に試合で使っているカードを求めるのはいくらなんでも常識というものがないのかと思った次第です…


まあ、それはそうと今日待ち時間にセンターを見ていたら第二回交流戦の暫定1位が奈良県のプレイヤーになってましたね。
えっと、ぶっちゃけこの人は昨日僕と同じゲーセンにて2人一組でプレイしてましたよ(爆)
もしかして、二人で一緒にプレイ→ワリカン→1プレイ250円という構図だったり…
うわぁ、それって凄く合理的かつサイフに優しいプレイスタイルかもしれませんねw

BBHは仲間と一緒にプレイするのが金銭面で実は一番、理に適っているのかもしれません。
我ながら何だかあまり気付いてはいけない事に気付いてしまった気がしますね…



-△-

ようやく貯金生活に突入 2006,5,14 この日記を編集 削除

今日は昼前からBBH
…友達の誘いよりもBBH_| ̄|○
 
今日は距離的なこともあって自宅から例の奈良のBBH設置店にやって来ましたが、この店の駄ルールを差し引いても同じゲームであることには変わらないのですが大阪の方がなんか雰囲気が好きというか気分良くプレイできる感じなんですよね。
 
それで整理券もらったら僕と交替する席の人が1回裏でしたよ。
その試合終了後から「二試合までプレイ可」という店内ルールなので事実上、三試合待ち確定です_| ̄|○
…相変わらず巡り合わせ次第の理不尽なルールです。。。


第一試合目
あえなくCPU…
いや、もう慣れたのでショックは薄いですよ(苦笑)

とりあえず得点経過だけ書いておきますね。
 
初回にアライバで1点先制
二回 カブレラVS2ラン
三回またアライバで一点
五回 今岡タイムリーにカブレラVS2ラン
六回 井端2点タイムリー
七回 城島タイムリー

投げては先発の井川が6回を零封して7回からは久保田に3イニング投げさせてセーブを付けるというパターンで10-0で勝利

この試合を通して思ったことが井端がレベル2になった途端、守備の動きが軽快になりました。
あと、井端に遅れてこの試合で活躍した荒木もレベルアップ!
パワー以外の全ての能力が上昇していたのが嬉しいですね。


第二試合目
念願の対人戦が組まれました。
もう対人戦ができるなら相手のメンバーはなんでもいいですw
 
試合は5回裏に併殺の間に1点を入れられて先制を許すが直後にこちらも内野ゴロの間に1点を返してすぐさま同点に追い付く
 
そして先発の清水直のスタミナが切れかかったところで7回裏の頭からは左打者が続くという事で岩瀬を投入するがその岩瀬が打た込まれてしまい3失点
ちなみに先日、CPUに1イニング6点を取られたのも岩瀬だったりするので防御率がとんでもないことになってます(苦笑)
…再登録しよ>ぉぃ
 
3点を勝ち越される苦しい展開ですが、先頭のカブレラにVSを使わないで出塁を期待したところヒットを放って出塁
さらに城島が繋いでSHINJOがエンドランでランナーを二、三塁に進めて9番・小笠原の打順でVSモードを仕掛けて上手く重なったのでヒットになるかと思いましたが三塁手が掴んで2アウト…
打順は一番に返って赤星でしたが前の打席で凡退した事により調子が絶不調になっており、流石にこのチャンスでこのまま打席に立たせられるほど試合を捨ててもいないので代打・松中を起用
すかさずVSモードを発動
 
ここまで外角真ん中、内角真ん中と来て、一発だけは避けたいこの場面で相手が選ぶのは心理的に「真ん中低め」のコースだろう…
 
その読みを見事に的中させて代打松中のVS3ランで同点に追い付きました。
 
やっぱり、VSモードイイ!
とりあえず、はじめのVSで相手が十字かクロスのどちらを選択して来たかが重要ですね。
その上で相手のパターンを読んで、試合中の相手のサインの傾向なんかも時には判断材料になったりします。
何せよ、ひとまずこれで同点に追い付きました!
 
しかし三番手の藤川が併殺の間に1点を取られて勝ち越されてしまいます…
ていうか、本当に内野前進してもホームでアウトが取れないゲームですね。
 
終盤は相手も先頭打者に積極的にサインを出して来たりと相手の熱意が感じられました。
それで惜しかったのがカブレラの打席ですね。
この打席でもあえてVSは使わずに打席に立たせたところ、ホームラン性の打球を放つものの本当の数ミリ切れてファール…
なんかスタンドインするよりもファールになるパターンの方が多いような。。。
 
試合は終盤の相手のサイン攻めに手も足も出なくて、最後のVSを外して5-4で負けたものの熱い試合でした
何か納得のいく負け方というのも久しぶりですね。
ただ、弁解するならばこっちは頼りの久保田が絶不調でいざと場面で使えなかったのが痛かったですね…
久保田が使えれば同点止まりで防げかもしれないだけに残念です。
 
第三試合目
対人戦が組まれました。
しかもソフトバンクではなく日ハムとでした。
札幌ドーム初見参ですw
 
試合は2回表にカブレラのVS3ランでいきなり3点を先制
その直後、相手のウッズに2アウトからノーサインホームランで1点を返されますが損傷は少ないです。
むしろ、変にランナーを溜めてからではなく1点の献上で今後、試合で警戒すべき打者が分かっただけ収穫があったとも言えますね。
 
中盤、先頭打者として赤星が出塁して盗塁成功
…最近、盗塁を刺された事がありません。
しかし、このチャンスで荒木、井端がともに凡打…
しかし、4番の谷がきっちりセンターに弾き返して1点を追加
この3人なら誰かが何とかしてくれますねw
 
しかし、試合はズレータと稲葉にタイムリーを打たれて1点差とされると高橋信のまさかのノーサイン2ランで逆転される…
 
ちょ、こないだもCPUの高橋信に3ランを打たれたばかりなんですけど、谷みたく高橋信は内部データでホームラン打ちやすくなっているんですか?
…てか、また岩瀬が打たれましたよ。
8回裏に逆転される展開で5-4で敗戦。。。
 
この負け方は堪えます_| ̄|○
 
第四試合目
先の試合で悪夢のような負け方をしただけに次も無性に対人戦がやりたかったのですが、CPUがお相手ですか…
 
で、そのCPUが操る高橋信にいきなりノーサインでレフトスタンドに叩き込まれたんですが、このゲームで高橋信はどうなってるんですか?と
ここまで続けてホームランを打たれたのなんて高橋信くらいですよ。。。
あと、長打警戒しても最近あまりいい結果に繋がりませんね…
さらにCPUの小笠原にもタイムリーを打たれて0-2
 
しかし、そこはここ数日でCPUとの戦い方を熟知した僕です。ランナーさえ出れば、付け入る隙はいくらでもあります。
荒木タイムリー、小笠原VSタイムリーで同点に追い付き、カブレラVS2ランで勝ち越してさらに井端タイムリー、谷タイムリーで追加点
最後はまた久保田が3イニングを抑えて6-2で勝利!
 
最近、CPUにしか勝ってないや。。。

第五試合目
嬉しい対人戦
そして、4級の人との対戦キターーー
 
初回にいきなり荒木、井端、今岡の三連続タイムリーに加えてカブレラのVS3ランでいきなり6得点
激しくごめんなさい_| ̄|○
 
相手のエンドランの間に1点を返されるが、それからもカブレラにVS2ランが飛び出して8点目
最終回の9回2アウトからサインを出し忘れておかわりくんに一発を浴びましたが、まあそこはお詫びの印という事で一つ
試合は8-2で勝利
 
第六試合目
続けて今度は6級の人と対戦キターー
それでトップバッターの赤星がいきなり自主的にセフティーバントをするのは止めて下さい。。。
まあ、そんな無謀なプレイはさておきまたもや初回に井端のタイムリーと今岡のタイムリーで2点を先制する。
 
そのあと、荒木タイムリー、井端タイムリーで小笠原のVSヒットで三塁をまわったランナーがタイミングはアウトだったのが珍しく外野からホームへの送球が逸れてセーフ
相手のローズにノーサインソロを浴びるものの、さらに井端、今岡のタイムリーで7-1と加えてそのまま勝利
 
第七試合目
純正日ハムキターーー
完全な純正とは初めて戦いますね。
しかも實松、小谷野と愛を感じます…
 
試合はいきなり相手にヒットを打てたもののノーサインから三振ゲッツーが成立して一気に2アウト
その直後、カブレラのVSタイムリーで先制した途端に相手とのネットワークが途切れる…
はい。Asでごめんなさい_| ̄|○
 
相手との接続が途切れた後の先頭打者セギノールにノーサインから一発を浴びて同点に追い付かれる。
しかし、そこは馴れ親しんだCPU戦です。
一死満塁から荒木のエンドラン内野ゴロの間に1点が入り、その間に二塁、三塁と進塁したランナーを井端のヒットで還してさらに2点を追加
そのあと今岡にもタイムリーが出て1-5
最後は久保田が3イニングを無失点に抑えて勝利
 
第八試合目
序盤にT.ウッズのVSタイムリーで先制すると、試合はそのまま1-0で進行していく久しぶりの投手戦…
しかし、8回裏に再びT.ウッズにVSタイムリーが飛び出すと最後は久保田が抑えらしく最終回のみを抑えて2-0で勝利
 
以上で本日は6勝2敗でした。
これで通算成績が借金だったのが遂に貯金生活に突入しました!
CPUと初心者に当たったのが大きいですけどね(苦笑)
 
今日は一転して荒木がよく打ってくれて打率もあっという間に3割を超えました。
さらに井端がよくタイムリーを打ってくれるので助かってます。
それで選手の成長具合ですが、大活躍のアライバが早くもレベル2のゲージが半分くらい溜りました。
そして赤星がレベル3になったのですが、こちらはパワーが少し上がっただけで大きな成長が見られず…
旧よりミートが下がっているものの新SP赤星の成長具合によっては今からでもそちらに切り替えたいですね
投手ではフル稼働させている久保田のレベルが上がって、コントロールとスタミナが上昇しました。
…さらにスタミナが上がるのか。。。
 
ただ一方で先発投手陣の経験値の入り方が悪く、野手はほぼ全員レベル2になったというのに先発は未だにレベル1の選手がいたりします。
まあ、それもリリーフで久保田を使いまくっているからなんでしょうけど、どうやら先発投手は完投くらいさせないと大きなプラスは期待できないみたいです。
 
それで今日、8試合で引いた新カードが新黒で久保田、金子、帆足、有銘の4枚
キラは一枚だけ当たったものの新SP吉岡でした…
ただし、その新SP吉岡+有銘で新SPベイルとトレードすることになりました。
ベイルを手に入れる理由はチームに牽制持ちのリリーフが一人欲しいと思ったからで、有名どころでは牽制とクイック4を持っている巨人の前田なんですが如何せん基本能力が低いのでどうも消極的です。
能力重視ならシコースキーが一番なんでしょうけど、あまり好きな選手でもないですからね…
それで僕が目を付けたのが新SPベイルです。
能力はシコースキーより劣るものの左投手で何より個人的に好感を持っている選手なので自分なりにこだわりを持って楽しく使えそうというのが一番の理由ですね。

あと、SP井端はSP赤星かSP藤川あたりとのトレードを考えていますが新SP赤星の能力アップが判明するまでは動くに動けません…



阪神は7-3で負けました。
まあ、阪神打線が杉内から2点を取ったこと以外は概ね予想通りの結果でした。
江草が崩れる時は大体いつも4、5回で崩れますね…
あとは6回、7回のチャンスで1点づつしか取れなかったのが敗因ですかね。
1番・スペンサーに関しては新聞でそういう記事は見ましたけど本当にやるとは思いませんでした(苦笑)
いや、2番・桧山とかやった時点で「正気なのか」と既にその予兆はありましたけれど…
1番・赤星も2番・関本or藤本も上手く機能しているだけ何も動かす必要はないと思うんですけどね。

最後にソフトバンクは金本に厳しいところばかり投げるのは控えめにお願いします…



-△-

人間と戦いたい… 2006,5,13 この日記を編集 削除

今日も仕事帰りにBBH
…阪神戦よりもBBH_| ̄|○

とりあえず今日はいつもの大阪のゲーセンでルールもちゃんと「一試合交代」と決まっているので一安心です。
別にキラが当たらなかったからどうこうじゃなくて、意図的にキラ抜きされていない条件下でキラが当たらなかったのならそれは僕に運がなかっただけと諦めもつきます。
まあ、今日はそういう余計な心配をしなくてもいいのでそれより今日はCPUとではなく3回に2回は対戦相手が見つかりますように…

第一試合目
幸先よく対戦相手が見つかりました。
そして初回、2アウトから井端と谷に続けてヒットが出て、小笠原のVSタイムリーで1点を先制
 
しかし3回裏、相手の多村にノーサインソロホームランを打たれると続け様に連続タイムリーでさらに2点を失って3-1とされる。
さらに次の回にも1点を加えられてその差が3点と広がり、VSホームランを狙うにしてなかなか厳しい点差ですね。
…いやしかし、アライバが思ったほど鉄壁じゃないのはどういう事か?
(特に井端がよく抜かれます)
 
試合はさらにセギノールにも2ランを浴びて点差は絶望的な5点差
最終回に何とか意地をみせて一点を返したものの初戦は6-2で敗北

第二試合目
制限時間内に対戦相手が見つからずにCPU戦
とりあえず、今岡のタイムリーとカブレラのVS2ランで3点を先制
さらには井端のタイムリーで4点目
…それにしても、井端はよく打つんですけど荒木が全然打たなくなりました。
 
最後はカブレラのVSタイムリーで5点目!
それで、あとは「CPU相手に点なんかやれるかよ」の勢いでCPUを完封
5-0で楽に勝利しました
 
第三試合目
一応、制限時間いっぱいまで待つがまたCPU戦
初回に早速、井端がタイムリーを放ち1点を先制
しかし、そのあと思ったように点が取れずに7回表にCPUに同点タイムリー強いては勝ち越しタイムリーまで浴びてしまいCPU戦で初めて劣性に立たされる。
 
しかし、そこはCPU サインでやりたい放題できるのでランナーさえ出れば1点を取りに行くくらいは動作もありません。
次の回の攻撃ですぐさま同点に追い付きました。
そして8回裏には今岡のタイムリーで勝ち越し、カブレラのVS2ランで5-2
さらに9回にも2点を追加して終わってみれば7-2の快勝でした。

第四試合目
…さらにCPU戦_| ̄|○
ちょ、パ・リーグでやっている人!!
これはどういう事なんですか?(爆)

CPUに勝ってもあまりポイントが入らないのでいつまで経っても交流戦の順位が上がりません_| ̄|○

初回に赤星、荒木、井端の3人で1点を先制
さらに今岡タイムリー、カブレラのVSタイムリーで初回に3点を挙げました。
CPUが相手ならこの時点で勝ちは決まったも同様ですね。

3回には今岡タイムリー、関本タイムリーで5-0
不覚にもCPUに一点を返されてしまいましたが「一塁手が打球を弾いて二塁手がそれをカバーして捕球し一塁ベースカバーに入った投手に送球してアウトを取る」というBBHではなかなかお見えできない実に野球らしいプレーが見られたので良しとしますw
ただ、どうもCPU相手に長打警戒はイマイチなような…

とどめはカブレラのVS2ランで7-1
最後は久保田に3イニング投げさせて無理矢理セーブを付けて勝利!

以上で本日、対人戦に負けてCPUでは確実に勝ちを拾って3勝1敗
とうとう通算成績で借金が1にまで減りました。
このままCPUを相手にし続けたらならば念願の貯金生活も楽に達成できそうです。
…ただ、それよりも対人戦がしたいなぁ。。。
交流戦の対人戦率が25%って。。。
300円プレイで様子でも見るべきかな?

それで本日、引いたカードは新黒で小池に久保と言った辺り
そして4試合目終了後のパックの中には…4000円が入ってました>ぇ

あっ、失礼しました。
一昨日、4000円で売ってもらったばかりのSP井端が当たりました。
つ4000円・・・

とりあえず、嬉しいんですけど切ないですね…
今でも十分4000円の価値があり、トレードでSP藤川や新SP福留が狙えそうなところですが、とりあえずは4000円での売却が最優先
次にトレードでは「SP藤川」と言いたいところですが、リリーフは今のところ久保田がかなり重宝しているので藤川は後回しでも良さそうな…
新SP黒田も欲しいカードの一つなのですが、それはレート的に僕が損ですからね。
それで、現在希望したいのが新SP福留です。
新カードで送球が19になってレベルが上がれば20に成長すると聞けばSHINJOよりも福留をスタメンで使いたいですね。
外野手の守備力なんて誰が守っても守備範囲に大差がないような気がしますし…

さて、今日のプレイ終了後にスタメン選手の成績をメモって来ましたのでこの場で載せたいと思います。

打率 得点圏 安打 打点
赤星.337 .105 53 2 25盗
荒木.274 .166 31 2 17盗
井端.414 .388 17 2 1盗
谷 .525 .409 73 8 9盗
今岡.425 .470 69 13 1本
カブレラ.259.276 50 46 18本
城島.298 .086 ?? 1
新庄.268 .227 51 9 1盗

赤星が最近よく打って打率が急上昇
逆に荒木は新SPにしてから全然打たなくなり、今の成績も旧カードの時の貯金による部分が大きいです。
荒木に関してはこれからメモリを考える必要がありますね。
井端はよくやってくれています。チャンスでの一打が光りますね。
谷は相変わらずセンター返し量産でもはや僕のチームの絶対的な4番ですw
今岡はここ数試合でさらに打率を上げて来ました。
このゲームで打率よりも得点圏打率の方が高いのはなかなか珍しいと思います。
カブレラは前にも言った通り、VSオンリーでこの布陣になってからは必ずしもそうではなくなりましたがホームランはカブレラくらいしか打っていないのが僕のチームの現状ですね。
城島はその辺りの城島使いに比べれば遥かに打率が高いですが、如何せんチャンス2でもないのに得点圏で打たなさ過ぎます…
SHINJOは最近扱いづらくなったので新SP福留が入ったらベンチ行きですね。

とまあ、これが現時点での僕のチームの内情です。
それと今日、交流戦の経験値増加を受けて今岡がレベル3一番乗りを果たしました。
一昨日、手に入れたばかりの井端も大活躍で早くもレベル2にアップ!
レベルアップでは走力と守備力が上がったので井端はレベルが上がってこそ鉄壁の守備を魅せてくれるものだと信じています。



阪神は3-5で勝ちました。
打線が4回に2点を挙げて先制すると、投げては先発の安藤が粘り強いピッチングで6回を1失点に抑えたみたいですね。
僕が帰宅して見たのは8回表に3点を取った阪神の攻撃からで金本がライト線に強烈な打球を放ったのには驚きましたね。

僕がゲーセンに行って、しばらく試合を見ていないうちにそこまで回復していたんですか?

あの感じだとホームランは無理でもヒットなら問題なく打てそうですね。
流石は鉄人です。

そのあと、今岡はフルカウントからボールになる変化球に釣られて空振り三振
そして、代打の濱中をソフトバンクベンチが敬遠で歩かすと鳥谷も四球で歩いて二死満塁となり矢野の走者一掃のタイムリーツーベースで3点を追加
うん。相手に一番ショックを与える見事な点の取り方でしたね。
この一打で試合を決めました。

最後に久保田がまた2点とられたのは去年から何度も何度も続いている野手が終盤に点差を4点リードに広げてぎりぎりでセーブがつかない状態にさせられる事による久保田なりの抗議だと僕自身は受け止めています(苦笑)
まあ、それはそうとここまで藤川が防御率0.37と去年以上の神成績を残しているのですが、ここまで防御率が低いと逆に気持ち悪いですね…
嬉しい悲鳴という奴ですw>ぇ

まあ、何せよ今日一つ勝った事により明日は気持ちよく負けられるというものです(爆)
ただ、もし明日勝つとするならば江草が無失点に抑えるか球数を投げさせて杉内を早く降板させる。
もしくは打撃陣ではスペンサーや濱中辺りがポイントになるかもしれません。
どちらにせよ、明日勝つことは相当困難だとだけ予言しておきます。



-△-

物足りない交流戦 2006,5,12 この日記を編集 削除

ここ最近の急激な円高ドル安により現在1ドルが110円前後とドルが大変安くなっています。
会社のハワイ旅行が来週に迫り、まさに円をドルに変えるなら今が狙い目と言えますね。
 
 
 
さて、今日は仕事の関係で奈良の会社に戻り、その場で帰宅となったのでBBHはいつも通っている大阪の店舗ではなく、奈良のBBH設置店舗に行ってBBHをプレイして来ました。
ちなみに、少し前まで奈良県にはBBH設置店が一店舗しかなかったのですが、どうやら最近になって二店舗目のBBH設置店が奈良県にもできたみたいです。
…最も、僕が住んでいる地域からは無駄に遠いだけなので利用することはなさそうですけど
 
ひとまず、直接利用することはなくても県内でBBH設置店舗が二つになった事により僕が休日によく利用する奈良県の設置店舗が間接的な影響を受けて、これまでより順番待ちが緩和される効果に期待したいと思います。
 
さて、長くなりましたが今日のレポートを書かせてもらいたいと思います。
それにしても、1番・赤星に2、3番が新SPアライバのオーダーとは…プレイ前から萌えて萌えて仕方がありませんでしたw
改めて能力を見るとSP荒木は旧カードと比べてパワーと守備力が1づつアップ
何故、パワーが上がったのかはよく分かりませんが、守備力が1アップしたのは嬉しいですね。
さらに二塁の適性がC→Bに上がり、これでレベルが3になったら二塁の適性がAになるのかなという期待感を感じています。
あと、地味に嬉しいのが旧カードだとレベル3にならないと付かない盗塁4が新カードではデフォで付いていること
荒木はヘッドスライディングを持っているので下手したら赤星より早いかもしれません。
そしてSP井端の方は旧カードに比べてミートが1アップ
そして何より大きいのがチャンス4の存在
正直、これがなかったら井端を3番で起用することはなかったでしょう(苦笑)
あと、新カードのSP今岡について今さらながら言わせてもらうと「初回先頭打者本塁打」が流石に消えたとして何故、満塁男が付いていないのか?
BBHでは満塁男がかなり効果を発揮するだけにこれがあるのとないのとでは大きな差になりかねません。
仮にレベル3で満塁男を覚えるのだとしても…新カードが2005年シーズン終了時のデータに対応しているなら間違いなくデフォで付いていないとおかしい能力ですよね。。。
ちなみに新カードの今岡はレベルアップで旧カードでは上がらなかったパワーが上昇するみたいなので個人的には新カードの今岡にはレベル3で是非、パワーヒッターの取得をお願いしたいです(爆)
…とは言え、自チームの旧今岡がよく活躍してくれているだけに新カードの今岡が手に入ったとしてもなかなか変えにくいところではあるんですけどね(苦笑)
※能力が高くても、ゲーム上でその通り活躍してくれるとは限りません。


はい。そんな訳で時間潰しに色々と書かせてもらいましたがようやくプレイ開始です。
このお店は順番待ちが発生した時点で次の試合から2試合交代制なので一度座れば続けてプレイできる分、プレイするまでがかなり長いです。
…おかげで1時間も待ちましたよ。

と、ようやく順番がまわって来たらと思ったら、まだ交代しなくてもいい人の席が空いてました。
 
えっと、これは確実にキラが抜かれた後って事ですね_| ̄|○
 
往生際悪く、店員にこの台ではなくあと1イニングで試合終了で交代になる人の席にして欲しいと交渉するが認められず…
こんなところでハズレ確定の場所で連コインなんてやってられるかぁーーー_| ̄|○
今は上級のキラで3000~180000円で取引きされる時代だというのに。。。
ただ、だからと言ってまた順番待ちするのも嫌ですし…
もうね。この時ばかりはこの台詞を言わせて下さい。
 
キラ抜きして、さっさと帰った奴 氏ね
 
1時間待ちした結果がこれでは報われません_| ̄|○
で、僕の次の人はたったの5分待ちくらいで僕が座るはずだったキラ抜きもされていないと思われる台に座ってプレイを開始してるんですけど?
もうね。前にも似たようなケースに遭いましたがこの店のルールだと絶対に誰かが損をすることになります
普通に1試合交代でいいじゃんか。。。ゴルァ
 
…極力、もうこの店には行かないようにしたいと思います。
今日は理不尽な展開にマジで腹が立ちましたので…
 
 
まあ、そういう愚痴はこれ以上言っても仕方がないので自分の腹の中に抑えておくとして今度こそ今日の試合結果を書かせてもらいます。
 
第一戦目
対戦相手が見つからず、CPUが相手になりました。
CPUなんて楽勝なので白けますね…
 
2回裏に無死満塁と攻め立てるものの無得点
しかし、二巡目にカブレラVSソロホームランで先制して続けて絶好調のウッズがノーサインソロホームラン!
 
…どうせならさっきの満塁の場面で打とうよ_| ̄|○

そのあと試合は今岡のタイムリーにカブレラの内野ゴロの間に1点が入り、SHINJOにVSタイムリーが飛び出して3点を追加
試合はそのまま0-5、二安打完封勝利という何とも歯応えのない暇な試合でした。

第二戦目
制限時間いっぱいまで待つも、またCPUとの試合になりました…
何ですかこれ?
パ・リーグには人がいないんでしょうか?
 
試合は初回に赤星が出塁して、すかさず盗塁成功
2番の荒木が繋いで無死一、三塁となったところで打者はあくまでも経験値目当ての為、絶不調での強行出場となった3番・井端
この場面で絶不調の選手にできるのはこれしかないというエンドランで内野ゴロの間に赤星がホームに還り1点を先制
そのあと4番の谷にタイムリーが出て初回に2点を先制しました。

谷は第二打席でもチャンスでタイムリーを放ち、そのあと小笠原VSタイムリー、カブレラのタイムリーで3点を追加
そのあとも谷にこの試合三本目のタイムリーが出て、小笠原のVSタイムリーで2点を追加して投げては先発の久保田が5回を零封w
CPU相手に7-0という一方的な試合展開となりました。

しかし8回裏、溜まっていた何かが爆発したかのように突如CPUの猛攻に遭い高橋信の3ランなどで一驚6点を取られて1点差に迫られる。
それでも1点のリードを守って7-6で勝利

第三試合目
制限時間終了前にようやく対戦相手が見つかり、念願の対人戦です。
試合は赤星が出塁して盗塁、荒木の内野ゴロの間にランナーが三塁に進んだところで井端のタイムリーで1点を先制
…理想的な流れですね。

二死二、三塁の場面で相手は井端にVSモードを仕掛ける。
ここで相手は真ん中に投げて来ると察した僕は真ん中に来てもヒットにできる形で的を絞り、これが読み通り真ん中に来て2点タイムリーとなり0-3
…どうやら最近、相手のど真ん中を予知できる能力が身に付いたようですw
そのあと、今岡にもタイムリーが出て4点目

4点リードで楽勝ムードが漂っていましたが相手の和田にノーサイン2ランを浴びて2点差
油断は禁物ですね(苦笑)

そのあと、さらに1点を返されるが7回から新黒の久保田が3イニングを無失点に抑える好リリーフを見せて3-4で勝利!
久保田はロングリリーフが利いて使い勝手がいいので、抑えに限定して起用するのは勿体無いくらいですね。

第四試合目
対戦相手が決まらず、本日三度目のCPU戦orz
CPU楽天の先発が岩隈という事もあって機動力が使えずに0-0のまま試合は進んでいき、中盤の無死満塁のチャンスで併殺の間に1点が入ってとりあえずこちらが先制する。

CPU相手の守備時は例の如く、一塁にランナーが出たら「ゲッツーシフト+打たせて取れ」のサインで大半を併殺で仕留めていきます。
打線は9回表に二死満塁から井端がセンターへタイムリーを放ち2点を追加
最後はスタミナ節約の為に完封ペースの井川をあえて代えて、抑えの久保田がリアルでは考えられないくらいきっちりと抑えて勝利!

そして、案の定キラが当たることなく交代する事になりましたとさ。。。

それで、せっかくの交流戦ですが4回中3回もCPUと当たるようでは話にならないですね…
恐らくパ・リーグの球団が少ないのに加えて、それ以上にセ・リーグの球団が多過ぎるのが原因なんでしょう。
まあ、とにかくそれ以上に今日は1時間待った挙句にキラ抜きされた後の席に座らされて僕の次の人はわずか5分待ちで安全な台へorz
その僕は案の定、ハズレ確定の白黒カードを掘らされてしまい次の人へキラ排出のアシストに貢献させられたりで…今日はとても不愉快な後味の悪いプレイとなりました。
試合こそ今日は4戦全勝ですがCPUに勝っても別に嬉しくないですからね…
むしろ、時間と1500円を返して欲しいくらいです(爆)
このゲームはこういうところでプレイ後の気分に差が生じるのが難点ですね。
いつもいつも気分良く終われるとは限りません…

最も、この最悪な巡り合わせの悪さも全ては僕の運の無さに集約されるのかもしれませんけれど(失笑)



阪神は8-1で負けました。
まあ、何となく分かってはいましたけど井川にソフトバンク打線は荷が重過ぎます(爆)
まあ、それは半分冗談としてもなんか相性も悪いみたいですからね。

打線は金本が2安打で各選手一通り1安打づつを放ってまあまあといった感じでしょうか
赤星が「初回に盗塁を成功させたら勝つ」という去年から続いていたジンクスが今日で崩れましたね。
まあ、何せよ今日はセ・リーグのチームが全て負けたみたいですから痛み分けという事で問題なしですw

…でも、明日は勝たないと後がありませんよ。。。


画像は今日の4連勝でも載せようかなと思いましたが、その時はイライラしていたので撮影するような気分ではなかったです。
すいません…



-△-

何とか間に合った! 2006,5,11 この日記を編集 削除

BBHの交流戦が始まる前にレート面で損をしてでも全力で鳥谷を探していましたが、こちらも一向に提供者が現れませんでした…
 
鳥谷なら探し回れば何とか手に入るだろうと思っていましたが、新黒・鳥谷もSP井端に負けないくらい人気と需要があるみたいです。
しかしながら、それでも諦めずに鳥谷を希望していたところ事態は一度は断念した筈の結果として終結を迎える事となりました。
 
その終結とは…
本日手渡しでSP井端を4000円で譲ってくれる方が現れました。

もうSP井端は諦めて、新黒・鳥谷の獲得に全力を注いでいたらこの意外な申し出ですよ。
恐らくレートよりやや高めな金額ですが、今の状況を考えれば願ったり叶ったりのお話です。
そんな訳で今日は真っすぐ帰るつもりでしたが、急遽トレードの為に寄り道をすることになりました。

先方は僕とのトレードの前に他の方とトレードを済ませてからこちらに迎うみたいで、その空き時間を利用してBBHを1試合プレイすることにしました。
 
第一試合目
初回に2アウトからカブレラのVSソロホームランで先制
そのカブレラに第二打席ではVS3ランが飛び出して序盤で4点のリード
…第三打席目はちょっと裏をかいてみたらこれがまた裏目に出ました(苦笑)
ていうか、この人のパターンは素直過ぎw
 
試合はこのまま楽勝かと思われましたが無死満塁から3点を返されて1点差に迫られるものの3-4で何とか勝利
…本当にVSモードで勝っているようなものですね。

それはそうと、ここ数試合はお互いに走塁死が特に目立つんですよね。
それもタッチプレーになるような際どいタイミングならともかく、明らかな暴走としか言えないものばかりですからね…
それと実況に「ライトゴロ」があるのはともかく「レフトゴロ」まで内臓されているところを見ると、エンドランでのレフトゴロは思いっきり仕様という事ですか?

それと最近、VSモードのおかげで勝っている僕から一言いわせてもらうと試合の一番はじめのVSはインローの周辺を狙うのが良さげです。
当然、対戦相手にもよりますが一回目の攻撃時にはどうぞお試しあれw
あと、カブレラはVSが的中するとほぼホームランになるので今日は試しにどこまでミート寄りならホームランになるのかという検証をしてみました。
結果、ミート寄りにし過ぎてスタンドまで届かなかったのが2回
ただし、どんなにミート寄りでも真ん中に当たればスタンドまで持っていけることを考えると、カブレラのようなある程度のパワーを備えている打者の場合は無理に強振MAXはせずにミートに徹して当たり判定を大きくして挑んだ方が効果的だと言えるかもしれません。
あくまでも僕の見解ですけどね。

試合が終わった頃にちょうど頃合いを迎え、指定の場所で落ち合いました。
「手渡し」なんて、去年の開幕戦チケットを半額で売った時以来で少し緊張します。
 
指定の場所に行くと売り主はBBHをプレイしているところでした。
そして、この売り主というのがやり手プレイヤーで奇将九段のおじさんでした。
早速、コンタクトを取り目的のSP井端を4000円で購入
他にも色々とカードを見せてもらいましたが、そのおじさんは新黒の城島を2枚持っているにも関わらず、ゲームでは関川を捕手として使っていました(爆)
 
これが、奇将九段の所以なのだろうか。。。
 
で、そのおじさん
その試合ではボロ負けだったものの、新黒・ウィリアムスの追加トレードを打診して断られえてしまった瞬間に新黒のウィリアムスを引いたのは何かの嫌がらせですか?
しかも、次は僕がその席でプレイするんですけど。。。
 
しかしながら、新カードのダブリ配列を考えた場合、次もウィリアムスが出てくる確率が高いと言えます。
 
第二試合目
相手に2点を先制される苦しい展開も、ランナーが2人溜まったところでカブレラのVS逆転3ランが炸裂して、さらにタイムリーを放って一転してこちらの2点リード
相手に満塁から1点を返されるものの4-3で勝利

…うわっ、またVSモードで勝っちゃたw

そして、注目の排出カードの中身は。。。

白二枚って、おい_| ̄|○

ただしかし、あと何回か続けてプレイをすればウィリアムスが出て来る確率が極めて高い状況だと言えます
そして、幸運なことにその時の待ち人数は0人
つまりは連コイン可!
 
しかし、頭に入れていなかったSP井端を買った代償は大きく、その時の僕には連コインをするだけの「コイン」がありませんでした_| ̄|○
もう帰りの電車代しか残ってないよ。。。

なんかもうあれですね。
しばらく僕は自分の運を信用しないで生きていこうと思います。
そろそろBBHも100試合目が近づいて来たというのに未だにGRの一つも引けてませんからね(苦笑)
はぁ~_| ̄|○

帰宅後、昨日かくたまさんに譲って頂いたカードが早速届きSP荒木、新黒・久保田、岩瀬が手元にやって来ました。
これで交流戦前に必要なカードを全て揃える事ができました!
改めて感謝です。
大切にかつ有効に使わせてもらいます。

さあ、明日からはいよいよBBHでも交流戦が始まりますのでこれから一週間は思う存分、プレイしたいと思います。
…順番待ちが「何人待ち」になるのか激しく心配ですけどね(苦笑)



阪神は5-3で勝ちました。

今日はクリーンナップの3人が打点を記録して鳥谷の2本のタイムリーなどで阪神が試合の主導権を握ったようですね。
投手陣もピンチでよく踏ん張って、僕が見たのは9回表の久保田劇場からでヒヤヒヤさせられましたが何とか最後はパスクチを抑えて阪神が勝利!
手負いの金本はヒットこそなかったものの勝利に貢献したみたいですね。

さあ、去年交流戦一位のロッテに連勝スタートを切った阪神は明日からヤフードームでソフトバンクと対戦
日曜日は阪神キラーの杉内が登板して阪神の負けがほぼ確定しているだけに(ぇ)、先の二試合で最低1回は勝っておきたいですね。



-△-

勝ち止めが一番 2006,5,10 この日記を編集 削除

巷で囁かれている「初回のサービスパック」というのがどうやら本当らしく、初回入荷分は通常よりもキラが出やすくなっているというのはどうやら真実のようです。

…で、そんな話を聞いたら身体が勝手に動いてしまう訳で目的の新カードをスムーズに手に入れる為には金銭ではなく、こちらも新カードを出すのが一番
何より新カードの相場が各地で高額を記録している中で現在はサービスパック排出期間中と聞けば下手に新カードを高額で購入するよりもそのお金で「どんなカードが引けるか」という自分自身の運とも無性に勝負してみたかったりして気付いたら二日前に来たゲーセンに再びやって来ました。

あとその前に報告なんですが今朝、かくたまんさんよりメールを頂きましてSP荒木と新黒・久保田の2枚をレート並の値段で譲って頂くことになりました。
おかげで交流戦開始前に必要なカードが2枚揃う形になりまして、さらにおまけとて黒・岩瀬まで頂ける手筈となり、我がチームにもようやく左のリリーフが加入しました。
この日想を通してまさかこんな嬉しい提案を持ちかけて頂けるとは思ってもいなかったので僕自身、嬉しく思います。

おかげさまで交流戦前に必要なカードは残すところ、前々から言っていたSP井端となります。
ただ、これがなかなか曲者でして待っても待っても一向に提供者が現れません。
もしかしてSP井端は上級SPで尚且つ、希少に値したりしますか?

そんな訳で現状、SP井端を手に入れるのがかなり厳しい状態なので代わりに新黒の鳥谷を只今、熱望しております。
遊撃手の控えは新カードの西岡を考えていましたが、内野手はメインポジション以外の守備位置で出場させると得られる経験値が極端に少なくなる関係で急遽、西岡から鳥谷に変更する事にしました。
それに、これでもできるだけチームに阪神色が欲しいとは思っていますからね。
それで只今、新黒・鳥谷を探し求めているのですが流石は阪神のカードです…
色々と当たってはいるのですが同じく入手が困難な状態です(苦笑)
二塁手のポジションは関本で代わりが利くんですが、遊撃手だけは未だにノンカードのシーツを使っているくらいですからね…
この際、SP井端とは言わないので何としても12日までに新黒の鳥谷を手に入れたいところです。


それでは、そろそろこの辺りで本日の試合について書かせてもらいますね。

第一試合目
初回に赤星がヒットで出塁すれば、すかさず盗塁を決めて無死二塁
機動力を使える有難さを改めて実感しましたね。
そして、SP荒木が届くまでの代役兼育成目的として2番セカンドで起用した関本には定石通り進塁打を指示して一死三塁の形を作り、カブレラに犠牲フライでも打ってもらいたいところでしたが結果は三振…
 
これで嫌な雰囲気になりましたが、その空気を払拭してくれたのが4番・谷のタイムリーヒット
やっぱり、頼りになります
 
そのあと、試合はこちらが初回に1点を取ったものの相手に3イニング連続で無死から二連打を浴びる展開が続き、その度に何とか踏張るものの3イニング目にとうとうタイムリーを打たてれてしまい2点を取られて逆転を許す。
 
しかし中盤、ノンカードのシーツが犠牲フライ指示に答える外野フライを放ち同点に追い付くと代打の小笠原がVSモードで2点タイムリーを放ち勝ち越しに成功
イニングも終盤に入りこの試合はこれで決まりかと思いましたが試合は意外な形でふりだしに戻ります。
 
相手が代打に清原を出して来てVSモードを発動
それに僕は「上等!」だと言わんばかりに内角高めを選択
そして…これが駄目でした_| ̄|○
 
ゲームの清原は内角高めを苦にすることもなく同点2ランをスタンドに叩き込みました。。。
 
いや…分かってはいましたが、それにしても清原に内角高めは少し分かりやすい選択でしたね(苦笑)
 
そのまま引き分けも意識し始めた頃、カブレラの打席で最後のVSモードを発動
これがスバリ的中して文句なしの勝ち越し2ランホームラン!
…ただの思い違いかもしれませんがこのホームランは相手のパターンを読んだと自負しています。
試合はこの2ランが決勝点となり6-4で勝利!


第二試合目
満塁のピンチから押し出しの四球で1点を取られましたが、こちらもすかさず代打の金本が三塁打を放てば赤星の内野ゴロの間にランナーが還り同点に追い付く
…ちなみに、うちのノンカード金本は能力が旧バージョンのままでした(苦笑)
 
試合は1-1のまま最終回
相手の先頭打者は出塁を許した瞬間に「この試合の負けが半分決まる」と言っても過言ではないだろう赤星
その赤星を何とかセカンドゴロに打ち取ったかと思ったら関本がこれを弾いて痛恨のエラー…
 
よりにもよって、一番やっちゃいけないことをやってくれましたよ_| ̄|○
 
相手は当然、スタートを切って盗塁成功
こういう場面になる度に思いますが、僕も牽制持ちのリリーフ投手を一人くらい入れておいた方がいいのかもしれませんね。
 
内野ゴロの間に勝ち越しのランナー赤星は三塁に進み「内野前進」で何とかホームへの生還を阻止しようとした結果、飛んで来た打球が真っ正面だったにも関わらず三 塁ランナーが生還して一点を勝ち越されました_| ̄|○
 
…いや、まあそういう仕様だということは大体認識していましたが、真っ正面のあの打球でも駄目なのかと。。。
それに、三塁ランナーは赤星なんだから内野手はもっと前に出ろと…
って、CPUにそこまで状況に応じた判断を求めるのは酷というものでしょうか。。。
 
ラスト9回2アウトから引き分け狙いのVSモードを発動させ相手の心理を読む…
「相手的には最終回にエラー絡みの末の内野ゴロで奪った1点であり『この1点はなかったもの』として、最後は一か八かで真ん中に投げて来る可能性がある』
しかし、それまでのVSモードやサインの傾向から分析すると「相手は堅実な人」だという印象が僕の中にありました。
 
それだけに寸前のところで最後にど真ん中に投げて来るとはやや考えにくく、ここは裏をかいてインローにしたら相手は本当にど真ん中に投げて来ましたよ。
ちくしょー
 
そういう事はしない人だって信じてたのに。。。>ぇ 
でも、こういう負けならまだ納得できますね。
ある意味、最後は僕の読み負けでもあるわけですから
 
 
第三試合目
相手の城島に「長打警戒」をしていたにも関わらず、2ランホームランを打たれてしまい0-2
…何気にノーサインで打たれるよりもこっちの方が堪えますね(苦笑)
 
こちらはヒットこそ出るものの先頭打者出塁→併殺の繰り返しで拙攻の連続
 
そして、この試合もランナーを一人置いて最後の打者にVSモードを発動
こちらもマジで試合の流れから「相手はど真ん中に投げて来るかも?」と思いつつも直前でインハイに変更
すると今度もマジでど真ん中に投げて来て、バットは空を切り後悔とともに試合終了…敗戦
 
 
第四試合目
ちょうど、先発投手を5人でまわしている佳境にハマり先発できる投手がいなかった為に川島を起用したところ、いざ試合が始まったらカードがどこにもねぇ-
 
…どうやら、自宅に忘れて来たようです。
 
ただ、カードがなくても試合中のメモリ調整ができないだけで一応、問題なく試合は進行していきます。
そのカード無しの川島は4回を1失点とまずまずの結果
打線は取られた直後に川島に代わる代打・小笠原がVS2ランを放ち逆転!
色んな楽しさがありますけど、やっぱり僕はこの瞬間が一番、気持ちいいですねw
 
試合は2-1の状態で5回開始時、対戦相手のコンテンニュー待ちが発生し、相手はコンテンニューを選択
 
些細な事ですが対戦相手にコンテンニューしてくれるというのは嬉しいものですね。
その後、試合はお互いに1点を取り合い3-2で勝利!

 
第五試合目
本日二回目のこちらが「長打警戒」をしていたにも関わらず相手の松中に2ランを打たれて2点を先制される。
先発の松坂は体力全快で珍しく絶好調だったにも関わらずヒットを大量に浴びて、わずか5回でスタミナが切れて降板させられるハメに…
体感的に投手は調子の影響が少なめなのか?

しかし、こちらは7回表に代打・小笠原のVS2ランで同点に追いつくと9回表無死満塁のチャンスで代打ウッズのミートMAXの打球が狙い通り高く跳ね上がって相手の前進守備の頭を超えるタイムリーとなり1点を勝ち越して、さらに満塁の場面で赤星併殺の間にもう1点が入って2-4
最後は豊田が危なく抑えて勝利!

結果、本日は5試合プレイして3勝2敗でようやく五段に上がりました。
今日は前回、快音が聞かれなかった谷に当たりが戻ったのが大きかったですね。
逆に一転して今日は赤星が振るわなかったりもしましたが…
何せよ、やっぱり最後は勝って止めるのに限りますねw

あと最近の僕の戦い方を見ているとVSモードで勝ちをもぎ取っているような印象を強く受けますね。
今日の3勝全てがVSホームラン絡みですし…
ただ、一試合を通して相手の心理当てる自信があったりするので、そういう意味では始めは嫌で仕方がなかったVSモードも今は最大限に有効利用できているかなと思います。
いや、むしろ若干VSホームランでしか勝てないような気配すら感じますが(苦笑)
まあ、カードが入ってオーダーが変わればまた戦い方も変わってくるでしょう。

それで注目の新カードGET情報ですが本日は10枚中3枚が新カードで、新黒の李スンヨプが出て来ました。
そして残り二枚はともにSPカード…

楽天・山崎

楽天・高須

自分自身の運と勝負したところ見事に負けました_| ̄|○

でも、確かにキラが出やすくなっているとは感じましたね。
今日はなかなか混んでいて一度も連コインができなかった関係で巡り合わせの域は脱しませんけれど
とりあえず、これらのカードをトレードに出して鳥谷とウィリアムスを早く手に入れたいと思います。



-△-

新カードの選択 2006,5,9 この日記を編集 削除

ひとまず、昨日の嫌な形が続いての4連敗は考え方によっては「1点差でしか負けない」…とも開き直れたりする訳でこれに関しては流石に吹っ切れたとして正直、昨日は前回のプレイから一週間以上空いたことも影響してか僕の采配にも少々、問題がありましたね。

さて、それで12日からはBBHでも交流戦が始まり、そこでは通常よりも多くの経験値を得られるようになっていますが、その前に今回の新カード追加で予想以上に手に入れたいカードがたくさん出まして僕自身、揃うべきカードが多過ぎてBBHの交流戦開始までにこれらのカードを全て揃えられそうにありません。

交流戦の開催で一試合辺りで得られる経験値が増えたところで、その経験値を与えるべき選手のカードがなければ話にならない訳でいやはやどうしたものか…
 
これでもまだ同一選手同士の旧カード→新カードへの移行で1レベルダウンのペナルティーさえなければ大した問題ではないのですが、現状の仕様ではどうにも損だけが目立ちます。
って…そういう事を考えたらモチベーションを取り戻すどころか逆に下がってしまいそうですね。
 
一層の事、金にモノを言わせてお金でカードを揃えるのも辞さない構えではありますが数が数だけに2万円は下らないか…
ひとまず、今現在僕が手に入れたいカードのリストを紹介させてもらうと

GR・金本
SP・黒田
SP・赤星
SP・藤川
SP・荒木
SP・井端
新黒・ウィリアムス、久保田、鳥谷、矢野
 
…今の相場だと確実に3万円は超えますね(苦笑)

今回、GRに黒カードが存在しないのが一番つらいところですかね。
おかげで青木と岩瀬をチームに加えるのは諦めました(汗)
ただ、それでも金本は外せないのでどうしても手に入れたいんですよね…今だと15000円は下らないでしょうけど
 
とりあえず、交流戦前にこれだけは手に入れておきたいカードを絞ると「SP黒田、SP荒木、SP井端」の3枚にリリーフ不足による窮屈な継投を解消する為にも新黒のウィリアムスと久保田のどちらか一枚でも手に入れたいところですね。
それで、あとのカードは一旦諦めます。
今だとお金で買うにしても需要よりも圧倒的にカードの枚数が少ないので相場が凄いことになっていますからね…
とりあえず、今の段階ではBBHを繰り返しプレイする上で絶対的に必要な選手だけを手に入れて残りのカードは実際のプレイで手に入れたカードを使ってトレード…という感じですかね。
うん。これなら何とか交流戦を乗り切れるかもしれません。



阪神は7-2で勝ちました。

…と言っても残業して帰って来たらもう試合は決まっていたんですけどね。
4試合連続で先発が早いイニングに降板したのは及第点ですが、その分リリーフ投手が頑張っていますね。
特にダーウィンが意外な活躍を見せており、今は凄く助かっています。

打線はシーツと特に今岡が頑張ったみたいですね。
今岡はこの調子で交流戦を境に調子がよくなってくれると良いですね。
それで金本はまぁ…パの本拠地ではDHでの出場を打診されたりと事実上「記録の為に出場しているような状態」で色々と言われますけど僕はあえて言わせてもらいます。

これまでの金本の貢献度を考えたら例え27アウトのうち4つが自動アウト化になっても文句は言えない。

金本選手が「試合に出場し続ける」という姿勢を止めない限りは、いくら打たなくても僕は何も言いません。
金本選手が限界だと感じるその瞬間まで僕は温かく見守りたいと思います。

とりあえず、今日はロッテに日本シリーズの借りを少しだけ返せて良かったです。
この調子でこの対戦カードを3タテくらいする勢いで阪神の強さを改めてロッテを相手に見せてもらいたいですね。



-△-

現在のモチベーションは…正直ゼロに等しいです。 2006,5,8 この日記を編集 削除

本日、不覚にもまたBBHの夢を見てしまい今回の夢の中では一回のプレイ料金が240円でした。
 
…まあ、それはいいとしてこれはまた何かレアカードが引けそうな予感!?
 
それはともかく、BBHの夢を見たからには抗うのを止めて素直にプレイしに行くしかありません。
ホームの一つとするゲーセンが「日付通り新カードの排出を開始している」という保障はありませんが、これはもう都会のパワーに掛けるしかありません。
 
 
そんな訳で大阪府内某所のゲームセンターに到着
意外にも席が空いており、ひとまずプレイする前に新カードが排出されているか最も手っ取り早い方法としてゴミ箱の開封済みパックを確認…



はい。この店舗では間違いなく新カードが排出されているようです。

それとプレイ結果の前に確認事項を書かせてもらうと新カードが追加されてからも旧カードは引き続き使用可能でゲーム上でも旧カードと新カードの能力値はちゃんと区別されているみたいで一安心
あと、何気に僕は前回の成績が奈良県の27位だったみたいです。
…奈良県レベル低しw


第一試合目
いきなり先発の岩隈が打ち込まれ、すかさずサインで対応するものの内野後退のサインで内野の動きがスローモーションになる変な処理が掛かったのが影響してかこれが内野安打になるとそのあとタイムリーを打たれて1点を先制される。
 
試合は中盤、2死走者無しから相手投手・井川で打者は好調の関本を迎え左キラーの可能性に掛けて一つ思い切った指示をしてみる。
 
自分・引っ張り
相手・長打警戒
 
これで二塁打になるのだから、やっぱりスキルって大事
そのあと投手の打順で代打に同じく左投手に強いT.ウッズを送ったところ同点タイムリーを放ち采配をフル活用して1点をもぎ取る
 
同点で迎えた9回表
先頭打者の関本がヒットで出塁し、投手に打順がまわりましたがリリーフ事情が苦しい我がチームではこの場面で豊田に代打を出すわけにもいかず苦し紛れにミートMAXエンドランを仕掛けたところ、これが内野手の頭を越えるヒットとなり最終回に無死一、二塁という最高のチャンスを迎えるが赤星三振、荒木がゲッツー崩れの内野ゴロに倒れ、試合開始からずっと絶好調のカブレラに全てを託すがこれが機能せず3アウトチェンジ…
 
やはりカブレラは調子に関わらずVSオンリーにするべきだろうか。。。
 
勝ち越しのチャンスをものにできず9回裏は1アウト後にヒットを出たれ、タチが悪いことに代走・鈴木が出て来ました。
さらに相手は代打に清水を持ってきて、相手のサイン
こちらは一応、盗塁警戒
 
しかし、相手のサインは引っ張りでその結果、何故かこれが四球になってしまいサヨナラのランナーを二塁に進めてしまいます。
二塁ランナーは俊足の鈴木
SHINJOの肩をもってしても補殺は微妙な感じです。
 
と、その鈴木がかかんにも三盗を試みて判定はセーフ
タイミングはアウトっぽかったですが、このゲームはヘッドスライディングがセーフ・アウトの判定で明らかに有利に働くだけにそれを認めた上で諦めるしかありません。
そしてこうなったからなは定石通り敬遠で塁を埋めて「外野前進+内野前進+長打警戒」で何とか2アウトまでこぎつけます。
 
ちなみにこの時の投手はスタミナが切れた豊田から不調の久保田にスイッチしていました。
何故、この場面で不調の投手を使わなければならないかというと以前からの通りリリーフ投手のカードが無いからです。
 
そして最後は一か八か僕にしては珍しくこちらから守備時にVSを仕掛けたところ打球はショート関本の守備の穴をつくサヨナラヒットとなり敗戦…
最後のVSで選んだコースと言い、色んな意味でミスった試合です。
 
 
第二試合目
試合開始直後、野手のメモリを調整することに神経を使っていたら実は僕が後攻で先発の上原が相手の先頭打者・赤星に対してコントロールで投球を開始し始めていたのに気付いた頃にはもう手遅れ
 
パワーで押すべき相手にコントロールで攻めたら案の定、センター前に弾き返されました_| ̄|○
 
それから盗塁、進塁打で一死三塁のピンチ
この場面で打者を強烈な三塁ゴロに仕留めたと思ったら三塁ランナーがホームに突入しており、いくらなんでもこれはアウトだろうと胸を撫で下ろそうとした次の瞬間
何故か今岡はホームではなく一塁に送球し、その間に三塁ランナーが生還して1点を先制される。。。
 
ちょ、今さら言いたくもありませんが監督が「進塁阻止」の指示を出しているんだから、たとえセーフだったとしてもせめてホームに投げようよ…と
そんな感じで二試合連続で初回に実に嫌な感じで点を取られてしまいました。
 
しかし、取られた一点はカブレラのVSホームランですかさず取り返し同点に追い付く
 
試合は同点のまま、またしても9回表
相手のT.ウッズにツーランを喰らって2点を勝ち越される…VS
そのあと、こちらは先頭の小笠原にミート全開のチキン待ちでVSを仕掛けたところこれが見事に円の真ん中で捉えて意外な一発が出て一点差
そのあと、二死一、三塁まで攻め立てるがあと一本が出ずに2-3で敗戦


第三試合目
初回に2アウトを取った後、3番の福留にノーサインホームランを浴びて三試合連続で1点を先制される。
…今度ばかりは大丈夫だと思ったのに_| ̄|○

それで相手の先発は本日三試合連続で牽制持ちの投手
ここまで続けて足を封じられるとかなりしんどいんですけど…
機動力を封じられた自チームはチャンスらしいチャンスも作れず、盗塁を封じられたからには2番の繋がりが重要になる訳ですがその荒木が調子に関わらず大ブレーキだったりで、さらにここまで5割を保っていた4番の谷が急に打たなくなってしまい得点力が一気に低下
最終回、代打の松中がVSモードを的中させるも調子が不調だった事が災いしたのかスタンドまであと一歩足りず、しかもその松中は二塁はタッチアウトという弾けっぷり…
結果、この試合も0-1で敗戦


第四試合目
初回に今岡のタイムリーで今回はこちらが1点を先制し、さらにカブレラの第二打席ではVSホームランを叩き込んで2-0

中盤にこちらの中途半端な采配で相手に1点を返されてしまうものの、それでもまだこちらが1点リード

そして試合はまたまた8回裏の土壇場
相手にVSモードを的中され、小久保に逆転の2ランホームランを浴びる…

もういいや_| ̄|○

試合はその2ランが致命打となり2-3で敗戦
正直、こんなことを言うのはアレですが相手は通算でかなり負け越しており、それを証明するかのような試合中は采配のダメっぷりが躊躇に見られただけにそんな相手にまで負けた事にショックすら覚えました。

そんな訳で本日はここまで4連敗
しかも、それら全てが1点差負けでサヨナラ負け、最終回に勝ち越される拙攻負け、ノーサイン一発負け、駄監督に逆転2ランを浴びて負けるというBBHの中でも後味が悪いと思われる4パターンの負け方を一度に体験した次第です。
順番待ちがいなかったのでそのまま5試合目をプレイする事も可能でしたが、こんな負け方を4試合続けてすると流石にモチベーションが底を付くのも無理がないという話で今日は途中で見切りを付けて帰ることにしました。

あと、今日は関本をショートで使い続けまして打撃面ではそれなりに活躍してくれましたが、その関本に経験値が殆ど入っていないのはやはり例のメインポジションが関係しているのでしょうか…
如何せん、今日は荒木と谷と城島と新庄が打たなさ過ぎました。
逆に赤星はよくヒットを打ってくれたのですが、先に述べた通り今日は牽制持ちの投手のオンパレードだったので機動力が全く使えず

そもそも僕は試合に勝たないとBBHで楽しさを味わえない体質みたいで、そりゃ負けたとしてもいい試合をした時は楽しいと思いますが、とは言っても負けが重なって来るとそんな事を言う余裕がなくなって来るのも事実
ここ最近、Asを使ってBBHで勝ち越し始めただけに「勝って当然」悪くても「五分」が自分の中の最低基準になり始めていただけに今日の4戦4敗はどうにも軽く鬱の感情すら入ってます…

そして今、こういう試合結果によっては時折嫌な思いをさせられる部分があるゲームをこれからも続けるべきかという岐路にすら再び立たされている感じです。
僕はこういうマイナス面を含んだ遊びというのは苦手なんですよね…なんだかパチンコの勝った負けたに近いものを感じます(苦笑)
ただ、そこはまあゲームだと割り切るのが本来なんでしょうけど、どうも僕はそういう切り替えが下手なのでなかなか難しいです。

最後に新カードについて一言
とりあえず新SP今岡がミート+1、チャンスMAXってどういう事ですか?
チャンスMAXは予想していましたが、一昨年よりも打率が下がっているにも関わらず何故にミートが上がるのかと…
旧今岡のレベルを上げてミートを大きく上昇させる事に僕自身、楽しさを見出していましたが、このミート+1査定にはマジで萎えましたよ。
何ですか?この糞査定は。。。
しかも、絵柄が旧カードよりも格好良いから無視できねぇーーー(爆)

あと、松中が三冠王を取った一昨年のデータよりも今回の方が強くなっていたり、極め付けに広島・前田のミートが20ってどういう冗談なのかと…

松中でも小笠原でも嶋でもミート19止まりだったのに、何故に前田がデフォでミート20なの?
レベルアップ後とかならともかく…もう訳が分かりません。

試合で嫌な負け方を連発したり、新カードに不満があったりと…とにかく今日は色々とあり過ぎました。
これらを一旦、冷静に見直す為にも今の僕には時間が必要ですね。
ひとまず、現段階で交流戦開始までにモチベーションを取り戻せるかどうかは…ちょっとキツイかもしれませんが様子をみたいと思います。

画像は今日のプレイで手に入れた新カード2枚…で、2枚とも嶋(黒)でした(苦笑)
新カードと言えど劣化版のカードなんてトレードに使えないでしょうね…
ていうか、今回の追加で主力クラスに異常にSPが増えたので集めるのが大変でまた萎える…
あと、今日新パックで普通にSP磯部を引いたので旧SPも一緒に混ざってるっぽいです。




-△-

交流戦前最後の試合 2006,5,7 この日記を編集 削除

今日は大人しく一日中自宅で過ごしました。
…何が大人しくなのかは謎ですけど>ぇ

とりあえず、今日はウィズ アニバーサリィーをプレイしたり横浜-阪神戦をプレイボールからゲームセットまでテレビ中継でずっと観戦したりしました。
こういう過ごし方をするとゲーセンも「外に出る」という観点では決して不健全とは言えませんね。
まあ、何事もハマり過ぎるのは考え物ですけれど…



阪神は2-3で勝ちました。

横浜の先発は奈良は地弁学園出身の秦投手という事で個人的にはとてもやりづらい相手です。
まあ、あくまでも個人的の範疇に過ぎない訳ですけれど
阪神はその秦を初回から攻め立てるものの「あと一本」が出ずに無得点
対する阪神の先発・江草は制球に苦しみながらも何とか横浜打線を抑えていきます。

試合は4回表2死ランナー無しの場面で休養の矢野の代わりにマスクを被った浅井に一発が飛び出して阪神が1点を先制
阪神はいいイニングで点が入りましたね。

しかしその直後、先ほど先制ホームランを放った浅井のパスポールが絡んで内川にタイムリーを浴びてしまいすぐさま同点に追いつかれてしまいます。
…あのパスポールと失点でせっかくの一発もチャラになってしまいましたね。

そして、5回裏には一死満塁から村田に犠牲フライを打たれてしまい勝ち越しを許してしまいました…
この回を1点で切り抜けたのは幸いでもありましたが、それにしても江草はやたら浅井のサインに対して首を振ってその後の球種が「全てストレート」というのはいくらなんでもどうかと…
佐伯のヒット2本はそれを見透かしたストレート待ちで打たれた感がありますし、5回裏の内川も結果はセンターフライで抑えたものの一歩間違えたら愚かでしかないような投球スタイルだったかと思います。

6回裏は江草に代わって信用すら芽生えて来たダーウィンがきっちりと抑えて7回表に桧山の代打ソロホームランが出て試合は2-2の同点に

こうなるとお互いのリリーフ投手陣の事情を考えれば阪神が有利であって、ここ最近は結果を残している能見が7回裏を無失点で抑えれば8回には藤川が登板して横浜打線をシャットアウト!

すると横浜の9回表のマウンドには川村でも木塚でもなく昨日160km/hをマークしたクルーンが登板
まあ、川村と木塚は阪神戦でよく打たれていますし、クルーンはここ暫く登板する機会がなかったので是が非でもチームの勝ちを優先しなければならない今の横浜のチーム成績を考えれば当然の起用法だと言えるでしょう。

そのクルーンは鳥谷を自慢の速球で打ち取るものの、浅井にフェンス直撃の2ベースを打たれて一打勝ち越しの場面でスペンサーは…まぁ期待するまでもなく三振
打順はトップに戻って赤星に回りますが、クルーン相手に赤星ではやや分が悪いか…
初球のファールを見て、横浜の外野陣はさらに左へとシフト敷き確率の高い守備隊形を取りますが、今回に関しては明らかにこれが裏目に出ました。

赤星の打球はセンター右へ
通常の守備位置なら難なくセンターフライだった打球でしたが、予め左に寄っていた金城がこの打球に追いつけずにポトリ…
赤星の勝ち越しタイムリーで阪神がクルーンから虎の子の1点をもぎ取りました!

最後はこのリードを久保田がパーフェクトピッチングできっちりと抑えて阪神が勝利
少し運が阪神に味方したような今日の勝利でしたが交流戦前の最後の試合を勝利で飾れたのはこれから交流戦を戦う前に勢いの上で大きいですね。

ただ打線は相変わらず金本と今岡が一日にヒットを1本打つので精一杯なのが現状で、金本に関しては今日の試合でセフティーバントを試みるほど不完全な状態だったりと、それでも今のところは勝ちに結びつけられているからいいもののこの状態がいつまで続くのかという心配も当然持っています。
正直、この状態で交流戦を戦っていけるのかという不安の方が大きかったりしますが…4、5番が駄目でも他でカバーしてくれる事に期待します。

金本と今岡の怪我が早く治って調子を上げてくれれば一番良いんですけどね…



画像は某所より拾った新カードの画像
明日はいよいよBBHのバージョンアップと同時に新カードの排出解禁日ですね。
最も、店舗によっては在庫として残っている旧カードを全て出し切ってから新カードに切り替える店もあるみたいなので一概には言えないみたいですけれど…
ただ地方ならともかくBBH設置店舗が密集している場所ではゲームの稼働率に関わって来ることだけにその心配はなさそうですね。
かく言う僕は明日、プレイしに行くか現時点では流動的で何とも言えません。

現状は「新カードで絶対的に必要な選手(井端)をお金で購入して交流戦開始に備える」というプランなのですが、僕の身体がそれに従えるかどうか…
無論、新カードを引いてその新カードを元にトレードを持ちかけるケースもあり
というより、新カード排出直後はむしろそっちの方が盛んでしょうから金銭での入手が難しいようでしたら新カードのトレード要因を入手する為にプレイしに行く必要があるとも考えます。
旧カードを元に新カードをトレードしようと思ったらそれこそレート関係がどうなるか分からないですし、そもそも旧カードでトレードに使えそうなカードを僕自身あまり持っていないという事情もあるわけですが

何にせよ、せっかくの交流戦が始まる前に遊撃手をメインポジションに持つ井端は最優先で手に入れたいところです。
新カードの井端を手に入れた方は是非、こちらまでご一報をw



-△-

敗因は昨日にあり 2006,5,6 この日記を編集 削除

今日は出勤日だったので仕事に行って来ましたが周りは思いっきりGW真っ只中でした。
あんまり連休が続くと連休明けがしんどいですが、こういう中途半端なのも十分、しんどいですね。
 
 
それはそうと、会社のハワイ旅行ですが僕よりも一週間先に出発することになっていた同部署の人がGW中に子供が車に轢かれて足を骨折する大怪我をしたらしく、来週出発予定だったハワイ旅行をキャンセルすることにしたそうです。
…父親は大変ですね。 

そんな訳で大変、お気の毒なんですがこれで職場の人数が保たれてBBHの交流戦開催期間中に仕事が定時で帰れる可能性が増したのも事実
 
不謹慎ではありますが、実際そういう側面もあるにはあるんですよね。
 
 
それで今日は仕事帰りにBBHをプレイしに行こうか迷いまして、理屈から言えば新カードやらが追加される8日以降にプレイするのが筋というものですが、そもそも理屈で考えていたらプレイを続けていられないのがこのゲームです。
そこで、あえて僕もここでは理屈で考えるのを放棄して「自分の中で今日のデイゲームの横浜-阪神戦で阪神が勝ったらBBHをプレイしに行く」というルールを設けることにしました。
 
すると結果は…
 
 
阪神は4-1で負けました。
ということで、運命に従って今日は真っすぐ帰りました。
何気に昨日より今日の方が筋肉痛ですし(爆)


さて、例の如くスコアのみを参考に今日の試合は語らせてもらいますと阪神は初回に幸先良く1点を先制するも先発の安藤がその裏に2点を失いあっさり逆転…
安藤は5回にも1点を失ってこの日も先発が5回を投げ終えたところで早々と降板
そのあと、好調のダーウィンが2回を無失点で切り抜けるものの金沢が二試合続けての失点で横浜に追加点を許す

打線は赤星の5打席凡退を筆頭に金本、今岡は共に1安打と状態を考慮すればまずまずの結果ながらも、頼りの濱中が4打席凡退というのが痛いですね。
…最も、数試合前から調子が下降気味ではありましたが

鳥谷、矢野は良い状態をキープしているみたいですね。
ただ、せっかくのチャンスで代打・片岡はないでしょう…案の定、三振ですし
こういう場面でこそチャンスメーカーとしては使えないが勝負強い林威助を使うべきだったかなと
あと、スコアを見ると7回表・3-1無死一塁の場面でシーツの記録が犠打になっているんですけど、これは「シーツが自主的にセフティーバントを試みた結果」なんですかね?
2点差という事と後ろを打つ金本、今岡の状態を考えると分の悪い選択のような気がしますけれど…

まあ、今日の負けは昨日の試合をワンサイドゲームのまま勝てなかったところに原因がありましたね。
いわゆる「明日に繋がる野球」をやられたのが響いていたかなと…
もちろん、打たれた安藤も打てなかった野手にも責任がある訳ですけどやっぱりペナントレースはそういう流れも大きく影響して来ますからね。
ある意味、今日の負けは成るべくして成った必然の流れだったかなと思います。



-△-

二次元萌え再燃 2006,5,5 この日記を編集 削除

予想通り、今日は筋肉痛に見舞われています。
まあ、毎回痛くなる箇所が同じなので慣れたものですけど

それはそうと、今日は「経験点を無駄にしない為にショートには関本に守らせる」という例の前提でBBHをプレイしに行こうかなと思っていましたが、前日にリバーさんより貴重な情報を授かりまして、それが僕の思惑をものの見事に打ち砕くものだったので今日のプレイを取り止める事にしました。
その情報の詳細については後日、リバーさんが自身のブログにて書かれると思われるので僕からは差し控えさせてもらいますけどね。

そんな訳で今日はまた昼間からウィズ アニバーサリィーをプレイするという何とも不健全な過ごし方をしていました。
休日の過ごし方としては多少どうかなと感じるところですが、その部分を差し引けばいずれはプレイする事項だけに時間の使い方としては間違っていない…ハズです。

それで、今日はもう一人の萌えキャラとも言えるシャルルートをプレイしていた訳なんですがこれがまた惹かれますね。
立ちキャラの表情が豊富でその一つ一つがとてもグッドです。
基本性質としてはツンデレの分類に入るんでしょうけど、このキャラの場合は言動よりも表情による魅力の方が大きいですね。
改めて、司田カズヒロさんという原画さんは神

…密かに、この人が手掛けた過去作品もプレイしてみようと考えています(爆)
二次元萌えを公言している僕ですが、この人の絵はそれだけには留まりませんね。
オタクをやっていて良かったと思う…それに匹敵するくらいの魅力がこの人の絵にはあると思います。

これだから二次元萌えは止められません>ぇ



阪神は11-13で何とか勝ちました。

2回表無死一、二塁で打者は矢野の打順でエンドランを仕掛けてこれがサードへの高い打球となり二塁ランナーの濱中が一気に生還して阪神が1点を先制
そのあと、井川送りバントの場面でベバリンがボークで難なくランナーを二、三塁に進めて赤星、藤本、シーツの三連打でさらに3点を追加

…いい加減、横浜は序盤から内野に前進守備をさせるのは止めた方がいいと思うのですが。。。

3回表には矢野の2ランのあと、赤星、藤本、シーツにまた三連打が生まれて2得点
4回表には二打席連続となる矢野の3ランホームランが出て1-10
序場で早くも試合を決めました。

そんな訳で今日のこのまま井川に完投でもしてもらいたいところでしたが、2回に4点を取ってもらった直後に1点を失って続く投手に四球を与えて満塁のピンチを作ったり、4回にも1点を失ったりと井川の悪いところが出て来ましたがそれよりも問題は5回裏

あえて、言わせてもらいます。
この回の4失点、井川は悪くありません。

今岡が二回もポカをしなければこの回は無失点で切り抜けて調子が悪いながらも長いイニングを投げられた筈です。
今岡がポカさえしなければ井川は5回6失点ではなく2失点だった筈なのに…
井川の4失点を返せ_| ̄|○
今岡は最近、守備でも目立って足を引っ張ってくれますね。

結局、井川は5回を投げ終えたところで降板
一方的な展開だっただけにこの交代は誤算ですね…

しかし阪神は6回に矢野の三打席連続となるソロホームランが出て、さらに藤本のタイムリーで2点を追加しました。
矢野の三発目はポール際へのファールのあと、もう一度打ち直した感じの一発で矢野に関しては打撃の調子を取り戻したと言えますね。
…現状、金本が薬指を打撲してまともにバットが振れない状態で、加えて今岡が機能していない状態なだけに矢野の活躍は頼もしいですね。

6回からはダーウィンが登板しましたが、ここ数試合このダーウィンが良いんですよね。
今日も2回を完璧に抑える投球で6試合連続無失点投球!

しかし、阪神は三番手に登板した今季初登板の桟原が誤算で満塁のピンチを招くと佐伯に2点タイムリーを浴びて、代わった金沢が村田に3ランを浴びてしまい最大10点差あったのが今や2点差
ワンサイドゲームだと思われた今日の試合でしたが、この一発で雲域が怪しくなって来ましたね…
まあ、それでも阪神の勝利は揺るがないと確信はしていましたけれど

…って、久保田がいきなり連打を浴びて流石に余裕をかましてられなくなって来ました。
「この試合を落とす」とかありえないんですけど?
しかし、鶴岡がランナーを送れずにヒッティングに切り替えたのがダブルプレーとなったところで勝負あり!
最後はひやひやしながらも何とか勝てて良かったです。
…いや、本当に良かったです_| ̄|○

終わってみれば両チーム合わせて40安打が飛び交った乱打戦で先に取れるだけ点を取っておいて良かったですね。
…最も、相手が横浜でなければ負けてそうな試合でしたが(苦笑)

明日はデイゲームと仕事で試合は見れませんが、もう少し落ち着いた試合展開でお願いしたいですね。



-△-

草野球日和 2006,5,4 この日記を編集 削除

今日はかなり久しぶりに友達と草野球をやって来ました。
キャッチボール程度なら友達の家の前で何度かやっていましたが、投球&バットを振るのは本当に久しぶりの事です。

ひとまず、ブランクが長かったものの投球&打撃ともにいい感じでした。
投球は一発を浴びたもののストレートの制球がよく、スライダー(変化はカーブに近い)も織り交ぜて上手く使えたかと思います。

打撃はちょっとタイミングの取り方が甘かったんですが慣れるにつれて修正できました。
その中で今日、自分でも自画自賛したいのが打球を上手く左方向に持っていけたことでしょうか
僕は左打ちの引っ張り傾向で大抵の球は引っ張りに入りますが、今日一つ違ったところがあったと言えば開幕直後に横浜の村田選手が言った「反対方向に引っ張る」という発言を意識して打席に入ったこと
今まで打席の中で「流し打ちをする」とかはあまり考えた事がありませんでしたが、村田選手のこの言葉を聞いてそういう発想もあるんだなと考えを改めさせられて部分がありますね。
それで今日、及ばずながらそういう意識を持って打席に入ったところ上手く反対方向に打球を運ぶことができました。
それも流した割には飛距離もなかなかのものだったかなと
こういう打撃ができるようになれば、もっと打率を伸ばせそうな手応えを覚えましたね。

打撃結果そのものは終盤にタイミングの取り方を修正してから調子が上がって来て二打席連続ヒット
それで「さあ、これからだ」と思ったところで時間が来て終了。。。
せっかく調子が上がって来たというのに…
友達からは「調子が上がるのが遅い」とダメ出しをされましたが、確かに8打席目くらいから調子が上がっているようでは実際の野球では手遅れですからね(苦笑)

しかし、今日のプレイを振り返る上で最も取り上げるべき点は
投手フライの目測を誤って落球したこと_| ̄|○

ただの落球じゃなくて、目測を誤ったのがポイントです(苦笑)
風の所為にするにしても…少し苦しいかもしれません。
とまあ、今日の珍プレーでした。
って、プロだから「珍プレー」と呼べるのであって素人がやったらそれは単に僕が下手なだけですよね_| ̄|○

…投手ライナーなら捕れるのにw>ぇ



阪神は2-3×で勝ちました。

初回に今岡が先制の2点タイムリーツーベースを放ったかと思えば、その今岡は5回裏のチャンスでど真ん中の球を2球見逃して、最後は外のストレートを簡単に見逃すという開いた口が塞がらないような見逃し三振
7回裏のチャンスでも結果を出せずにライトフライ…

まだまだトンネルは続きそうです。

試合は初回に2点の援護をもらった杉山が素晴らしい投球で巨人打線を封じていき、去年の交流戦で王監督を唸らせた直球が今日は見られました。
しかし5回表に今岡のエラーと不運なポテンヒットでピンチを招くと上原にタイムリーを打たれてしまい、続く清水にも一塁線を破られてしまい同点
せっかく今日はストレートが走っているというのに矢野が要求して打たれた球は全て変化球…勿体無いです。

阪神は同点の場面で8回表から藤川を投入
今日の藤川の投球は完璧でしたね。

10回表からは久保田がマウンドに上がり、先頭打者にヒットを打たれながらも三者凡退
そして、その裏の攻撃の先頭打者は久保田
ロングリリーフを計算に入れた采配ですね。

と、その久保田がまさかまさかの四球を選んで出塁して、続けて阿部の捕球ミスでサヨナラのランナー久保田が二塁に進みましたよ。

二塁ベース上に投手がサヨナラのランナーとしているなんてそう滅多にありませんよねw

しかし、濱中がせめて進塁打くらい打って欲しい場面で捕手フライに倒れて鳥谷は三振…
一気に雲域が怪しくなって、むしろこの回で点が入らないようだとその後に流れが恐いという場面で矢野の打球は力なくサードへ

しかし、完全に打ち取られたかと思われた打球が三塁ベースに当たり、これがラッキーなヒットとなり阪神がサヨナラ勝ちを決めました。
普通のヒットなら久保田の足とポジションを考えれば無理はさせられない場面でしたが、打球がベースに当たって上手いところに転がったのがまた幸いしましたね。

サヨナラのホームを踏んだ投手なんて過去に何人いるやらw

完全なラッキーながら(二岡にサードを守らせていたのが災いした?)2勝1敗で何とか巨人戦に勝ち越すことができました。
しかし、近年このカードは阪神の優勢でしたが今年は苦戦を強いられそうな…そんな対戦になりそうですね。
今度、また交流戦明け後に巨人と戦うのが楽しみになりました。

さて、それはそうと昨日の4回の守備で打球を捕球した際に金本選手が指を痛めたようで今日はテーピングを巻いて試合に出場していました。
状態としては一昨日、死球を受けて翌日に片手でヒットを打った時のような状態に近いとかで…

う~ん、厳しい&心配ですね。。。



-△-

GW初日(G=ギャルゲー?) 2006,5,3 この日記を編集 削除

自分のプレイ速度の遅さを改めて感じつつ今日は昼間に起きてからウィズ アニバーサリィーのローラ先輩ルートの続きをプレイしていました。
それで、ようやくクリアし終えましたよ。
いや、この手のゲームにしてはやけに長かったですね。

それで、ローラ先輩ですがあくまでもゲームのシナリオ上の設定だとしても「中身の無い人形」というのは、二次元の出来事ながらなかなか堪えましたね(苦笑)

…普通におとぼけほんわか萌え路線で進めてくれればいいものの何でこんなことをするかなと_| ̄|○
だって、マジ萌えキャラだったんですよ!?
それなのに、この裏設定は…
おかげで大切なシーンがやや期待外れになった感がありますし>ぇ

しかし、まあシナリオ的にはそれなりに評価できるでしょうか?
もちろん、個人的な感情を省いた上での感想ではありますが、開始直後のテンポの悪い会話やテキストの極悪さに比べれば中盤以降のシナリオはなかなか楽しめました。
…もっとローラ先輩とのいちゃいちゃしたやり取りを見ておきたかったのもありましたが、ただ大切なシーンを含めてそれらを「ここ数日は」の一文で省略された時の葛藤と言ったらもうorz(壊)

僕 は そ こ を 詳 し く 知 り た い ん で す け ど

むしろ、それこそがこのゲームの購入動機の大半を占めていたりする訳ですが、ただこればかりは一ユーザーの力ではどうにもならないだけに仕方がありませんね…
一応、その辺りを踏まえてユーザーハガキはしっかりと送らせてもらうつもりですけどね(爆)

それで最後は「自身の人形」という形を作り出した生みの親とも言える作り手に逆らったローラが主人公を庇って逆境で主人公が隠された超パワーを発揮してこれを撃破
そのあと、大道のように言葉を言い残して消えていくローラ先輩…

が、これまた大道のようにEDでは消滅した筈のローラ先輩が何かの力が作用して復活し主人公と楽しげに話しています。
まあ、安易ながらハッピーエンドという形で終わってくれるのなら特に言うことはありませんが、どうも消化不良という感じが否めませんね。

…ていうか、あの豹変したローラ先輩はどこまでが本人の意思だったのか?
普段はどんなに時間がなくても低速での箒の飛行がデフォだったのが豹変した後は前設定を覆してどうやら高速で移動していたみたいでしたし…そもそも「精力を吸収する」という行為をローラ先輩は何故、行えたのか?
大体、小さい頃に嵐に巻き込まれて死んだローラ先輩を操り人形として蘇生させることとそれを作り手が野望の為に言う事を聞かせることには何の繋がりがあったのか?

う~ん、どうにも理解しにくい部分が残っていますね。
これらがクリア後の消化不良の原因でしょうか
僕の思惑に反して妙な方向にシナリオが進んで行って納得こそはできませんでしたが、とは言え一通り満足はさせてもらった感じでしょうか
何とも言い難いところではありますけれど、とりあえず妙な設定を除けばそんなに期待を裏切らない出来だったんじゃないかなと思います。

まあ、ともあれゲーム本編にどんな裏設定があったにせよ僕は変わらずローラ先輩萌えです。
萌えにも外見と内面の二つが存在するかと思いますが、ローラ先輩は間違いなくその可憐な容姿一つで僕が萌えるには十分なものを持っていますからね(爆)



阪神は0-2で負けました。
う~ん、巨人は本当に連敗をしませんね…

今日は先発の工藤が思ったより良かったですね。
というより、やけに力が入っていたように見受けられました。

試合は阪神2点のビハインドから6回に1死満塁のチャンスで今岡、濱中が共に凡退
…これで半分、負けが確定しましたね。

8回裏もチャンスの場面で金本が全力疾走で何とか併殺を免れた後に今岡が中身の無い打撃で簡単に凡退
そして試合は巨人に投手陣に3安打無得点に抑えられて敗北

いくらなんでも3安打って…
とは言え完全に抑えられたという訳でもなく、要所では四球を選んでチャンスを作っただけに勿体無かったです。
主軸が振るわない今のままではなかなか厳しいですね。

今日の戦犯は間違いなく今岡
特に6回の1死満塁で三球目の釣り球に手を出して三振した時はガッカリでしたよ。
そろそろ今岡には目覚めてもらわないと困る訳なんですが…ここに来てまた状態が悪くなっているような。。。

そこで、そろそろ今岡と濱中の打順を入れ替えてみるのはどうかなと思います。
打順を変える事により「今岡に楽に打ってもらおう」という狙いもありますが、何より今のままでは相手チームにカモにされるだけですからね…
調子の悪い今岡を5番で使い続けると金本にも悪影響が出て来ますし、ここは応急処置的に打順を動かしてみるのもいいのではないかなと考えます。
まあ、もう少し様子を見てからでもいいんですけどね。

3点差は投手のせい
2点差は野手のせい
1点差は監督のせい

それらを受けて明日は打線に頑張ってもらいたいと思います。
どちらにせよ、明日は上原-杉山の投げ合いが予想されているので元々、打線が頑張ってくれない事には勝機は薄いんですけどね(苦笑)



-△-

萌えの病 2006,5,2 この日記を編集 削除

今日、仕事中に電話が掛かって来たので取ってみたところ、いきなり博多明太子の売り込みをされました…
 
ここは一般家庭じゃなくて会社ですよ?
最初にそう名乗ったでしょう。
それに「明太子は好きですか?」って、そりゃ明太子は好きですけど、とは言えいざ聞かれてみると「特別、口に出すほど好きか」と自問するとその基準に達しているかはまた微妙だったりして、とにかく激しく場違いな電話でした…
 
 
 
阪神は4-5×で勝ちました。

先発のオクスプリングはボール先行でフォアボールを出しながらも何とか4回まで無失点で切り抜けて、その間にシーツにソロホームランが出て1点を先制するがその直後にボール先行でフォアボール連発するというイライラの溜まる本人の言う通り最低のピッチングで阿部には押し出し四球を出してしまい同点

最悪にリズムの悪いピッチングで続く打者の矢野の打球は三遊間へ
打った瞬間、サードゴロだと判断したその打球はレフトへと抜けていく2点タイムリーとなり巨人が二点を勝ち越し…

ちょ、今岡はどこ守ってるの_| ̄|○

さらに、代わった能見が清水にもタイムリーを打たれて3点差
次の打順は投手なんだからせめて藤本はあの打球は飛びついて内野で止めてくれと…orz 

非常に内容の悪い形で逆転を許してしまい、流石に今日は応援する気が失せました。
ただ、それでも試合を見続けていた6回裏の阪神の攻撃
阪神がこの劣勢を跳ね除けるのならば「この回に何点とれるか」というのがこの試合のポイントだと睨んでいたところで相手のミスも重なって金本、今岡で1点差となり、さらに濱中の打球がラッキーな二塁打となりその濱中をしっかりヒットでホームに還した鳥谷の一打は非常に大きかったですね。
これで試合は4-4の振り出しに戻り、試合は終盤戦へ

8回はお互いにチャンスを生かせず迎えた9回表
阪神は藤川から久保田にスイッチ
久保田はこのまま3イニング投げざる得ないでしょうから、阪神としてはできるだけ早うちに試合を決めなければ徐々に敗戦の可能性が高くなります。
その久保田は、まず9回表を3人で完璧に抑えました。

9回裏の三振の攻撃は代打スペンサー三振のあと、期待の掛かった赤星が打ち取られてしまい簡単に2アウト
ここで2番の藤本の打順で代打は守備面を考慮すればあえて出さなくてもいいような代打・関本

…かなと思いましたが、その関本がセンター方向に叩き込んだぁーーー(驚)

関本のサヨナラホームランで阪神が今季初のサヨナラ勝ちを決めチームはこれで3連勝!
前回の巨人戦では延長で勝ち越しタイムリーを放つものの李スンヨプのサヨナラ2ランで幻となりましたが、今日は文句なしにヒーローですね。
そろそろお風呂に行く頃合を見計らっていて時の出来事であまり真剣にラジオに耳を向けていなかったらコレですよw
個人的に今日は5回の時点で負け試合だと思っていただけに、この逆転勝ちは大きいですね。
明日もこの調子でよろしくお願いします。
 


さて、それで今日は仕事帰りにBBHをやっていくつもりでしたが、あのあとプレイしたウィズ アニバーサリィーが思いがけない展開に進展しまして、シナリオではなくこの先、ローラ先輩がゲーム上でどういう扱われ方をするのかが気になって仕方がなかったので予定を変更してそのまま真っすぐ帰ることにしました。
 
…今まさに萌えが娯楽に打ち勝った瞬間です(爆)
 
ひとまず、現時点で言えることは、あんなのは僕がマジ萌えしたローラ先輩じゃねぇーーーと
 
ていうか、何の複線もなく本当にいきなりでした…

シナリオに力を入れて趣向を凝らすのも結構ですが、こっちは純粋に萌えを感じているだけにそれを損ねるような真似はしてもらいたくないですね…
どうせなら他にもっとあるでしょうに

とりあえず、今のこの展開に不満と嫌悪感すら抱きつつ、真っすぐ帰ったからにはこれからさらにどういう方向に進んで行くのか今日は徹夜も視野に入れて最後まで見届けたいと思います。



-△-

BBHの正しいプレイ姿勢 2006,5,1 この日記を編集 削除

今日は今年度の体制報告会という事で奈良の本社に集まり、社長の話なんかを聞いていた訳なんですが、その終了間際に社長の口から売り上げ好調につき全従業員への臨時金一封支給との神発言キターーーーー


…という事で臨時収入としてBBH200試合分の金銭を頂戴しました。
これで僕のBBHライフはしばらくは安泰ですねw

ただ、それとは別に一つ少々問題が発生しました…
BBHの交流戦が5/12~5/21の間に行なわれますが、その開催時期と会社のハワイ旅行の日程が見事に重なっております_| ̄|○

交流戦では1プレイで通常よりも多くの経験値を得ることができ、またDH枠が使えることからいつもより一人多く選手に活躍&経験値獲得の機会が与えられます。
あとは、まあ純粋にゲームとして楽しみだなと

そんな多くの魅力を含んだ交流戦を思い存分プレイするのが難しくなりました。
幸い、僕を含んだ第二班目のグループの出発日が4/21で直撃は免れたものの、その前の第一班には僕と同じ部署の人が行くことになっているので「その間、仕事の人手が減る」→「仕事が遅れて残業の可能性が高くなる」→「仕事帰りにBBHをやりにいけない」という構図が出来上がる訳で交流戦が始まってもなかなかプレイしに行けないという状況になりそうです。

…いやぁ、タイミングが悪いですね。
頑張って休日にやりに行きましょうかね?
でも、交流戦開始と新カード追加が重なって何をかつ休日ともなれば未だかつてないほど混雑してそうなんですよね…
この際、開店直後を狙って行くべきかな。。。

 
それはそうと、明日から休みの筈でしたが明日は休日出勤になりました_| ̄|○
不意に「時間の掛かる仕事が溜まってるな」と言ったと思ったら「明日は何か予定とかあるん?」と尋ねて来たものなので「もしや」と思いましたが、正直に予定が無いことを告げた瞬間に明日の休日出勤のフラグが立ちました(苦笑)
 
それで、まあ折角の休みを一日削ってまで大阪に仕事をしに行ってただ帰るのもに何なので明日は仕事帰りにBBHをやって来ようと思います。
ただそれに伴い、まだベストメンバーではないので一部の経験値が無駄になるという難点がありますが、それを解消する為に明日は一日中ショート関本の危険プレイに撤しようかと思います(爆)
 
…あと監督たるものむやみに動かず、常に試合全体を見るの精神で明日は椅子に座らないで立ちながら采配しようかなと考えています。
リアルでも監督は試合中に立っていることが多いですからねw
(監督にも寄りますけど)
 
って、そんな周りから奇人扱いされそうなプレイ姿勢は、やっぱり自分の方から遠慮させてもらいますよ。
スポンサーサイト
プロフィール

ナックル最強説

Author:ナックル最強説
サイト管理人・パワ・思・考
阪神ファンで萌え豚でゲーマー
パワプロ、BBHを経て現在は未曾有の野球ゲーム難民
「・・・監督プレイがしたいです」
幸福はそれを享受するための感性を磨くことに至る
そして今日という日は残りの人生の最初の一日だった

週末更新を予定していますが体調によっては不定期です。
なお、連絡はこちらのメールフォームからお願いします

【殿堂入り】
河合アメリの存在が自身の次元を凌駕する

世界と世界の真ん中で 2014年1月31日発売予定!







【注目タイトル】
『縁りて此の葉は紅に』2018年1月26日発売予定!

【アオイトリ】応援バナー

さくら

【ロスト・エコーズ】情報ページ公開中!


Princess Evangile W Happiness応援中!

夏空のペルセウス

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

powered by プロ野球Freak

powered by プロ野球Freak



最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード