AX 日想~持論を展開する~ 2006年03月

2006/03 過去ログ

セ・リーグ開幕戦~阪神連覇へのフラグは立った!?~ 2006,3,31 この日記を編集 削除

まず、試合がはじまる前に確認しておきましょう。
開幕戦を井川で負ければ阪神は今年も優勝できる!?

02年→開幕戦○→4位
03年→開幕戦●→優勝
04年→開幕戦○→4位
05年→開幕戦●→優勝


これジンクスね。
まあ、自分で意識しているだけで世間一般ではあまり知られていないマイナーなジンクスなんですけどね(苦笑)



さて、今日は事前に定時に帰らせてもらえるよう上司に言っておいた甲斐あってスムーズに定時で帰ることができました。
一直線に帰宅して、試合開始より遅れること約30分

自宅のテレビをつける。


……


阪神戦やってねぇーーー_| ̄|○

どうやら阪神戦は7時からのようです。


仕方がないのでヤクルト-阪神戦の中継が始まるまでの間、巨人-横浜戦を観戦しようとチャンネルを変えたところ2番の小坂がちょうど投手返しのヒットを放ったところでした。
巨人はこのあと三浦を攻めたてて初回にいきなり4得点
その中でも亀井は非常に良い働きをしましたね。

ただ、その中で一つ言わせてもらうと横浜は初回から内野前進守備をするべきではなかったかと…


試合経過で井川がラミレスにソロホームランを浴びたことを確認
しかも、そのあとのラロッカには四球を出した模様…


時刻が7時となりヤクルト-阪神戦のテレビ中継が始まりました。
3回・ヤ3-0神ですか…

既に3四球に3失点って、井川は今年も相変わらずみたいですね。。。
ワンバウンドのボールが多く、見ていて凄く不安にさせられる投球内容です。


阪神戦の合間に巨人-横浜戦にチャンネルを変えると今度は高橋由が2ランホームランを放ち、また次にチャンネルを変えた時には李スンヨプにもホームランが出て7-2

あれ?なんで巨人がこんなに強いんですか(爆)
…もう少し苦労すると思っていたんですけどね。

それに比べて阪神は何ともちぐはぐした感じですね。。。
ただ、その中で藤本の活躍には勇気づけられます。

その藤本が6回表に今日3本目のヒットでノーアウトからの出塁
そのあと3番のシーツが甘い球を何度かファールで打ち損じたいあとにレフトに運ぶヒットを放ち、一塁ランナーの藤本が一気に三塁へ
って、シーツ!お前は無理して二塁まで行かなくて良いんだよ_| ̄|○

この状況でタッチアウトって最悪でしょう。。。

4番はまだまだ本調子には程遠いと解説に連呼されまくる金本
たしかに本来の金本のスイングではありませんね…キャッチャーフライあえなく

ここで嫌な感じになりましたが、しかし今岡の得点圏でに勝負強さは今年も健在でした。
さすがは今岡というバッティングでライトに運ぶ2ランホームラン!
3-2として1点差
この回のあらゆるミスを今岡のホームランで救われたという感じですね。

さあ、1点差に追いついてもらった次のイニングは井川にとってもチームにとっても大事な1イニングとなります。
去年の井川は味方に点を取ってもらった後のイニングですぐに点を取られるというまさに嫌がらせのような点の取られ方を繰り返していましたからね。

…て、言っていた矢先にあっさりとヤクルトに1点を返されてしまいました。
もうこの際、パワプロのマイナス能力にしてみても良いんじゃないですかね?


古田選手兼任監督は、ボールが真ん中に集まりだした石川に素早く見切りを付けて7回から2番手の木田にスイッチ
古田の継投に間違いはないでしょうね…

ていうか、実際に自分で投手の球を受けつつ投手の限界を自分の目で計って投手交代のタイミングを自分で決めれるのって試合を通して改めて考えてみるとかなり強力というか半分、反則っぽいなと(爆)
まあ、予め分かっていた事ではありますけどね。

しかし、2番手の木田はコントロールこそアバウトですが球速があり、何より落差のあるあのフォークは相当厄介ですね。
これは今シーズンを通して苦しめられそうです。

結局、阪神は開幕戦を4-3でヤクルトに敗戦
今日はどうもイマイチな戦い方でしたね…明日以降に期待したいと思います。


でもまあ、ひとまず開幕戦で井川に黒星がついた事により今年も阪神に優勝へのフラグが立ったというものですよw(爆)>ぇ
なので「ジンクス」から言えばあまり悲観する事はありません。
まあ、チームの状態が芳しくない事には間違いないんですけどね(苦笑)
とりあえず、ヤクルトには開幕3カードで1回勝てれば良いかなと思います。
それにしても、古田ヤクルトは僕の予想以上に恐い存在になるかもしれません。

あと、巨人ですが今日は良い野球をやっていましたね。
こんな野球を続ければ巨人は良いところまで行くのではないでしょうか?


さて、パ・リーグは楽天が開幕から5連敗で今日ようやく今シーズン初勝利ですね。
それにしても、楽天打線がチャンスで打てないのは野村監督がボヤくのがいけないと思うのは気の所為ですかね?
今日の10得点は、昨日の試合終了後にボヤくのではなく開き直ったコメントをしたのが良かったのかなとw
まあ、楽天には頑張ってもらいましょう。

最後にパ・リーグの投手は清原に四球を与え過ぎだと思うのですが、やはり意識してしまうんですかね?
あと、清原は頑張っていますが中村ノリがイマイチですね…

まあ、こちらも頑張ってもらいましょう。



-△-

06年セ・リーグ順位予想 2006,3,30 この日記を編集 削除

会社の昼休みに愛知啓成-PL学園戦を見ていたのですが、PL学園の投手・田中くんの投球間隔が「まるで野球ゲームじゃないか」と思うくらいに早かったですね。
 
いつもの感覚で投手が一球投げ終わった後によそ見をしていたら、もう次の投球がキャッチャーのミットに収まっていましたよw
 
これがパームボーラーさんがおっしゃていたテンポ良いの投球(試合)なんだなと思いつつ、これはこれで画面から視線を外すタイミングがなくて大変でした(苦笑)



何でも今度は史上最高5億6915万5297円のキャリーオーバー中という事で仕事帰りにロト6を買って来ました。
残り時間わずかという事で宝くじの売り場の前では大勢の人が一生懸命に数字を塗りつぶしていましたが、そんな光景を尻目に僕はいつも通りクイックピックを塗りつぶしてさっさと宝くじを購入しました。
いや、もう何度も言うようですがそんな一生懸命に数字を塗りつぶしたところで結局、当選確率は変わりませんからと言ってやりたかったですね。

…そして、そんな僕は1年半ものあいだ当選から遠ざかっています_| ̄|○



さて、明日セ・リーグが開幕する事を受けて恒例の順位予想をさせてもらいたいと思います。
…ただ、今年のセ・リーグは予想が難しいんですよね
それでも、一応やるだけはやらせてもらいます。

 
1位・中日ドラゴンズ
 
オープン戦1位の中日
今年も安定した戦いをして来ると思う反面、優勝する為に必要な決め手になるようなものが足りないような気がします。
 
しかし、3年目の落合監督が率いるドラゴンズは侮れません。
その辺りをどう補って来るのか?落合監督の手腕にも注目したいと思います。
 
何だかんだ言って、今年一番チームの状態が良いのが中日じゃないですかね?
今年は再び中日が来そうな予感がします。
 

2位・阪神タイガース
 
去年は主に金本や今岡、JFKの活躍でリーグ優勝を果たした阪神ですが、決して100%の戦いができたとは言えません。
 
先発陣ももっと力が出せると思いますし、打線の方も去年は事実上6番と8番があまり機能していなかった状態なので、それらを改善すれば今年は去年よりもさらに強いチームになれる可能性を持ち合わせていると思います。
 
しかし、現状でチーム状態はあまり良くありません。
ウィリアムスが前半戦絶望なのを始め先発、リリーフ陣ともにイマイチ調子が上がって来ていません。
特に藤川、久保田らWBC組の調整不足が深刻で藤川に関しては二段モーション対策でせっかくキャンプで作り上げたフォームが崩れてしまっているという状態
 
去年の必勝リレーがぶっつけ本番的な中で打線がどこまでチームを引っ張れるか?
また、今年も必勝リレーは健在なのか?
 
少なくとも現状ではとても優勝できるような感じではありませんね。
 

3位・東京ヤクルトスワローズ

去年は開幕戦で石川を投げさせなればいけなかったほど先発投手陣が手薄だったヤクルトも藤井秀悟の復帰に石井一久の加入などにより先発陣が整っています。
また、石井弘が残留した事により後半の試合運びも安心して任せられますね。

打線についても去年の首位打者・青木に3番・岩村、4番・ラミレスと実績のある打者に加えて広島からラロッカが加入した事により、このさらに強力になった打線は要注意です。
 
ただ、古田の衰退が無視できず古田選手兼任監督は8番での出場、もしくは若手捕手を積極的に起用して若手捕手が活躍すれば自分はあまり試合には出場しないとの考えを示しているだけに、これが投手陣、チームにどのような影響を与えるのかが気掛かりとなります。

戦力的には申し分ないものになったもののオープン戦では不調だったりで実際にどう転ぶか不安定な部分があるのは否ませない感じがします。
僕に言わせれば、優勝も最下位もありえる…それが今年のヤクルトですね。


4位・広島東洋カープ

元々打撃が良いチームで投手陣にも安定感が見られるようになったように思います。
去年は黒田が最多勝を獲得し、新井がホームラン王を獲得して、前田も全試合に出場して素晴らしい成績を残すなど選手のレベルは確実に上がっています。
 
大きなトラブルさえなければ今年はブラウン新監督の元、良いところまで行くのではないかと予想します。


5位・横浜ベイスターズ

「今年の横浜は良いところまで行きそう」だと去年の段階では思っていたものの二段フォームの禁止や他球団の補強により僕の中でその期待感に影が差したという感じです。

個別で心配なのは投球フォーム規制による三浦、クルーンの影響
特にクルーンは去年、剛速球を武器に活躍したものの今年は打たれそうな気がしてなりません。

戦力的に他球団よりやや見劣りし、個別でもやや心配なところがあるだけに今年はこの位置にさせてもらいました。


6位・読売ジャイアンツ

今年は投手陣を補強して弱点をある程度は補ったものの「出て行った分を補強した」という域を脱しないような気がしますね。

改めて戦力分析をしてみるとあまり決め手になるようなものもなく、むしろ補強した投手陣もあまり状態が良いとは言えず、特に打線が去年よりも弱くなっているのが気掛かりです。
今の戦力では一年で結果を出すのは難しいでしょう。


とまあ、ひとまず僕なりの順位予想をしてみましたが今年はどこのチームも状態が悪いながらでの争いになりシーズン中は順位が激しく移り変わるのではないかと見ています。
その中でも、今年優勝の可能性があるのが中日、阪神、ヤクルトの3チームではないかなと考えています。
本当、3チーム共いかにチームの状態を良い状態に保っておけるかでしょうね…
その観点から言うと中日が一番、優勝に近いわけですけど

ていうか、僕自身WBCで日本が世界一に輝いた事により現状で「何が何でも阪神に優勝して欲しい」という感じでもないんですよね…>ぇ
何かもうシーズンが始まる前からWBCの世界一で満たされて満足してしまっている感があるんですよね。

これは明日シーズンの開幕を控えているだけにマズイです。
早く阪神ファンの血を思い出さなくてはいけませんねw



かしましの最終回を見ましたけれど、最後は宇宙仁が上手くまとめていたって感じですかね。
文明が発達して人間が他者への興味を失ったという話で大体の事が綺麗にまとめられてましたね。
あと、やす菜の男性の顔を識別できない症状って医者と家族公認だったんですね…
てっきりはずむ以外は誰にも言って話していないのかと思いましたけれど

しかし、いい加減、恋愛の三角関係とかも飽き飽きして来ましたね。
それでもまた求めてしまうのがオタクの悲しい性なのですが…(苦笑)

ひとまずアニメの最終回を終えて、はずむを男→女にする必要が本当にあったのかが疑われます。
女同士だったからこそこの作品が成り立っているのだとは思いますけれど…同姓愛を普通に容認してしまっている3人が異様と言えば異様ですね。
ちなみに、そんな僕は最後までやす菜派でしたw



今日になって、いきなりBBHがバージョアップされましたがそれにより種類の違うカードで再登録する場合、従来のように選手レベルがリセットされずに現在の選手レベル-1の初期状態で引き継ぎができるようになったのは嬉しい改善ですね。
…今のところ僕にはあまり関係ありませんけれど

あと、先発投手とリリーフ投手の体力回復が見直された事でこれから先発投手をリリーフで登板させるプレイヤーも減ることでしょう。
これも嬉しい改善ですね。

しかし、ユーザーに優しい改善ばかりではなく対戦相手とのチーム戦力差、監督ランク差に応じたポイント補正が新たに追加され今まで以上に高ランクを維持するのが困難になったようです。
僕自身、これに似たシステムをネットで遊戯王カードの対戦ができるツールをやっていた頃に経験済みなんですが上段者が下の段の人間に負けるとポイントが大きく下がってしまうんですよね…
最も、遊戯王カードはネット上でも強かった方なので僕には「いい刺激」って感じでしたけどねw
今回追加されたBBHのシステムもこれと似たようなものです。

それでまあ、僕はBBHをプレイする上で戦歴は気にしても階級とか全くと言っていいほど気にしていないので自分のポイントが上がろうが下がろうが知った事じゃないのでこの追加はどっちでも良いです。

とりあえず、新バージョンをプレイした方の書き込みを見る限りでは「PH持ちの選手がホームランをよく打つようになった」「盗塁が成功しにくくなった」という意見が目立ちました。

まだ、実際に自分でもプレイしてみない事には何とも言えませんが、PH持ちが有利になったのならまた自チームを考え直さないといけませんね…
盗塁が成功しにくくなったという件に関しては、それでも体感で成功率が40%を上回っているようならどんどん走りますよw
40%の確率でヒットは出ませんからね。

とまあ、そんな感じでバージョンが変更されたと聞いてまた少しBBHをやりたくなりましたが、今はまだ控えたいと思います。
明日はセ・リーグ開幕戦なので寄り道して帰るわけにも行きませんしねw

あと、新カードの追加はあくまでも噂の域を出ませんがそれでも4月初句という話が有力っぽいです。



-△-

自チームの方向修正案 2006,3,29 この日記を編集 削除

BBHにて、自チームの完成型を改めて考えてみたところ以前メッセでリバーさんに指摘された通り登録人数の関係で必勝軍団を構築しつつ純正を保つチーム作りが困難であるという結論に達しました。
 
対戦相手が純正チームだった場合、それに応じて初回から純正阪神にメンバーを入れ替えて純正同士で対戦するという機転を利かせたプレイスタイルを理想にはしていたんですけどね…
 
ひとまず、投手陣を10人と定めると野手は15人まで登録可能な事になります。
それで各ポジションごとに登録する選手の内訳を以下のようにすると…
 
【捕手】
城島、矢野

【一塁手】
カブレラ、松中、シーツ

【二塁手】
荒木、関本、ラロッカor西岡?(新カードの能力値次第)

【三塁手】
今岡、小笠原

【遊撃手】
井端、川崎、鳥谷

【外野手】
赤星、金本、SHINJO、アレックス、桧山

計・18人…

どうしても、野手が登録可能な15人以内に収まらないんですよね。。。
松中や小笠原と言った控え選手を外して選手枠を空ければ純正も何とか収まるのですが、そうすると今度は必勝軍団の方が調子による選手の入れ替えができなくなり一応、メインで考えている必勝軍団の方が手薄になってしまうんですよね。
 
かと、言って先発6人、敗戦処理1人、リリーフ3人の組み合わせを崩すわけにもいかず、それでもあえて削るなら再手術で開幕から大きく出遅れる事になったウィリアムスをメンバーから外す暴挙に出るくらいですかね(爆)
 
‥まあ、それをしてしまうと左のリリーフがいなくなってしまうので遠慮させてもらいたいところですけど(苦笑)
 
う~ん、それにしても必勝軍団のメンバーをできるだけ阪神勢で固めればどうにか収まると思っていましたが現実は厳しいですね。
 
だからと言って、ライセンスを2つ作る気もないのでこうなれば徹底的に必勝軍団のメンバーを構築していきましょうかね…
ちなみに「必勝軍団」とは僕が勝手に名付けたもので単なるスター軍団よりも遥かにタチが悪いと思われます(苦笑)>ぉぃ
 
戦術は今現在、色々と考えていますが一言でいうと昨日お話した通りゲーム的に勝てる野球をするって事ですね。
まあ、流石に先発、リリーフの区別は付けていくつもりですけどね。
ある一選手を除いては…
 

それはそうと、リバーさんがBBHのカード(純正横浜25枚)を盗難に遭ったそうで…
いてまえさんも以前、カードを置き忘れてカードを紛失するという事態に遭っただけに、とにかくこのゲームで一番注意しなければいけないのがカードの紛失、盗難ですね。

幸い、ライセンスと他のカードが無事だったのは不幸中の幸いと言ったところでしょうか
しかし、気をつけないといけませんね。

遠足と同じでBBHはカードを持って帰るまでがプレイです。

僕もプレイ後のカードの管理には十分、気をつけたいと思います。



CLANNADは昨日でサブシナリオを2つクリアするつもりでしたが、結局1つもクリアできませんでした(苦笑)

ノルマをクリアしても期限までに全クリアできるか怪しかったのが、そのノルマすらクリアできないようだったらもう絶望的ですね_| ̄|○


今秋に放送される再アニメ化Kanonは全24話で全員のルートを完結させるんだとか…
ただ、今さら同じストーリーを放送されるのも微妙な感じなので、どうせならドラマCDの水瀬さんちをアニメ化してもらいたかったですね。
これだと凄く夢が広がるんですけどw

以上、鍵っ子の戯言でした。



-△-

ゲーム的に有効な戦い方 2006,3,28 この日記を編集 削除

ナックル最強説は人称代名詞に「僕」を使っていますが、ある記事によると強さを見せたいのなら「俺」品格を保ちたいのなら「僕」が良いそうです。
最も、僕という人称代名詞は謙遜する時にも使うので一概にそうだとは言い切れない部分があると思いますけどね。
 
さて、CLANNADは昨日で予定通り智代ルートをクリアし終えました。
しかし、クリア後に無性に智代アフターをプレイしたいという要求に駆られ智代アフターをプレイしていたら他のシナリオを進める時間がなくなってしまいました_| ̄|○
…改めて、智代ルート+智代アフターのコンボは強烈です。
 
今日はノルマとしてサブシナリオを2つくらいクリアしたいと思います。
最も、このペースで間に合うのか激しく怪しいところなんですけど(苦笑)
 
 
清水直は今日も連絡なし
レート的には僕がトレードに出している岩隈(黒)、SHINJO(黒)よりやや劣るくらいだと思うんですけどね。
綺羅がない分、枚数的に出回っている数が少ないのが原因ですかね…
 
それと今日になって清水直だけでなく荒木とラロッカも欲しくなって来ました。
二選手とも新カード追加での能力アップは期待できないでしょうから、手に入れるなら今ですね。
 
それはそうと自分なりに色々と考えて、とりあえずしばらくは野球的ではなくゲーム的に勝てるオーダーを組んでみようかなと模索しています。
家庭用ゲームならまだしもこういうゲームで負けが重なるのはやっぱり嫌なものですからね…
 
具体的な構想としては1番・谷(→出塁で代走・赤星)2番・今岡(新カード追加で井端になる可能性あり)3番・カブレラと言った感じで谷が一塁に出ればすかさず赤星と交代して盗塁
そして、2番の今岡にまわって来るスタイルで一番が出塁すればほぼ100%二塁に盗塁をするので必然的に2番打者がランナー二塁の場面で打席に立つ機会が最も多くなると言えます。
そのことを睨んで、実際の野球では反セオリーな事でもBBHの中ではセオリーとすら言えるチャンスに強い打者、今岡をここに持って来ます。
 
そこで最悪でも二番が進塁打を打つような指示をして、1死三塁の場面を作るようにします。
そして、このゲームで最も外野フライを打つのに長けている打者、カブレラに打順が回るようにカブレラを3番に起用します。
 
とまあ、これはまだ構想の一部であまりこういう事は言いたくないんですけど大体これがゲーム的に有効な采配じゃないかなと
変な話、こういう戦い方でも一応個性は出ていると思いますし、このゲームに野球の采配が通じないとは言いませんが周りと同じことをやっていたら僕の場合、よくて五分五分くらいの結果しか残らないと思うので、それよりかは自分なりに理想となる戦い方を追求してより多くの勝ちを狙っていきたいかなと思います。
 
最も、これが野球ゲームである以上、他のゲームのように無作為に強くなる事を追求し続ければ結果、批判されるのも事実だと思います。
ただ、ゲーム的に有効だと思われる采配があるのならそれも自分なりにどんどん試してみたいんですよね。
それに純正が相手の場合は初回からメンバーを入れ替えてこちらも純正阪神で挑もうかなと考えていますw
 
そんな感じで一応相手を見て自分の中でルールを作ってやっていくつもりではありますよ。
まあ、僕が構想している采配がどこまで通用するのかはまだ未知数なんですけどね(苦笑)

全ては新カードが追加されてから試してみたいと思います。



-△-

残り9日でラストスパートを駆ける 2006,3,27 この日記を編集 削除

今日、僕が新聞に乗りました。
 
 
…載る違いなんですけどね
 
さて、そんな感じで冒頭からつまらないギャグを言わないといけないくらい今日はネタがありません(苦笑)
 
とりあえず、CLANNADの話でもさせてもらうと昨日は引き続き智代ルートをプレイしていたのですが途中で明らかにボイスの声質が変わっている箇所がありました。
 
これについては色々な可能性が考えられるところですが恐らく、ここで一旦休憩に入ったのかその日の収録がそこまでだったかのどちらかだと推測します。
…まあ、些細な事なんですが少し気になったもので
 
それはそうと、僕が二週間かけてようやくクリアしたことみルートを幸福さんはわずか二日でクリアしようとしていますね…
いや、単に僕がクリアするのが遅過ぎるだけなんですけどね(苦笑)
 
しかし、プロスピ3発売まであと9日となりました。
今から頑張ればプロスピ3が発売する前にCLANNADを全クリアする事も可能ですかね?
個人的にギャルゲーは自分のペースでまったりとプレイしたい方なのですが、プロスピ3が発売する前に全クリアした方が切りがいいのも確かです。
それに、他にもプレイしたいゲームがたくさんあるのであまり一つのゲームをゆっくりとプレイしてもいられないんですよね…
 
とりあえず、あと9日あれば全クリアも何とか可能な範囲だと思うので残りの日数はCLANNADのプレイに集中していきたいと思います
…と言っても、根本的にはプレイ時間の問題なのでその時間をいかに確保するかが最大の難題なんですけどね(苦笑)

まあ、やるだけやってみます。


ところで、昨日から某所で清水直をトレードで募集しているのですが一向に連絡が来ません。
むしろ、僕と同じように清水直のカードを求めている人が昨日辺りから多発しているんですよね。
僕が上原(黒)を欲しかった時は何故か上原を求める人で溢れかえっていましたし…
 
そんな感じで周りに文句を言うつもりはありませんが、常にトレードがやりづらい状況を強いられえていることは間違いありません。
 
あえて言おう。
みんな僕と同じカードを求め過ぎだと…



-△-

BBHのシステム 2006,3,26 この日記を編集 削除

パ・リーグが昨日開幕しましたが、セ・リーグも今日でオープン戦の最終戦を迎えました。
そして、今年の阪神タイガースですが…やはり開幕を迎えるのに当たって期待よりも不安の方が大きいですね。

というのも今日の横浜との最終戦
打線こそ14得点を取りましたが、藤川が2イニングを3失点
それも逆球あり、ストレートで空振りが取れないなどと内容の悪いものでした。
同じくWBC組の久保田も今日の試合は無失点で抑えたものの種田に二塁打を浴びて、昨日の試合では2アウトから5失点と明らかに万全の状態ではない両選手
当初、僕が考えていた先発に頑張ってもらうにしてもオープン戦の結果を見る限りまだまだ本調子ではないという感じで、ここはもう今日14得点の打線に開幕後しばらくは頑張ってもらうしかないですね。

今の状態で「1点差を継投で逃げ切る」のは信用しきれない部分がありますからね。

とりあえず、阪神の開幕ダッシュには期待しない方が良いでしょう。
それよりもチームの再建をしっかりして、今年の戦い方を早いうちに確立させてもらいたいですね。
セ・リーグは今週、31日に開幕します。



BBHは一日経って、昨日のプレイで尾を引いていたのが少しは楽になったような気がします。
やはり、こういうのは徐々に時間が解決してくれるものですね…

ただ、やはり次回のプレイまでは日にちを空けようと思います。
具体的に言うならば「新カード追加されるまで」ですかね。
あと、4月6日発売のプロスピ3に僕がハマった場合、もしかしたらそのままBBHから遠ざってしまうかもしれないです。
昨日はプレイしていて、とにかくこちらは采配しか出せないという事もあって「自分の思い通りにならない」という少し子供っぽいイライラを感じてしまいましたからね(苦笑)
それに、そろそろ采配じゃなくて自分で試合をしてみたいという気持ちが沸いて来ましたのでw


それで昨日、流石に一度に9連戦もするとこのゲームのシステムに関して良くも悪くも色々と感じるところがあって今日は主観に基づいてその感じた事について書かせてもらいたいと思います。

・赤星
大体、自チームの1番打者に起用していますが、あまり出塁してくれません。
よって、ゲーム的に勝ちに固執するならば予めスタメンから外しておき、代わりが効く打者が一塁に出塁したら場面に応じて代走→盗塁させるのが最も有効な使い方と言えるでしょうね。
実際、9試合のうち一度だけ1番に前田を起用して前田が初回にヒットを放った瞬間に代走・赤星→盗塁というアレな采配もしてみました。
結論を言えば、出塁するかしないか分からない赤星をいきなりスタメンで起用するよりも代走起用で確実に一度は足が使えるベンチスタートの方が赤星をより有効に使えると言えますね。
ちなみに、そのあとは1番センターで普通に赤星を使い続けました。

…とまあ、あくまでも実際の野球ではなくゲームとしての戦略ですよ。
野球ゲームとは言え、必ずしも野球とゲームを一緒にしてはいけないと思います。
特にオンラインでは野球の常識を覆した起用法をする人もいますからね。

・関本
調子次第で2番or6、7番あたりを打っています。
関本は対左投手のゲージがMAXなので左投手には鬼のような強さを発揮します。
しかしこのゲーム…表の能力値よりも裏面のゲージの比重の方が大きいような気がするのは気の所為ですかね?
同じく能力値が低い里崎も左投手をよく打ちます。

・藤本
基本的に7、8番を担当
シーツの調子次第ではスタメンから外れる事もしばしば
9連戦のうち自チームは3回ほどエラーを記録したのですが、その3回とも藤本の魔送球という罠
よく見るとBBHでは守備力もそれほど高くなく、これなら既にチームから名前が消え去った鳥谷を起用した方が良かったかなと後悔するくらい
ただし、打率に関しては3割を超えています。
藤本はメモリ-3辺りがとても良い感じです。

・今岡
チャンスに強い為、ゲーム的に考えればスタメンで起用するよりも代打に取っておきたいところ
先日「二塁は恐くて守らせられない」と発言しましたが、藤本の悪送球に比べればまだ信用できるというものです。
実際、昨日は何度か二塁・今岡の起用法をしてみましたが思ったほど悪くはなかったです。

・金本
去年のデータなので今年ほど驚異的ではありませんがそれなりに打ってくれます。
ただ最近は外野のメンバーが豊富になった事によりベンチに入ることが多くなっているのがたまに傷ですね。
何気に強肩捕手でなければ盗塁もよく成功します。

・矢野
まあ、可も不可なくと言った感じです。
阪神にとっては欠かせない選手ですが、ゲームの中では並の選手ですね。

・小笠原
打球は引っ張りが基本で良い当たりでも二塁ゴロに終わってしまうケースが多々あり、その所為で打率的にかなり損をしてしまっています。
自チームの小笠原も打率が2割以下という状態です…
小笠原は個人的に好きな選手の一人なのでできれば使いたいのですが正直、このゲームで勝ちを目指すなら使わない方が賢明ですね。

・松中
小笠原よりは打率を残してくれるのですが、これまた能力値の割には微妙な感じがします。
まあ、松中に関してはまだまだこれから様子を見ていきたいと思います。

・カブレラ
ノーサインでも十分、活躍が期待できます。
一塁で起用するなら松中よりもカブレラを推したいですね。
このゲームで最もホームランが期待できる打者だけにかなり重宝します。

・SHINJO
打撃は、過度の期待はしない方が良いでしょう。
特筆すべき点は「肩の強さ」でランナー二塁ならほぼ確実に単打でのホームインを防いでくれます。
(ただし、ポテンヒットに対しては効果が弱い)
ただ、それと同時に外野の守備範囲の向上も期待していましたが、体感的に外野の守備範囲はあまり広くなっていないような気がします。
しかし、この二塁ランナーのホームインを防いでくれるという効果は絶大であり、このゲームは基本的に右打者は左方向、左打者に右方向に打球が飛ぶ傾向があるので、場面に応じてSHINJO(強肩の選手)のポジションを変更するのも一つの手ですね。
実際、僕も何度かそれで助けられましたからね…


最後に決してこれらの起用法を肯定している訳ではなく、あくまでもこのゲームのシステムを考えた場合、これらが戦略的に最善の策である事は不本意ながらも間違いないことなのかなと思います。
はじめにも言った通り、必ずしも野球とゲームを一緒にしてはいけないと思います。
最も、その中で自分なりの拘りというか姿勢はしっかり持っていきたいとは思いますけどね。
ただ不特定多数が参加数オンライン上でそれを相手に求めるのはなかなか難しいのもまた現実だと思います。
そういう僕も、負けが込んで来ると思わずそういう戦略に手に出てしまったりしましたからね…
今は、少し反省してます。

どちらにせよBBHからは少し身を引いて頭を冷やしたいと思います。
こういうのは、ハマるのではなくたまにプレイしたその時々に新鮮な気持ちで挑むのが良いかなと個人的に思っていますので


画像は今日届いた上原(黒)
もう少し早く届いていれば結果は違ったかもしれないんですけどね…
あと、希望カードは関本(黒)で最後と思いましたが、清水直の能力が吃驚するくらい高いんですよね。
今まで気づかなかったのですがこれは是非、岩熊かSHINJOを元にして手に入れたいと思います。

最後にKanonの再アニメ化は秋に放送されるみたいです。
ただ原画を見ましたが今回も少し微妙かもしれません…
まあ、前のと比べたら雲泥の差なんですけどねw



-△-

9連戦の代償 2006,3,25 この日記を編集 削除

今朝、間違い電話がかかって来たのですが、間違い電話にも関わらず僕と名字が同じだったらしく相手に「何度も名字を確認される」という珍現象に巻き込まれました。
まあ、それだけの話です。
 
 
さて、昨日あれからアフロマイルマンさんが関本(黒)を出して下さるとの事で、そのお礼に僕は改造で選手を一人作成するという条件でトレードが成立しました
関本はレベル3でAHを覚えるそうで…少し楽しみです。

それで今日は仕事帰りにBBHをやって来ました。
昨日、届いた松中を登録して早速プレイ開始
カブレラと松中でポジションが被っているのですが、基本は松中で固定しようと思います。
ただ、代打・カブレラって物凄く反則っぽいなぁ…

一試合目
0-0で試合が進行する中またしても8回裏に相手のVSモードの餌食となり3ランホームランを浴びる。
そして結果は敗戦…
排出されたカードはロッテの久保と前田SPでいきなり綺羅が出たものの前田SPが被ってしまいました。
 
二試合目
相手に悪いと思いつつも、2回に代打・今岡を送る強攻策に出て見事2点を先制することに成功する。
しかし、その2点のリードを守り切れずに引き引けに終わる。
排出されたカードは實松と志田の2枚

三試合目
相手はヤクルトCPU
ひとまず、確実に勝利する
排出されたカードは浅井と二岡の2枚
今日は、よく被りますね…
 
四試合目
0-0の引き分け
最後、9回裏2アウトからVSモードを仕掛けて「ど真ん中」を選択したところ、これがズバリと的中しサヨナラホームランかと思われたが結果は平凡なセンターフライ
…相手は芯から外れていてもスタンドインなのに、僕の場合はやっぱり微笑んでくれないんですね。。。
排出されたカードは秀太と岩隈の2枚
今度は岩隈が被ってしまいました。
ひとまず、トレード要因にしようと思います。
 
五試合目
相手の先発はまた上原
今日だけで三人目です。
 
よく見ると相手は前回のランキングで某県の優勝プレイヤーでメンバーも流石に綺羅カードのレベル4以上ばかりでした。
ここは胸を借りるつもりでぶつかってみましたが2回にいきなり相手の多村にノーサインで2ランを浴びたと思ったら今度は犠牲フライでさらに1点を追加され極め付けはノーサインから松中に3ランを浴びて4回までに6失点
流石の僕もこの時はやる気がなくなりましたね(苦笑)
…ちなみに、松中にはまた次の打席でノーサインから二打席連続のホームランを浴びました。
 
相手は放置しているだけで選手が勝手に点を取ってくれるなんて何かが間違ってる。。。
それとも、これが上段者+選手レベルの差なのでしょうか_| ̄|○
 
…それと、また井川で負けました。
井川で全然勝てないなぁ。。。
排出されたカードは相川と篠原の2枚
 
六試合目
犠牲フライ指示で絶好調のカブレラがスタンドまで運んで2ランとなり、そのあと今岡にもタイムリーが出て1イニング3得点
打ったのはやはり絶好調の選手でした。
試合は3-0で勝利!
排出されたカードは秀太と廣瀬の2枚

っと、そろそろ次の綺羅が当たる頃だと思うのですが当たりませんね…
あっ、ちなみにここまで待っている人がいなかったので連コインでプレイしています。
 
3-0と気持ちの良い勝ち方をした事ですし、そろそろ帰ろうかなと思っていましたが、ここまでプレイしたにも関わらず次の綺羅が出なかったので次は綺羅が出ると信じてもう一試合だけプレイすることにしました。

七試合目
先発の松坂が3回4失点のまさかのノックアウト
あと、藤本のエラー率が低くてエラーを連発するので藤本使えないなぁ…
排出されたカードは下山と藤川の2枚

まだ、綺羅が出ないのか…
仕方がないのでもう一試合だけプレイする事にしました。

八試合目
ポテンヒットとノーサインからカブレラに一発を浴びて相手に2点を先制される。
こちらは、珍しくVSモードがハマって1点を返すものの反撃もここまで…
試合後、排出されたカードは相川とT.ウッズの2枚


……

あれ?本当に綺羅が出ない。
もしかして、穴にハマっちゃいましたか?
でも次こそは綺羅が出る筈…もう後には引けないです。

ラスト九試合目
はい。負けました。
そして、試合後に排出されたカードは…

長田と佐藤の2枚_| ̄|○

結局、何度プレーしても綺羅は出ませんでした。
えぇ…やっちゃいましたね(失笑)
それで試合結果も重なってしばらくはBBHから身を引きたいと思います。

流石にプレイし過ぎた感もあって、やはり一度のプレイは2、3回程度にしておくのがベストですね。
9回も連続でプレイした日には…もうしばらくはプレイを遠慮しておこうと思います(苦笑)
お金も今日だけで4500円も注ぎ込んでしまいましたし…

はぁ~久々に燃え尽きました。
本当、しばらくBBHは控えておこうと思います。


…ところで、BS-iでKanonが再びアニメ化決定と聞いたんですけど本当なんですかね?
前のは作画がアウトだったので、だとしたら凄く嬉しいんですけど



-△-

06年パ・リーグ順位予想 2006,3,24 この日記を編集 削除

劇場版AIRに続いて来年の夏にCLANNADの劇場版が上映される事が決まりました。
いやぁ、来ちゃいましたね。
劇場版AIRはスルーしましたが今度は僕も映画館まで見に行こうと思います(爆)

ただ、劇場版と聞くとAIRの前例があるだけに、今度はCLANNADがどんな具合に弄られるのか不安ではありますね。。。
話によればアニメ化もあるとかないとか…
とにかく、どんな形になるにせよ大いに期待したいと思います。



今日の報道ステーションにでも取り上げられていましたが、僕の住む奈良県で今日「少年補導に関する条例」が可決されたようです。
(また、奈良県に特殊な条例が出来たなぁ…)

この条例で補導の対象となる不良行為については(1)20歳未満の喫煙や飲酒(2)18歳未満の午後11時~午前4時の徘徊(3)無断外泊(4)風俗店への立ち入り(5)有害サイト、読書の閲覧(6)ネット上、メールなどによる不適切な発言の禁止など、26項目を定めておりこの条例に対して奈良県に住む10代の若者からは反対の声が多く聞かれています。

…ただ、その一方で僕は一部やり過ぎな部分を除いて基本的に良いんじゃないかなと思っています。
というのも、僕自身が10代の頃にこれらの項目に違反した事がないと言えるからです。

学校に遅刻したりサボったり未成年が喫煙や飲酒をすることは良くない事で、夜中の正当な理由のない出歩きは規制して然るべきでしょう。
未成年が無断外泊するなんて論外ですし…
まあ、(5)有害サイト、読書の閲覧に関しては年頃の男性に対してそれらを規制するのはあまりにも酷なので規制するべきではないと賛同できかねますけどね。
ただ、それらの一部やり過ぎな部分を除いては補導されても然るべきな事項じゃないですかね?
少なくとも僕は、そんなに問題のある条例だとは思わないですね。

最も、僕は未だに周囲からは10代に見られがちなので僕が深夜に出歩いていたら間違いなく、「不良行為」として警察に声を掛けられるでしょうけどね(苦笑)

この条例は奈良県で10月から実施されるのだとか…



3月27日に今年もプロ野球チップス第一弾が発売されるようです。
ただ、そこは過去2年間に渡って集めて来た僕ですがはBBHのカードがありますからね。今

今年はBBHに力を入れてプロ野球チップスは買わないでおこうと思います。
むしろ、僕だけの話ではなくBBHの登場でプロチを買わなくなる人は確実に増えるでしょうね。

ちなみに先日、ほのめかしていたトレードについては
【放出】→【獲得】
初芝SP→松中(黒)
小笠原(黒)→上原(黒)
で無事にトレードが成立しました。

あと、旧カードで欲しいのは関本(黒)くらいですかね
他にも欲しい選手カードはたくさんあるのですが、それらの選手は追加カードで能力アップが予想されるだけに今は必要ないですね。
それに、旧カードの扱いがどうなるのかはっきりしていない点はまだ何も変わっていませんからね…
 


さて、早いもので明日からパ・リーグが開幕します。
WBCに夢中になっていた所為であっという間でしたね…

それに伴いまして恒例の順位予想を今年もしていきたいと思います。
ちなみに、僕の予想が当たらない事は過去2年間で証明済みだったりします(苦笑)

【06パ・リーグ順位予想】
1位・ロッテ
2位・ソフトバンク
3位・西武
4位・オリックス(±1)
5位・日ハム
6位・楽天

ひとまず、こんな感じです

ソフトバンクは、やはり城島の穴が大きいですね…
それでも十分、リーグのトップを狙えるだけの戦力を持っているとは思いますがレギュラー捕手が変わったその年にリーグ1位というのもなかなか聞いた事がありませんし…
それに、ロッテもやや戦力ダウンしたとは言え西岡、今江らを筆頭にこれからまだまだ成長が期待できる選手が数多くいますからね。
最終的にどちらが1位になっても可笑しくないと思うのですが今年はロッテを推してみたいと思います。

そしてプレーオフ圏内の3位予想ですが、これは今年も一番悩まされましたね…
最終的には西武を指名したものの、とにかく今年のオリックスがどこまで戦えるのかを計り悩んでいます。
 
清原と中村…この2人がどこまで働いてくれるのか?
現状でこの2人の加入は「戦力アップ」というよりも「人気度アップ」と言ってしまっていいでしょう。

そんな両選手ですから少々、試合で活躍できなくてもそう簡単にスタメンから外されることもありません
そして今年のオリックスの場合、これが一番心配です

例えるなら去年のキャプラーのような感じでしょうか
あまり結果を残していなくても、スタメンから外す訳にはいかない。。。
そんな状態が続いたらオリックスは「黄信号ですね。

逆に清原、中村が期待に応えて去年、不振だった谷、村松らが今年しっかりと結果を残したならば、十分オリックスのプレーオフ進出は可能だと思います。
 
以上を踏まえて、とにかくオリックスは不確定要素が多いんですよね。
あと、オープン戦でパ・リーグの球団に対して一勝もできなかった事も気掛かりと言えば気掛かりです。

とにかく、今年のオリックスは清原、中村、谷、村松ら4選手次第じゃないかなと思います。

5位予想の日本ハムについては、去年の成績で目立った補強もしていないのでこの位置に置かせてもらいました。
そして、最下位は今年もダントツで楽天でしょうね…
打線はそこそこ良くなったと思うのですが、如何せん投手陣全体に難があり他球団では先発ローテにも入らないような投手が開幕投手を勤めているようでは今年も厳しいかなと
まあ、去年に引き続いて楽天というチームは長い目で見ていく必要がありますね。
野村監督になったことにより、少しでも楽天が勝つ集団になっていけばと思います。
楽天が強くなければ、パ・リーグがさらに面白くなると思うのでその日が待ち遠しくもあります。

とまあ、そんな感じでお粗末ながら僕なりに今年の順位予想をしてみました。
セ・リーグはまた開幕の前日に書かせてもらいますね。


画像は、今日届いた松中(黒)
三冠王に輝いた時のデータにも関わらず能力は落ち着いたものです。



-△-

4月開始の注目アニメ 2006,3,23 この日記を編集 削除

先日、申請したパスポートを取りに行って来ました。
1万円の出費は自己負担です…

それにしても、担当の方は女性なのですがこういう所で働いているだけあってキビキビしてますね。
どうやったら、人間あんな風になれるのかなと思うぐらいに…

ああいう人を見ると、自分がいかに子供っぽいかという事を思いさせられます。
恋愛成績表では精神年齢が12才と診断されましたしね(苦笑)



CLANNADは一昨日、美佐枝さんルートをクリアしたので必然的に今は智代ルートをプレイしています。
 
「付き合って不幸などになってたまるか」という智代の一言は重いですね…
智代アフターのあの結末を知っているだけにです。
 
 
 
さて、今日は取り立ててネタも無いので4月からスタートする新作アニメの中で僕が視聴する作品を紹介していきたいと思います。
今回はなかなか注目作品が多く4月だけで視聴するアニメが一気に4本も増えてしまい、さらにプロ野球の開幕が重なってプロ野球観戦とアニメの両立がなかなか難しくなりそうです。
(もちろん、阪神の応援を優先しますけどねw)


スクールランブル 二学期
テレビ東京 4/2(日)25:30
テレビ大阪 4/4(火)27:10
テレビ愛知 4/3(月)25:43
テレビ北海道4/7(金)26:00
TVQ九州放送 4/3(月)26:53
てれびせとうち 4/6(木)26:03

これは外せませんね。
再びアニメ化すると聞いて単行本を売り払い、何よりどうせアニメで放送するだろうという事で買ったばかりの最新巻を全く読まずにブックオフに売ったくらいですからねw

最新巻の分まで絶対に見逃せません。


ひぐらしのなく頃に
関西テレビ 4/4(火)25:55
東海テレビ 5/4(木)27:27
テレビ神奈川4/8(土)25:00
ちばテレビ 4/5(水)25:30
テレビ埼玉 4/5(水)26:00

アニメの楽しみ度としては今回ひぐらしがNo1ですね。
ただ、悲しい事に関西地区では放送日がスクラン二学期と同じ日に放送されてしまう為に自分のビデオでは片方しか録画できません。
流石に毎週火曜日深夜2時半まで起きている訳にはいかず、どちらか片方の選択を余技なくされそうです。

まあ、私事は良いとして原作の雰囲気をあの原画でどこまで再現できるかという点に注目していきたいと思います。


うたわれるもの
朝日放送 4/3(月)26:56
テレビ愛知 4/5(水)27:58
tvk 4/9(日)26:15
ちばテレビ 4/3(月)26:40
テレビ埼玉 4/8(土)26:00

ぶっちゃけ、あまり大きな期待もしていないのですが原作を一通りプレイしただけにアニメ化されるのなら押さえておこうかなという感じです。
 
そういえば、この主人公も仮面で素顔が分からないにも関わらずありえないくらいモテモテなんですよね。
ていうか、ラスボスがアレだからなぁ…
思い出したら、少し萎えて来ました_| ̄|○


涼宮ハルヒの憂鬱
東京MXテレビ4/5(水)25:30
ちばテレビ 4/2(日)24:00
テレビ埼玉 4/2(日)25:30
テレビ神奈川4/3(月)25:15
テレビ愛知 4/5(水)26:28
サンテレビ 4/4(火)24:00
KBS京都 4/3(月)25:30
広島ホームテレビ 4/8(土)26:05
TVQ九州放送 4/8(土)26:40
テレビ北海道4/3(月)26:00
東北放送 4/4(火)26:00

正直、どんな作品なのか全く知らないのですが以前リバーさんに勧めてもらったような記憶があるので試しに見てみる事にしました。
何気にBBHと言い、リバーさんから受ける影響力は大きめ
 
灼眼のシャナが面白かったので、この作品にも期待したいと思います。
てか、シャナは映画になるのか…


とまあ、そんな感じで新しく見始める4作品でした。
しかし「スクラン二学期」と「ひぐらし」が関西地区で同じ日に放送されるなら「うたわれるもの」と「涼宮ハルヒの憂鬱」も毎週同じ日に放送されるんですよね…
それに月曜日はFateを見ないといけないし。。。

誰かこの日程を何とかして下さい_| ̄|○



-△-

現実に舞い戻って 2006,3,22 この日記を編集 削除

世界一から一夜明けて
 
日本にとって最高の形で幕を閉じたWBCですが、その中でも日本代表メンバーの核として仲間と共に全てを曝け出して戦うイチローの姿がとても印象的でしたね。
イチローがあんな熱い男だとは思いませんでしたよ。

…MAJORのコジローとは大違いですね(笑)
 
いや、実際それくらいのギャップがそれまでのイメージとあったと思います。
 
日本代表メンバーは翌日すぐにサンディエゴの空港からチャーター機で帰国の途に就きました。
今日の夜過ぎに成田空港に到着する予定
世界一に輝いた選手達を大歓声で迎えてあげたいですね。


さて、その間に阪神は激励会での岡田監督の不安話のおかげでチームの雰囲気が悪くなっちゃいましたね。
最後に今年はビジター開幕なので「赤星にはぜひ先頭打者ホームランを打って景気をつけて欲しい」って、みんな真剣な表情で冗談が通じませんでした…

各選手にスポットを当ててみるとWBCに夢中になっている間に浜中が17打数連続ノーヒットを記録中で岡田監督に「今の調子では使えない」と言われる失態
矢野のオープン戦の打率が.050という不振っぷり

投手陣でもウィリアムスの離脱は言うまでもなくWBCであまり活躍できなかった藤川、久保田の調整or実戦不足が懸念されます。
それに加えて先発投手は井川、安藤、杉山、下柳に続く4番手以下の実力が未知数でJFKの崩壊により開幕直後から去年のような必勝リレーは厳しいと言わざる終えないでしょう。
開幕に向けてというよりシーズンそのものが心配です。

とりあえず、開幕カードでヤクルトに勝ち越せるような事があると大きいんですけどね。
 
あとは、個人的な事ですが開幕から2試合以上が雨で流れませんように…と、それだけですw(爆)



PS2版 CLANNAD>
ひとまず、最近の幸福さんの日記のタイトルの付け方を見て「メグメルの歌詞を書き終える」のと「幸福さんがCLANNADを全クリアする」のがどちらが先になるのか気になって仕方がありませんw
 
それにしても、あっさりと抜かれちゃいましたね…
僕は昨日ようやく美佐枝さんをクリアして5人目が終わったところですよ。
 
そういえば、幸福さんがCLANNADの攻略キャラは全部で11人と言っていましたが改めて言われてみるとそんなにいるんですか
 
…何気に主人公ってモテモテですねw

仮に歴代のギャルゲーの主人公で一番もてるのは誰か?という事を考えた場合、主人公一人に対して攻略可能キャラが多い人物こそがこれに当てはまりそうな気がしますね。
 
そうなると、僕が知りうる限りで主人公一人に対して最も攻略可能キャラが多い作品は「シスタープリンセス」という事になっちゃいますね…
あれは確か12人だった筈
 
あっ、でも義妹にしかもてないというのも考えものなのでそういう意味ではPiaキャロット3の主人公が一番かもしれません。
たしか、ゲームに登場する女性キャラは全員攻略できましたからね。

が、しかし一番もてるという要素を限りなく追求した場合、やっぱりハーレムエンドの存在は外せませんよね(爆)
そうなると、う~ん。。。





不毛な議論は不毛なまま終わる_| ̄|○



-△-

WBC初代王者は王ジャパン 2006,3,21 この日記を編集 削除

WBC決勝 日本-キューバ

春分の日に感謝しつつ、プレイボールに合わせて起床しました。
日本代表は大きくオーダーを変えて1番に川崎をもって来て9番に青木を起用
むしろ、準決勝・韓国戦の時に初スタメンでいきなり1番・青木はないだろう…と思っていただけにこの起用法については納得
ただ、個人的に6番・里崎には難色を示します。
今大会でラッキーボーイ的な存在だからって打順は上げない方が良いような気がするんですけどね…
最も、今となってはそれも些細な事なんですけどw

日本の先発は松坂大輔
アテネで一度、キューバを倒しているだけに多少のやりやすさはあったのではないでしょうか

試合は意外にも初回に大きく動きました。

先頭の川崎が投手ゴロでアウトになった後、WBCでの活躍が光る西岡が内野安打で出塁
その西岡がすかさずスタートを切り2塁盗塁成功!
…ただ、タイミングがアウトっぽかったので、その辺りのジャッジには不満を覚えましたけどね(苦笑)

イチローは四球で歩き、松中が遊撃への内野安打で日本は1死満塁の大チャンス!

この場面で多村が死球を喰らい、予期せぬ形で日本に先制が入りました。
里崎三振のあと、小笠原がフルカウントから四球を選び押し出しでさらに2点目をキューバから奪いました。
…ただ、これも本当はストライク臭かったんですけどね。
あまりこういう事は言いたくありませんが、やはり今日の試合でアメリカは日本寄りなんですかね?

しかしながら、日本はこの2点で終わらずに今江に2点タイムリーが出たのが非常に大きかったですね。
これで試合が一気に日本優勢になりました。

その裏、キューバの攻撃
先発の松坂が先頭打者にホームランを浴びるものの後続を断ち切る。
今日の松坂は球に勢いはあるものの制球が甘いのが心配です。

2回、先頭の川崎がセーフティーバントを試みるもキューバの捕手のすさまじい強肩で一塁アウト
あの肩は凄いですね…

再び試合が動いたのは5回表の日本の攻撃
先頭のイチローが二塁打で出塁し、松中もヒットで続いて無死一、三塁
多村のタイムリー内野安打で1点を追加し、小笠原が犠牲フライでこの回に2点を追加

日本6-1キューバ
投手は松坂から渡辺俊にスイッチ

6回裏
1死から川崎のエラーを皮切りに3連打を浴びキューバに2点を還されてしまう。
しかし、この嫌な流れで今大会、絶好調のガルロボを併殺で切り抜けたのがとても重大かつ大きかったですね。

7回裏
再び川崎が打球をファンブルしてしまい、嫌な形で先頭打者を出塁させてしまう。
そして打球は再び川崎のところに飛んでいき今度は川崎がこれを一生懸命、体で止めながら6-4-3の併殺を完成

いやぁ、危なかったですね…

と、思っていたら今度は渡辺俊が小笠原からのトスを弾いてしまい日本にまたもやミスが出てしまいました。
日本がリードした状態で終盤を迎えた事により、選手にもプレッシャーが掛かって来たんですかね…
そのあとの打者を抑えて1イニングに2つのミスをしておきながら結果0点に抑えられた事は日本にとって幸運だったと言えるでしょう。

8回表
試合流れがキューバに傾きかけているところで日本はもう1点が欲しいところですが、呆気なく三者凡退

その裏のキューバ攻撃
先頭打者が放った打球は渡辺俊の頭上を越えてしまい、西岡がすかさずフォローに入るが際どいタイミングで一塁はセーフ
残り6つのアウトが大きいですね…

ここで日本は渡辺俊から藤田にスイッチ

1アウトを取ったあとに…
5番・セペダにレフトスタンドに運ばれて1点差に追いつかれてしまいました_| ̄|○

日本6-5キューバ
ここに来て1点差

初回の4得点以降、少々余裕を持って観戦して来た僕も流石に緊張感を感じて来ました。

投手は藤田から大塚にスイッチ
その大塚が大きな大きな2アウトを取り8回裏が終了

9回表、勝利をより確実なものにする為にどうしても追加点が欲しいイニングで金城の三塁ゴロが相手のエラーを誘い先頭打者の大きな出塁!
川崎の送りバントが二塁アウトになるものの、そのあとの西岡が上手いプッシュバントで二塁内野安打となり1死一、二塁
本当に西岡は今大会で素晴らしい活躍をしてくれました。
去年の日本シリーズで西岡について「打撃は大した事ない」と言っていた岡田監督に「喝」ですねw

さあ、この絶好の追加点の場面で迎えるのはこの人、イチローです。
そのイチローのタイムリーで日本が1点を追加キターーーーー
二塁走者の川崎も積極的な走塁で相手捕手のブロックを掻い潜る神の右手でホームを触れる好走塁も光りました。
主審のトム・ハリオンもナイスジャッジでしたね。

1死二、三塁となり4番の松中が敬遠され満塁
ここで王監督は満を持して 代打・福留を告げる。

その福留が今日もやってくれました。
試合を決定付ける2点タイムリーーー
さらに、そのあと小笠原にも犠牲フライが出てこの回一挙に4得点
日本の世界一が大きく近づきました。

さあ、世界一に向けて日本代表、9回裏最後の守りです。
大塚が先頭打者に二塁打を打たれてホームに還されるものの次打者を三振に仕留め2アウト

最後の打者を2球で追い込んで球場は日本でもお馴染みの「あと一球コール」に包まれる。
一球ボールのあと最後は真ん中低めのスライダーに手を出し、空振り三振!

この瞬間、日本のWBC初代王者の座が決定しました!!!

いやぁ、日本代表がやってくれましたね。
最高の気分です。
一度は切り捨てたものの実際に優勝すると嬉しいものですねw

WBCの開催の話を聞いた時、メジャーリーガーが初めて参加した国際大会で日本がどこまで戦えるだろうかと考えるばかりで、まさか日本が世界一に輝くという最高の結果は思ってもみなかったです。
このWBC日本代表メンバーは日本の誇りですね。
本当に素晴らしい試合を観せて頂きました。
日本代表メンバーを最大限に祝福すると共に本当にお疲れ様でしたと言いたいですね。

これから日本に帰国すると、パ・リーグは4日後にも開幕してしまい代表メンバーは大変でしょうけどシーズンでも頑張って下さい。
正直なところ、こんな素晴らしい結果をもたらした選手達がそれぞれ自分の所属するチームに戻ってシーズンですぐに対戦する事になるのは複雑な感じですが、この時の栄誉や想いは一緒に戦った代表メンバー同士でしか共感できえないものがあることでしょう。

改めて、日本代表WBC初代王者おめでとう御座居ます。
そして、改めて日本を2次リーグ敗戦の危機から救ってくれたメキシコにも感謝したいと思います。
3年後、今度は自力でこの舞台にたどり着きましょう!



-△-

VSモードは僕に笑いかけない 2006,3,20 この日記を編集 削除

PS2版 CLANNAD>
2週間かかってようやく、ことみルートをクリアしました。
プレイ当初は、違和感バリバリだった音声もクリアする頃にはすっかり慣れてしまっていましたねw

しかし、このペースだと全クリアし終えるのがゴールデンウィークどころかお盆休みに突入してしまいかねない勢いですね。
やっぱり、どこがで手を抜かないと無理なのかもしれませんね。。。



さて、今日は仕事帰りにBBHをやって来ました。
早速、金銭トレードで獲得した井川、SHINJO、カブレラSP、アレックス、柴原の5枚と前回のラストプレイで手に入れた前田SPを新規登録しました。
 
それらの新カードを加えて新しくオーダーを組んでみたところ、カブレラが加入した事により今まで一塁を守っていた小笠原が三塁にまわる事になり、必然的に今まで三塁を守っていた今岡のポジションがなくなってしまいました(苦笑)
一応、今岡に二塁を守らせる事も可能ですが、このゲームを通して二遊間の守備の重要性を改めて再確認させられた感があるだけに二塁・今岡は恐くて僕には無理です。

まあ、この辺りはスタメンを固定せずにその時の調子次第で起用法を常時、変えていきたいと思います。
赤星、金本、前田、SHINJOの外野争いも同義です。

それはそうと、流石に連コインはできなかったものの今日は前回に比べるとかなり空いていました。
やはり、皆さん新カード待ちって事なんですかね?


 
それで第一戦目
先発は絶好調の岩隈に3番・小笠原、4番・カブレラ、5番・金本、6番・前田という新オーダーで挑みました。

すると、2回に監督の僕がアウトカウントを間違えるという痛恨のミスを犯しながらも、選手がそのミスをもろともせずこの回に一挙5得点を叩きだしました!
先発が絶好調の岩隈である事と相手打線を見比べればこのまま放置していても楽に勝てる試合となりました
 
…ただ、きっとそこに油断があったんでしょうね。
 
相手が代打・古木を告げると共に仕掛けてきたVSモードに対して安易にど真ん中やや低めを選択したところ、これがズバリ的中してしまい古木にスタンドまで持っていかれてしまいました。
…激しく反省_| ̄|○
 
ただ、試合の方はVSの一発に泣いただけで相手打線を古木のホームランを含むわずか2安打にシャットアウトし5-1で快勝しました
…補強のおかげで、自チームが強くなったかも。。。

排出されたカードは、島田と今岡(黒)の2枚
とりあえず、今岡はノンカードからカード選手に新規登録する事にしました。


第二戦目
これが困った事にほとんどの選手の調子が悪く、誰をスタメンに起用すれば良いのか分からない状態でタイムアウトギリギリまで悩まさせられました。
特に困ったのが先発投手でカード選手が全員不調以下という状態だったので仕方なくデフォの安藤を先発に起用する事にしました。
(最も、初期の事を考えればこれでも贅沢なくらいなんですけどね)
 
…すると、初回にノーサインからいきなりローズに一発を喰らいました_| ̄|○
やっぱり、並の選手だとこんなものか。。。
 
さらに、二巡目で今度は高橋由にもノーサインから一発を浴びて2-0
何となく僕もノーサインで一発を浴びる恐さや理不尽さが分かったような気がします(苦笑)
 
打線の方は、とにかく全員の調子が悪いのでヒットを打つのがやっとという状態
調子ひとつでここまで左右されるのかというくらい、前の試合で二桁安打を記録したチームにはとても見えませんでした(苦笑)
 
しかし、この試合で何が一番むかついたかと言えば「相手の継投リレー」です。
先発・石川で始まったかと思えば2回を投げ終えたところで石井弘にスイッチ
まだ、そこまでなら比較的よくあることなのであまり気にしませんでしたが、その後に登板したのがよりにもよって体力満タンの上原と来ましたよ。
 
だったら最初から上原を使っとけよというか、むしろ相手に舐められてる?
くそーこちら選手の調子さえ絶望的でなければボコボコにしてやったところを…って、すいません。
そんな大口を叩けるほど僕も采配が上手くありません_| ̄|○
 
結局、この試合は上原が出て来てから悔しい事に何も出来ずに2-0で完封負け
こういう奴こそボコボコにして修正してやりたかったんですけどね。。。
その上原に完璧に抑えられたのでは立場もありません

ただ、そんなモヤモヤした時に引いたのがウィットとSHINJO(SP)だったりで…
うん。まあ、相手にも色々あったんでしょうし、さっきの事は忘れる事にします(爆)>ぉぃ
 
しかし、せっかく購入したSHINJO(黒)がいきなり余っちゃいましたね。。。
まあ、能力が下がる前のSHINJO(黒)ならこれからいくらでもトレードに使えるでしょう。


第三戦目
ようやくこの試合から全国ペナントに突入しました。

その記念すべき初対戦相手
てっきり、スター軍団が来て洗礼を浴びるのかと思いきや相手はヤクルトに拘った純正チームみたいでしたが残念ながら僕にはコンセプトがイマイチよく分かりませんでした。



先に先制したのはこちら
3番・小笠原のタイムリーで1点先制をしました。
しかし、すぐに2死二塁から相手にヒットを打たれ同点に追いつかれてしまいました。
相手打者が右打者だった事からライトのアレックスを予めレフトにまわしておけば良かったなと少し後悔…

それ以降は、相手チームとの戦力差をよそ目に1-1の拙攻が続き終盤の8回裏
ここで相手が今までのスタイルをやや崩して代打にラミレスを起用してVSモードを発動させる。





………


ラミレスに…
否、またVSモードにやられました_| ̄|○

的から芯を外していたものの打球は無情にもセンターバックスクリーン一直線…
8回裏に痛恨の勝ち越し2ランを浴びてしまいました。

…これで何度目だろう。
VSモードがまた一段と嫌いになりました。。。

結果、それが敗因となり3-1で敗戦
何だかイマイチ納得がいかない負け方なんですけど…

VSモードが激しく鬱だ_| ̄|○

排出されたカードは、葛城と小笠原(黒)の2枚
話には聞いていましたけれど、これって僕が初めてBBHをプレイした時に遭遇したカードの配列と同じなんですよね。
やっぱり、カードの配列ってある程度は決まっているみたいですね。

通算成績・5勝9敗5分

…早いもので、もうBBHに9500円も使った計算になりますね。。。



-△-

日韓戦 三度目の正直 2006,3,19 この日記を編集 削除

WBC 韓国-日本
三度負ける事は絶対に許されない日韓・第3ラウンド

ここに来て日本は、イチローを1番ではなく3番に起用しました。
…正直、ここに来て3番・イチローの起用法は周囲に日本がどこまでも必死な印象を与えてしまうのでどうかなとも思いましたが、今日の試合を絶対に勝つ為には必要な起用法だったとも言えるでしょう。

序盤、日本代表は3番のイチローが奮起し2打数2安打で出塁したいずれも二盗を成功させ、日本に先制のチャンスを作り出す。
イチローがとても頼もしく見えました…

しかし、運が悪いというか細かな事がしっかりできなかった事が仇になったと言うべきか打った瞬間、ホームランだと思われた多村の打球は風に押し戻されてレフトフライに…
前の打席で松中が転がしてイチローを3塁に進めていればタッチアップで悠々1点が入っていただけに悔やまれます。
それにしても、球場が…特にレフト側が広いですね。。。


試合が動いたのは7回表
先頭の松中が二塁打を放ち、二塁ベースに熱く拳を叩きつける。
(ライトがバウンド処理を誤っていなかったら際どかったですが…)
そして、この無死二塁の場面で王監督は多村にバントを指示します。
しかし、シーズン中でもあまりバントをしないだけにこれが上手くいかず結局、多村は三振に終わりまたもや日本のマズイ部分が現れてしまいました。

ただ、そんな嫌な流れを払拭したのが代打・福留でした。
この場面での代打・福留はとても良い選手起用だったと思います。

その福留に値千金の2ランホームランキターーー

日本が2点を先制しました!

その後、小笠原に死球を当てて出塁されたのが韓国にとっては凶と出ましたね。
里崎のエンタイト2ベースで3点目キターー
2死三塁の場面で代打・宮本がこれぞ職人技のタイムリーキターーー
西岡が繋いでイチローにもタイムリーキチャーーー

日本代表が7回に一挙5得点を挙げる事に成功し試合の主導権を掴みました。

さらに日本代表は8回表
先頭の多村に今度は文句なしのレフト最長方向に叩き込むホームランが出て6得点目
この一発はまた見ていて気持ちが良かったですね。

試合の方は、この日も抜群のコントロールとフォークを武器に7回を散発3安打8奪三振、無失点に抑えた上原から薮田→大塚の完封リレーで6-0
日本が三度目の対戦で見事、宿敵・韓国を下しました。

いやぁ、今日はよくやったと思います。
今日は福留に「ありがとう」と言いたいですねw
あと、この試合を無得点に抑えた上原を始めとした投手陣にも賛美を送りたいと思います。
今日の勝ち方は、まあ満足のできる勝ち方だったのではないでしょうか

流石に同大会で二度負けているだけに韓国には申し訳なく、僕としては今日、日本代表が韓国に快勝した事が満足であり、日本代表が決勝に進むのは微妙な感じもしたりしますが、そこはそういうルールなので仕方がないですよね…
それより、今回の日韓戦は試合後の李スンヨプのコメントに尽きると思います。

「今後、韓国野球にナメてかかってこれないようにした点で意味があると思う」

たしかに僕を含めた多くの日本人は今回の大会を通じて韓国野球への見方が変わったように思います。
まだ地力という部分では日本野球の方が勝っていたと思いますが、韓国チームにはそれを補うだけの丁寧さや堅実さを見せてもらいました。
一方、無念にも2次リーグ敗退が決まったアメリカはこの事実に対して「ベースボールはもはやアメリカだけのゲームではない」とし、野球の国際化を伝えていました。

まだ少し早いですが今回のWBC
準決勝のトーナメントの組み合わせを見ても随所に問題は見受けられましたが、本当に第一回目を開催する事に意味があった。
そんな大会だったと思います。

さあ、日本代表は21日に決勝でキューバと激突します。
先発はアテネの時と同じ松坂大輔投手
今日、日本代表に敗れた韓国の分まで日本代表にはアジアを代表して世界一に輝いてもらいたいと思います。
明後日、キューバを下して世界一になる。
そうして始めて今日の勝利を韓国にも認めてもらえる…そんな気がします。


…ところで久保田と馬原に一向に出番がないですね。
特に馬原に関しては21日のキューバ戦でも投げないでしょうし、これでは何をしに行ったのか分かったものではありませんね。。。


最後に、2ちゃんねるでボブ・デビッドソンに関する少し面白い替え歌を見つけましたので紹介させて頂きたいと思います。
ただ、こういうのは許可なく引用しても良いものなんですかね…?
ちょっとよく分からないので、もし問題があるようでしたらお手数ですが教えて下さい。

※大きなノッポの古時計のテンポでお楽しみ下さい。
僕も笑わせてもらいました。

【大きな誤審のボブ・デビッドソン】
大きな誤審のデビッドソン アメリカの主審
WBCにやって来た メリケン勝利のために
レフトに上がった犠牲フライ スタートは完璧・・・
今は もう 覆らない デビッドソンの判定
捕球より早く タッチアップ タッチアップ
スタートが早い タッチアップ タッチアップ
今は もう 覆らない デビッドソンの判定

準決進出かけたメキシコ戦 塁審はデビッドソン
2失点以上の敗戦は アメリカの死亡
ライトに上がった大飛球 ポールを直撃・・・
今は もう 覆らない デビッドソンの判定
ポール直撃でも エンツー エンツー
塗料が付いてても エンツー エンツー
今は もう 覆らない デビッドソンの判定

※2ちゃんねるより引用



-△-

汚染度チェック 2006,3,18 この日記を編集 削除

月曜日にメガネ屋に行って頼んでいた新しい眼鏡が完成したので取りに行っていました。
おかげでメガネ装着時の視力が0.4→1.2にグーンとアップしました。

ただ、どうしても新しいメガネに慣れていないだけに装着時に多少の違和感は付き纏いますね。
まあ、それも一週間も経てば何ともなくなるでしょう。
一度、失った視力を補えるメガネって素晴らしい!



WBCで韓国の選手が一人、ドーピング検査で陽性反応を示した事により登録枠30人から除外されることになったみたいですね。
う~ん、非常に残念ですね…というより、批難すべきか対象でしょうか?
今回、違反が発覚した選手は1次リーグの中国戦に2イニング登板しただけで、その後はマウンドに上がる機会がなかったようです。

ただ、だからと言ってスポーツの世界で許されるべき事ではありませんよね。
これは罪に問われるのは個人が対象でチームはお咎めなしなんですかね?
韓国から一人違反者が出たのなら、韓国の選手全員をしっかり検査すべきだと思いますけどね…



さて、回答の方が遅くなってしまいましたがKOさんが興味深い診断を紹介して下さっていたので、それに答えてみたいと思います。


アニメ汚染度チェック


あなたは 122.2%
アニメに汚染されています。

あと一歩で駄目なレベルになるところです。
立ち直ることはすでに無理でしょう。
でも現実世界には未練も何もないでしょうから、
さらに上のレベルを目指して修行する必要があります。
どちらにしろ、一般レベルからかけ離れていることだけは確かです。
世間の人から白い目をむけられても恥ずかしがらない鍛練が必要です。


よし!ひとまずKOさんを上回りました>ぇ
いや、僕の方がオタクになってからの期間が長いですからね。
ベテランの意地という奴です(爆死)
 
【主な回答紹介】
・問7→アニメを見ている事を家族は?
A.兄貴にアニメネタが通じるというのも家族のうちですよね?

・問30→アニメキャラと結婚できたら?
A.回答は3番の準備はいつでも整ってます(爆)
 

美少女ゲーム汚染度チェック
 
あなたは 133.95%
美少女ゲームに汚染されています
 
もうかなり駄目なレベルに来ています。
美少女ゲーム依存症と言っても過言ではないでしょう。
立ち直ることはまず無理です。
美少女ゲームが無くなったら、そわそわして何も出来なくなるでしょう。
また旅行などに行っても、美少女ゲームをしたいと思う状態になり耐えられませんね。


あっ、やっぱりアニメより上に来ましたかw
僕のオタクの原点は何を隠そうアニメではなく美少女ゲームですからね。
当然の結果でしょう>ぇ

【主な回答紹介】
問26→あなたの理想のタイプは?
A.ある意味究極の選択?僕は2番の「美少女ゲームキャラ」を選択したダメ人間です_| ̄|○


Key作品汚染度チェック
 
あなたは 85.8%
Key作品に汚染されています。

あなたと相性がいいのは
霧島 聖です!!
 

え?聖さんとですか…
ていうか、根本的に聖さんと相性の良い人なんているんでしょうか?
まあ、何の根拠も無さそうなので気にしない方向で
 
【主な回答紹介】
・問11→Key作品のキャラクターのモノマネをしたことがある?
A.兄貴限定ですが、たまに使っちゃいますね。モノマネというよりもその場に合った台詞を使っているという感じですけど…

・問18→Key作品の小説は…
A.冗談抜きでkey作品の小説は全部持ってるかもしれません。


みずいろ汚染度チェック

あなたは 132%
みずいろに汚染されています。

あなたと相性がいいのは
まとも進藤です!!

あなたは、みずいろ先生です。
美少女ゲームにあなたが危険なぐらい汚染されています。
これ以上踏み込むと後戻りは絶対に出来ません。
後戻りするには相当な訓練が必要ですが
人としての尊厳をまだ持っているのなら今しかありません。
 

みずいろは思入れ深い作品ですからね…
高校時代という多感な時期
この作品に影響された部分は多々あったと思います。
 
まさに「みずいろ先生」と言う名に相応しいんじゃないかなとw
…って、肯定しちゃた。
 
【主な回答紹介】
・問14→みずいろ作品の物語を考えた事は?
A.実際、過去にみずいろの物語を書いた事があったりします…
ちなみに2作品あって、これとこれだったり…
(翌日で続きが見れます)


CLANNAD汚染度チェック

あなたは 118.9%
CLANNADに汚染されています。

あなたと相性がいいのは
一ノ瀬 ことみです!!

だいぶ汚染されてしまっています。
微妙ですが・・まだ平気です。
一般人に戻ることは命がけの気合いが必要ですが可能です。
家にある美少女ゲーム関連のゲーム、グッツなど速やかに焼き捨てましょう。
そうしないと取り返しがつかない状態になってしまいます。
 
 
Key作品汚染度よりCLANNAD汚染度の方が高いのか…
ていうか、パーセントの上限が100を超えてしまっている時点で基準がよく分かりませんし。。。
 
【主な回答紹介】
・問17→好きな髪型は?
A.長い髪が好き。これは譲れませんw
現に僕が萌えるキャラの大半は髪の毛が長いキャラですし(爆)


はい。とまあ以上で5つ全てのチェックを回答し終えて流石に疲れました。
KOさんは質問の意味が分からないと言っていましたが、むしろ項目にダメ出しをしたいくらいでしたね。
 
カノン砲は僕も何のことか分かりませんでしたけど…
 
しかし、結果を見る限り僕も相当染まっちゃてますか?
まあ、今さら何も言いませんけどね。

以前みたく脱オタを目指している訳でもありませんし(爆死)



女王の教室エピソード2を見ました。
いやぁ、凄まじい過去でしたね。
やはり焦点になるのは本編でも語っていた「どうして人を殺しちゃいけないんですか?」でしたが、演出が半端なかったです。
もう少し軟らかくしないとまた各方面からバッシングを喰らいそうでしたが…
何だかんだ言って最後には綺麗にまとめちゃうのは本編と同じですね。

しかし、相変わらず奥深い話ですねぇ。。。
このドラマを超える教師モノは今後しばらく現れないかもしれません。

…ところで、阿久津先生はいつからあんなに強くなったんでしょうね?


画像は、萌えゲーことウィズ アニバーサリィーのシャル
今日、デモムービーが公開されここに来て正ヒロイン・シャルの評価がグーンとアップしています。
こんな表情された日には…2人まとめて萌えちゃうかも?(核爆)



-△-

奇跡の逆転準決勝進出 2006,3,17 この日記を編集 削除

アメリカがメキシコに勝利し決勝リーグ進出を決めましたね。
 
まあ、これで良かったのではないでしょうか?
昨日は僕自身、感情的になって少し言い過ぎたと思います。
自分が不快に感じた事により読者にまで不快な思いをさせてしまったみたいで…今は反省しています。
王監督の言うように、シーズン中ならもっと打ててましたよね?
 
今はただただ昨日の敗戦を残念に思います。
ひとまず、代表メンバーの皆さんお疲れ様でした。
 
 
 
 
 
…っと、今日は書こうとしていたらアレ?

なんと、メキシコがアメリカに2-1で勝って日本の準決勝進出が決まったみたいです。

何ですか?この展開は…
諦めた時に限って何とかなるものですねぇ。。。
 
今回の日本の準決勝進出
そのカラクリを説明すると、まず前に言ったように初戦のアメリカ-日本戦でアメリカが後攻めだった為に9回裏にサヨナラ勝ちの1得点しか入らなかったこと
そして今日のメキシコ-アメリカ戦でアメリカが先攻めだったこと
結果、アメリカはメキシコに1点差で敗れた為に9回裏の守りを行うことができなかった。
そして、アメリカにとってはこれが致命的でした。

というのも、日本とアメリカの当該対戦の失点率は
・日本→5失点(17回2/3)
・アメリカ→5失点(17回)

という結果になっています。

つまり、アメリカが今日の試合「先攻」でメキシコにリードを許した事により9回裏の守りを行えなかった事がアメリカの守りのイニング数が少なくし、それが失点率で日本を上回れない結果に繋がりました。
本当、メキシコの勝利だけでなくこういう要因があったからこそ起きえた奇跡だと言えるでしょう。

それにしても、まさかアメリカがメキシコに負けてしまうとは…
いや元々、アメリカに不安要素がなかった訳ではありませんが、だからと言ってこの展開に期待するだけ無駄だったのもまた事実
何となくニュースなどでアメリカの戦い方を見て来ましたが結局、アメリカはチームではなく最後まで個人で戦っていたような気がします。
アメリカの2次リーグ敗退は本当に残念です。

さて、そのアメリカが敗退した事により奇跡の逆転準決勝進出を決めた日本代表は2日後にサンディエゴで再々度、韓国と対戦します。
国際大会で三度目の対戦が行なわれるのはかなり異例な事だと思います。
 
昨日、あんな事を言った手前少し複雑な気持ちもありますが、日本を応援する者としてこの準決勝進出は素直に嬉しく思います。
メキシコ、よくやった!
 
相変わらず韓国にどの面をさげて準決勝で戦えばいいのか分かりませんが、韓国には借りがあります。
正直、今でも準決勝で日本が韓国と戦う資格はないと思っていますが、ただあの3チームの中で一番その資格があると選ばれたのが日本だという事ですよね。
 
韓国に2敗目を喫した時はあまりのショックで一度は日本代表に幻滅すらしましたが、こうなったからには今一度、日本代表を応援させて頂きたいと思います。

次こそは、イチローが言った「むこう30年発言」のような勝ち方で明後日、登板した韓国の投手全員に失点をつけるような圧勝を期待したい。
今一度、僕に日本代表を応援させて下さい。。。
 
準決勝の韓国戦は日本プロ野球の真価が問われるWBCの決勝戦より何倍も大切な一戦になります。
こうなれば、上原→松坂の継投も惜しむ事なく注ぎ込んでもらいたい。
日本の野球界の威厳に賭けても今大会、韓国に三度負ける事は絶対に許されない。



女王の教室エピソード1を見ていました。
いや、後付けで作った割にはなかなか良かったと思います。
途中からは、全く別の作品として見てましたけどね(爆)

しかし、最近の小学生は扱いにくいですね…
今は小学校で給食を残しても昔みたいに何も言われないみたいですよ。
それどころか、ちゃんと給食代を払っているのだから子供に「いただきます」を言わせるのは止めて欲しいと学校側に抗議するバカ親がいる始末だとか

エピソード1後半の話は、みずいろの清香ルートに近いものがあったように思います。
自分だって誰のことも分かっていないのに、他人に自分のことを分かって欲しいと思うのは都合の良いこと

…何だか、一度触れた事があるパターンの展開を見てしまうと一気に萎えてしまいますね。
女王の教室エピソード2は明日も放送されるのでオススメです。



-△-

日本代表には幻滅した 2006,3,16 この日記を編集 削除

現在、PS2版 CLANNADは、ことみルートを攻略中なんですが10日経って未だにルートの半分までしか進んでいません…
 
アメリカの首都はニューヨークと見せ掛けてワシントンD.Cだぜ!

オーストラリアの首都はシドニーと見せ掛けてメルボルンだぜ!
(本当はキャンベラ)

アフリカ、チャド共和国の首都は「ンジャメナ」だから、しりとりで一度「ん」を付いても続行可能だぜ!
 
 
…なんだか、ネタとして一昔も二昔も古いんですよね(苦笑)

まあ、ゲームの開発自体が5年くらい前だったと思うのでこればかりは仕方がないかもしれません。

…にしても今年は初めてリアル野球ゲームのプロスピ3を購入しようと思っているだけに、できればそれまでに全クリアするのが望ましいんですけどプレイ時間的に厳しいですね。。。
 
幸福さんが後ろから迫って来ました…
追い抜かれるのも時間の問題っぽいです。



さて、WBCですが日本がまたもや韓国に敗戦を喫してしまいましたね…
日本代表にはガッカリです

まだ、明日の結果次第では決勝リーグ進出の可能性も残されてはいますが正直そんな事はどうでもいいです
 
日本が韓国に2敗した。
 
この事実の前では仮に今から世界一になったとしても素直に喜べたものではありません。
そもそも、万が一明日の試合でアメリカがメキシコに2点以上とられて負けたとして日本はどの面をさげて準決勝で韓国と対戦すればいいのでしょうか?
 
もう日本に可能性なんてありませんし、むしろ変な可能性を残さないでおいて欲しいです。
…それらを受けて明日、僕はアメリカが勝つことを支持したいと思います。
 
最後にもう一度、言わせてもらいますが日本代表には幻滅しました。
松井、井口が不参加とは言え、それはアメリカやドミニカと対戦して敗北した時に始めて言える事であって、まさか韓国に負けるとは思いもしませんでした
そして、何より韓国が予想以上に手強かった。

今、振り替えって考えてみると「イチローの30年発言」が韓国の選手に火を付けちゃいましたね。
ただ、だからと言ってそれで負けてしまう日本代表にはやはり幻滅してしまいます…
(韓国は準決勝進出により兵役が免除されるみたいです)

結果的に日本プロ野球のレベルが疑われる形となりましたが、頭を切り替えてシーズン開幕に集中していきたいと思います。

ペナントレースの事を考えれば日程的に良かったのかもしれないですね。
…激しく見苦しい言い分ではありますけれど(苦笑)

悔しいというよりも今日の敗戦には怒りすら覚えました_| ̄|○
アテネ五輪でもオーストラリアに2敗して、WBCでも韓国に2敗するという過ちを2度繰り返した
日本プロ野球のトップに猛省をうながしたい。



-△-

BBH金銭トレード完了 2006,3,15 この日記を編集 削除

ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)は14日、 今春に予定していた新型ゲーム機「プレイステーション(PS)3」の発売時期を11月初旬に延期することを決めた。15日に発表する。
ゲームソフトの記録媒体として採用する次世代DVD「ブルーレイ・ディスク」(BD)の規格作りなどが遅れて量産体制が整わないため。
関係者によると、今春発売なら当初は50万台程度しか商品をそろえられず、業界が初期出荷に必要と見込んでいた250万台を大幅に下回る見通しになり、品不足による消費者の混乱を避けるため発売を先延ばしすることにした。

世界的なヒットが見込まれるPS3の発売延期は、次世代ゲーム機のシェア争いにも微妙な影響を与えそうだ。

【ソース】
http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20060315k0000m020147000c.html

ひとまずこの決定を受けて、巷で噂されていたパワプロ13がPS3で発売される可能は限りなくゼロになりましたね。
ていうか、コナミが本当にパワプロ13をPS3で発売するつもりで開発していたのだとしたらこの決定は凄い誤算でしょうね…
他のゲームと違って、パワプロは発売日を延期して11月に発売する訳にもいかないですからね。



さて、早速ですが本日付けでBBHの我がチームに金銭トレードにより加入した選手たちの入団発表を行いたいと思います。
 
・井川(黒)
・SHINJO(黒)
・カブレラSP
・アレックス(黒)
・柴原(黒)
・尾形(黒)
 
以上、6選手のカードをセットで1300円という破格の値段で先日、取り引きが成立していました。
安い!とにかく相手を疑ってしまうくらい安かったです。
 
これで僕のチームもかなり強化されたと思います。
特にこの時期にSHINJO(黒)のカードを格安で手に入れられたのが大きかったですね。
追加カードのSHINJOはミートと走力が1づつ下がっていますから旧カードがそのまま使えるのなら、この旧バージョンのSHINJOは確実にこれから価値が上がると予想されています。
 
あと、阪神に不在の強肩外野手の獲得
これが最大の補強だと考えています。
というのも、このゲームの仕様上1ヒットで一塁ランナーが三塁まで進んでしまう事がよくあるのですが、最低限ライトに強肩の外野手を守らせておけば少なからずそういうケースを阻止できるんじゃないかなと考えているからです。
 
あと、これに長距離砲のカブレラが加わった事により長打力不足の打線にも恐さが出たと思います。
 
…いよいよ、本格的にチームの原型が崩れて来たって感じですけどね(苦笑)
 
ただ、実はもう僕の中では選手登録をさせる25名の選手が大方決まっていたりするんですよね。
とりあえず、現時点での構想では

【投手】
井川
松阪
上原
岩隈
渡辺俊
杉内
藤川
ウィリアムス
久保田
【捕手】
城島
矢野
【内野手】
松中
小笠原
川崎
西岡
シーツ
今岡
関本
藤本
【外野手】
赤星
金本
SHINJO
青木
和田

このチームのコンセプトは日替わりランチ…要は使い分けですね。
このゲームは選手の能力そのものよりも調子により左右される部分が大きいので試合では能力よりも調子の良い選手を起用した方がより勝利に繋がります。
また、プレイしている側の感覚からしても調子の悪い選手を起用するのはあまり気持ちが良いものではないでしょう。
やはり、誰でも選手の調子が良い状態でプレイしたいと思います。

そこで、僕が構想したチームが一つで3タイプのチームを楽しめるというもの
BBHの楽しみ方は色々とあると思いますが、どうせなら色んな楽しさを味わいたいんですよね。

具体的に何が3タイプか存在するかと言えば、スター軍団、快足チーム、純正チームの3つ
スター軍団は、この手のゲームをプレイしたら一度は組んでみたいとは思います。
快足チームは、以前にも言った通りBBHでは盗塁が非常に有効なのでそれを最大限に使ったチーム
純正はそのまんま。阪神のメンバーで戦います。

最も、登録人数に25人という制限があるので3タイプにおいていずれも中途半端な感は否めませんが、その時の選手の調子によってチームのスタイルを使い分けるというコンセプト、遊び方があっても良いんじゃないかなと思います。
まあ、まだ構想の段階なので最終的にどうするかはまだ未知数なんですけどね。



一昨日にちらっと書きましたが4/8阪神-横浜戦の観戦チケット・スペシャルBを定価以下の4000円で落札する事に成功しました。
※定価は5000円
 
こちらとしては喜ばしい限りなのですが、出品者的にはそれで良かったんですかね。。。
 
まあ、それはいいとしてこれで4/8と4/9の試合を観戦しに行くことが確定しました。
あとは、金本選手がケガをして記録が途切れてしまう可能性…は論外として開幕から雨で2試合以上流れない事を祈るのみです。
 
2試合続けて球場に観戦に行くのは初めての事なので2戦目は特に楽しみですね

…その頃は、大阪ドームを京セラドーム大阪と呼ばないといけないんですね。。。



WBCのメキシコ-日本は6-1で日本が勝利しました。

これで明日の韓国戦で日本が韓国を6失点以内に抑えるか2点差以上をつけて勝利すれば日本の決勝リーグ進出が決まりますね。
 
逆にアメリカは明日の日本-韓国の結果次第では決勝リーグ進出の道が完全に途絶されてしまうという何とも皮肉な形となりました。
考えてみればアメリカ-日本戦でアメリカが後攻めだったのが日本にとっては幸運だったと言えますね。
 
9回裏2死満塁…
あの場面で藤川がアレックス・ロドリゲスにサヨナラヒットを打たれたもののスコアに記録された点数は1点のみ
WBC特別ルールに基づいた順位選定方法は「直接対決での失点率」となっています。
この得失点率が順位選定に大きく関わるだけにあの9回裏2死満塁の場面が1失点に終わった(サヨナラゲームでそれ以上の余計な得点を入れられずに済んだ)のは日本にとって非常に大きかったですね。
 
さあ、こうなれば日本代表
明日の韓国戦は二重の意味で負けられませんね。



-△-

日本が決勝リーグに進出する為に残されたいくつかの道 2006,3,14 この日記を編集 削除

オープン戦の途中経過を携帯で確認したところ今日の日ハム戦で金本選手がオープン戦第一号となるホームランを放った事を知り、今年はキャンプから金本選手の調子の悪さを聞かされ続けていただけにとても心配していましたが、ひとまずこれで一安心かなと思っていたら…

2打席連発キターーー
3打席連発キターーー

あれよあれよの3打席連続ホームランを記録しちゃいました。
いや、もう唖然ですよ…
この物凄いスイッチの入り方はなんなんだと。。。
とにかく、今日の金本選手には驚かされました。

ただ、投手では橋本が1回2/3を5失点ですか…
江草が先発にまわれば橋本の役割がさらに重要になって来るだけにこれは心配ですね。
あと、地味に矢野にヒットが出ていないんですよね。。。


WBCの2次リーグ1組は韓国がアメリカを7―3で下したみたいで韓国は本当に強いですね…
それに比べて日本代表は。。。
日本プロ野球はこの事実を真摯に受け止めるべきですね。
(しかし、李スンヨプは韓国のユニフォームを着たらやたら打ちますね…)

さて、韓国がアメリカに勝利した事により韓国の決勝リーグ進出が決定的になりました。
決勝リーグで「アメリカともう一度決着を付ける」どころの話ではなく、そのアメリカを押しのけて日本は決勝リーグ進出を目指さなければならなくなりました。
最も、日本がこれから先の試合に2連勝して尚且つ韓国戦で大量得点を挙げれば日本とアメリカが準決勝で戦うというケースも残されてはいるのですが…

とりあえず、状況を整理すると日本が2連勝してアメリカがメキシコに勝つことを前提に3チームが2勝1敗で並ぶことになった場合、WBC特別ルールが適用され「直接対決での失点率」で順位を決定することになります。
(3項目目以降については省略)

現時点で
日本→8回2/3で4失点
アメリカ→17回で10失点
韓国→9回で3失点

WBC特別ルールに基づけば、日本は韓国戦で2点以上の差をつけて勝利すれば失点率において韓国の上位に立つことになります。
また、9回6失点以内に抑えればアメリカよりも上位になるので実質的に日本は2連勝さえすれば準決勝進出が可能と言ますね。
ちなみに、日本が韓国戦で7点以上を取って勝利した場合はアメリカに準決勝進出の可能性が出て来ることにもなります。

あくまでも日本が2連勝することが条件となりますが、3チームが2勝1敗で並んだ場合はアメリカが最も不利な立場になると言えます。
これらを受けて、とにかく明日のメキシコ戦に日本代表は絶対に勝たなければいけません!

日本代表、明日の勝利を期待してますよ。。。



…さて、ここからはかなり個人的な話になります。
まあ、独り言だと思って軽くスルーして下さい。
(独り言だと、それはそれでマズイですけどw)
 
さて、例の萌えゲーことウィズ アニバーサリィーのキャラ音声が公式HPで遂に公開され、迷うことなく今年のマジ萌えキャラ・ローラにカーソルを合わせて再生してみました。
 
 
……
 
 
第一声が微妙かも…
というより、僕のイメージと少し違うんですよね。
 
お嬢様属性と天然の2つがあって、僕が考えていたよりも天然の部分が強い印象
う~ん、もう少しお嬢様属性の部分を強めにしてもらいたかったんですよね…
 
まあ、全て僕の趣味によるものなんですけどね(爆)

あと、マジ萌えキャラはローラですがタイプ的にシャルというキャラも好みの分類に入りますw
ていうか、この司田カズヒロという原画さんの絵はかなり好みなんですよね。
 
好きな声優はあまりいませんが、好きな原画さんは確実に増えていってます_| ̄|○
※フミオ氏、有葉氏など
 
 
とまあ、そんな感じでとにかく4/28の発売が待ち遠しい一作品です。
何度も言いますが、それまでは死ねませんw>ぇ



-△-

アナハイムの悲劇 2006,3,13 この日記を編集 削除

普段なら絶対に自分からは目を覚まさないのですが今日は自然と6時半に起床しました。
どうやら、僕も朝起きようと思えばちゃんと起きれるみたいですねw
(WBCは日想で生実況してました)

テレビを付けて1回表にイチローが先頭打者ホームランを打った事を知り、プレイボールから見なかった事を少し後悔するもののイニングは2回表、日本の攻撃で福留が四球のあと岩村がヒットで繋いで小笠原が吃驚するくらい上手いバントでランナーを送って1死二、三塁のチャンス
この場面で今日スタメンマスクを被った谷繁が三振と嫌な感じになりましたが、そのあと9番の川崎が初球をヒットにしてランナーを2人還したのが大きかったですね。

ただ、そのあとアメリカはすかさずホームランで1点を返す
アメリカの打撃はパワプロのパワフルCPUみたいだなぁ…
てか、バットコントロールが尋常じゃないですね。
普段より落ちが悪いとは言え、上原のフォークが効かない

試合の途中で上空から見た球場の映像が映りましたが球場の周りが全部、駐車場だったのには驚きましたw
流石はアメリカですね。

それにしても、2アウトからでもアメリカにポカポカとヒットを打たれますね…
本当、それだけに内野好守には凄く助けられましたね

しかし6回、レオン・リーの息子D.リーに清水直が2ランを打たれて同点に追いつかれてしまいました。
当たれば「フェンス際の外野フライで切り抜けられる」なんていう期待感を霞めるぐらい簡単にスタンドに持っていきますね…

日本は7回裏
清水直がピンチを招くも藤田が薮田ナイスリリーフで無失点に切り抜ける。

そして8回表の攻撃
日本は制球に苦しむネイサンを攻めて1死満塁の大チャンス
この場面で岩村がレフトにフライを上げて俊足の西岡がタッチアップでホームを駆け抜けて日本が1点を勝ち越し!
ベンチに戻ってナインとハイタッチを交わす西岡と岩村の両選手

がしかし、このプレーに米国のマルティネス監督が主審に抗議を行ったところ、それを受けて主審がランナーの離塁が早かったという判断の元、まさかの逆転アウト判定…

非常にふざけた判定をかましてくれました_| ̄|○

そういえば、ここはアウェーでしたね…
しかし、せっかくWBCを凄い緊張感で楽しく観戦してたところで日本が勝ち越しに成功して気分が高まったところで一気に気分が悪くなりましたよ。
抗議している王監督なんて気分が悪いのを通り超しているでしょうね…

結局、判定が二度覆ることはなく日本はこのイニング無得点に終わる。
ちなみに、この判定に対する某掲示板の反応

これがアメリカのやり方か!
審判いくら貰ってんだ?おい?
ぜんぜんもんだいないやんけ!!!
イチロー言ってること本当だったんだな。最低だ
肉と一緒 最低


それでイニングは9回表
2死三塁からイチローが敬遠されて、西岡が四球で2死満塁
この絶好機に多村が外角のボール球に手を出して空振り三振
アメリカのサヨナラ勝ちが見えて来ました…

9回裏は藤川球児が登板
しかし、いきなり先頭打者にヒットを打たれて9番のウィンが送りバント
この処理で記録上は岩村に悪送球のエラーが付くがどちらかと言えば西岡のカバーが悪かった。
無死一、二塁となった場面でさらにアメリカは送りバントしてくるがこれは投手前のバントとなり藤川が三塁フォースアウト

しかし、それから2番ジーターに死球をぶつけてしまい一死満塁の絶命状態

この場面でカウント2-3から藤川があわや押し出しサヨナラとなるボール球を投げるが、このボールをグリフィー空振って三振
激しく助かりました_| ̄|○

しかし、ピンチはまだ続き打者はアレックス・ロドリゲス
1ストライク1ボールからの3球目
真ん中高めのストレートを打ち返され、打球はニ遊間へ

この打球をセカンド西岡が弾いてセンターへと抜けていくサヨナラヒットとなり3-4×…日本は敗れました。

ていうか、あれは西岡が捕球しても内野安打になるだけなのであそこは川崎に任せて西岡はベースカバーに入るべきでしたね。
一塁のベースカバーで足が離れた事といい7回のタッチアップが八百長臭い判定でアウトにされた動揺が残っていたんですかね…


まあ、心無い判定が絡んで敗れはしましたが正直、一人一人の能力の高さなんかを見ればアメリカが勝って然るべきな試合だったとも思います。
むしろ、日本はよく健闘した方ではないかなと
しかし、こうなるとメキシコ、韓国には絶対に勝たなければいけませんね…

そして、もう一度決勝リーグでアメリカと戦って今度はアメリカに勝ってもらいたいですね。
とにかく日本もアメリカも選手は本当によくやったと思います。
ただ、問題は主審にあっただけで…
(アメリカ国内でも議論になっているみたいです)

まあ、その一点さえ除けば今日のアメリカ-日本戦はとても楽しめました。
ハワイ旅行に行くことよりも今日パスポートの為に会社を休んでこの試合をリアルタイムで観戦できた事を嬉しく思いますw

…それでは、試合も終わった事なので大人しくパスポートを申請しに行きましょうかね。
まずは、市役所で戸籍標本をもらわないと。。。

市役所に行くなんてこの歳で初めての事なんですけど(爆)


さて、市役所で戸籍標本をもらって来ました。
その際に手数料で450円を取られましたが、市民の税金で給料をもらっている立場であるにも関わらずその労働に対して手数料を取るのはどうかと思います。
世の中、何か間違ってる…

それから旅券センターでパスポート発行の手続きを済ませました。
どうやら来週の申請分からパスポートにICチップが付いて来るらしい(偽造がされにくくなる)ので軽く来週からの申請を勧められましたが、そもそも今日はパスポートを申請する為に有休を取った訳で、ぶっちゃけパスポートを申請したところで一度しか使わないと思うので気にせず申請を済ませる事にしました。

-支出-
収入印紙・8000円
証紙・2000円
写真代・2650円

それから、3ヵ月前の健康診断で聴力の検査に引っ掛かっていたので耳鼻科で診断を受けました。

-支出-
診察代・2230円

あと、同じく3ヵ月前の健康診断で視力の検査にも引っ掛かっていたのでいい加減、新しいメガネを買いに行くことにしました。

-支出-
レンズ・フレーム代・23800円

それから、ネットオークションで4/8の観戦チケットを落札していたので、その代金を振込んで来ました。

-支出-
チケット代・4830円


…とまあ、今日一日で43960円も使ってしまいました_| ̄|○
いくら必要経費だとは言え、こうまとめてだと精神的にキツイですね。

それから今日は平日という事に目を付けて以後は思い存分BBHを連コイン狙いでプレイしに行くつもりでしたが、自転車で道を走っていると学生の姿がちらほら…
そういえば、今の時期は学校が終わるのが早いんでしたね。。。

今日はお金をたくさん使ってしまったのと学生がもう帰っているのなら平日でも効果は薄い(連コインは厳しい)と判断したので今日のプレイは見合わる事にしました。

…それに数日後に金銭トレードで獲得したカードが送られて来ますからねw(爆)>ぇ



-△-

阪神-巨人オープン戦観戦記 2006,3,12 この日記を編集 削除

今朝は天候が微妙だったのでギリギリまで様子を見ていましたが、そろそろ向かわないと試合開始に間に合わない時間帯になったので試合が行われる事を信じて、とりあえず甲子園まで行くことにしました。


……


願い叶って、何とか試合が行なえる程度の雨で済んでくれました。
できれば、晴れの日に観戦したかったものですが試合が行なわれただけでも幸運だと思いたいです。

12時53分
甲子園駅に着くとちょうど雨が止んでおり文字通り、試合開始直前に球場に到着して一塁ボックス最前列へ
よはさんに勧めて頂いたプロスピ3の体験会は試合開始直前という事もあり、残念ながら見送ることにさせて頂きました。すいません
 
阪神の先発は事前の情報通り、前日のヤクルト戦での登板を避けた井川慶
井川は雨の日「打たれると雨の為所にして」活躍すると「雨って結構、好きなんですよね」と発言するあまのじゃくっぷりで本当のところはどっちなのか僕にもよく分かりません(苦笑)
 
巨人の先発はグローバー
グローバーと言えば、今朝テレビで江川と徳光がローテの順番について話していた新外国人投手ですね。
…最も、江川の評価は何とも言えないものでしたけど(苦笑)


球場に入り、自分の座席に座ろうとすると徐に目の前1mの距離を井川投手が通り過ぎたのを見て軽く感動を覚えました。

両チームのオーダーを見ると、阪神がフルメンバーだったのに対して巨人は若手主体のオーダー
チーム事情が伺えますね…

試合は初回に1アウトを取った後、矢野と二岡に連打を浴びるもののランナーの矢野が中途半端な走塁で三塁タッチアウト
その瞬間、悲鳴から歓声へと変わる場内
 
…ただ、アウトカウントを稼いだ事よりも井川投手がヒットを打たれたという事実の方を重く受け止めてしまい、この瞬間を素直に喜べなかったのは僕くらいのものでしょう。。。
最も、これが公式戦なら僕も結果を重視して一緒に喜んでましたけどね。
 
その裏の阪神の攻撃
1番・赤星の打席でカウント2-3からバットに当たってファールだと思ったのが実は四球で無死一塁
う~ん、この角度からだとストライクも高低差しか分からないですし、そういうところはマイナス点かも…

2番・藤本のセンター返しの打球を遊撃手・二岡がグラブで弾いて阪神は早速の連打
ただ、この打球…小坂が二塁ではなく遊撃を守っていたら捕れていたと思うだけに阪神はラッキーでしたね
 
結局、1回裏はシーツの併殺の間に赤星がホームに還って阪神が1点を先制しました。

そのあと、井川はヒットこそ打たれるものの3回を無失点に抑えて降板
これは横の角度から井川のボールを見ていて感じた主観ですが、ストレートのキレが他の投手とそれとは違ってましたね。
 
投手が井川から相木に代わって迎えた2イニング目の5回表に一旦、トイレの為に席を外したところ、遠目にではありますが通路裏で記者からインタビューを受けている井川投手を発見!
試合の事も忘れて、暫しその光景を見ていました。

そのあと、自分の座席に戻ろうとしたら今度は背番号40を付けた選手が僕の隣を横切り一般通路を素通りして行きました。
帰ってから調べたところ、なんと8回から登板した桟原選手だった事があとから判明しました。
そうと分かっていれば、BBHの桟原選手のカードにサインをお願いしたのにw
(でも、目つきが恐いので話かけづらいかも…)
恐らく、ブルペンに向かう途中だったんだと思います。
…にしても、移動に一般の通路を使うなんて大胆ですねw
結局、誰からも声を掛けられてませんでしたけどね>ぼそり

さて、試合の方は途中から金本の代わりにレフトの守備についた浜中が捕殺を決めれば、打っては8回裏に堂々の2ランホームラン!
今日は、攻守で濱中に収穫の多い試合でしたね。
 
一方、巨人はと言えばレギュラークラスでないにせよ守備に荒っぽさが目立ち、リリーフの久保が打ち込まれて途中降板とピリっとしませんでしたね。
主力に怪我人が出ている事もあり、今シーズンの巨人に対する評価が少し下がる結果となりました…

          H E
巨人 000 000 002 2 10 2
阪神 100 001 03×5 7 0

勝・井川
S・桟原
負・グローバー

本塁打・濱中2ラン、清水2ラン


そして、試合が終わり帰宅する際に梅田駅に下車したので梅田駅から徒歩5分のところにあるBBHが設置してあるラウンドワンに懲りずに行って来ました。
ただ、そこは休日という事もあって「待ち人数8人」と半端なく流石に待つ気にもなれずこの日はプレイを断念して帰宅しました。

とまあ、そんな一日でした
結構、充実した一日だったかな…


明日は月曜日で本来なら仕事なんですが、会社のハワイ旅行に行く為に必要なパスポートを申請しないといけないので明日は有休でお休みを頂いています。
ちなみに今週中ならいつでも良かったにですが明日を選んだ理由というのが…

WBCのアメリカ-日本戦を自宅でゆっくり観戦する為です(爆)

…もちろん会社の人はそのことを知りませんw



-△-

自ルールに反したプレイ 2006,3,11 この日記を編集 削除

とりあえず、今日は自分で定めた週一というルールに反してBBHをやって来ました_| ̄|○

昨日行ったソフマップの店内でも流れてましたが「プレイしたい時がプレイしどき」ってねw
…違うか
 
まあ、今日は特にスケジュールもなかったのでプレイしに行こうか迷っているくらいなら行っちゃおうと
とりあえず、今が初期段階のピークっぽいので


お店に行くと4席がフル稼働していたものの人数待ちはなし
早速、店員に言って整理券をもらいました。
…大阪の待ち時間に比べればかわいいものですね。
 
少しした後、規定の2ゲームをプレイせずに一人が席を離れたので早速、昨日500円で購入した松坂(黒)をチームに登録してプレイ開始すると
 
いきなり松坂が絶好調と来ましたかw

迷わず先発に起用
ちなみに対戦相手は2勝2敗の人
相手の強さを計る上でランクはあまり関係ない気がするので割愛します。

試合はパワーオート2に設定した松坂が相手打線を6回1アウトまでパーフェクトに抑え、最終的に散発3安打完封という堂々の結果を残してくれました。

…最も、これが「完封」ではなく「完封勝利」なら尚よかったんですけどね(爆)

排出されたカードは藤本と小池の2枚
藤本は早速、ノンカード選手と交換で登録しました。
 
第二戦目
ここまでの打率がとうとう.030を下回ってしまったシーツを遂に外して先程、手に入れたばかりの藤本をスタメンで起用
 
それで先発はノンカードの井川でしたが…2失点
ちなみに第一戦から投手の打順で必ずVSモードを仕掛けるという強行に出て2度、二塁打を放つことに成功しました。
…ただ的が当たったからって必ずホームランになる訳ではないみたいですね(汗)
 
しかしながら、それが得点には結びつかず逆に相手からのVSモードに対してはここまで全敗中と、もはや重傷の域に達しかけています。
 
試合は0-2で敗北
何気に0勝3敗と井川が我がチームの負けを井川が一気に背負っている形となっています…不憫だ
 
排出されたカードはアルモンテと高木の2枚
登録選手に変更がないまま第三戦目に突入
 
先発は、またもや絶好調の松坂
体力が思ったより回復していたので期待を込めての起用となりました。
 
試合は一回から動き、初回にいきなり赤星がヒットで出塁
こうなれば、やることは一つしかなく早速、盗塁を試みて見事に成功
…三盗もやってみる?(爆)
 
そして、シーツの代わりに2番に起用した関本には進塁打狙いの流し打ちを指示
すると、これがヒットになり赤星が一気にホームまで生還し早々と1点を先制しました。
※BBHでは二塁から1ヒットでホームに還れる事があまりありません。
 
しかし、初回に1点を先制したものの不味いことになりました。
初回の1点を守り抜くほど神経を使う試合もないんですけど…?(苦笑)
 
僕の場合、ピンチになるとパワプロでもBBHでも内野は必ず後退させています。
ただ、そんな采配をしていたら1死二、三塁の場面で内野前進させるのを躊躇ったのが裏目に出て内野ゴロの間に同点に追い付かれてしまいました_| ̄|○
 
一気に逆転されるのを嫌っての采配でしたが、やはりこういう場面では内野前進にしておくものですね(苦笑)
 
排出されたカードは浅井と飯田SPが当たりました。
う~ん、SPだけど残念。。とりあえず、守備要因で使えるかな?
 
…飯田SPを見た瞬間、リバーさんが頭をよぎったのは内緒です(苦笑)
 
 
それから順番待ちの人と交代して暫し小休憩
合間にQMAをプレイしましたが予選三回戦で敗退
ていうか、予選の問題に「アニメ&ゲーム」と「スポーツ」が選ばれなかった時点でテンションが下がりまくりです…
プレイ終了後、はじめてレベルがアップしました。
 
 
それから、また僕の順番が回って来て今度は4勝3敗3分の人と対戦
久しぶりにスター軍団とは言わないものの強いカードを数枚入れているチームと対戦しました。
 
…結果は、0-1で敗北
う~ん、なかなか勝てませんね。
ちなみに、この試合から代打○の効果に期待して試しに初芝SPを登録させてみたところ見事に代打でヒット放ってくれました。
排出されたカードは篠原と秀太の2枚

その次の試合については失念してしまったのですが確か引き分けだったと思います。
それで排出されたカードが岩隈(黒)とスペンサーで、どちらかと言うと投手よりも野手が欲しかったんですけど、とにかく岩隈(黒)GETキターーー
 
それで次のプレイ
早速、スペンサーと岩隈を登録して岩隈は先発に起用
そして、その対戦相手というのがリバーさんも吃驚するくらい横浜の選手カードのみを使って構築された完全純正の横浜ベイスターズ
しかも、これまでの対戦成績が2勝2分の負けなしと相手の監督はかなりの強者である事が予想されます。
 
それで、いざ対戦開始してみると予想通り、むこうの監督は素晴らしい采配をして来ました。
今までの基本スタンスだった「ヒット&ラン」を完全に封じ込められ、こちらの裏を欠く意外性のある采配
 
僕自身、相手監督の采配には色々と学ぶことが多かったです。
特に2アウト後、相手の指示に便乗して「ヒット&ラン」でランナーをスタートさせているのには、「ヒット&ラン」にはそういう使い方もあったんだなと意外と今まで気づいていなかったところを相手にお教えて頂いた感じです(苦笑)

試合は結局、0-0の引き分け
最も、僕はカードで圧倒していた分だけ内容は相手の方が上でしたね。
排出されたカードは二岡と志田の2枚
二岡は迷いましたが、メンバーから外す選手もいなかったのでコレクション用へ

そして本日、7試合目

えっと…またさっきと同じ完全純正の横浜ベイスターズの人と当たりましたw

前回の対戦を終えてから同時に始めたにせよ、これって珍しくないですか?
ちなみに純正で戦っている相手には悪いと思いつつ今回は松坂(黒)を先発させてもらいました。

さて、この試合
初回に赤星がヒットで出塁したのを良い事にすかさず二塁へ盗塁→進塁打→ホームエンドランのコンボで早々と1点を先制し、3回には珍しくタイムリーが続いて一気に3点を奪うことに成功し、3回までに4-0としました。
…最近、犠牲フライ指示をしてもなかなか働いてくれないだけにホームエンドランは邪道っぽい作戦ですが、なかなか有効かもしれません。
あと、赤星の盗塁は味方ながら強力過ぎますね…
ここまで盗塁警戒されているにも関わらず12回連続ノーミスで成功中ですw
最も、相手が捕手に城島とかを使って来たらどうなるか分かりませんけどね。
とにかく、赤星に限らずBBHは快足チームがかなり有効かもしれません。

試合は村田に一発こそ浴びるものの4-1でようやく本日初勝利を果たしました。
と、ここで順番待ちの人の交代する番になったのに加えてそろそろ時間が良い頃合になったので帰宅することにして最後の最後で引いたカードが下山と前田SPでした。

SP三枚目にして、ようやくスタメンで使える選手が当たりました。
次回から6番ライトで起用したいと思います。


とまあ、そんな感じで今日一日で7回プレイして成績は1勝2敗4分
BBHに費やした時間はおよそ5時間弱で使ったお金は3600円+電車代となります。

う~ん、何だか軽く豪遊して来た気分です。
って、流石にそれは言い過ぎというか安っぽいにも程がありますかね?
今までゲーセンでお金を使い込んだ事がありませんでしたからね…
軽度のカルチャーショックという奴でしょうか?


さて、明日は阪神-巨人のオープン戦を観戦しに行く予定ですが明日の降水確率は50%ですか…
「明日、晴れますように」とまでは言わないにしても、せめて試合が行える程度の雨でお願いします_| ̄|○

それと悪い阪神ファンにはニュースでウィリアムスが実戦復帰までに3ヵ月かかる見込みだとか…
この際、ウィリアムスは戦力として考えない方が良いかもしれないですね。。。


…今週はBBHにハマった影響でCLANNADは一人もクリアできまませんでした_| ̄|○



-△-

補強よりプレイ回数を優先したい 2006,3,10 この日記を編集 削除

さて、予定通り仕事帰りに寄り道をしましてBBHのカードを購入して参りました。

当初は、難波のカードショップに行くつもりでしたが、オタクの悲しい性とでも言いましょうか…
色々と事情がありまして日本橋で目当てのものを探すことにしました。
 
それで、まず立ち寄ったのがイエローサブマリン2号店
 
情報通り、値段設定高っ!
 
松中(黒)1400円…
金城(黒)1800円…
井川(黒)1900円…
新庄(黒)2520円…
ウィリアムス(黒)2500円…
関本(黒)2800円。。。

ありえないくらい高かったです_| ̄|○
てか、いくら今季限りで引退したからって元木(白)が1800円はないだろうと
 
…まあ、始めからここには期待していませんでしたから気を取り直して本命に行ってみましょう!
 
ソフマップソフマップザウルス2号館7階レンタルショーケース
 
つい数週間前にも「掘り出し物がないかな?」と覗きに来たのですが、その時はBBHに興味がなかったのでBBHのカードが売られていた事は認識していたものの選手のカードと値段まではしっかり見ていなかったんですよね…(苦笑)
 
なので、今日はどちらかと言えばその時のモヤモヤ感を解消する為に日本橋までやって来たと言っても過言ではないでしょう。
 
それで早速7階へ
ちなみに、かなり余談ですが先日予約して来た萌えゲーことウィズ アニバーサリィーが予約ランキング5位にランクインしていました。
ただ、魔法学園モノに当たりなしのジンクスがあるだけにこの作品も単発で終わっちゃいそうですけどね(苦笑)
 
 
さて、本題に戻りまして早速、レンタルショーケースを一つ一つ念入りにチェックしていくと。。。
 
あっちもこっちも相場を吊り上げた金額ばっかり提示してやがります_| ̄|○
 
最も、わざわざこういう場所を借りて販売している訳ですから相場以上で売らないと意味がないのかもしれせんけれど、それにしたって井川SPの価格4000円はないと思います(爆)
黒カードで十分だと割り切った僕ですが、そこは井川投手のファンだけに井川投手だけはSPを購入しようと目論んでいたのが見事に足元を見られた感じです。
 
それなこんなで流石にこれは買う気になれなかったので購入を断念しました。
…というより、井川投手に限らず殆どのカードが相場以上の値段設定だったのでとても買う気にはなれませんでしたね。
 
ただ、そんな中で唯一ショーケースの隅っこで見つけたのが松阪大輔(黒)500円の値札
ちょうど昨日からメールを取り合っていたシュールストロムさん曰くこれは「かなりお買い得」だそうで即お買い上げ
寸前のところで何とか来た甲斐がありました。

ただ結局、本日購入したカードは松阪大輔(黒)の1枚のみ
値段の高さも去ることながらカードを購入する際、どうしてもBBHのプレイ回数と照らし合わせて考えてしまい例えば今が狙い目のSHINJO(黒)1500円を見た場合

あっ…1500円あればBBHを3回もプレイできるなぁ。。。とか真っ先に考えてしまう訳ですよ。

分かってはいましたが、自分でも驚くくらいその辺りのケチさが露骨に出てしまい購入には踏み切れませんでした。

そんな訳で、やはりプレイしながら手に入れたカードを使ってチームを少しづつ補強する事にしたいと思います。
まあ、モノによっては本当に買う場合もあるかもしれないですけどね。

…とりあえず、今は買った直後に松坂(黒)が当たらないかビクビクしています(苦笑)
にしても、金銭補強の割にはこの松坂(黒)には…早速、妙な愛着が沸いていますw

ちなみに、今日になってようやくBBH用のスリーブを購入しました。
実は今までカードをスリーブに入れると「機械がカードを読み込んでくれないのではないかな」と思いカードを裸のままでプレイしていたのですが、昨日カードを確認したところいきなり小笠原(黒)に軽いキズが付いてました…
まあ、黒カードだったのでまだ良かったんですけどね。

で、某所で確認してみたところどうやらスリーブを入れてもちゃんと機械で読み込んでくれるとのこと
恐らく、この裏面の数字の部分を機械が読み込んでカードの識別をしているっぽいですね…
てっきりカードの裏に磁気でも付いているのかと思っていましたよ(爆)

しかしながら、カードにスリーブをするという基本的な行為をしていなかった自分に激しく反省
遊戯王カードをやっていた頃からカードのスリーブは基本中の基本だったのにね。


…ちなみに今日、BBHのカード探しだけでなく、そっち系の店にも一通り足を運んだことは言うまでもありません(苦笑)



-△-

BBH補強を検討中 2006,3,9 この日記を編集 削除

今日も仕事が定時に終わり昨日の勢いそのままに「今日もBBHをプレイしに行こうかな」という選択肢に激しく葛藤させられましたが結局、昨日は自宅に帰ってからネットをしたくらいで他には何もできませんでしたね…
 
誘惑に負けそうになったものの、そういう時間的な面を考慮して今日は真っすぐ帰ることにしました。
 
 
それでBBHの話
昨日の「プレイまでの待ち時間」についてお答えて下さったイノマーさん、リバーさん、賢太さん改めて有難う御座居ます。
 
店舗の立地条件もそうですが特に時間帯が大きく関わって来るようで、やはり平日の午前中が一番の狙い目みたいですね。
…ただ僕の場合、昨日も述べたように会社帰りに立ち寄ることが前提となっている為、午前中に行くのはまず不可能
むしろ、平日は普通に毎日仕事ですからね。
BBHが人気なのは嬉しいんですが、こればっかりはどうしようもないですね。。。
 
これだけ順番待ちが出ているのだから、他の店舗ももっとBBHを設置してくれれば良いんですけどね。
 
 
さて、それはそうとリバーさんの話によればオープン戦期間が終わってシーズンに突入するとまずは上段者から洗礼を受ける事になるらしく、その光景が容易に想像できてしまうだけに今の戦力のままではマズイかなと思い始めています。
 
昨日、選手カードの購入は「邪道」みたいな言い方をしましたが、やはりそこそこの補強は必要になってくるのかもしれません。
これが途中参加なら尚さらで、何よりカードがないとBBHの折角の面白さも半減してしまいますからね…
カードを購入する事で少しづつチームを強くする楽しみは失われてしまいますが、それでも補強は必要だと考え始めています。

ただ僕の場合、GRやSPといった「レアカードが欲しい」とは言いません。
個人的にBBHをプレイする上で固執した最強を目指している訳ではなく、あくまでも普通にBBHを楽しむ分には高いお金を支払ってまでGRやSPを買う必要はないと考えているからです。
僕としては、GRやSPを買うお金があるのならそのお金をプレイに回したいですね。
それに、あまりカードにお金をかけ過ぎると途中で止めるに止められない状態にもなりかねませんからね(苦笑) 

とにかく贅沢は言わないので阪神の黒カードだけでも手っ取り早く揃えたいところです。
そんな訳で明日の仕事帰りにでもカードショップに行ってBBHの黒カードを一通り購入して来ようかなと目論んでいたりします。
ただ、その際にネックになるのが近々追加されるという「新カードの存在」だったりで…

聞くところによると、05年シーズン終了時のデータで120枚以上が新たに追加されるらしいのですが、新カード追加後の同名選手の旧カードの扱いはどうなるのか?
今のところ様々な憶測が飛び交うだけでコナミから具体的な告知が一切ありません。
最悪、新カードが出た選手に関しては旧カードそのものが完全に使用不可になる恐れがあるだけに迂闊にカードを買えないのが現状です。

最も、新カード追加に伴い、旧カードを完全に使用不可にしてしまうとそれまでのユーザーが一気に離れてしまう恐れがあるだけにその可能性は考えづらいのですが、逆に旧カードの使用を認めてしまうとせっかく05年終了データに対応させているのに、いつまでも去年の選手データがデータ上に残ってしまう事になるので正直、これについてコナミがどういう対応をして来るのかが読めないでいます。
(無難なところでは、旧カードでも既に登録澄みなら引き続き使用可能で新カードが出た選手については旧カードで新たに新規登録をできなくする事だと思うんでけどね)


…なので、とりあえず明日はそれらの事を念頭に入れてあまり高価な買い物は避けたいと思います。
そして明日は新カードで能力ダウンが予想される主力選手を中心に購入し、逆に新カードで能力アップが予想されるカードは購入を見送る方針で行こうと思います。

具体的には、井川やSHINJOは能力ダウンが予想されるだけにこの機会に是非とも手に入れておきたいですね。
逆に能力アップだと下柳、安藤、金本、今岡、藤川、ウィリアムス、久保田はほぼ確実でしょうから仮に明日、黒カードが格安で売られていても買わないようにしたいと思います(苦笑)


…ところで、お金でカードを購入したらそれは立派な「金銭補強」って事になるんでしょうか_| ̄|○
でも、小笠原(黒)は自分で当てたカードなので立派な生え抜きですよw>ぇ



-△-

BBHプレイヤー宣言! 2006,3,8 この日記を編集 削除

6割強のユーザーが「ブログを読んだことがない」と回答

ブログを頻繁に読むインターネットユーザーはわずか9%しか存在しないという結果が、Gallupの調査で明らかになった。
ときどき読むと回答したのは11%で、13%がほとんど読まない、66%が一度も読んだことがないと答えたという。

【ソース】
http://blog.japan.zdnet.com/dp/a/000340.html

たしかに少なくだろうとは思っていましたけれど、こうやって数字で出されるとブログ執筆者としては地味にショックですね…
最も、僕の場合はブログのみではなくサイト+αという形でやっているのでこのデータよりはまだ読者は多いと思っていますけどね。
ただ正直なところ、僕の日記はサイト+αだからこそ成り立っていると思っています。
僕の文章力&分析力などを総合的に見た場合、ブログだけをメインに活動するのは厳しいでしょうからね(苦笑)



往生際の悪いことにBBHの設置店舗についてあれからまた調べていたところ、どうやら仕事帰りに立ち寄ることにした場合、一番近い店舗まで最短で約20分で行ける事が判明しました。
 
最も、相変わらず移動するのに電車代が掛かるので頻繁に行きにくい事には変わりないんですけどね。
それでも、自宅から行くよりも遥かに距離が近い分、電車代がかなりリーズナブルなお値段(ここ重要)となっており、往復の電車代がこれくらいで抑えられるのなら週一くらいでプレイしに行く分には支障がないと判断しました。
 
いてまえさん同様、僕のBBH人生は今日これから始まります。
ちなみにプレイヤー名は「ナックルさん」でプレイしておりますので万が一、対戦する事になった場合はお手柔らかにお願いします。

 
 
……
 
 
さて、そんな訳で久しぶりに仕事の方が定時で終わりましたので早速、一週間のうちの一回を今日使って来ましたw(爆)
 
が…しかし、やっぱり大阪は混んでますね。
いきなり5人待ちとかでしたよ_| ̄|○
(1ゲーム交代制)
 
整理券をもらって、時間潰しにとQMAをプレイ
 
・ノンジャンル2位
・学問1位
・芸能で予選落ち…
 
予選とは言え初めて1位が取れたような気がするので嬉しかったですね。
まあ、○×だったのが幸いしたんですけどね(苦笑)
それで、予選3回戦で予選1回戦と2回戦のトップが揃って予選落ちしている罠
 
何だかなぁ。。。
 
 
それからは、ひたすらBBHの順番待ち
幸い、携帯で今日の日記を書いていれば有効に時間を潰せたので何てことはありませんでしたけどね。
…ただ、やっぱりプレイ待ちをしないといけないのは辛いです。
 
30分ほど待って、ようやく順番がまわって来てプレイ開始
他のベテランプレイヤーが台に選手カードを並べているのに対して僕が取り出すのは初プレイ時に手に入れた小笠原道大(黒)のカード一枚のみ…
早くスタメン全員をカード選手にしてみたいものです
(どこまでやる気だとw) 

ただその際、ネットオークション等で選手カードを買ったりは一切しない方針です。
まあ、当然でしょう…
あくまでも自分が直接手に入れたカードのみを使っていきたいと思います。
あっ、もちろんトレードはアリですよw
 
…せっかくなので、捕手をデフォ野口からカード里崎にチェンジすることに
 
 
オーダー設定時に小笠原の調子が絶不調だったのを見て絶句しつつ、どんな相手と当たるかなと楽しみにしていたら…
 
落合博満監督
CPUとですか。。。
 
試合は5回表・ランナー一塁、三塁の場面でミート、犠牲フライ指示の関本がまさかの3ランホームラン!
 
あとは、3点というBBHにおいて十分過ぎるリードを安藤→藤川→久保田のリレーでシャットアウト零封
CPUが相手だと、ヒットを打たれても簡単に併殺を取れるので楽ですね…
 
対CPU戦だったものの会心の試合運びで地味にBBH初勝利を記録
次は対人戦での初勝利を誓いつつ出て来たカードは出口と末永でした…
オーダーに変動なし
 
それから、また携帯を弄りながら30分待ちをして迎えた第二戦目
 
今度は人間と当たりますように…
 
落合博満監督
またCPUとか_| ̄|○
 
う~ん、やっぱりオープン戦は人数が少ない分、他プレイヤーの人と当たりにくくなっているんですかね?
 
試合はチャンスを作りながらも、お互いにあと一本が出ずに無得点
ちなみにこの試合で打順も下位だったので久しぶりにランナー一塁の場面で「ヒット&ラン」ではなく「バント」を指示したところ…
 
二塁フォースアウト。。。
 
すかさず、9番の投手にもバントを指示すると今度はよりによってダブルプレーになる始末_| ̄|○
 
…もうバントは信用しません。
 
出て来たカードは栗原と桟原
とりあえず、両選手とも登録することにしました。
 
 
……
 
 
さらに30分待ちをして迎えた第三戦
 
三戦目にして、ようやく対人戦が組まれました。
相手の対戦成績は2勝12敗2分で元のチームは広島
オーダーは2番ショートに宮本が加わっているのみ
 
…これは元のチームの戦力差から言っても負けられませんね!>ぇ
 
そんな意気込みで望んだ一戦
如何せん、先発の状態が悪くて不覚にも相手に2点を先制されてしまう…

その後、チャンスを作り今岡の犠牲フライで1点を返して「一戦必勝」と言わんばかりの起用法を披露するものの要所をVSモードで攻められて見事に全敗_| ̄|○ 
1点ビハインドで9回裏2アウトランナー無しとなったところで一発同点狙いにと今度はこちらからVSモードを仕掛けると、よりにもよって相手はど真ん中を選択
 
その結果…
 
 
空振り三振ゲームセット
 
相手がセオリー通りに攻めて来るのを信じて外角低めに的を張っていたのがあえなく撃沈
ていうか普通、1点差の場面で「ど真ん中」という選択肢はないでしょう…
まあ、そういうの込みでの選択だったのかもしれませんけど。。。

そもそも、別に勘が外れたからこんな事を言う訳ではありませんが、この「VSモード」って実際のところどうなんですか?と
 
一般的に「配球を読む」というのは、それまでの投球を元に予測するものであって、いきなりコースだけを選んで予測するものではないと思います…
 
とりあえず、僕から言える事はVSモードは圧倒的に投手が有利でコースを予測するとかいう野球的な要素よりも圧倒的に運の要素の方が強いという事ですね(爆)
…これだけは選手能力を無視する勢いでどうしようもないだけに、このシステムと上手く付き合っていく事がBBHをプレイする上で何よりも大切な事なのかもしれません。
 
 
3戦目を終えて時間を確認すると21時前…
30分待ち→プレイ→30分待ちの繰り返しでいつの間にか3時間も滞在していました(苦笑)
 
う~ん、比較的近場でBBHをプレイできるのは良いのですが、この待ち時間の長さはちと考えものかも…
そういえば、他にBBHをやっている方のところはどんな感じなんでしょうか?
参考にしたいので良かったら教えて下さい。。。

三戦目で手に入れたカードは本間と館山の2枚
結局、今日は良いカードが一枚も出ませんでしたね…
それにしても、BBHは何気に病み付きになってしまうかもしれません。
お金は掛かりますが正直、面白いです。


3番を任せている小笠原道大(黒)が打率1割以下と全然、活躍してくれないんですけどね…



-△-

成立しない娯楽 2006,3,7 この日記を編集 削除

本日、とうとう正式に決まってしまってみたいです…
プロ野球のセ・リーグは7日、東京都内で理事会を開き、2007年シーズンから日本シリーズ出場権を争うプレーオフを初めて実施することで合意した。

合意した…
合意した…
合意した…

勝手に合意してもらいたくないんですけど_| ̄|○

セ・リーグの場合、プレーオフは現行のレギュラーシーズンと同じ146試合で実施することを条件としており、リーグ優勝球団はプレーオフを制したチームではなく、これまで通りレギュラーシーズンの1位チームとする方針だとか

プレーオフを導入するなら146試合制は明らかに見直すべきでしょう…
優勝チームが「レギュラーシーズンの1位チーム」という点は評価したいですけど、それだとプレーオフが日本シリーズの出場権を獲得する為だけの戦いでしかなく、そんな決め方をした日本シリーズに如何程の価値があると言えるでしょうか?
…これはこれで、激しく巫山戯た制度ですね。

いっその事、どうしてもプレーオフを導入するなら以前、パームボーラーさんが述べていたような12球団3地区制にするのが望ましいと思います。
その場合、日本シリーズは3地区の優勝チームと3地区の中で最も勝率が高い2位のチームを加えた4チームでトーナメントを行うという形式が良いんじゃないかなと思います。

…まあ、それは現実問題として実現が難しいとしても来年からセ・リーグもプレーオフが導入されるのは残念で仕方がありません…
今からでも何とかならないものですかね。。。


あと、プロ野球の地上波放送についてフジテレビは具体的な数値として巨人戦の視聴率が15%を下回れば生中継中止を検討するようです。
15%って…どう考えても厳しいですよねorz
一生の趣味だと思ったプロ野球観戦がどんどんマイナーな趣味へと変わっていく。。。



少し前までゲーセンに通い詰めていた後輩の彼にBBHの話をしたところ徐に「そういえば、○○に野球かサッカーのオンラインがあったような気がしますよ」と言って来たのでBBHの設置店舗には載っていなかったような気もしましたが、モノは試しにと仕事帰りに確かめに行って来ました。
 
 
そんな訳で某ゲーセンに到着
定期で途中下車できるのでここにBBHがあれば場所的には最適なんですけどね。
それにしても、初めて入るゲーセンって妙に緊張するんですよね…
 
そんなこんなで店内を見回っていると数多くのオンラインアーケード機が置いてあるのを確認し、これは期待できそうだなと店内を隈無く探し回った結果
 
BBHなんて何処にもありませんでした_| ̄|○

ていうか、後輩の彼よ…
いくら興味のないジャンルだからって野球とサッカーを間違えるのは流石にどうかと思います_| ̄|○
 
…結局、BBHは限られた地域に住んでいる都会人の遊びって事ですね。
土曜日に行ったところは片道だけで約40分、それ以上に電車代がバカにならないので気軽に行けるようなところではありませんからね…非常に不便です。

まあ、おかげで諦めはつきましたけどね。
 
それこそ定期的にプレイしているうちにいつの間にか熱中してしまってイノマーさんの日記に出て来た通算200勝の相手プレイヤー(1プレイ500円×200回=10万円)みたいな事にもなりかねませんからね(苦笑)
 
「お金を守る」という意味では近場にBBHがなくて良かったのかもしれません
 
 
それで、せっかくゲーセンまで立ち寄ったのにそのまま何もしないで帰るというも癪だったので適当に1ゲームだけでもプレイする事にしてそこで選んだのが今どき「ぷよぷよ」
結果はまあ、4戦目であっさりCPUに負けちゃいましたけどねw
ていうか、この「ぷよぷよ」プレイ中に急に色が変わって難易度が激アップするんですけど…
 
って、古いゲーム機だったので単に画面の調子が悪かっただけなんですけどねw>ぉぃ
 
 
そんな感じであとは何もしないでそのまま帰宅
BBHは…今でもプレイしたい気持ちはありますが、とにかくBBHが置いてある店までプレイしに行くのが不便かつ交通費が掛かります。
こういう状況下だとプレイしたいという気持ち以上に現実的な壁の方が大きくて娯楽としては成り立たないですね(苦笑)



-△-

漫談とか 2006,3,6 この日記を編集 削除

花粉症ですが…
とうとうティシュなしでは外を歩けない身体になってしまいました。
 
鼻水が止まりません…
 
まあ、毎年のことを今さら嘆いたところで仕方がないのでとりあえずは鼻のかみ方にだけ気をつけたいと思います。
鼻をかむ機会が増える分、それだけゆっくりかまないとすぐに鼻の下が赤くなってしまいますからね。

 
 
聞くところによると今年のドラえもんの映画は過去の映画(のび太の恐竜)をリメイクして上映しているみたいで…
呆れて言葉も出ません。
 
今の子供は過去の映画を知らないですからリメイクでも問題ないのかもしれませんけど、それならテレビのドラえもんも過去の再放送を流せば良いような気がします。
 
まあ、それを言うにしても既にドラえもんを見る年代でなくなった僕が口を挟むのもどうかと思いますし、今はもう「僕たちのドラえもん」じゃなくて「子供たちのドラえもん」なんですよね…
 
だから、言葉は変ですけど温かく見守るしかないのかもしれません。
相変わらず、納得はしてませんけどね…
 
 
さて、リメイクはリメイクでも劇場版Zガンダムはアニメ版と内容が少し違うみたいですね。
最も、Zガンダムはあまり詳しくないので僕が見ても何処が変わったのか分からなさそうですけどw
機会があれば、この期に見てみたいと思います。
 
あと、どうでもいいですけど「逆襲のシャア」って逆襲を頭に持って来ているのがポイントですよね。
これが「シャアの逆襲」とかだったら激しく萎えます…

 
スクールランブル 二学期で一条カレン役の声優・南里侑香さんがどうしてもスケジュールが合わないとかで急遽変更になったみたいです。
 
こんな事を言うと怒られそうですが、声優でスケジュールが合わないって凄い理由ですね。
最も、そのスケジュールというのが声優のイベント関係とかなら本末転倒な気もしますが…
 
とりあえず、第二期では一条さんの出番が増えるだけに今回のキャスト変更は残念ではありますね。
ここは、南里侑香さんの代わりを任せられる事になったMAKOさんという方に期待したいと思います。
最も、初めて聞いた名前なので今までどんな役を演じて来た人なのかよく知らないんですけどね(苦笑)



本田さん>
三国志大戦の事はよく分かりませんが、何でも強いカードを入れれば良いという訳ではないという点は遊戯王でも同じ事が言えますね。
最も、遊戯王は強くしようとするとみんな大体、同じようなデッキになってしまうのが難点なんですけどね…この辺りはBBHにも同じことが言えますね。

まあ僕の場合、本格的にカードゲームを始めるにしても、もうそんな歳でもありませんからね。
何よりプレイする度に料金を取られるというシステムは僕の性格上、耐えられそうにありません(苦笑)
「アーケードカードゲーム」という画期的なジャンルには物凄く魅力を感じるんですけどね…

あと3年早ければ僕も間違いなく喰い付いていた事でしょう。それだけに残念です。



-△-

韓国にまさかの敗戦 2006,3,5 この日記を編集 削除

PS2版 CLANNADをプレイし始めてから一週間が経ちましたが、未だに藤林姉妹と勝平ルートしかクリアできていないという事実
毎日、プレイしてはいるんですけどね。
残業が終わってから日記や掲示板にレスしていたらどうしても時間がなくなるんですよね…

ちなみに、このペースでプレイし続けると全クリアする頃には世間で言うところのゴールデンウィークに突入していると思われます(苦笑)

…流石にこの辺でペース上げないとマズイですね。


それはそうと、昨日のBBHについて少し補足させてもらうと相手がスター軍団を組んで来る事に対しては特に否定もしません。
対戦ゲームである以上「チームを強くするのが前提にある」と思いますので、むしろ自然な姿だとも言えると思います。
僕自身、遊戯王カードをやっていた事があって自分のデッキ(チーム)を強くする事やその中で個性を求めていく気持ちなんかも十分に理解しているつもりです。

ただまあ、試しに触れてみた初プレイでそんな相手に当たったら悲鳴を上げるしかない訳ですが(苦笑)



さて、今日は阪神-西武のオープン戦の中継をテレビで生観戦しました。
やっぱり録画放送を見るのとは熱中度が違いますねw

先発の杉山は、ストレートは走っていたのですがコントロールにバラつきがあって甘く入ったところをやられましたね…
今年は先発で一年を通して頑張ってもらわないといけないのですが課題が残る結果となりました。
まあ、ストレートは走っていましたので次回に期待しましょう。

打つ方では、何だかんだで同点に追い付いたという感じでしたね。
しかし、西武は投手事情が苦しいのに加えて内野だけでなく外野の守備もバタバタして危なかったですね…
個別では、関本が3四球を選んで濱中治が2安打、藤本にも長打が出ました。って、今日はそれくらいですかね。

それにしても、岡田監督が昨日の1番・鳥谷に続いて今日は6番で鳥谷を試しているみたいですけど、正直どっちもどうかと思います。
1番は論外として、仮に6番を鳥谷が打つにしてもそれでは濱中治や桧山と言ったライトの選手は何番を打つんですか?という話ですよ…

結局、鳥谷は去年と同じ2番もしくは7番に個人的な希望として8番を打つのがベターでしょう。
それとも、鳥谷に6番を打たせて濱中治や桧山と言ったライトの選手orここに来てシーツを7番で打たせたりするのでしょうか?
それこそ理解に苦しむというものですよ…
鳥谷に「6番を打つ力がない」とは言いませんが、他の選手との力関係を考えたら必然的にそういう扱いになると思います。

ちなみに、試合の方はテレビ中継が終わってから金沢が中島に勝ち越しの3ランを浴びて5-8で敗北しました。


さて、最後に一つ阪神にとって悪い情報が入って来ました。
再検査の為にアメリカで検査を受けたウィリアムスですが、左ひざ半月板に新たな損傷が見つかり現地時間の2日に内視鏡による修復手術を受けたようです。
記事によれば、通常回復には数週間かかるため開幕は絶望となったとか…

う~ん、やはりウィリアムスは開幕アウトどころか前半戦絶望っぽいですね。
去年は夏場以降「患部に痛み止めの注射を打ちながらの登板だった」と聞いていますが、無理が崇りましたかね。

こうなると、阪神はウィリアムスの代わりとなる投手を考えないといけない訳ですが、信頼度で言えばやっぱり江草ですかね…

ただ、江草は先発で使いたいんですよね。
やはり、ここは先発投手に7回まで投げてもらってそれから藤川→久保田という継投で繋いでもらのがベストかもしれません…
最も、毎回それが実践できるとも限らないのでやはり代わりの投手はどうしても必要ですけどね。
中村泰に期待というところでしょうか…


オープン戦のテレビ中継が終わったところで久しぶりにパワプロ12を起動させて対戦モードで一試合プレイしてみました。
結果は、アレンジで作成した2006年verのヤクルト相手に14-9で勝利したもののミスが目立つ雑な試合となりました。
ていうか、友達の家でパワプロ12決定版をプレイしたからこそハッキリと感じたのですが、改めてパワプロ12開幕版って吃驚するぐらい打撃が甘過ぎますね…

打ち損じても簡単にポテンヒットになるわ、打球は思いっきり伸びまくるわで…

僕が久しぶりにプレイしてこんなにも簡単に感じるくらいですから、上手い人からしてみればカスみたいなものなんでしょうね。
…って、今さらですけどねw



WBCは既に2次リーグへの進出が決まった両チームがアジア1位通過を掛けて迎えた今日の試合
日本-韓国戦

初回、渡辺俊介がテンポの良い投球で韓国打線を三者凡退に抑える。
その裏、イチローが倒れた後に2番の西岡が今日もヒットを放ち、すかさず二塁へ盗塁成功
福留が二塁ゴロでランナーを三塁に進めて4番の松中が内野安打で日本が一点を先制!

2回裏、川崎がホームランを放つが意外すぎて実はよく見てませんでした(苦笑)
何はともあれ、これで日本は2-0とする。

4回表、正直このプレーには驚かされました。
2死満塁の場面で西岡が放った打球をなんとライトの選手がダイビングキャッチ!
このプレーで試合の流れが韓国に傾き面白くなって来ましたね。

その直後の韓国の攻撃
ヒットと死球、送りバントで一1死二、三塁とされて犠牲フライで韓国に一点を返される。
続く打者にも渡辺俊介が死球を与えたところで渡辺からリリーフ・藤田にスイッチ
このピンチを代わった藤田が元チームメイトの李スンヨプを空振りの三振に仕留めて日本は1点のリードを守り抜く

1点差は恐いですね…しかし韓国もやりますね。

試合は2-1で1点差のまま8回表に突入
日本は、杉内から4番手に石井をマウンドに上げる。

1死後、2番打者にセンター前に弾き返されて迎えた李スンヨプとの対戦
ここまで好機で2度の凡退を喫していたアジアの大砲がここで石井の高めの変化球をとらえて勝ち越しの2ランホームラン

石井…_| ̄|○

しかし、これで日本代表に危機感が出たのもまた事実
アメリカで2次リーグを戦う前にこういうビハインドの状態を味わうのも貴重な経験かもしれません。
それでも韓国には勝ってもらいたいですね…

が、しかし声援は届かずランナーすら出ずに日本は2-3であえなく敗戦
正直、負けるとは思っていなかっただけにショックは大きいですね。

まあしかし、開き直った考え方をすれば今日の勝敗はあまり関係のない試合でもありましたからね。
こんなところで勝っても意味ねーよという事で一つw

ただ、今日の敗戦で日本代表が2次リーグを勝ち抜くにおいて韓国が厄介な存在になったのは間違いありませんね。
2次リーグでは、韓国に負ける事が許されない戦いになるだけに次はきっちりとリベンジを果たしてもらいたいものです。

さて、それでその2次リーグですが日本が1次A組を2位通過した事により2次リーグの初戦は14日の午前6:00から行われるみたいです。
試合場所がアメリカだけに仕方がありませんが、正直平日の朝から放送されても見れないんですよね。。。
…その事実を知った瞬間、僕の中でWBCに対する楽しみが半減したのは秘密です(苦笑)

なんせ、あとは試合結果を見るだけになりますからね…



-△-

今、ネパワ界で話題のゲーム(BBH編) 2006,3,4 この日記を編集 削除

さて今日は県内某所のBBHが置いてあるお店に行って来ました。
最も、県内でBBHが置いてあるお店は一つだけしかないので今日どこにいたかバレバレなんですけどねw

ちなみに今日は昼からオリックス-阪神のオープン戦が録画放送される関係でいつもより早く起きて昼前には家を出ました。
残念ながらBBHが置いてあるゲーセンが近場ではない為、電車を利用して店に着いたのは昼過ぎのこと
 
 
……
 
 
店内で早速、BBHのマシンを見つけて昨日QMAをプレイする際に購入したカードがBBHでも共通で使えるみたいだったのでそれを使って早速プレイ開始
ちなみに、この時4台中プレイしていたのが3人と運が良かったですね。

 
所属チームは、阪神を選択
このゲームは「プロ野球選手カード」と呼ばれるカードを使って選手を補強していくのが売りみたいですが、阪神に関して言えば去年の優勝チームという事もありますし、補強をする必要はあまりないかも…
 
なんて、甘い考えをしていたら初戦の相手は話に聞くところの元々のチームの原型を止めていないスター軍団でした…
 
ていうか、この対戦相手
どうやった、わずか3試合でそこまでチームを強化できるんだと_| ̄|○
明らかに新しくカードを作り直したか、もしくはカードをもらったり、買ったりして補強してますね(否定はしませんけど)
あと、それだけのメンバーを集めておきながら何故か相手の4番がヤクルトの青木でした…意味わかんね。
 
 
まあ、相手の事はいいとして、ひとまずオーダー設定時にシーツを遊撃手にまわして鳥谷をベンチに叩き込みました。
そして一塁には関本を起用
 
BBHでは年令による選手の成長や衰退が存在しない以上、目の前の試合に勝利する事を考えた場合、ズバリこれしかないでしょうw
ちなみに、シーツの守備適性が一塁よりも遊撃の方が高かった事を事前に確認した上でのこと
 
それで記念すべき初プレイ
こちらの先発は井川慶
相手は上原浩治
 
試合は、終始スピーディーに進んで行き「次の采配をどうしようか?」なんて呑気に考えている時間はなく、この辺りはまさに直感が求められましたね。
 
中盤に1点を失って迎えた9回表の守りは二死満塁の大ピンチ
 
この場面に相手は代打・和田一浩
 
…その前には福留が代打で出てきたりと何故、そんな選手がベンチに控えているんですかと。。。
 
そして、和田の打球は無情にも高く舞い上がってそのままスタンドイン
よりにもよって、代打満塁ホームランを喰らっちゃいました_| ̄|○
 
そのまま初戦は5-0で敗戦…
投特高打低のBBHにおいて、このスコアは屈辱に値するかもしれません。
 
そんな感じで悲劇的に一戦目を終えて、とにかくチームを強化しない事には始まらないと思い、出て来たカードをその場で開封する。
 
出て来たカードはセラフィニ、古城の2枚
セラフィニは早速、次の試合に先発で使うことにしました。


それで2試合目
今度の対戦者は1級の人で打線は初戦の人に比べれば良心的だったものの先発投手が松坂大輔(SP)と、ただでさえ点が取れないゲームだと聞いているところでさらに点数が取れない状況になってしまいました(苦笑)

結果は、ランナー二塁からヒットを打たれてもそう簡単にホームまで還って来れないというBBHの仕様にも助けれて0-0の引き分け

守る方は何とか0点に抑えられる事が分かったので、とにかく投手よりも一流の野手を獲得して打撃力を向上させる必要があるなと感じました。
そして試合後、そんな時に引いたカードが小笠原道大(黒)キターーー
しかも、シーツを遊撃にまわした事により及第点となっていた一塁のポジションを守れるw
早速、3番ファーストで起用したいと思います。
…ただ、パワー16、ミート19って明らかにデータが去年のままですね(苦笑)
(ちなみに、もう一枚は葛城選手でした)


さて、小笠原選手が加わり打線が強化されたところで3試合目を開始しよう…と、ここで順番待ちの人が現れてみたいでこの試合から2試合プレイしたら順番待ちしている人と交代しないといけないみたいです。

その事を頭に入れつつ3試合目をプレイ
こちらの先発は下柳剛で相手はたしか門倉だったと思います。

この試合、下柳が2本のタイムリーを浴びて2失点…ゲームの性質上、この時点で敗戦濃厚です。
その後、下柳に打席がまわって来たところで選手交代…とするつもりが誤って「VSモード」を選択してしまうという凡ミスを披露
とりあえず、もうキャンセルもできないので強振モードで外角高めを選択したところ相手のボールがズバリそこに来て…

ホームラン!!

そんなアホな_| ̄|○
いくら的が当たったとは言え、投手でホームランはないでしょう。。。

試合の方は、下柳の吃驚ホームランで1点をもぎ取ったものの2点目を奪えずにあえなく敗戦
とにかく、2アウトになるまでミート中心でやっているにも関わらず如何せんヒットが出ません…
赤星に「流し打ち」と指示しても一度もそれを結果として応えてくれないんですけど、その場合はどうすれば良いんですかと

試合後に出て来たのは、初芝(SP)と野村謙二郎の2枚
とりあえず、使えそうなカードがなかったのでそのまま4戦目に突入
最後くらいは何とか勝ってみたいものですね。





………


えっと、4戦目の対戦相手が堀内恒夫監督率いるデフォルト巨人でCPUが相手っぽいんですけど?
激しく、やる気が下がりました_| ̄|○

そして、そんなCPU相手に2-1で敗戦している我がチーム…もうダメぽorz

そんな訳で規定により、4試合目が終わったところで順番待ちの人と交代
時計を見てみるとゲーム開始から2時間も経過しており、1試合あたり30分というところでしょうか?
本日の成績は3敗1引き分け…正直、恥ずかしいです。
(最後のカードは里崎とマック鈴木でした)


それで、4試合プレイした感想ですが…上を目指そうとすればするほどとにかくお金が掛かるゲームですね。
まあ、それは良いとして点数がサッカー並に取れない件については相手も条件は同じですし、何よりそこはゲーセンなので早くまわるように設定されているんでしょう。
僕が思うにこのゲームの采配に面白さを感じられる人というのは配球単位で野球を語れる人なんだと思います。
僕レベルだと、あまり采配が的中しなかった事も重なってそこに面白さを感じるまでには至らなかったですね。

その辺り、結局は僕の「知識不足」という事に尽きるのかなと思います。
自分の采配が的中しないとなった時、それを打開する為の次の采配というのが思いつかなかったんですよね…
あと、個人的に制限時間付きというのはプレイしていて落ち着かなかったです(苦笑)

しかし、このゲームの凄いところと言えば家庭用ゲームでは到底、味わえないような緊張感を持ってプレイする事ができるところでしょうね。
本当、どんなに負けていても27個目のアウトを取られるまでは諦めないという、実際の監督の気持ちがよく分かるような心理状態だったと思います。
これは、好きな人が病み付きになるのも無理はないでしょうね。

ただまあ、僕はやきゅつくMで全国トップ10に入った事がありまして、そういう経験があるからこそ言える事なのですが…
データ上で上位を狙うことの意味や価値に対して疑問を感じています。

最も、仲間内や向上心を持ってプレイしている分には大アリだと思いますけどね。
まあ、どちらにせよこのBBHが置いてある店には電車を利用しないといけないので、会社帰りに立ち寄れるQMAと違ってそう頻繁にプレイもできないでしょう。
そもそものキッカケはリバーさんが太鼓場を押した事で僕が興味を持って、試しにプレイするに至った今回のBBH
元々、プレイに無視できないだけの金額が掛かるだけに特別やり込むつもりはありませんでしたけれど、しかしながら一度プレイしてみる価値は十分にあったと思います。

正直、BBHが置いてあるお店が近場にあったら週一くらいのペースで通っていたかもしれませんねw
ひとまず、このBBHについては満足しています。
「カードを集めてチームを強くする」というのも僕の好きな要素ですしねw
ていうか、翌々考えると最近のゲーセンで見られるカードを使ったゲームって根本は「遊戯王カードを原作のような映像付きで対戦できたら良いな」っていう部分が元になっているような気がしますね。
まあ、あくまでも僕がそう感じただけなんですけどねw


それから、せっかくなので帰る前にQMAもプレイしました。
こちらは1プレイ・100円と良心的な料金ですねw

1回目
11位、2位、3位で決勝進出
しかし決勝戦は3位敗退…

正直、決勝は相手プレイヤーのレベルが高いので優勝できる気がしませんね(苦笑)

2回目は、2次予選で敗退して3回目は1次予選で敗退しました…
問題のジャンルで「芸能」が出てきたらお手上げです。
ちなみに、使用キャラはKOさんの予想通りシャロン(ツンデレ)です。
…お互いの趣向が分かるのって良いですねw>ぇ
あと、コナミが無駄に秘密事を作るの事に関しては僕も同じような不満を感じています。


それから、そろそろ良い時間になったので帰宅した後、予定通りオリックス-阪神のオープン戦録画放送を視聴しました。

新外国人のオクスプリングが3回に連打を浴びて6失点…
「球に勢いがない分、甘いところに入ったら打たれますよね」って解説がコメントしていましたが、何気に酷いことを言われてますね(苦笑)

その後、オープン戦登板の井川が打者3人をわずか8球で仕留めました。
最も、北川が真ん中のストレートを打ち損じてくれたおかげなんですけどねw
井川のあとに登板した福原は2失点と開幕・先発ローテ入りが厳しいかもしれません。

打つ方では桧山が2打席連続のホームラン!
いずれも素晴らしい当たりでライトの熾烈なレギュラー争いを繰り広げる中で今日の2発は大きなアピールになりましたね。

試合の方は、8-5で惜しくも敗戦しましたが今日は仰木さんの追悼試合だったのでそういう意味では良かったのかなとも思います。


それから、数分語にWBCの日本-台湾戦を観戦しました。
…何だか、今日は朝から野球漬けの一日ですねw

初回、多村が会心の3ランホームランを放ち日本が先制!


日記の方が長くなったので詳しくは書かないですけど、今日も14-3の7回コールドで快勝
まあ、こんなものでしょう。
しかし、見ていて気持ちが良いくらいよく打ちますね…
今日の勝利で2次リーグへの進出が決まりましたね。

さて、それはそうと今日WBCの試合を観ていてふと疑問に感じた事があります。
それはこのWBCの主旨である野球の世界一をかけて戦うという点について
えっと…この大会のあとはそれぞれの国でプロ野球のシーズンが開幕すると思うのですが…
正直、WBCで世界一を決める戦いをやった後にペナントレースをする事に意味があるのかなと(爆)

いや、もちろんWBCのそれとシーズンは全くの別物だと言う事は十分に理解していますが、しかしながら先のWBCで既に世界一が決まってしまっている訳ですよ。
その上でペナントレースをするのって厳密に考えるとどうなのかなと…

すいません。
そういう余計な事は考えないでおきますね(苦笑)



-△-

今、ネパワ界で話題のゲーム(QMA編) 2006,3,3 この日記を編集 削除

3月3日と聞いて…そういえば今日ってテイルズ オブ エターニア オンラインの正式サービス開始日だった事に気が付きました。
 
あの時はプレイを続けるか手を引くかで散々迷いましたけれど、一度手を引くとそれまでが嘘のように関心がなくなるのもオンラインゲームの特徴の一つと言えますね。
なので、今は何の未練もありません。
 
それはそうと、オンラインゲームから手を引くと決めた後にフルメタの小説の読んだのですが、内容がオンラインゲームを舞台にしたギャグ短編でその「あとがき」を読んだところ、まさに作者はオンラインゲームの核心をあまり言ってはいけない部分まで突いているなと思ったものです。


本当のところ、劇中のようにたった数週間で大活躍できるようになるのは難しいです。
大抵の場合、学業や仕事、友人関係や家族関係を完全放棄して徹底的にレベル上げや資金稼ぎに腐心したプレイヤー…
いわゆる「廃人」だけが天下をとれるような仕組みになっています。
一日30時間のプレイという矛盾…とか、そういう世界の人達じゃないと相対的に強くなれないので、普通の健全な人は活躍できません。

当時、これを見ていればもう少しすんなりとオンラインゲームを止められたかもしれないですね。
「学業や仕事、友人関係や家族関係を完全放棄して」って部分が全てでしょう。
過激な見解ですが言っている事については大して間違ってもいないと思うので否定はしないでおきます。
 
まあ、結局のところ前にも言った通り僕にはこのサイトがあるのでオンラインゲームで交流する必要も特にありませんね。
 
ちなみに後輩の彼は先日、オンラインゲーム上でふとしたキッカケから初対面のプレイヤーの方と「声優・堀江由衣さんについて」という話題のみで3時間もの間、オンライン上で語り合ったそうです。
何気に声優のコンサートにも行っているみたいで、未だに後輩の彼の守備範囲を完全に掴みきれないでいます…
 
 
 
さて、仕事帰りにゲーセンに寄りまして今、ネパワ界で話題のクイズマジックアカデミーをやって来ました。

とりあえず、カウンターで専用のカードを400円で購入して早速プレイ開始
 
初プレイ結果は…
1位、2位、6位で予選敗退
 
○×問題なのに半数以上が常時、不正解なのは何かのギャグですか?
それはそうと、アニメの問題で「おジャ魔女どれみの次作のタイトルには何がつくでしょう?」という4択で答えが「#」だと分かってしまった瞬間、その問題に答えられてしまう自分が無性に嫌になりました_| ̄|○ 


…さて、要領が分かって来たところでコインを投入して2度目のプレイ
 
結果は…
4位、2位、3位で見事、決勝進出!
 
出題形式は4択で、正直なところ自信を持って答えられたのは数えるほどしかなかったのですが微かな記憶を頼りにそれっぽいものを選択していった結果、運よく大半の問題を正解する事ができました。
 
中でも「忍者ハットリくんの好きなおでんの具は?」という問題で、4つの選択肢の中から「ちくわ」を導き出した時は…
幼少時代の記憶が今まさに蘇ったね。
 
それで決勝戦
どうやら、決勝戦は勝ち残った4人が選択したジャンルの問題がそれぞれ出題されるという形式みたいで、ここで僕は「アニメ&ゲーム」を選択しようと思いましたが、まだ「スポーツ」の問題を一度も出されていない事に気付いて咄嗟にスポーツを選択しました。
 
決勝の第一問は全員正解
流石にここまで勝ち残ったプレイヤーだけに自滅とかは期待できそうにもなく、あくまでも自分の力で相手の正解率を上回る事が求められて来ますね。
 
それで決勝戦序盤は上々の滑り出し
十分、優勝を狙える位置に付けながら中盤に差し掛かり迎えた問題形式が…
 
並べかえクイズ
 
こんなの答えが分からない時点で勘でどうこうなる問題じゃありません_| ̄|○

 
そこから今までの回答法が使えずに、ずるずると正解率を落としていってから迎えたのが僕が選択した「スポーツ」4択問題
ここで少なからず巻き返しを狙いましたが案の定、出題される問題はスポーツ全般であり、野球限定という訳ではありません(苦笑)
 
Jリーグ…
オリンピック…
ボクシング…
 
自分で選んでおきながら、全然わかんね_| ̄|○
 
そして、最後にようやく野球の問題がまわって来ました。
 
問題・メジャーで初めて4番を打った日本人メジャーリーガーは誰でしょう?
 
キターーー
余裕で新庄剛志と回答!
ちなみに、日本人メジャーリーガーで一番初めに満塁ホームランを打ったのもワールドシリーズで初めてヒットを放ったのも新庄だったと記憶しています。
 
ただ、結局僕が輝いたのはその1問だけで最終結果は4人中4番目の最下位で無残に敗北しました。。。
 
まあ…これが僕の実力ですよ。
むしろ、よく健闘した方だと思いますw


それで一通りプレイした感想なんですが、プレイ中は飽きる事なくハラハラしながら楽しませてもらいました。
一度、始めると止めづらいものがこのゲームにはありますねw

ただ個人的な意見を言わせてもらうと、僕の知らない問題を出題されるならまだしも、関心がない分野の問題を出題されても面白みに欠けるんですよね(大多数がそうでした)
あと、特定のジャンルでも問題の幅が広くて僕には対応しきれません(苦笑)
さっきの「スポーツ」の問題もそうですが、「アニメ」のジャンルにしても最近の作品からレトルなもの、名前すら聞いた事がない作品までと幅が広過ぎてちょっと消化不良気味です…

あとはイマイチ、オンラインゲームっぽさをプレイしていて感じられなかったですね。
あえて、挙げるなら先に回答すると他プレイヤーの回答待ちで「時間待ち」が生じるくらいでしょうか?
…最も、この辺りはプレイヤー同士でコミュニケーションが取れないだけに仕方がないんですけどね。

ともあれ、実際にプレイしてみて久しぶりに新鮮な気持ちでゲームをプレイする事ができて、なかなか楽しませてもらいました。
話には聞いていましたがいつの間にゲーセンもオンライン化の時代になったんですね…w
少し辛口な事も言いましたが、プレイした事は素直に良かったと思っています。
QMAは次回、いつになるかは分かりませんがまた機会があればプレイしてさせてもらいますね。



さて、それで肝心のWBCですが…
言うまでもなくゲーセンに寄り道していたので途中からしか見ておりません_| ̄|○
ただ、後悔はしていない。

家に帰ってテレビを付けると6-2で日本がリードしているものの1死満塁で上原がピンチを迎えていました。
点差以上に、その事が信じられなくてじっと見守っていたところ相手打者を併殺打に打ち取って何とか無失点で切り抜ける事ができて一安心
それからは、打線が爆発して中国チームのまずい守備も加わって大量得点が入り試合は一方的な展開となって8回コールド勝ち
18-2で日本が快勝!

強い国が、あまり大差で勝ち過ぎるのも国際的な野球の普及という部分で考えた場合「どうなのかな?」と思ったりもしましたが、この際あまり難しく考えるのは止めておこうと思います。

最後に注目のイチロー選手ですが壮行試合の時から、あまりパッとしないですね…
まあ、イチローは大事な試合で力を発揮してくれれば良いと思うのでそれに期待したいと思います。


画像は、QMAのプレイ結果(2回目)
画質が悪いのは勘弁して下さい。。。

あと、明日は休みなので時間があればBBHが置いてあるゲーセンにも行ってみたいと思います。



-△-

原点を考える 2006,3,2 この日記を編集 削除

仕事中にふと疑問に感じたのが作業用の機械について
 
仕事柄、物を生産する上で機械が欠かせない存在なのですが、そもそもこの機械も元を正せばどうやって作られてたのか?
「ニワトリが先か卵が先か」なんていう話があるように、これにも同じような事が言える訳でAという機械を作る為にBという機械を使ったとして、さらにそのBという機械を作るにはCという機械が必要になって…と、そういう風に考えていくと機械の始まりがどこにあるのか分かったものではありません。

もっと言うならば、昔の人は一番始めにどうやって外国語を日本語に訳したのか?
物の単語とかならジェスチャー等を交えれば言葉が分からなくても伝わりそうですが、例えば日本語で言うところの「です」
英語なら「is」などがこれに当たりますが、果たして昔の人達はこれをどのように伝え合ったのか?

この辺り、深く考えれば考えるほど分からなくなって来ますね。。。
…やはり、最初は簡単なところから始まりそれが徐々に高度なものになっていった。と考えるのがベターでしょうか?



さて、いよいよ明日からWBCの1次リーグ・アジアラウンドが始まりますね。
 
今週の日曜日にオリックス-阪神のオープン戦テレビ中継をリアルタイムで観戦したのをかわきりに僕の中でも野球熱がぐーんと高まって来ました。
 
ひとまず、日本代表には1次リーグを全勝で勝ち進んでもらって、できればアメリカにも勝ってもらいたいものです。
日本プロ野球のレベル高さを見せつけるような内容の濃い試合
国際的な野球の発展を含めて第一回目はそんな大会になれば良いなと思います。

ただ、そんな中でネックになっているのがWBCの開催時期で、もし日本代表が最後まで勝ち残るとWBCの全日程が終了するのがパ・リーグのペナント開幕3日前という事実
他にも追求すべき点はいくつかあるのですが、シーズンへの影響及び選手の調整なんかを考えればWBCの開催時期は絶対的に見直す余地が十分にありますね。
(結局はアメリカの都合なんですけどね)

 
あと、個人的には使用球の違いにネックを感じている部分があります。
たとえルールが同じでも、ボールが変わった時点でそれはまた違う条件下での野球のような気がして仕方がないんですよね。
藤川投手が壮行試合に登板した時、WBCのボールについて「微妙なコースを狙えなかった」とも言っていましたし…

まあ、あまりそういう事は気にしないで明日から日本代表を応援したいと思うと同時に、この大会中に誰も大きなケガをしない事を祈りたいと思います。


…ところで、WBCって次回はいつ開催されるのでしょうか?
毎年?それとも4年単位?
翌々、考えてみるとそんな事も知りませんでした…



-△-

ひたすら自己嫌悪 2006,3,1 この日記を編集 削除

昨日、あれからヤマ○運輸の担当者から電話がかかって来て「夜遅くという事でドライバーと連絡がつかないので明日(つまり今日)まで待って欲しい」と言われ、その辺りはむこうの事情も理解できるので気安く了解
 
そして、その際に連絡先を僕の携帯ではなく代わりに対応してくれるリアル友達の携帯番号に変更してもらう為、友達の電話番号を素早くメモしてその番号を相手に伝えました。
 
 
…と、ここまでは良かったのですが電話を終えた後、ふとメモ用紙に目をやるとまさかの可能性に気付いて念の為にもう一度、友達の携帯番号を確認してみると
 
あ。。。
電話番号をメモした際に、0の上部分を突き抜けて書いてしまいそれを誤って6と伝えてしまっていました…
 
それに気付いた瞬間、激しく自己嫌悪_| ̄|○
 
間違いを訂正しようにも、受付け時間外でこちらからの電話は一切受け付けない状態
なんていうか…やっちゃた(爆)
 
ひとまず、これについては今朝、訂正の電話を入れた事で解決できたとして、何ていうかそんな事よりもこんな凡ミスをしてしまった自分自身がとにかく情けなくて仕方なかったです…
 
 
さて、それから例のリアル友達から電話がかかって来ました。
そこで改めて話をしたところ…友達の姿勢には見習うところも多々ありましたが、ただ友達がやろうとしている事には賛同できなかったので結局、友達のアドバイスを元に自分で対応する事にしました。
…まあ、それが当たり前と言えば当たり前なんですけどね(苦笑)
 
今朝、電話で訂正した電話番号も友達のモノではなく僕の番号にしておきました
 
 
とまあ、そんな感じで肝心の本題に入る前に無駄にバタバタしていた訳なんですが、荷物が届かない件については昨日の電話で「今日中に連絡を入れます」との事でしたが半日待っても連絡なし

たまらず、ヤマ○運輸の電話受付け終了間際に再度電話して確認してみたところ「また折り返し連絡します」とのことで、むこうには悪いですがこっちも残業なら何やらで電話に出られる時間帯が限られているので時間帯は20時以降に指定

そしたら、まぁこれがタイミングの悪い事に人が入浴している時に電話がかかってくる始末で、とりあえずこの期を逃すとまた色々とめんどうなので急いでお風呂から上がって電話に応じる。
担当者の話によるとドライバーは「確かに自宅の郵便ポストに配達した」とのことで、そこで僕は朝方から昼頃にかけて考えていた様々なパターンに対する返答の一つを担当者に投げ返す。

「恐らく、商品の大きさから考えるに郵便ポストには無理をしないと入らないものと思われます。」

最も、ネットオークションで画像をちらっと見ただけなので実際の大きさはよく分からないんですけどねw
まあ、この場では相手に鎌掛けておきました。

それに対して、担当者は「再度ドライバーに確認してみます」と僕に伝えて、それから万が一荷物が紛失してしまっていた場合の金銭的解決策についても簡単に話し始めてひとまずこの日のやり取りは終了しました。
最悪、商品の代金はむこうで賠償してくれるみたいなのでその点では一安心


と、それから一段落していつものようにパソコンの電源を付けよういと机に向かったところ、パソコンの隣に見慣れない茶封筒状のものが…というより、明らかに今回の問題の核心っぽいものが一つ

茶封筒には「ヤマ○運輸」の文字
そして、恐る恐るそれを開封していった先にあったものは…

あっ。。。

これだ(核爆死)

その瞬間、事前に家族に対して僕宛に荷物が届いていないかと確認した筈なのにここにコレを置いたのは一体誰だぁーと暴走&自虐気味に絶叫する。
…最も、丸々一週間そこに置いてあった事に全く気付かなかった僕にも十分問題がありますけどね(失笑)

それにしたって、この件で各方面に多大な迷惑を掛けてしまった後で、今さら「ありました」なんて気安く言えないぽ_| ̄|○

特にネットオークションの代理入札を毎回お願いさせてもらい、時折り雑談も交わす程お互いに信頼関係が芽生えていた御方に対して僕はこの失態について何と説明すれば良いんでしょうか?
素直に「家族が忘れていた」と説明するにも、代理入札をお願いしている御方からは事前に「過去に2回ほど家族が受け取ったまま本人に渡し忘れているというケースが御座居ましたので再度、ご確認願えます」という主旨のメールを頂いて、それに対して僕は「その線はないみたいです」とその可能性を完全否定しました。

そういう過程があるからこそ、その上で尚「実は家族が受け渡し忘れていました」なんて事を今さら言える筈もなく、とにかくこの件を柔らかく伝えようと僕なりに一生懸命考えた結果がこちら


(前文省略)

さて、それで荷物の件なのですが…


ひとまず「自分で3人目になりました」と言わせて下さい_| ̄|○





………


もちろん、このボケをかました後にひたすら謝罪をしたのは言うまでもありません。
幸い、僕のボケを受け入れてかどうか先方からはユーモアに満ちた安堵のメールが送られて来ました。
まあ、内心ではどう思われているのか分かったものじゃありませんけどね(苦笑)

ひとまず、そんな訳でこの件については無事に解決する事ができました。
この際、原因がどうあれ無事に商品が届いていて良かったです。うん


…いや、それにしてもリアル友達にもヤマ○運輸の担当者にも荷物の中身は「本」とだけ伝えていましたが、実は本は本でも中身は18禁のえっちぃ本でした。なんて口が裂けても言えませんね_| ̄|○
 
あと、何度か電話でやりとりしていて思ったのですが運送業って職業はリアル友達の性格に合っているなと思いました。
友達のこの性格は、こういうところで力が発揮されるんだなと。。。
 
友達はきっと今の仕事が適業なんだと思います。
そういう僕は、まだ自分の適業を見つけらずにいますけどね(苦笑)
 
とりあえず、僕から言える事は将来、何になりたいかという明確な目標がないうちは選択の幅を広げる為に勉強しておくのがベストで、ついでに言えば二次関数とかそんなのが理解できないようでは社会に出てから頭を使えるのかが危惧されます。
 
まあ、いづれにせよ人生長いですから人生の始めのうちに苦労をして、あとはその貯金で何とかやっていこうという姿勢で良いんじゃないかなと
例えるならば、RPGで序盤にレベル上げしないで後々のダンジョンで敵が強くなって困るようなもの
 
…うん。僕も早い段階でこの理屈に気付けていれば人生変わってましたね(苦笑)

何気に話を逸らせたところで、今日はもう例の事項で脱力しきって力が出ない状態なのでこの辺りで終わらせてもらいます。

嗚呼、自己嫌悪_| ̄|○
スポンサーサイト
プロフィール

ナックル最強説

Author:ナックル最強説
サイト管理人・パワ・思・考
阪神ファンで萌え豚でゲーマー
パワプロ、BBHを経て現在は未曾有の野球ゲーム難民
「・・・監督プレイがしたいです」
幸福は自己満足の追求×それを享受するための感性を磨くことに至る
これまでがどうであっても「今日という日は残りの人生の最初の一日」である

週末更新を予定していますが体調によっては不定期です。
なお、連絡はこちらのメールフォームからお願いします.


【殿堂入り】
河合アメリの存在が自身の次元を凌駕する

世界と世界の真ん中で 2014年1月31日発売予定!







【注目タイトル】
景の海のアペイリア

景の海のアペイリア

Princess Evangile W Happiness応援中!

夏空のペルセウス

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

powered by プロ野球Freak

powered by プロ野球Freak



最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード