AX 日想~持論を展開する~ ベースボールヒーローズ

人間の苦悩は誰かしらが既に経験済みである

BBHの後継作ベースボールコレクションの受注が今週〆切だったようで稼働は2018年上旬とのこと
カードショップでの取り扱い店も増えてきて、いよいよ稼働間近という状況には期待感もあります。
最新のロケテ情報から見られる改善点としてフルイニング操作で遊べるモードが増えたこと
試合の進行がスピーディーになり、ただ采配コマンド受付時間が3秒、サイン選択画面の制限時間が6秒という尺の短さは慣れるまで大変そうで直感で采配できるようになるくらい何度も遊べればいいなと
それでも前作よりゲーム性が低いのは否めず、カード操作が従来のサイン選択に置き換えられたことでメモリ操作という概念が消失して、BBHが単なる采配ジャンケンと思わせないための重要な要素だっただけに残念としか言いようがありません。
実際にBBHのメモリがどの程度、機能していたかは疑わしいところなのですが本質はそこではなくて采配相性と逆の結果が出た場合にプレイヤーを納得させる要素として「メモリが合っていなかった」と理由付けができるものがアーケードでは特に必要だと考えます。
ベースボールコレクションで逆サインの結果が出た時、プレイヤーとして自分はどう気持ちを納得させればいいのか分かりません。
さて、オンライン対戦に関して週末だけ等の制限付きながら導入が見込まれているとのことでオフライン対戦ゲームからの脱皮は同点タイムリーにも匹敵する前進であると捉えます。
ただ、そうなるとシステム的に勝負コマンドをどのようにバランスを取っていくのか
BBHのVSモードと違って最初の一球から最後の勝負球まですべて投げられる。
投手側はボール球を投げられるようになった分だけ有利だが、打者側は3ストライクまでバットを触れる
打者側はコースに的を絞ってタイミングよくボタンを押してスイングする上で気を付けなければならないのがボールの見極め
改めて、読み合いが肝の采配ゲームにおいて別方面のプレイスキルが要求されるアクション要素は必要だったのだろうか?
単にタイミングよくボタンを押すことよりも「ボールを見極める動体視力がないとダメなやつ」でしょう。
大体は勝負どころで勝負コマンドを使うだろうし、せっかく采配ゲームに興味を示してくれたプレイヤーに対して動体視力や反応速度を要求してハードルを上げてしまうと合わない人が一定数出てくるでしょう。
しかもロケテの時点で勝負コマンドが9回も選択できて対人戦で相手も含めたら最大18回こんな全球勝負するの?
それがオンライン対戦を実装する上での最大の懸念であることは以前にも申し上げた通りです。
あとロケテの時点で純正コンボの発動が確認されてはいるのですが、マッチング面で純正とAsの住み分けが設けられているのかも怪しいところ
本稼動からアップデートを重ねるとしてBBHの水準に追い付くのにどれくらいかかるのだろうか
せっかくBBHで培ったノウハウを一旦リセットして、また一からロケテから始めるのには本当うんざり
「まさしくBBHは永遠のロケテだった」と言えるくらいベースボールコレクションが面白くなるための礎として、現にロケテのアンケートで「BBHと比べられる」のは一番、説得力に足る意見であったでしょう。




世間ではセクハラ、強制わいせつといった話題が事欠きませんが「JKという無敵キャラ」というフレーズがなかなかにおぞましくすら感じます。
まあ、女性と関係を持ったことがないのでその辺とは無縁なのですが基本的に男は搾取される側というのがあって乗り気になれないというのはあります。
婚活という場においても女性は男からのアプローチを待っていて、そのアプローチの度合いで自分に尽くしてくれるどうかを計っているとか何とか…自分からアプローチをかけないといけない恋愛めんどくさい
片思いするだけなら二次元で十分である以上、誰かから想われない限りこじらせたオタクはこの牙城を崩せない
そもそもオタク趣味よりも自分、エロゲを筆頭とした変態度の方がよほど深刻かもしれない。

さて今回、その行為が問題にはなっていますが、ある意味で男はそれぐらいの行動力がないといけないとも感じる部分もあり、思いやりだとか相手の嫌がることをしないように気にしていたら行動力をなくして何もできないんですよね。
だって、食事に誘ったら相手が不快に感じるかもしれないと思いやったら何も言えないでしょう。
そして無謀な告白をすれば「告ハラ」なんて言われ始める次第で、だったら女の方から動いてくれなきゃ男は何もできないですよ。
しかしまあ、酒で酔った中での行為も問題視されてますが判断力が鈍ったり記憶に残らなかったりと書いてあること、これもう周囲への有害性で言えば麻薬とあまり大差なくないですかねぇ
それでも酒は合法。銃規制と同じくらい根が深そう
世の中もとい人生、色んな悩みごとが付き物ですけどその苦悩は自分固有のものではなく人類の歴史上、誰かしらが経験してきたものであり特別なことではないと思うだけでも少しは気が楽になれればいいなと思います。

阪神は監督の言う通り見ての通りですね。
ロサリオはホームランを打ったら無安打が続くものだから状態が上がる兆しが見られない
二軍から上がってきた江越と板山が共にホームランを打ってアピールしたのが慰め
植田の体調不良が回復したら1番糸原、2番植田でオーダーを組んで欲しい
1番に1割打者を置くのは失笑、そして江越は糸原の代わりに6番を打つのが良いんですが、まずは調子のいい選手で固定することが先決でしょう。


パワスタは鳴海サクチャレ3000位圏内に入って報酬としてSR鳴海を二枚を入手
イベント終了15分ほど前にサーバーが落ちて繋がりにくくなり補填があったとはいえ、もし1000位圏内を狙って走っていたら平常心ではいられなかったことでしょう。
あと、ランキングのために試合をたんさんやったおかげで訛っていた打撃操作が完全に復調しました(笑)
それから早速、PR鳴海をPR博士像でPR+5にしてSR鳴海の上限開放を進めました。
ここでPR+5を二枚突っ込んだのですが、どちらも+1開放止まりでSR+3だったのですが報酬のSRチケットガチャでSR鳴海を引いてSR+4
ここまで来たら腹を括ってSR博士像を突っ込んで何とかSR鳴海+5が完成しました。
そして今週からメカニクル高校が実装
まだ一回、野手でプレイしただけですがシステムも面白く、何よりロジカルマップでローリング打法と広角砲という実用性がある金得を取れるのが大きい
能力の直上げもできるので99→100に上げるところを飛び越せば経験点をかなり節約できていい感じ
問題は試合で味方投手が点を取られすぎることで野手育成でも試合に勝ちにくいのが難点
デッキに投手兼野手の選手を入れれば少しはマシになるだろうか!?

スポンサーサイト

三次元があっての二次元が神々しい

ベースボールコレクションの川崎ロケテの追加要素は日本シリーズ導入(5戦中3勝で進出)と日本一でSRカードの排出確定でした。
まるで日本一で金デジカがもらえたBBHのような流れでロケテ残り三日で大盤振る舞いというか、これだとカード排出5枚で追加料金を支払うよりも最安のプレイ料金で日本一を目指した方がお得なんだろうか
それにしても店内対戦すらできないというのは初代ガンダムビルダーにも劣るんですけどカードゲームで対人戦ができないのは悪手
艦これのヒットを見て、それを真似たのかもしれませんがベースボールコレクションは監これにはなれそうにありません。

ヤフオクの毎日くじ、先日30%還元になったので上限の三万円分の落札をしたのですが、いい加減に買うものがなくなってきました。
こういう機会を無駄にしたくない貧乏性でこの時のために入札せずにウオッチリストに入れていた商品も一通り買い終えて、さあ困った
正直こういうやり方がありなのか分からないですけど知人に適当なものを三万円で出品してもらって落札すれば落札システム利用料の8.64%よりもTポイント還元分の方が大きくてお得そう
取引は架空でもバレないんだろうけど、形式に則るなら家にある要らないものを手渡せば送料もかかりません。
そもそも毎日くじでシステム手数料以上のTポイント還元をしてヤフーに利点はあるのか?という疑問があり、30000円の物を落札して今回の場合だと9000円分のTポイントがもらえるなんてはっきり言って異常
6等の5%還元でも支払い方法のYahoo!マネー選択でさらに5%もらえるので合計10%で落札システム利用料を上回る
出品者側もYahoo!マネー受け取りで9%もらえるので、そもそも落札システム利用料が実質0円になることを踏まえると上限があるにせよ元本を減らすことなくTポイントを貯め続けられる状況にあり一体どんな仕組みで成り立っているのだろうか!?

さて、今月末もプレミアムフライデーことエロゲの発売日がやってきました。
単刀直入にこの可愛くてエロい生き物はなんだぁぁぁ

2014081800030000kj.jpg

三次元どうこうではなく、空想の生き物に魅力で勝てるはずがないわけで、ある意味で三次元があっての二次元
もはやリアルでここまでの高鳴りが得られないことを思うと二次元に心身を捧げることに不足なし
そもそも二次元じゃないとアッチが反応しないんですよねー


久しぶりのサクスペはオリジナル新キャラデビューガチャ!

DSC_0522.jpg

使用感も良さそうだったので新大谷のためにストックしていた石でバナー確定の30連まわしたのですが画像を載せるまでもない惨敗に終わりました。
どうにも開始初日にガチャを引いて良かった記憶がないので今後は開始初日に引くのだけは止めようと心に誓いました。
こういうオカルトが意外と大事だったり精神安定剤になったりもするので自制のために必要かもしれません。
何にせよお目当てのものが引けた時は嬉しいですけど、それ以上に不発時のダメージが大きすぎて自分にはとても無理
恐らくそれはガチャに限らず、自分の行動原理として全てのことに当てはまります。

無機質ジャンケンで満足なのか

ベースボールコレクションの三次ロケテの情報によると、だいぶBBHに近付いたようで二次ロケテまでは1プレイ200円で3イニングのみの操作だったのが400円でフルイニング遊べるようになったようです。
(他に300円で攻撃のみ操作のモードあり)
それに加えて引っ張りや流し打ちといった通常サインが選択できるようになり改善すべき第一関門を突破したように思います。
あとは大きな課題が二つ
まずは相変わらずオフライン対戦モードしかないこと
監督プレイは采配で相手との駆け引きこそが一番のゲーム性だと思うのですが相手がCPUだと表も裏もない無機質なジャンケンにしかならないこと
差し詰め、BBHのCPU戦を延々とやるようなもので作業ゲー止まり、選手のレベル上げに面白さを見出すのも難しい
そして勝負モードが自分でタイミングを合わせて打つアクション要素を盛り込んだ形式であること
梅田でのロケテと同じ見解になりますが、監督が「いきなり代打俺」と言わんばかりで任意の選手を操ることを踏まえる一試合中に5回、対象の選手に憑依するようなものですね。
個人的にはアクションはそこそこでパワプロの腕前も人並みだと思いますが音ゲーのようなタイミング合わせは苦手です。
そちらのセンスが要求されるようだとハードルが上がって遊びにくくなる心配
監督プレイで采配を競うはずが結局はアクション得意な人が勝ってしまうようでは残念かつ遺憾
またプレイを重ねて勝負コマンドに慣れたあと、行き着く先はホームラン量産とまでは言わずとも意図的にヒットが打てるようになれば、采配の積み重ねよりも自分でヒットを打つことが攻略法になってしまうのではないかという懸念があります。
ただし現状のオフライン対戦モードだけなら、こういった操作を加えてゲーム性を盛り立てるのもいいかもしれません。
問題はこれがオンライン対戦モード導入になった場合、勝負コマンドの仕様はピンチの場面で相手のVSど真ん中ミートMAXおっぴろげを相手にする並の理不尽さ
BBHのVSモードが必ずしも良かったとは言いませんが、采配ゲームの駆け引きを著しく乱すものではなかったように思います。
フルイニング操作できるようになったことを大いに評価する一方で個人的には最低あともう一点だけでも改良されないことにはBBHの続編として歓迎できないです。
とにかく感想を拝見していて、ベースボールコレクションがオフライン対戦モード前提であることにもっと危機感を持った方が良いと思います。
もしもオフライン対戦モードしかなかったら贔屓目で見てもBBHにやり込むほどの魅力は見出せませんでした。


さて、今日は市主催の婚活パーティに参加して参りました。
20人:20人で4時間がかりという規模で市主催だけあって市民税が投じられているのか金が掛かってましたね。
まずはプロフィールカードを記入するのですが、ざっとこんな感じで書きました。

DSC_0521.jpg

性格に関して、お話した大勢の方から「本当に穏やかですね」と言われましたが男として見られず恐らく褒め言葉ではないでしょう。
漫画喫茶に触れられると週末に一時間程度で気分転換に近いと言ったり、野球観戦はよく球場に観に行くのか、実際に野球をやっていたのか等の話が多かったですが基本的に女性受けしません。
ゲームはあえて記載せず、聞かれても「パワプロやってます」くらいに留めておきました。
好きな芸能人はその場で考えて、唯一バラエティ番組を録画しているマツコ・デラックスと書いたところ思いのほか食い付きが良かったです。
ちなみにプロフィールカードは書き間違えますね。ちゃんと通じましたけど
好きな食べ物で鶏肉と一括りにするのも珍しいのか、ちょくちょく触れられてどんな調理法でもおいしく食べられます。
最後に今年の目標という回答に困る項目。新しい興味を開拓したい意味も込めて充実と書きましたがアバウトですね。
そんな具合で20人の方とお話して、話しやすかった人もいたにはいたのですが印象の中間発表で全員から脈なしと分かって後半戦はアプローチをすることなく消化試合みたいなものでした。
予想していたとはいえ、20人全員から脈なしは恋愛偏差値の低さを表しており今後望まなければ今まで通り平穏に暮らせそうです。
もうそんな欲求は20代に過ぎ去った後で一人で遊ぶことを好み孤独が寂しくないなら、何もわざわざ掘り返さなくていいように感じます。

人間は誰しも自分の得意な分野で勝負することが最善

好きならまだしも苦手分野で足掻いてもせいぜい道化ではないだろうか

第三次ロケテストだそうで

またまたベースボールコレクションのロケテが川崎で開催中だそうで気になる方は足を運んでみてはどうでしょうか
BBHの復活を待ち焦がれている身からすると筐体だけでも一見の価値があると思います。
なお、肝心のゲーム内容は(ry
考えてみたらロケテとはいえ、プロ野球機構の版権を取った上で開発もしているはずですからロケテが不評だからと言って易々とお倉入りにできない難しい事情があるのかもしれません。
それにしても最近のゲームは昔みたく「面白さがあって結果として作品が売れる性質」ではなく最初から儲かるゲームを作ることでしか作っていないように感じられてなりませんが製作側に遊び心がないとユーザーの気持ちを汲み取るのも下手
それに加えて発売後にアップデートで修正できるようになったものだから調整が甘い
「要望に出さないと分からないか」という改善箇所があまりにも目立つようになったことにモヤモヤして、一方でネットによりユーザーの情報量も膨大になり開発側以上にゲーム環境を掌握してしまう事態もまま見られます。
遊戯王カードがなんか既に発売元よりユーザーの知識量の方が上回ってしまっていて新たなループコンボが増え続ける一方
これに関しては、発売元の数十人で知恵を絞っても全国のユーザーの粗探しには敵わない部分があって同情する部分もあるにはありますけどね。
まあともかく、ベースボールコレクションが本稼動したら試しにやってはみたいですけどゲーム内容もさながら儲けのキーマンであるプロ野球選手カードでどこまで儲けられるかという疑問符
たとえば艦これアーケードで中破カードの微エロイラストに10万を超える値段が付きましたけど、結局はカードそのものに付加価値を付けられないとカード排出枚数を渋られることになり、こうなるとカードゲームは利益を出すのが厳しい
プロ野球選手カードだと、自分の場合は単純に能力値が上がるような恩恵がないと万を出すほどの魅力は感じないかなぁ
最もそれにはゲーム内容が伴っていることが不可欠なわけですが、いずれにせよ逆転ホームラン級の改良を期待しないことには見通しが立たないのがロケテをプレイした人の恐らくは紛う事なき共通認識



先日、パチンコ屋に行った経緯から今までなら目に止めることもなかったであろうパチンコZガンダムの広告が気になって覗いてみたところ、このPV映像に流れ着いてこの新規書き下ろし映像を見るために5000円を失ったと思うことで自分を納得させました。
それにしてもリーチが掛かる場面でカミーユが「遊びでやってるんじゃないんだよ」の台詞を吐く演出が本当に草(生活が掛かっている意味で)

BBH新作のロケテに行ってきました

コナミからの告知なしで突如舞い降ったBBHの新作と思わしきベースボールコレクションというゲームがロケテを行っているという話
会場は現在確認されているところでラウンドワン梅田のみ
未だにBBHロスを引きずっている身として足を運ばずにはいられず早速、プレイしてきました。

DSC_0420.jpg

DSC_0418.jpg

DSC_0417.jpg
DSC_0416.jpg

DSC_0413.jpg

DSC_0421.jpg

DSC_0425.jpg

こうしてロケテのレポートを書く機会が再び訪れることに感慨深い面もございますが、いざ遊んだ感触としてはロケテとはいえ現状のままでは面白い要素が見つけられないくらいゲーム部分が空っぽでした。
試合は1~6回まで自動進行で7回から操作という時点で雲行きが怪しくてコンセプトとしては一試合10分で終わることを掲げているんですけれど

DSC_0434.jpg

いやいや、ゲームとしてはフルイニング指示できることの方がよほど重要でしょう。
これだと選手の成績が勝手に変動するし、7回から操作だとセットアッパーの出番で先発投手よりも操作機会が増えそう
また、試合時間10分を掲げる割に試合テンポはゆったりしていて投球動作は走者関係なく振りかぶるし溜めが長い
フォークボールなのに握りがストレートなんていう初歩的な欠陥を見つけてしまうと開発が野球を知っているのか一気に怪しくなりました。
選手の動きに関しては現行の1.5倍速ぐらいで進行してもらった方が繰り返して遊ぶものだけに、よほどプレイ時間短縮とテンポ向上に繋がりそうです。
とにかくプレイ料金を高くしてもいいのでフルイニング操作一本で考え直してもらいたいところ
ちなみにロケテのプレイ料金は1プレイ200円+カード排出一枚
(筐体の中に印刷機が内蔵されていてその場で印刷するオンデマンド印刷方式)
さらに100円追加ごとに排出カードが一枚追加されて最大5枚まで
カード一枚に100円取っているところを見ると、つまりゲーム自体は100円で遊べるようになっていてベースボールコレクションというタイトル通り、ゲーム内容よりカードを集めさせることを主目的に置いているのかもしれません。
だとすれば、期待に反してそもそもゲーム部分をまともに作ろうとしていない可能性さえ疑ってしまいます。

7回以降、手動の試合部分
まず、これはBBHでもロケテの段階で見られましたがサインがバント盗塁エンドランの三つくらいしかなくて駆け引きがままなりませんでした。
さらにこのゲームの致命的な部分としてBBHのように選手カードを置いて上下に動かすことができるのに従来のメモリ位置を示すような画面表示が見られませんでした。
采配ゲームにおいて単なる相性ジャンケンだけで終決しないメモリの存在がBBHを構築するシステムの最大の功績だと捉えておりましたので、このまま強振とミート打ちの切り替えぐらいにしか使われないようならば容赦なく論外
あと、選手カードの上下について分かったことは投手の場合は置く位置にとって球種を変えることができました。
ただ結局、それがどう結果に関わるのかは疑問というのも攻撃時に相手の球種を狙うような機能がない以上は単なる演出の一つに過ぎないのかもしれません。
何度目かのプレイ途中、これはゲームなのかと疑問を抱いてしまうほど手動操作でプレイヤー側がやれることがほとんどありません。

対戦は例によって最後の一球勝負なのですが毎回フルカウントなのはギャグなのだろうか。。。
盗塁のサインを出してもストライクゾーンに来れば打者はヒッティングするので単なるランエンドヒット
相手がバントだと最初からバントの構えをしてきて、バスターのサインがないものだから「バントの構えを見てからバントシフト余裕でした」なんですが全然シフト敷いてくれていませんでした。
ブーストは激励のようなものなんですが、アベレージヒッター等がブーストを使用しないと発動しないスキル扱いになっているのはちょっと違うんじゃないかなと
勝負モードはVSモードのようなものだと思いきや、相手が投げた球に対してタイミングを合わせて赤ボタンで打ち返すというものでアクション要素を入れるのには反対です。
何故なら駆け引きではなくアクション要素で勝敗が決してしまうようになると「采配関係ない」ってなりますよね。
とりあえずボール球も普通に投げてくるのでその場合は赤ボタンを押さずに見極めないとスイングのタイミング関係なく空振りますした
あと勝負モードは攻撃時のみ選択できました。

DSC_0424.jpg

そんな具合でプロスピ新作が未発売ながらグラフィックは悪くないレベルで、ただ動きが単調で打球パターンがまだまだ少ない
頻繁にエラーを起こしていてエラー画面でOSを見たところWindows7でした。
排出カードは33枚引いてUR0枚、R10枚、N23枚という内訳で相変わらずカードの引き運を持ってません。
カードのデザインはなかなか良いのですが、肝心のゲーム部分を何とかしてもらわないと単価の高いプロ野球チップスになりかねません。
これから本稼動まで相当に開発を頑張るか早急にBBHの要素を取り入れないと厳しいと言わざるを得ませんが最後にさらにヤバイ話があります。
どうやらオンライン対戦ではなくオフラインゲームとして開発している模様
(いずれオンライン対戦対応にする見通しもあるにはあるそうなのでユーザーからの反響次第!?)
あっ…これ、アカンやつなんじゃ。。。最初にオフラインで出してしまったら実装前に終焉を迎えそう
BBHの新作を匂わせておいてシステム改悪しただけの駄作なんて出されたら伝説級の爆死をやらかしたガンダム U.C.カードビルダー(稼働1ヵ月後でプレイ人口わずか300人)と同じコースなのが目に浮かぶようです。
本来ならBBHの新作として大いに期待を寄せたかったところですが、そもそものコンセプトから見直しが求められる時点で現時点からの軌道修正は期待薄か
まだ今後どう転ぶかは分かりませんがBBHの後釜としては最悪、このことは記憶から抹消したい勢いです。

どうか、自分のレポートに共感した部分が(フルイニング操作化、オンライン対戦導入、メモリ機能の導入、通常サインの充実、勝負モードからアクション要素をなくす)あったならアンケートに答えてBBH新作を正しく導いてあげて下さい。
アンケートも結局は数の力みたいなところがあって、たとえ素晴らしい指摘でも少数意見では通りにくいものです。
BBHで「サイン勝ちしても逆の結果になる」なんて意見があまりにも多かったのか、その結果としてスペシャルサインという歪みを生みました。
ベースボールコレクションの目に見えた欠陥ぶりを食い止められる可能があるなら今このタイミングしかありません。
自分はこのコンセプトの元にリリースされるのだけはどうしても阻止したい気持ちでいっぱいです。
これが転けたなら、ますますBBHの後釜が作られなくなっしまうことを恐れます。

プロフィール

ナックル最強説

Author:ナックル最強説
サイト管理人・パワ・思・考
阪神ファンで萌え豚でゲーマー
パワプロ、BBHを経て現在は未曾有の野球ゲーム難民
「ベースボールコレクションに賭ける」
幸福も不幸も極論的には受け取りよう
今まで育んできた感性を持って下される自己採点から自己満足に導く道筋を探る
常に今日という日は「残りの人生の最初の一日」

アクセスカウンター

毎週日曜日の更新を予定していますが体調によってはその限りにあらず
なお、連絡はこちらのメールフォームからお願いします

【殿堂入り】
河合アメリの存在が自身の次元を凌駕する

世界と世界の真ん中で 2014年1月31日発売予定!

カルマルカサークル

大図書館の羊飼い







【注目タイトル】
Summer Pockets

2018年5月25日発売のNavel新作『君と目覚める幾つかの方法』を応援しています!

約束の夏、まほろばの夢

Hearts『恋するココロと魔法のコトバ』応援中!

Pure Marriage ~赤い糸物語~ さくら編

Princess Evangile W Happiness応援中!

夏空のペルセウス

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

powered by プロ野球Freak

powered by プロ野球Freak



最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード