AX 日想~持論を展開する~ サクスペ

反省はしても後悔しなければいい

高校卒業後、紆余曲折あって現在3社目
ふと新卒で入った1社目がどうなっているのかネットで調べてみたら2年前に買収されて子会社化されていたことが発覚して、当時の見立てが正しかったことが証明されたと言っていいんでしょうか
とはいえ、従業員はそのままで年間休日数が増えて割と良い会社に生まれ変わったようで軽く嫉妬
ただ買収されるまでの5年間、会社に残り続けることが容易ではなかっただろうから今残っているメンバーにとっては起死回生のご褒美みたいなものでしょう。
…残念ながらホームページの集合写真を見る限り、半分以上は顔ぶれが変わっているようでしたけど
やっぱり、こうして見ると神経図太い人が残っているんですよねぇ


最近、新聞のチラシに付いているローソンの108円お菓子一個無料券
通りすがりのローソンで無料のお菓子だけもらって、たまたま他に何も買わなかったら商品を袋には入れてくれるんだけど店員ちゃんは「ありがとうございました」とは言ってくれないんですね。
まあ、お金を払わずに商品を受け取っている時点で客以下な存在ではあるのでしょう。
一部、ネット上で「マクドでクーポン使う成人男性が気持ち悪い」ような話も目にする中で無料券だけ使うのはさらにヤバいのかもしれません。
もしかしたら乞食やら何やら思われているのかもしれませんが、実際には平均より貯金がある身としては恥ずべきところは何もないという境地なんですけどね。
なお、一人でファミレスやカフェには入れない模様
こんなことを話題にしている時点で自分なりにわだかまりがある証拠なんでしょうけど、お金にコンプレックスがないからこそ無料券だけを平気で使える一方で1人だと入れるお店がかなり制限されてしまっています。
大胆な行動をする人は、その行為に関連したコンプレックスがないから平気で実行できるということを自分に置き換えて分析すると分かりやすいかもしれません。


サクスペの話
大谷翔平デビューガチャが登場して30連目でSR大谷1枚確定
PSRチケットで彼女キャラばかり引いてしまっている関係で投手野手ともに有能イベントキャラ不足の中において投手育成でも野手育成でも得意練習を持っている二刀流は「一枚で投手と野手の両方の枠を埋められる」というわけで課金してガチャをまわすことにしました。
30連目にSR大谷1枚確定と言えぞ、その流れで他の有能SRも引ければという淡い期待がなかったと言えば嘘になりますが

DSC_0445.jpg

案の定、SR大谷1枚確定を除いて何の収穫もあげられませんでした。
ともあれ自分自身、引き運が良くないという自覚があることで課金ガチャからは距離を取ることができているとも言えるでしょうか
何たって「最初にパチンコに行ったら大当たりしてしまいハマる」という成功体験すらございません。
それにしてもソシャゲもタイトルが乱立している上に似たようなゲーム性ばかりでランキング争いが濃くても内容は薄い
不人気ソシャゲは早々にサービス終了するケースも見受けられるので課金する側も運営状況を見極めないとサービス終了により一瞬でデータとしての価値すら失う事態にもなりかねません。
よく10万ガチャまわしてスゲーみたいなコメントが見受けられますが、それ凄いのは元の10万であって10万使って手に入れたキャラ自体はそれほどでもないのではないだろうか!?
最も、趣味とは主観的に好きと感じることが絶対条件なのでそこは否定しない。
燃費の悪い趣味という面はあるかもしれませんが「好き」という感情を抱ける対象があるのは素晴らしいことで、それを見つけられない人もいます。
かつて若かりし頃の自分はお金をたくさん使えば楽しいのは当たり前と認識していましたが実はあながちそうではなさそうなのです。
そもそも自分がお金を過度に要求される燃費の悪い趣味がたまらなくストレスというのもあって、前提としてあまりお金のかからない趣味だから安心して楽しめるという側面の方が自分にとっては何よりも大きい
話が逸れましたがSR大谷はなかなかコスパが良いと判断して、一連の情報収集から分析を含めて満足度は大きいです。
さらに週間チャレンジで大谷絡みの条件を満たして報酬のSRガチャチケット入手というオマケ付き

DSC_0446.jpg

これで来週からの瞬鋭高校サクセスチャレンジに上位ランクインしてスペシャルチケット選択券をGETできれば尚さらお得感が増すというもので次のサクセスをプレイする目的にも繋がります。

スポンサーサイト

最後に残るデータは自分の思い出

発売から遅れること一ヵ月後にプレイ開始しましたドラクエ11ですが、ようやく準クリアしました。
ほとんどレベル上げせずに進めていたんですけど、最後に裏ボスといっても物語の本筋に関わる内容で本格的にレベル上げなりしないと勝てなくなったところで自力クリアを諦める
裏ボスを倒すために数時間レベル上げする手間を惜しんで真エンディングはYouTubeの動画で見届けました。
これには賛否両論ありそうですが、もうRPGで裏ボスを自力で撃破するほどのモチベーションやら体力はなくて子供時代に親から買ってもらえるゲームソフトが限られている環境下でこそ一番輝いていた思い出
今は次の積みゲーを消化するためにプレイ効率を追求
あと純粋にゲームでレベル99、最強装備を揃えることに対して凄みを感じなくなった心境の変化が大きいです。
RPGのデータなんかはゲームクリアするまでの使い捨て感があって、ダンジョン内で宝箱を探索することもしなくなりました。
特に序盤はわざわざ回り道して宝箱を回収しても価値のないアイテムしかドロップしないので気持ちは分かってもらえるんじゃないかなと
ドラクエ11に関しては最後までダレることなくプレイできたのは高評価
もうネタバレは大丈夫かなと思いますが濁しながら言及すると仮にも一度は魔王に破れて世界がボロボロになったあとに魔王を倒してめでたしめでたしでは違和感があったので巻き戻しは救済としてアリなんですが、一方で魔王を倒す前の世界に戻って再び魔王を倒せることが絶対とは言い切れないだけに世界救済を安易に捉えているのは気になりました。
あと巻き戻りがパラレル設定なら大減点でしたが公式発表で単一世界設定と判明して安堵
ただ、時間が巻き戻るとはいえ「その瞬間に存在した人間が消える」というのは死と大差ないように思えます。
何を持って同じ存在であるかと定義するならば記憶の連続性じゃないかなと
そんなことに想いを巡らせてしまうと巻き戻しは残された存在にとって核スイッチに等しい
それでも個人的にタイムトラベル自体は好きで、そういう哀愁じみたところやループゆえの矛盾点を見つけるのが逆に面白かったりもします。
ドラクエ11も考察すると欠陥がチラホラ見られるようで、そういう考察がむしろ二次的かつ持続的な面白さを生んでいるのかもしれません。


サクスペの話
復帰のタイミングを模索しながらログインを続けているところ、PSR確定のリリース500日記念ガチャが登場
しかしながら…つい最近、十六夜瑠菜ガチャで無課金で貯めたパワストーンを吐き出してしまったばかりで引けない
それでもPSR確定は破格で何より「一人一回限定ガチャ」に弱いです(苦笑)
ちょうどパワストーンのセール販売もあったので久々に課金して、いざ回した結果

涼風希望

あっ…待望の変化球キャラだけど

オリ変のロゼルージュは凄まじい球だけど

嘘っ、オリ変の成功確率低すぎっ!?

DSC_0441.jpg

そんなわけで今すぐ本格的復帰に至るような劇的な変化は起こらず
そして何が辛いって、ここ最近で40連まわして確定以外でのSRなし
もうこれなら課金ガチャなんかよりSRガチャ補助券を集めた方がよっぽど夢が見られるんですよね。

とりあえずは課金してせっかく引いたので使用感やらブレインマッスルのスコアイベントに参加することも重なってサクセスで作成することにしました。
オリ変の成功確率が30%という触れ込みでしたが、運良くすんなり取得成功
2人目の彼女に手が回らず空気になった挙げ句に井戸端会議で評価を下げられて、金得イベント失敗などもありながら甲子園は準優勝

DSC_0442.jpg

決して万全ではない手探りプレイで前回から総合+26更新してS4投手が作れてしまうバランスは過去の苦労を無に帰すと実感
ここで、どうせ今後もインフレするからS4ぐらいと嘲笑うか
その時代の環境で頂点を目指したことを粋に感じるか
どちらでも自己満足できる方を大義にすれば良いと思っています。
個人的には両方の考え方を持って使い分けたい感じ
オンラインゲームのサービス開始~終了のサイクルを数多歩んだ身としては最後に残るデータは自分の思い出

今回のサクセスの反省はイベントデッキが噛み合わらず二人目の彼女キャラは無駄枠でした。
あとイベントデッキは助っ人枠で神高龍を入れたいのですが、フレンドにいない&リーダーに設定している人をあまり見ない印象
スライダー自体は一番打ちやすい変化球だと感じるのですがスライダーのコツ5をくれることでオリ変を覚えるまでに総変化量を多く伸ばせる&オリ変の成功確率も上がるという点で重宝するんですよね。
なんて、ほとんどエアプみたいなものですけど
あと上限解放で試合経験値+10%もあれば、手持ちの暗黒スバル、涼風希望と合わせた合わせて変化球キャラだけで30%は大きいと推察
やっぱりサクセスは遊ぶのも攻略を考えるのも楽しいですね。

最後に阪神の2位、横浜の3位が確定いたしましてCSが見物
今年2位は上出来で、やっぱりリリーフの立て直しが一番の功績でした。

異性の定義が乱れる

8月26日は「パワプロの日」ということでサクセススペシャルの方にログインしまして無料10連ガチャをまわしましたが見事にSR以上なしのハズレ
実は先日、とあるソシャゲに興味を持って思い切って課金したのですがガチャで爆死しまして少なからずあったガチャのいい思い出が完全に吹っ飛びました。
そんなこともあってサクスペ限定キャラとして十六夜瑠菜が追加されましたが踏みとどまります。

luna.png

どうせ出ないし、仮に出るまでまわしたとしても経験上、後戻りができないくらい課金してから当たっても大して嬉しくない(苦笑)
たかがゲームで、ただ最近は「ゲームの中では負けたくない」という層が着々と数を増やしているイメージで上位の殺伐感は恐怖
それでもストックしていたパワストーンで何とかPSR1枚確定の3回目までまわしてみます。

1回目、もう画像を撮るまでもない結果だったので割愛
2回目も無残な結果
3回目にようやく虹玉が二つ出てPSRとSRを引きますが両方とも彼女キャラ

やはり瑠菜は来ず、これで所持PSR三枚が彼女キャラという持ち腐れ
所持SRもますます彼女キャラに偏って頭が痛い結果になりましたが攻略情報によると天空中央高校で6股彼女デッキが光るみたいなのでシナリオ追加まで復帰はお預けかな
ヴァンプ高校とブレインマッスル高校をプレイしたのですが自分としてはイマイチ育成しにくかったです。
本家パワプロアプリの方では、「お題のキャラと同じ選手」を再現するモシャプロくんが盛り上がっているようで自分も10年くらい前ですが自主的にやってましたねぇ
もうゲームもアニメも既に経験した面白さを通ることが多くて、もう発掘しすぎたゆえの枯渇状態
たまに奇抜で新鮮味のある作品との出会いが楽しくて、それ以外ほぼ全ての作品がおおよそ二番煎じでしかない認識です。

ところで今になってドラクエ11を新品購入しましてエロゲそっちのけでプレイしています。
…同時に複数のタイトルをプレイできるほど器用じゃないというか、遊ぶ時は一つの作品に集中したいです。
それでTwitterの方で粗めに呟きましたけど序盤が過去のドラクエで見たことがある展開が多くて味わいとしてはミックスジュースみたいな
ビジュアルを見ていた限りだと、あまりパッとしなかった仲間達も実際に作品の中で活躍すると愛着が湧いちゃいますね。
ただ幼馴染が健気で可愛かったんですけど作中ではほぼ空気らしくて残念
もう世界のためにRPGをプレイするのはしんどいですが冒険が女の子のためならプレイしちゃいます。
※ただし二次元に限る
ゲームやアニメの女の子は可愛いですけど、その世界観の出来事だからいいのであってリアルは完全別物なんですよね。
オタクが好きと思われているメイドさんやコスプレもアニメの中で二次元の美少女キャラがするから良いのであって自分にとってはリアルのそれらは異物
もはや異性を二次元の世界に求めていて、たぶんリアル女性を見る目が「一般の人がアニメの可愛い女の子を見る目と同じ感覚くらい」でしか見ていなくて自分の中で逆転現象が起こってます。
一般の人がアニメの女の子に欲情しないように自分はリアルでは欲情しなくなっていました。
その流れで少し下の話になっちゃいますけど、仕事のストレスから開放されておよそ半年が経って体調にも改善が見られたのか最近やたらと元気です。
ここまで体調が改善されると、これまで受けていたストレスの悪影響を感じるほどでストレスに耐えながら働くのはやっぱり人生レベルで損失が大きい
ストレスは時に人を成長させて強くもするだろうけど、その状態が慢性化するようならアウト
自分が壊れる限界まで続けたところで得られるものは少なく失う場合の方が多くて所詮、自分を守ってあげられるのも自分次第なんです。



自分主体の感動と野球ゲームの在り方

阪神球団史上で最大の9点差を逆転勝ちした試合を仕事で見逃しました。
もしリアルタイムで見られていたら現行の野球熱にも変化があったかもしれないと思うと残念な気持ち
やはり考えられる原因は未だに続くBBHショックやプロ野球選手が年下になり憧れの対象でなくなったなど様々ある中で黒沢最強伝説1巻の冒頭じゃないですけど傍観者として触れる感動をどれだけ自分の感動にできるかどうかに左右されるのではないだろうか
そういう意味ではスポーツやドラマなど他人が作った感動に触れて自分の感動に素直に変えられている方が利巧なんじゃないかと思うわけで妙な悟りを開いて無関心に陥ってしまう方が人生を損してしまうように感じます。
とはいえ、なかなか理屈や価値観を飛び越えて楽しむということが大人になるとできなくなってしまいます。
それでも一つ、そういったものを擦りぬけていく感覚があります。
それこそが自分主体によって生み出される感動であり五感
前の会社で過労鬱状態になりましたが、それだって言い換えれば自分主体によって引き起こされたもので現実すなわち圧倒的本物
あと単純に自分の身体を触って気持ちいいところを刺激するのなんかも、そこに理屈はありませんよね。
しかも自分の身体を触るだけならお金がかかりません。コスパ最強です(笑)
そもそも本能は理屈で制御できるようなものではないでしょう。
現在人としてTPOは考えなくてはいけませんが、この本能に忠実に動くということを再認識してみるのもいいかもしれません。
たとえ人生が死ぬまでの暇つぶしだとしても「欲を満たすこと」
自分主体の感動を得るのだって突き詰めれば「欲を満たすこと」
楽をしたい、楽しく過ごしたい、女性と一回くらいはデートしてみたい(爆)
そういったあらゆる欲を満たすことに専念すれば今からでも人生はおのずと潤ってくるはずです。

一方、そんな小難しいことを考えなくするために大人は酒を飲んで酔うことで煩悩から一時的に開放されるそうですがそれはまた別のお話


少し話を戻して野球ゲームの話
先週、甲子園観戦した際に友人がパワプロアプリで遊んでいるのを見ていてパワプロ熱が少し再熱
サクスペを起動して、一周年記念の初回10連SR確定ガチャをまわした結果

投手育成ではどうしても欲しかったSR太刀川が出て、パワプロ熱がさらに再熱


DSC_0272_20170507172551e08.jpg

さらにサクスペ一周年でもらったPSRチケットとPSR引換チケットが5枚集まったので引いてしまみました。

DSC_0276.jpg

DSC_0275.jpg

これは、なかなかの当たり?
彼女キャラ二人はどうなのかなと思いつつも手持ちに幅があるわけでもないので二股プランで久々にサクセスで選手を作りました。
投手であかつき高校を選択
初プレイで手探りしながら、彼女二股は片方がデート完走できずクリア前に噂イベントで評価が落ちてケアできなかったものの甲子園で準優勝して経験点5000超えであっさり過去最高を更新

DSC_0284.jpg

初期のパワフル高校で切磋琢磨していたのは何だったのかというくらいの飛躍ぶりでインフレの前には過去の頑張りは徒労に過ぎないという実証
あかつき高校だと運次第になりがちな投手のサクッでも試合で安定して勝ち上がれそうで、あと何より彼女キャラがイベント一回で告白は本当にありがたいです。
当時、サクセスがリセット地獄になってきた要因の一つに小筆がクリスマスまでに彼女にならない比重が大きかっただけにこれが解消されるだけで相当遊びやすくなります。
彼女二股ならば最悪、どちらか片方が彼女になっていればいいので尚よし
その彼女二股はクリア目前の噂イベントで評価を落とされるリスクはあるもののデート完走で金得確定なのでイベントで金得の取得に失敗するよりはリスクが小さいとも言えるでしょうか
SRチケットでは彼女キャラばかり引いていて氷上聡里とエミリもいてSR野手が不足しています。

そんな具合で今後はサクスペをプチ復帰していきたいなぁと思います。
ただ野球ゲームもといパワプロはアクション要素があることで打撃操作に集中することで疲れますし、仕事で疲れている時は遊ぶのが億劫になりがちです。
かといって一週間もブランクがあると調子を戻すのに時間がかかりますし、手を抜けない性格なのでベストを尽くせないならやらない選択肢も生じます。
パワプロは愛着もあって今後も上手く付き合っていきたいですけど遊ぶのに疲れるゲーム性が社会人にはキツイです。
その点、BBHの監督モードは遊びやすさ抜群でした。
「勝ったら自分の実力、負けたら補正のせい」なんて言われ方もしましたが、それくらい都合よく解釈するのも良いでしょう。
駆け引きも結果も言ってしまえばあやふやでベストを尽くした上で内部抽選からの結果論に身を委ねられたこその遊びやすさもあったのかなと思います。
逆サインで打たれて負けた試合も数多くありましたがベストを尽くした自分は悪くない、アンラッキーだったと思える余裕さえ持っていれば大した問題ではありませんでした。
よりベストを尽くした方が勝つのがパワプロ、自分はベストを尽くしたという納得で満足できたのがBBHという住み分け
ベストを尽くした限りは勝たないといけないよりもベストを尽くしても負けることがある方がゲームとしては好きかもしれません。
たとえば麻雀とか遊戯王カードもそちらの部類でしょうか
スポーツは「負けに不思議の負けなし」という名言があるくらい野球に限らず負けには明確な原因がありますから努力は嘘を付かないタイプならこちらの方が合っているかもしれません。
まあ、ともかくアクション系の野球ゲームが王道なのは間違いありませんが相応に疲れるので気楽に遊べないところに弱点を感じます。
新たにチャンピオンシップというオンライン対戦ができるモードが無料配信されますが、これはこれで気楽に遊べそうにないんですね。
サクスペと差別化する意味でも理想はBBHモードの無料配信です。
または年内にPS4でプロスピ2017が来ないかな。。。

…来ないだろうなぁ

ガチャで会心の引きを知る

会社に働きかけたことで30分前サービス出勤や休憩時間の形骸化を見直す動きがあったのですが、そこに手当てを付けることで残業代が増えても会社の収支が悪化してボーナスが減るという仕組みとなり結局、給料なんて増えない結論に達する
会社からすれば人件費が上がった部分に理由を付けてボーナスを減額するといったさじ加減ができるのだから不満の言いようもなく、サービス残業が問題になっている企業に置き換えると残業代をちゃんと払う代わりにボーナスなしという荒業ができるのだから民間はもう無理
冒頭のように一日1時間づつぐらいタダ働き状態なんですけど日本のボーナスという仕組みが邪魔をしているというか、企業にサービス残業をなくさせても所得が増えない構造が見えてしまっては甘んじて受け入れる他ありません。
うちの上司なんて「残業を付けたいのなら付けてもいいけど代わりに評価を落とす」なんて堂々と言ってきますからもう逆らえねぇなと

さて、サクスペは会心の引きがありました。
まず順を追っていきますと今週のパワチャレ報酬が「鮫島」ということで500位を獲りにいくか考える
→ここで温存していたSRチケット補助券から鮫島が出たり上位互換を引くのが怖くなる
→次の高校の追加カードを下調べすると単体では微妙でおまけに野手キャラばかり
→現状、大外れ率が高いものの大当たり率が薄まるよりは…と次の高校まで温存する必要はないと判断
→餌が今週のスペシャルウィークで供給されていたことからSRガチャチケットを引く

DSC_0062.jpg

文句なしの大当たりきたぁぁぁーーーーー
この手のゲームで幾度となくガチャをまわしてきましたけど、今が旬の最上級レアを引いたのは今回が初めてで未だに信じられない気持ちです。
サクスペのモチベにも関わる分岐点で二度目の幸運…パワプロは自分を見捨てなかった模様
早速、レベル35にして助っ人でSR宇渡を呼んだところパワフル高校の野手で総経験点5000超えしました。
それくらい野手育成に関しては恵まれて万々歳なのですが、一方で育成基準が難しくなった面もあって難儀しています。
まずフレマラから始まって初期ステの厳選、クリスマスまでに小筆の告白が間に合うように追いかけつつ、才賀と宇渡の金得イベントが完走できるかという要素が大きく絡むようになってこれが思うようにいきません。
小筆がクリスマスに間に合わないのは仕方ないにしても二つの金得イベントを完走できなかった時点で育成失敗に近い状態になり、せっかく上手くいっても試合でスバルが炎上して途中敗退などもあって上手くいかない時はリセットの繰り返しだけで終わってしまい「遊びやすさ」という点で言えば、SRが揃っていなくて練習でコツを追っている状態の方がサクサクでした。
まあ、現状でパワチャレのAクラスを無敗でキープできていて今後もインフレが続くことを考慮すれば根を詰めるほどの環境でもないんですけどね。
ともあれ、才賀と金特が被っている鮫島を今週、獲りにいく必要がなくなったのは大きいですね。
いや、SR鮫島のスペックならそれでも普通に使いたいと思うのですが餌が圧倒的に不足している環境でSR鮫島に強化素材を注ぎ込むのが浪費という認識
ここまで野手デッキばかりを育ててきたので投手デッキが手付かずで野手は控えもS100で固まりつつある中、投手はまだ初期に作ったEランクがメンバーに残っている始末です(苦笑)
それでもパワチャレの総合力が3万を越えてきて、投手に伸びしろを大きく残した状態というのは今後の楽しみの一つでもあります。

阪神は勝率五割で交流戦に入って甲子園もいいですけど交流戦は普段戦わないビジターでの試合が楽しみ
今年は金本監督になって采配に口を挟むことが少なくなって思うことは昨年までの采配批判であーだこうだと言っていたのも振り返ると意外と楽しかったということ(爆)
負けている試合というのは選手の問題の場合が多くて今の阪神の弱みは「リリーフが脆い、バント下手、内野フライを落とす」だと思ってますw
まあ、中でもリリーフは早急に立て直しが必要なところで藤川の抑えにすがるのが最後の砦
結局、投手が岩貞を除いて新しい顔ぶれがなく来年は下柳をコーチに呼んで来ないといけないんじゃないかという
あと西岡が一軍に復帰しましたが、怪我からの調整不足が否めないのだから両打ちではなく元から定評のある左打ち一本に絞ってもいいのではないだろうか



プロフィール

ナックル最強説

Author:ナックル最強説
サイト管理人・パワ・思・考
阪神ファンで萌え豚でゲーマー
パワプロ、BBHを経て現在は未曾有の野球ゲーム難民
「・・・監督プレイがしたいです」
幸福は自己満足の追求×それを享受するための感性を磨くことに至る
これまでがどうであっても「今日という日は残りの人生の最初の一日」である

週末更新を予定していますが体調によっては不定期です。
なお、連絡はこちらのメールフォームからお願いします.


【殿堂入り】
河合アメリの存在が自身の次元を凌駕する

世界と世界の真ん中で 2014年1月31日発売予定!







【注目タイトル】
景の海のアペイリア

景の海のアペイリア

Princess Evangile W Happiness応援中!

夏空のペルセウス

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

powered by プロ野球Freak

powered by プロ野球Freak



最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード